Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/author/tonouchi-lee/

Profile image of Lee A. Tonouchi

リー・A・トノウチ

(Lee A. Tonouchi)


沖縄の四世であるリー・A・トノウチ氏は、ピジン語(ハワイ・クレオール語ともいう)を正統な言語の一つとして認めてもらうための活動で「ダ・ピジン・ゲリラ」として知られています。トノウチ氏は、重要な言語関連の問題に対する国民の意識を高め、言語的社会正義を推進した功績により、2023年アメリカ応用言語学会優秀公共サービス賞を受賞しました。

彼のピジン語詩集『オリエンタル・ファダと息子の人生における重要な瞬間:ハワイ・オキナワ人ジャーナル』は、アジア系アメリカ人研究協会図書賞を受賞しました。彼のピジン語児童向け絵本『オキナワのプリンセス:ハジチのタトゥーの伝説』は、スキッピング・ストーンズ名誉賞を受賞しました。そして彼の最新の著書は『チブル:ハワイ・オキナワ人文学選集』です。


2023年9月更新


この執筆者によるストーリー

Thumbnail for ストーリーテリング界のセンセーション、キャシー・コリンズ ― 一人の「背の低い日本人女性」が演技を続けている理由
en
ja
es
pt
たくさんのマハロス
ストーリーテリング界のセンセーション、キャシー・コリンズ ― 一人の「背の低い日本人女性」が演技を続けている理由

2024年6月6日 • リー・A・トノウチ

マウイ島の田舎で育った67歳のキャシー・コリンズ(旧姓ヨギ)は、物語と、読者をまったく異なる世界に連れて行く物語の力に常に魅了されていました。ローラ・インガルス・ワイルダーの本の中で、キャシーは「前世紀の変わり目に中西部に住み、雪の天使を作ったり、バターをかき混ぜたり、草原を駆け回ったり、野の花を摘んだりするのはどんなに素晴らしいことだろう」と想像していました。 キャシーは、これまでの人生で、ラジオやインターネットのパーソナリティ、スタンダップコメディアン、イベント司会者…

Thumbnail for ピジン言語学者の生涯: ケント・サコダがいかにしてピジン・ヨーダになったか
en
ja
es
pt
たくさんのマハロス
ピジン言語学者の生涯: ケント・サコダがいかにしてピジン・ヨーダになったか

2024年5月13日 • リー・A・トノウチ

72 歳のケント・サコダは、まだケント・「ヨーダ」・サコダとして知られていませんでした。彼は、カウアイ島のハナペペという小さな町で育った、ただの地元の日本人三世でした。1970 年にワイメア高校を卒業した後、彼はすでに、大陸の上の大学生活がどのようなものかを知るためにカウアイ島を離れたいと思っていました。 当時、彼は自分が最終的にハワイ クレオール語 (地元の人々がピジンと呼ぶ言語) の専門家として知られる、非常に尊敬されるピジン言語学者になるとは思ってもいませんでし…

Thumbnail for どこに居てもいい!場所の詩の重要性について語るローレル・ナカニシ
en
ja
es
pt
たくさんのマハロス
どこに居てもいい!場所の詩の重要性について語るローレル・ナカニシ

2024年3月29日 • リー・A・トノウチ

ワイメア バレー IV 私たちは枝を揺らすことなく、静かに谷に入ります。 驚かされることなく入る。アラエ・ウラが私たちを見ている 河口からピッチの夜を思い出す 火が彼女の中にだけ存在していたとき。私たちは 豚はカサカサという音を聞きながら道を進む カマプアアの静寂の中で、私たちの思いは 小さな神々です。彼らは地球の上を飛びます。 —ローレル・ナカニシの詩集『Ashore』より トニー・クアリアノ詩賞のチャンピオンを退任する私ですが、…

Thumbnail for ハワイで大人気のアーティスト、クリス・ゴトーがレベルアップの秘訣を語る
en
ja
es
pt
たくさんのマハロス
ハワイで大人気のアーティスト、クリス・ゴトーがレベルアップの秘訣を語る

2024年2月29日 • リー・A・トノウチ

彼女はそれについて真剣に考えたことはなかったが、アーティストのクリス・ゴトー(36歳)は人生の半分をハワイで過ごしている。彼女は日本の鹿児島で生まれ、ニュージーランドと香港に住み、2006年にようやくハワイに定住した。彼女は日本、カリフォルニア、ハワイ中のさまざまなギャラリーでアート展に出展してきました。近年、彼女の壁画が次々と登場し、多くの企業が彼女にコラボレーションを持ちかけています。T&C Surf との T シャツ、Vans との靴、Uniqlo とのバッグ…

Thumbnail for 見知らぬ人と話すべき理由 - セレブリティのジョイ・シマブクロが「チャンスをつかむ」と語る
en
ja
es
pt
たくさんのマハロス
見知らぬ人と話すべき理由 - セレブリティのジョイ・シマブクロが「チャンスをつかむ」と語る

