ディスカバー・ニッケイのYouTube チャンネル やウェブサイトでは、新しいバーチャルイベントやプログラムなども配信しています。

今後開催されるバーチャルイベントの確認や、過去イベントの動画はこのページからアクセスできます。皆さんの興味のあるイベントやプログラム、ゲストについて、ぜひご意見をお寄せください

近日開催予定のイベント | ニマの声 | その他の過去のイベント

 

近日開催予定のイベント

ニマの声:第7話—川井 龍介



12月8日(水)• 7 p.m. (太平洋夏時間)
12月9日(木)• 12 p.m. (日本標準時)

[言語:日本語]

「ニマの声」は、皆さんを啓蒙してくれるようなゲストを紹介する短いインタビューシリーズです。第7話では、初の日本語ゲストとし、日本人ジャーナリストの川井龍介さんをお迎えし、全米日系人博物館・日本語渉外担当の三木昌子さんがお話を伺います。川井さんは、2010年からディスカバーニッケイへ記事を寄稿しており、近年はフロリダの大和コロニーへ開拓者として入植し、コロニー消滅後も現地に留まった森上助次(*彼は死後自らの土地を寄付、その土地は現在のモリカミ博物館・日本庭園となっている)についてのシリーズや、1960年代に全米を自ら駆け回り一世から話を聞いて1冊の本にまとめた加藤新一のシリーズなど、様々な日系人のストーリーを紹介しています。インタビューでは、川井さんの日系人との出会いや、これらのストーリーの背後にある逸話などについて話してもらう予定です。

このプログラムは、ディスカバーニッケイのYouTubeチャンネルFacebookでライブ配信します。YouTubeやFacebookのチャット機能を通じ、川井さんへ質問もできます。ぜひライブにてご視聴ください!

ライブ配信の通知を受け取るため、ディスカバーニッケイのYouTubeチャンネル登録またはFacebookページをフォローしてください。

 

ニマの声

「ニマ」は、ディスカバー・ニッケイのオンラインコミュニティメンバーです。世界各国から集まるニマは、当サイトが紹介する豊富なコンテンツに独自の経験や視点をもたらしてくれています。シリーズ「ニマの声」では、皆さんが元気づけられ、多くのことが学べるようなインタビューを紹介して行きたいと思っています。 

第6話—クリスティン・パイパー



2021年9月7日

[言語:英語]

The sixth episode featured Christine Piper, an award-winning, mixed-race Japanese-Australian author. She was interviewed live by guest host Emily Anderson (Project Curator at JANM and a specialist on modern Japan) about her family background; her writing; the Japanese/Nikkei community in Australia, especially during World War II; and her experience as a field research facilitator for the Global Nikkei Young Adult Research Project.

 

第5話—ジェイ・ホリノウチ

2021年7月6日

[言語:英語]

The fifth episode featured Jay Horinouchi—a Japanese American artist/consultant—interviewed by guest host Soji Kashiwagi. They talked about the challenges of designing the Nikkei Chronicles graphics and reflected on the 10th anniversary of the Great Tohoku Kanto earthquake. Jay was living in Japan in 2011 and assisted with post-tsunami recovery efforts. As Executive Director of the Grateful Crane Ensemble, Soji led three goodwill tours to Tohoku in 2014, 2016, and 2018 where the group performed songs of hope and healing for survivors.

 

第4話—アルベルト・松本

2021年4月27日

[言語: スペイン語]

El cuarto episodio y primero en idioma español de “Voces Nima” presenta al argentino japonés Juan Alberto Matsumoto con la anfitriona invitada Mónica Kogiso. Ambos son nisei, originarios de Escobar, Argentina. Alberto habló sobre sus antecedentes, la ciudad de Escobar en donde creció, las comunidades nikkeis en Argentina, su identidad, los nikkeis en Japón y la educación para hijos de dekasegi, sus experiencias en la guerra de las Malvinas y más. Lean todas las historias de Alberto aquíMiren la entrevista de historia oral de Alberto aquí.

