第7回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト

毎年行われているリトル東京歴史協会主催の「イマジン・リトル東京」ショートストーリー・コンテストでは、ロサンゼルスのリトル東京への認識を高めるため、新人およびベテラン作家を問わず、リトル東京やそこにいる人々を舞台とした物語を募集しています。このコンテストは成年、青少年、日本語の3部門で構成され、書き手は過去、現在、未来の設定で架空の物語を紡ぎます。各部門で最優秀賞を受賞した作品は、いずれもリトル東京の魂と文化の本質を捉えています。今年7月23日に第7回「イマジン・リトル東京」バーチャル授賞式を開催、俳優のタムリン・トミタ、デレク・ミオ、尾崎英二郎氏が各部門の最優秀賞作品を朗読しました。

 

受賞作品

  • 日本語部門 — 最優秀賞: 「戦場の漫画家」  新井 淳蔵
  • 成年部門 — 最優秀賞: “She's Still Here”  ジェームス・フジタ [英語のみ]
    • 奨励賞: “Half an Anman”  ムスリマ・グリャモワ  [英語のみ]
  • 青少年部門 — 最優秀賞: “Finding Shinyū”  オナッサ・サン [英語のみ]


* その他のイマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテストもご覧ください:

第1回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト (英語のみ)>>
第2回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第3回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第4回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第5回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第6回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>

community en ja

戦場の漫画家

1969年8月中旬イーストロサンゼルスのボイルハイツ。日系1世、トクジ・ヨシダは自宅の食卓でたばこをふかしながら今日の羅府新報に目を通していた。「第28回二世週日本祭グランドパレードは明日」と出ている。トクジは短くなったたばこを灰皿に押しあてると、リビングにいる妻に向かって言った。

「おい、そろそろ行くぞ」

二人は60代後半ばの老夫婦。ヒサエは盆棚にお茶を添えた。

「ちょっと待って」

ほかにきゅうりの馬とナスの牛、中央には位牌と、若者の写真が立てられている。ヒサエはつぶやいた。

「もう25年も経つのね」

戦死した一人息子だ。決してハンサムとは言えないが、丸顔で親しみやすい笑顔が特徴の子だった。

ケント・ヨシ…

続きを読む

culture en

Half an Anman

Akemashite omedetou!

Hideki elbowed his way through a tight crowd of people relentlessly moving up and down First Street. At 8 years old he was still a head shorter than most of them, and as far as he could see, there was no end to the stream of people.

“Happy New Year!” he heard at every corner.

It was the first day of New Year, and Little Tokyo was swarming with people, both Japanese drawn in by nostalgia and folks of all kind of nationalities, all eager to take a glimpse of the exotic Japanese culture on this …

続きを読む

community en

Finding Shinyū

I am inside Marukai Market when the muffled sound of the taikos indicate the Oshogatsu Festival has begun. Several strong, clear beats slip through the door with every entrance and exit. As people settle down to observe the New Year’s celebrations, I pay for my mentsuyu and leave.

Onstage, the Nisei Week Queen and Court are preparing to throw mochi into the crowd for mochi-maki. Hisa always urged me to try and catch one with her, but—proud as I was—I refused, claiming I was too old for such things. And now, Hisa will be fifteen forever, and with every …

続きを読む

community en

She’s Still Here

My name is Eric Ramirez, and I’m proud to say that I’m helping Los Angeles build a subway system.

You may have seen me before. You know that big construction site in the middle of Little Tokyo, across from the Japanese American museum? There are a couple of spots along the sidewalk where you can look through the fence and see what will eventually be an underground light rail station. Yeah, I’m one of those construction guys you might see over there.

Sorry about the mess.

About a month ago, I was down in a corner of the big pit, …

続きを読む

タグ

442nd fiction Imagine Little Tokyo Japanese New Year Koyasan Buddhist Temple little tokyo war WWII