ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/series/imagine-little-tokyo-7/

第7回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト


2020年7月24日 - 2020年8月14日

毎年行われているリトル東京歴史協会主催の「イマジン・リトル東京」ショートストーリー・コンテストでは、ロサンゼルスのリトル東京への認識を高めるため、新人およびベテラン作家を問わず、リトル東京やそこにいる人々を舞台とした物語を募集しています。このコンテストは成年、青少年、日本語の3部門で構成され、書き手は過去、現在、未来の設定で架空の物語を紡ぎます。各部門で最優秀賞を受賞した作品は、いずれもリトル東京の魂と文化の本質を捉えています。今年7月23日に第7回「イマジン・リトル東京」バーチャル授賞式を開催、俳優のタムリン・トミタ、デレク・ミオ、尾崎英二郎氏が各部門の最優秀賞作品を朗読しました。

 

受賞作品

  • 日本語部門 — 最優秀賞: 「戦場の漫画家」  新井 淳蔵
  • 成年部門 — 最優秀賞: “She's Still Here”  ジェームス・フジタ [英語のみ]
    • 奨励賞: “Half an Anman”  ムスリマ・グリャモワ  [英語のみ]
  • 青少年部門 — 最優秀賞: “Finding Shinyū”  オナッサ・サン [英語のみ]


* その他のイマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテストもご覧ください:

第1回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト (英語のみ)>>
第2回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第3回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第4回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第5回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第6回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第8回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第9回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>
第10回 イマジン・リトル東京ショートストーリー・コンテスト >>



このシリーズのストーリー

Thumbnail for あんまん半分
en
ja
es
pt
あんまん半分

2020年8月14日 • ムスリマ・グリャモワ

「あけましておめでとう! 」 ”秀樹は、ファーストストリートを容赦なく行き来する密集した群衆を肘で押しのけて進んだ。8歳の彼はまだ他のほとんどの人より頭一つ背が低く、彼の目には人の流れが途切れることなく続いていた。 。 「明けましておめでとうございます!」という声があらゆる所から聞こえた。新年の初日、リトルトーキョーは懐かしさに惹かれた日本人や、この特別な日に異国情緒あふれる日本文化を垣間見ようと熱心に集まったさまざまな国籍の人々で溢れていました。 「秀樹、もっと近くにいて…

Thumbnail for 真勇を見つける
en
ja
es
pt
真勇を見つける

2020年8月7日 • オナサ・サン

丸海市場の中にいると、お正月祭りが始まったことを知らせるくぐもった太鼓の音が聞こえてきた。店の出入りごとに、力強くてはっきりとした音がドアから漏れてくる。人々が新年のお祝いに腰を落ち着けている間に、私はめんつゆの代金を支払い、店を出た。舞台上では、二世週の女王と宮廷の人々が餅まきのために観客に餅を投げる準備をしている。久はいつも私に、彼女と一緒に餅を捕まえようと勧めてきたが、私は誇りを持っていたが、そんなことをする年齢ではないと言って断った。そして今、久は永遠に15歳となり…

Thumbnail for 戦場の漫画家
en
ja
es
pt
戦場の漫画家

2020年7月31日 • 新井 淳蔵

1969年8月中旬イーストロサンゼルスのボイルハイツ。日系1世、トクジ・ヨシダは自宅の食卓でたばこをふかしながら今日の羅府新報に目を通していた。「第28回二世週日本祭グランドパレードは明日」と出ている。トクジは短くなったたばこを灰皿に押しあてると、リビングにいる妻に向かって言った。 「おい、そろそろ行くぞ」 二人は60代後半ばの老夫婦。ヒサエは盆棚にお茶を添えた。 「ちょっと待って」 ほかにきゅうりの馬とナスの牛、中央には位牌と、若者の写真が立てられている。ヒサエは…

Thumbnail for 彼女はまだここにいる
en
ja
es
pt
彼女はまだここにいる

2020年7月24日 • ジェームス・フジタ

私の名前はエリック・ラミレスです。ロサンゼルスの地下鉄システムの建設に協力していることを誇りに思います。以前、私のことを見かけたことがあるかもしれません。リトル トーキョーの真ん中、日系アメリカ人博物館の向かいにある大きな建設現場をご存知ですか? 歩道沿いにフェンス越しに、将来的に地下鉄のライトレール駅になるところをのぞける場所がいくつかあります。そうです、私はあそこで見かける建設作業員の 1 人です。ごちゃごちゃしててごめんなさい。約 1 か月前、私は大きなピットの隅でコ…

ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら
このシリーズの執筆者

神奈川県川崎市出⾝。2000年に渡⽶し、ロサンゼルスシティカレッジにて映画、テレビ制作を学ぶ。2003年に⽇系テレビ局ジャパンアメリカテレビジョン⼊社。海外日系新聞放送協会賞にて、ドキュメンタリー番組が2回⼊賞。2009年には創都グループインターナショナル⼊社し、⽇系のローカルニュース番組NTBの 制作プロデューサーを務める。2015年、コマーシャルビデオやドキュメンタリー制作を手掛けるSorack Media Productions設⽴。2019年にドキュメンタリー「夢は咲く」が ロサンゼルスジャパンフィルムフェスティバルで上映される。

(2020年7月 更新)


ジェームス・フジタは、カリフォルニア州ランチョ・パロス・ベルデス出身の日本人ハーフのライター兼編集者です。ガーデナ・バレー・ニュースや羅府新報に記事や写真を寄稿しています。現在はアニメファンのウェブサイト、OTAQUEST のオンラインコンテンツを執筆しています。また、Go For Broke National Education Center のニュースレターの編集も行っています。ジャーナリストとして 20 年になります。趣味は写真、アニメ、鉄道、読書です。アイルランド系ドイツ系アメリカ人の母と日本人の父のもと、東京で生まれました。

2020年7月更新


ムスリマ・グリャモワは、大人も子供も楽しめる、心温まる、共感できる、ノスタルジックな物語を語ることに長けた脚本家兼監督です。ウズベキスタンで生まれ育ち、イギリスでメディアアートの教育を受けたムスリマは、映画製作の夢を追い求めてロサンゼルスに移住しました。日本語の勉強から伝統的和食の調理まで、ムスリマは日本文化に大きな情熱を持っています。彼女の最大の夢の 1 つは、いつか日本の土を踏んで桜の開花を目撃することです。

2020年8月更新


オナッサ・サンは現在、アーカディア高校に通っており、創作コミュニティの熱心なメンバーです。作家として、彼女は物語を通して人間の経験をとらえるよう努めており、書くことが、会うこともないかもしれない人々の心に触れることができることに魅了されています。旅行は彼女の生活に欠かせないものであり、他の文化に対する深い感謝の気持ちを抱かせ、共感の大切さを教えてくれました。自由時間には、読書、ヨガ、母親との充実した時間を楽しんでいます。

2020年8月更新