Mónica Kogiso es una comunicadora y puente cultural entre el Japón y Argentina. Ella es coordinadora de producción para los medios japoneses y organiza viajes y eventos que promueven los vínculos entre diversas personas y culturas. Es expresidenta del Centro Nikkei Argentino, y ha participado activamente en la Asociación Panamericana Nikkei. Ella promueve y trabaja para apoyar el desarrollo de los jóvenes líderes nikkei de Argentina y América Latina. Por largo tiempo, ha sido colaboradora de Descubra a los Nikkei.

 

第3話—タミコ・ニムラ

2021年3月2日

[言語: 英語]

The third episode featured Discover Nikkei contributor Tamiko Nimura with guest host, Japanese American youth activist Justin Kawaguchi. Tamiko talked about her family—especially her uncle, the late playwright Hiroshi Kashiwagi; her sense of cultural identity and the importance of traditions; the Nikkei community in the Pacific Northwest, particularly Tacoma, WA; and her upcoming book, a co-written graphic novel, titled We Hereby Refuse: Japanese American Resistance to Wartime Incarceration (Chin Music Press/Wing Luke Asian Museum). Read Tamiko’s work here.

 

第2話—エリック・マツナガ

2020年12月15日

[言語: 英語]

The second episode featured Erik Matsunaga with guest host, award-winning author Naomi Hirahara. Erik talked about his family, projects to map historic Japanese American neighborhoods in Chicago, his @windycitynikkei Instagram account, and his other articles on Discover Nikkei. Read Erik’s work here.

Naomi Hirahara is the author of the Edgar Award-winning Mas Arai mystery series, she has written several 12-part serials for Discover Nikkei, including her latest, Ten Days of Cleanup. Her historical mystery, Clark and Division, set in 1944 Chicago, will be released in August 2021 by Soho Crime. Read Naomi’s stories on Discover Nikkei.

 

第1話 チャック・タサカ

2020年10月27日

[言語: 英語]

The inaugural episode featured Japanese Canadian Chuck Tasaka with guest host, actor and comedian Kyle Mizono. Chuck talked about unique Canadian Nikkei foods; how Greenwood, BC became the first Japanese Canadian internment camp during WWII and remained a Nikkei community after the war; Nisei nicknames; his Nikkei heroes; and more. Read all of Chuck's stories here.

Kyle Mizono is a comedian based in Los Angeles who recently made a Comedy Central digital series called “Girl Kyle.” She’s also been featured on NPR’s This American Life, Viceland, FreeForm, and Adult Swim.

 

  

その他の過去のイベント

第8回 イマジンリトル東京ショートストーリーコンテスト:バーチャル授賞式

2021年5月23日

[言語: 英語、一部日本語]

第8回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテストのバーチャル授賞式では、最優秀作品の発表と、著名な舞台俳優のグレッグ・ワタナベ、ジュリー・リー、井上英治による朗読が行われました。各部門を代表し審査員のスージー・リン(一般部門)、アンディ・キムラ(青少年部門)、中曽根牧子(日本語部門)が、最優秀賞受賞者、ジェイコブ・ロウケイシー・ムラセ翔麗を発表しました。授賞式の司会は、マイケル・パルマが務め、リトル東京歴史協会会長マイケル・オカムラが挨拶を述べ、リトル東京歴史協会理事のジェフリー・ジー・チンが近日出版予定のA Rebel's Outcrayについて告知しました。

*このコンテストは、リトル東京歴史協会の主催、全米日系人博物館のディスカバー・ニッケイプロジェクトの協力を得て行われました。 

 

Nikkei Uncovered: a poetry reading

2021年5月13日 

[言語: 英語]

Our second annual virtual poetry reading presented a powerful lineup of poets previously featured in Discover Nikkei’s Nikkei Uncovered: a poetry column, hosted by author, poet, and performer traci kato-kiriyama.

We reached out to pairs of poets who read works in conversation with each other. Each pair has their own unique relationship that brought depth of conversation and insight into their poetry. kato-kiriyama also provided prompts for audience members to write and reflect on.

Featured poets:

Amy Uyematsu and Miya Iwataki

Curtiss Takada Rooks and Mariko Fujimoto Rooks

Shō Tanaka and Paulette M. Moreno

 

2021年、日系人であることの意味は?

