ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/series/imagine-little-tokyo/

第 1 回 イマジン リトル トーキョー 短編小説コンテスト


2014年10月6日 - 2015年1月12日

リトル東京歴史協会は、リトル東京 (1884-2014) の 130 周年を記念する年間行事の一環として、架空の短編小説コンテストを開催し、上位 3 名に賞金を贈呈しました。架空のストーリーは、カリフォルニア州ロサンゼルス市の一部であるリトル東京の現在、過去、または未来を描写する必要がありました。


勝者

その他のファイナリスト:


*他のImagine Little Tokyo短編小説コンテストのストーリーを読む:

第 2 回 Imagine Little Tokyo 短編小説コンテスト >>
第 3 回 Imagine Little Tokyo 短編小説コンテスト >>
第 4 回 Imagine Little Tokyo 短編小説コンテスト >>
第 5 回 Imagine Little Tokyo 短編小説コンテスト >>
第 6 回 Imagine Little Tokyo 短編小説コンテスト >>
第 7 回 Imagine Little Tokyo 短編小説コンテスト >>
第 8 回 Imagine Little Tokyo 短編小説コンテスト >>
第 9 回 Imagine Little Tokyo 短編小説コンテスト >>
第 10 回 Imagine Little Tokyo 短編小説コンテスト >>
第11回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>


フィクション リトル東京

このシリーズのストーリー

Thumbnail for 日本町セレナーデ
en
ja
es
pt
日本町セレナーデ

2015年1月12日 • チェスター・サカモト

プロローグ: 1992年9月14日私は、自分にとって感傷的な価値がある場所によく引き寄せられます。そうは言っても、私は何年もリトルトーキョーに行っていませんでしたが、日系アメリカ人の遺産を称える新しい博物館がオープンするという新聞記事を読んで、ぜひ訪れてみることにしました。日系アメリカ人国立博物館は、ファースト ストリートとセントラル アベニューにあるホンパ本願寺仏教寺院の建物の中にありました。この寺院は、地域のランドマークとなり、コミュニティの豊かな歴史を象徴するまで、4…

Thumbnail for リトル東京での結婚式
en
ja
es
pt
リトル東京での結婚式

2014年12月29日 • アブリル・アダムス

土曜日の夕方だった。山下ミツエの指は、着物のパネルの上を素早く動いていた。彼女は秋の模様に針を通し、パネルを縫い合わせていた。それはリトル東京二世ウィークの祭りで着るつもりの着物の最後の組み立てだった。誰もが記憶している限り最悪の不況が5年目を迎え、誰もがこの祭りが一世と二世コミュニティ以外の人々を引きつけないのではないかと恐れていた。ミツエと彼女の友人たちは輪になって座り、日本から輸入した生地で自分たちの着物を縫っていました。他の女の子たちはミツエを仲間の中で一番かわいら…

Thumbnail for 小さな故郷
en
ja
es
pt
小さな故郷

2014年12月15日 • キヨシ・パーカー

私の従妹はすでに1週間ここに来ていましたが、まだここでの生活に完全に慣れていませんでした。彼女の名前はモトコで、日本の東京から来ていました。彼女にとって初めての海外で、しかもロサンゼルスは、彼女にとって初めての外国に触れる場所でした。私はここで15年半を過ごしましたが、それでもまだ慣れていませんでした。空港で出迎えた途端、私のアメリカ人の父がアメリカ人らしい大きなハグで彼女を抱きしめたのも助けにはなりませんでした。彼女はそれにどう反応していいかわからず、緊張しながら父に頭を…

Thumbnail for ガーディアンズ
en
ja
es
pt
ガーディアンズ

2014年12月1日 • ドミトリ・ラガノ

寺院はリトルトーキョーの端に建っており、その優美な屋根と庭園は周囲の都市景観の厳しい影のすぐ向こうにありました。通りの向かいには、窓に落書きと鉄格子のある倉庫がありました。その向こうの側溝には注射針とガラスパイプが散乱し、歩道には家や平和を求める迷える魂が溢れていました。リトルトーキョーの住人は、何世代にもわたり、絶え間ない変化と闘争に満ちた街で、故郷の習慣を守ろうと努力してきた。だからこそ、若い女性が寺の管理人になったことに多くの人が驚いた。確かに、彼女は何世紀にもわたっ…

Thumbnail for スマイルのソナタ
en
ja
es
pt
スマイルのソナタ

2014年11月17日 • ジェリデル ・バンクス

「この本を貸してくれませんか?」黒いスラックスと白いボタンダウンシャツを着た痩せ型の男性が、手に本を持っていた。彼はとても背が高く、私が首を傾げて顔を見ることができるほどだった。彼の肌は滑らかで若々しく、頬骨は顔の上で高く上がっていて、女性的な雰囲気を醸し出していた。顎のラインは力強く尖っていて、形の整った鼻と色白の顔つきに伴う女性的な特徴に反していた。彼の薄い唇は温かい笑顔に変わっていた。彼のぴんと張った黒いポニーテールは、積み重なった虹色の背表紙と茶色い本棚の中で場違い…

