第8回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト

毎年行われているリトル東京歴史協会主催の「イマジン・リトル東京」ショートストーリー・コンテストは、今年で第8回を迎えました。ロサンゼルスのリトル東京への認識を高めるため、新人およびベテラン作家を問わず、リトル東京やそこにいる人々を舞台とした物語を募集しました。このコンテストは成年、青少年、日本語の3部門で構成され、書き手は過去、現在、未来の設定で架空の物語を紡ぎます。2021年5月23日に行われたバーチャル授賞式では、マイケル・パルマを司会とし、を、舞台俳優のグレッグ・ワタナベ、ジュリー・リー、井上英治(敬称略)が、各部門における最優秀賞を受賞した作品を朗読しました。

受賞作品


* その他のイマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテストもご覧ください:

第1回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト (英語のみ)>>
第2回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第3回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第4回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第5回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第6回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第7回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>

 

community en

Little Tokyo, A.C.

Your daddy’s religion was Worry. Never one to call upon any God for any reason, he chose to bear the weight of everything—especially the fear of uncertainty—upon no one other than himself. But in those tender, terrifying seconds between your mama’s contractions, he felt an instinctual, perhaps primitive-like urge to pray. He reassured your mama he’d be right back before hurrying out onto the balcony. He clutched the railing and took deep breaths of dry, summer air. He gazed down at the orange glow of the San Fernando Valley on a busy Saturday night. Motors revving, sirens screaming, people rushing …

続きを読む

community en ja

リトル東京 ~再生の街~

22世紀、リトルトーキョー。

舞い散る粉雪を見上げ、俺はコートの襟を立て、両手に息を吹きかけた。

一世紀前ならこの街で、こんな雪が降ることはなかったと、いつだったかトキオが俺に教えてくれた。トキオとは交番勤務のAIだ。この街がAIとの共存を決めてから、トキオはずっとこの街の治安を守る為、些細な犯罪にも目を光らせてきたらしい。人間の年齢にしたら、喜寿をとっくに迎えているはずだが、トキオの外見は二十代後半の俺と変わらなかった。

AIに人間の職業を奪われるなどと、騒がれた時代もあったが、今ではAIに対し寛容な街は珍しくなくなった。逆に言えば、AIと共存できない国家は、衰退の一途をたどり、いつの間にか消滅してしまった。それ…

続きを読む

community en

Race Queen of Little Tokyo

I. 

May Tomita was embarrassed. Her dad is a Kibei gardener and would always pick her up in his beat up truck at Carson High School, with the lawnmower, edger and other dirty garden tools still in the truck bed. Compared to the Cadillacs and Buicks that parents drive to pick up their kids, her dad’s Ford Courier was a pile of heap that even junkyards would reject. She’d ignore the truck, walk past her father, as he drives alongside her. He yells in Japanese, “Get in the goddamn truck!”

But today May was really pissed. She saw her boyfriend …

続きを読む

community en

Mochi Wishes

On the day of the Tanabata Festival, the summer sun cast rays of golden light onto the streets of Little Tokyo. The sizzling smell of yakisoba cooking in stalls around the corner taunted Yuki Clearwater. At fifteen years old, Yuki felt a bit too old for the festivities—or at least that is what she told herself. She knew how important the Tanabata Festival was to her family’s shop Usagi Mochi, which sat on East First Street for generations.

The amount of customers in the shop had slowed to a trickle in recent years and the wrinkles on her father’s forehead …

続きを読む

community en

The Creatures of Little Tokyo

Thistle sat and watched people eat mochi ice cream from a tree. She was in the James Irvine Garden, and all the lanterns were glowing particularly bright this evening. Of all the places in Los Angeles, the garden here in Little Tokyo was her favorite place, especially during this time of year when the sound of drums hummed through the streets and children twirled in colorful clothing.

When Thistle, the small fox squirrel, first arrived in Little Tokyo, she watched as a little girl danced, the patterns on her kimono swirled to the rhythm of the song. Thistle didn’t know …

続きを読む

タグ

fiction future imagine little tokyo Imagine Little Tokyo little tokyo short story contest tanabata