2021年2月6日

[言語: 英語、スペイン語とポルトガル語の同時通訳(分科会室を除く)]

全米日系人博物館は、2018年に日本財団が立ち上げた「グローバル若手日系人調査」に協力し、世界各地に住む若い世代の「日系人」を対象に彼らの日系人としてのヘリテージに関する意識調査を実施しました。世界規模によるアンケート調査とフォーカスグループを通して集めたデータを分析することで、各地域の日系人のもつ共通性や相違、さらには文化や問題点などに対し、より深く理解することができました。

カーティス・タカダ・ルークス博士とリンジー・ササキ・コガサカ博士が調査結果の概要と将来の日系コミュニティにとって意義のあることは何なのかについて発表し、その後簡単な質疑応答を行いました。

このイベントは英語で行われましたが、英語圏以外の国からも多くの方(少なくとも14か国から130名以上)に参加していただいたのでスペイン語とポルトガル語の同時通訳がつきました。また、分科会やネットワークづくりの機械などもありました。


*このイベントは、全米日系人博物館のディスカバーニッケイプロジェクトによって企画され、ロヨラメリーマウント大学のアジア人・アジア系アメリカ人研究科と提携し開催しました。

 

Imagine Little Tokyo Writing Workshop

Little Tokyo

With Naomi Hirahara and Bill Watanabe

2021年1月28日(木)

[言語: 英語]

Award-winning author Naomi Hirahara and Little Tokyo community leader Bill Watanabe led an interactive story writing workshop where articipants learned tips and got advice for writing short stories that they can submit to the eighth annual Imagine Little Tokyo short story contest.

Presented by Little Tokyo Historical Society in partnership with Discover Nikkei, the purpose of the Imagine Little Tokyo short story contest is to raise awareness of Little Tokyo through a creative story that takes place in the historic neighborhood. The story must be fictional and set in a current, past, or future Little Tokyo, Los Angeles. The short story committee will be specifically looking for stories that capture the spirit and sense of Little Tokyo. Learn more about submitting your story.

 

第7回イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト: バーチャル授賞式

2020年7月23日

[言語: 英語・一部日本語]

第7回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテストのバーチャル授賞式では、最優秀作品の発表と、俳優のデレク・ミオ、尾崎英二郎、タムリン・トミタによる朗読が行われました。各部門を代表し審査員のブライアン・ニイヤ(一般部門)、ケルシー・イイノ(青少年部門)、中曽根牧子(日本語部門)が、最優秀賞受賞者ジェームス・フジタ、 オナッサ・サン新井淳蔵を発表しました。授賞式の司会は、マリリン・トクダ。リトル東京歴史協会会長マイケル・オカムラによるあいさつに始まり、スティーブ・ナガノによるリトル東京のショート・ドキュメンタリーで締めくくられました。

*このコンテストは、リトル東京歴史協会の主催により、全米日系人博物館のディスカバー・ニッケイプロジェクトの協力を得て行われています。

  

Nikkei Uncovered: a poetry reading

2020年5月21日

[言語: 英語]

Discover Nikkei’s Nikkei Uncovered: a poetry column shares poems each month from the Nikkei community around themes curated by author, poet, and performer traci kato-kiriyama. Nikkei Uncovered went live with a powerful, intergenerational lineup of poets previously featured in the column to share their poetry in an online reading. Hosted by traci, the interactive reading and reflection featured Maiya Kuida-Osumi, Courtney Ozaki, Micah Tasaka, and Mitsuye Yamada, followed by a short open mic portion.

 

From Japan to Mexico: A Nikkei Story from Veracruz

2018年9月29日

[言語: 英語・一部スペイン語]

Julio Mizzumi Guerrero Kojima and Belen Torres Morales are descendants of immigrants who left Japan to work in the sugar plantations in Veracruz, Mexico, in the early 1900s. They are musicians with expertise in the Fandango, a tradition specific to Veracruz that is rooted in community convening and participation. They also are part of an environmental/community gardening project in Veracruz called Jardin Kojima. They performed with musician César Castro and spoke about their family’s history, their expertise in Fandango, and their environmental project.

 This program was presented by the Japanese American National Museum in partnership with FandangObon.

 

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館


主な援助
日本財団