2024年2月6日 • リー・A・トノウチ

ハワイの地元の人は彼​​女の名字を知らないかもしれませんが、ほとんどの人は彼女の顔と、クラフトの代名詞となったファーストネームを知っています。公の場で彼女を見かけると、みんな彼女に近づいて「え、あなたは Joy...Of Crafting ですよね?」と言います。ファーストネームは Joy。ラストネームは Of Crafting。笑。ジョイ・シマブクロのテレビ番組「Joy of Crafting」は、2002年からハワイで継続的に放送されており、今回で483回目の放送となり…

Thumbnail for 「ダ・オキナワン・ハマ」はこれからも頑張って!—ブランドン・ウフグスク・イングのプロジェクトは沖縄語の普及に努める
en
ja
es
pt
たくさんのマハロス
「ダ・オキナワン・ハマ」はこれからも頑張って!—ブランドン・ウフグスク・イングのプロジェクトは沖縄語の普及に努める

2024年1月4日 • リー・A・トノウチ

「ダ・オキナワン・ハマ」は、多くの人が習得できないスキルを1つ習得しました。それは、ウチナーグチ、つまり沖縄語が消滅しつつあり、ハワイ生まれの4世、ブランドン・ウフグスク・イングは、その力でその言語を救おうと全力を尽くしています。ズームでウチナーグチのクラスを教えたり、子供向けのエジュカティブなアニメのウチナーグチミュージックビデオを作ったり、映画祭のために前衛的なウチナーグチ映画を作ったり、あるいは単にオリジナルのウチナーグチの曲で盛り上がったり、キャッスル高校を2001…

Thumbnail for ケニー・クサカの天職 ― スタンダップコメディを自分の使命として選んだ理由
en
ja
es
pt
たくさんのマハロス
ケニー・クサカの天職 ― スタンダップコメディを自分の使命として選んだ理由

2023年12月5日 • リー・A・トノウチ

2013年にレイレフア高校を卒業したケニー・クサカは、ハワイの地元劇場で多くの主役を演じていたが、方向転換してスタンダップコメディに挑戦することにした。ここ数年、彼はスタンダップコメディ界で名を上げ、全国で演技を磨いてきた。私は最近、ニューヨークの有名なエンターテイメント会場のハワイ支店であるブルーノートで、初めて彼自身のショーを主役に抜擢された後、彼に会った。 * * * * *ケニーさん、オアフ島のワヒアワで育った時の一番の思い出は何ですか?うーん。(永遠に一日考えます…

Thumbnail for アーティスト、オードラ・フルイチが運命の相手と出会う ― 彼女が<em>いかにして</em>ネムネム漫画帝国を築いたか
en
ja
es
pt
たくさんのマハロス
アーティスト、オードラ・フルイチが運命の相手と出会う ― 彼女がいかにしてネムネム漫画帝国を築いたか

2023年11月15日 • リー・A・トノウチ

イラストレーターのオードラ・フルイチは、2006年にパートナーのスコット・ヨシナガと始めたウェブコミック「ネムネム」で最もよく知られています。この漫画はすぐにヒットしました。ご存知ない方のために説明すると、この風変わりな漫画は、2匹の魔法のぬいぐるみ犬、ネムとアンパンとその飼い主であるカナとアニスの災難を描いたものです。これらのキャラクターは、本、シャツ、ステッカー、そしてもちろんぬいぐるみの子犬など、人気商品のシリーズを生み出しました。 * * * * *どこの学校に通…

Thumbnail for 長期にわたる取り組み:グラント・カギモトがケーン・ホール・ロードの長寿の秘密を語る
en
ja
es
pt
たくさんのマハロス
長期にわたる取り組み:グラント・カギモトがケーン・ホール・ロードの長寿の秘密を語る

2023年10月11日 • リー・A・トノウチ

グラント・カギモトは、ハワイの象徴的な T シャツ ブランド、ケイン ホール ロードの背後にいる天才的な創造力の持ち主です。彼は 50 年近くもの間、ハワイのユニークなローカル カルチャーを表現する巧みなグラフィック デザインを生み出してきました。時には、「最近はあまり本を買わない」というキャプション付きの白菜のデザインのように、とてもユーモラスなデザインを思いつくこともあります。 そして、時には彼のデザインは純粋なハワイのノスタルジーを表現するものかもしれません。例えば、…

Thumbnail for ハジチ物語 — 地元の女性3人が語る、デイさんが手に沖縄のタトゥーを入れた理由
en
ja
es
pt
ハジチ物語 — 地元の女性3人が語る、デイさんが手に沖縄のタトゥーを入れた理由

2023年9月7日 • リー・A・トノウチ

1885年に沖縄で生まれた私の曽祖母は、ハジチと呼ばれる伝統的な沖縄の手の入れ墨をしていました。尊敬される沖縄文化専門家で、沖縄女性支援団体「ウクワンシン・カブダン」のエリック・ワダ氏は、沖縄の女性たちがハジチを入れる動機について現地調査を行いました。和田真史(教師)は、「ハジチは接触以前の時代から存在し、使用されていたため、いつどのように始まったのかを正確に示す文書はありませんが、口承や文書化された情報を通じて、ハジチは女性の成人への通過儀礼へと進化し、系図、宇宙論、社会…

この執筆者が寄稿したシリーズ
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。