Thumbnail for Kさん
en
ja
es
pt
Kさん

2014年11月3日 • サツキ・ヤマシタ

何がきっかけで、まだ付き合っているかのように、指定された日時に日本一ラーメン店に現れたのかは分からない。私たちは3年間、毎週水曜日に同じテーブルで昼食を共にしていた。私は、彼女が私を捨てた理由として挙げた、私の頑固さと退屈さを証明していた。私は本当の理由、シュガーマン事件のイケメンで新人弁護士を無視することにした。どんなに彼と自分を比べても、私は負けた。私はカフェの窓の外を見つめ、テーブルを待つ人々の群れがどんどん増えていくのを眺めた。ラーメンは新しい寿司であり、日本一の「…

ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら
このシリーズの執筆者

アヴリル・アダムスは長年にわたり、さまざまなジャンルの短編小説を執筆してきました。彼女の最新の出版物は、Sisters In Crime/LA のアンソロジーLast Exit to Murder に収録されている「The Lowriders」です。「The Lowriders」は、第二次世界大戦の初めにロサンゼルスで苦難の道を歩みながら成人していく若いメキシコ系アメリカ人男性を描いた短編小説です。

アヴリルのバックグラウンドは、英文学と農学です。これは、一部の人にとっては奇妙な組み合わせに思えるかもしれませんが、文学の抽象と現実世界の両方に対する彼女の情熱を刺激しています。彼女はまた、芸術、動物、骨董品、犯罪ドキュメンタリー番組、景観デザイン、映画にも情熱を持っています。

彼女は現在、アフリカ系アメリカ人の女性が主人公で、あらゆる高位の影の人物と対決する犯罪小説を執筆中です。アヴリルは、自身の短編小説「リトルトーキョーでの結婚式」がリトルトーキョー歴史協会の第 1 回短編小説コンテストのファイナリストに選ばれたことを喜んでいます。

2014年12月更新


ジェリデル・バンクスは、サンディエゴ州立大学を卒業後、英語教師、マンガポッドキャスター、魔法リアリズム書評家、日本文化ブロガー( jadesescape.wordpress.com )として日本に渡りました。彼女は、 『Ang Nanay Ko』 (タガログ語で「私の母」)と『The Ends Don't Tie with Rabbits』の著者兼イラストレーターです。

2014年11月更新


ルーベン・「フンカワトル」・ゲバラはロサンゼルス生まれで、過去 50 年間にわたり、ミュージシャン、レコード プロデューサー、ジャーナリスト、詩人、映画俳優、劇作家、パフォーマンス シアター アーティスト、教師、活動家として活動してきました。UCLA で世界芸術文化専攻し、現在はボイル ハイツに住み、働いています。www.tantrikfunk.net

2014年10月更新


アーネストはロサンゼルスのシルバー レイク地区に住んでいます。歯科医院の他に、ヒストリック レーシング マガジンに時々記事を書いています。アーネストはブータン王国の食べ物と料理に関する最初の料理本「ブータン王国の食べ物」を執筆しました。この本は慈善団体とブータンのブータン財団のために出版されました。

2014年10月更新


キヨシ・パーカーはカリフォルニア州ロサンゼルスで生まれ育ちました。アメリカと日本の2つの国にルーツを持ち、可能な限り両国を行き来しています。10代後半に独学で日本語を学びました。中編小説「The Death of Death 」は、現在Amazonで購入可能で、作家として一定の評価を受けています。もう1つの長編小説「 Autonomously Yours 」もAmazonで購入可能で、現在はさらにいくつかの短編小説ともう1つの長編ファンタジー小説を執筆中です。グラフィックデザイン、テレビ、映画が好きです。

2015年6月更新


ドミトリ・ラガノは、物語の語り手を目指して世界中を旅してきました。ピッツバーグで育ち、ジャーナリスト、翻訳者、技術コンサルタントとして働きながら 5 年間日本に住んでいました。現在は妻と娘とともにアーバインに住んでいます。最新の小説は『逃亡者おばあちゃん』です。

2014年11月更新


チェスター・サカモトは、自称愛書家で熱心な読書家です。ロサンゼルス出身の 26 歳で、現在はアメリカ文学を専攻して英語の修士号を取得中です。歌うこと、食べること、映画鑑賞、そして独立系書店への頻繁な通いが好きです。

2015年7月更新


山下さつき(スキ)さんは、コンド・ウェルス・アドバイザーズに勤務し、屋外広告コンサルタント会社も経営しています。彼女の両親は長年リトル・トーキョーに住み、働いており、家族は毎週日曜日に夕食のために集まっていました。

2014年10月更新

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。