Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/series/kizuna/

絆:ニッケイ・ストーリー ~東日本大震災から~


2011年3月18日 - 2023年3月11日

人と人との固い結びつき、それが、「絆」です。

このシリーズでは、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震とその影響で引き起こされた津波やその他の被害に対する、日系の個人・コミュニティの反応や思いを共有します。支援活動への参加や、震災による影響、日本との結びつきに関するみなさんの声をお届けします。

震災へのあなたの反応を記事にするには、「ジャーナルへの寄稿」 ページのガイドラインをお読みください。英語、日本語、スペイン語、ポルトガル語での投稿が可能です。世界中から、幅広い内容の記事をお待ちしています。

ここに掲載されるストーリーが、被災された日本のみなさんや、震災の影響を受けた世界中のみなさんの励ましとなれば幸いです。また、このシリーズが、ニマ会コミュニティから未来へのメッセージとなり、いつの日かタイムカプセルとなって未来へ届けられることを願っています。

* * *

今、世界中から日本へ向けた、たくさんの支援団体や基金が立ち上げられています。日系による支援活動情報を入手するには、ディスカバーニッケイ のツイッターをフォローするか、イベントセクション をご覧ください。日本への支援イベントについて投稿する際は、「JPquake2011」のタグを付け、震災支援イベントのリスト上に現れるように設定してください。


東北地方太平洋沖地震(2011年) コミュニティ コミュニティ支援 地震 日本 JPquake2011

このシリーズのストーリー

Thumbnail for 東日本大震災追悼:「The Hidden Japan」デレック・ヤマシタ氏インタビュー  その2
en
ja
es
pt
東日本大震災追悼:「The Hidden Japan」デレック・ヤマシタ氏インタビュー その2

2023年3月11日 • 全米日系人博物館

その1を読む>> 東北での活動を超えて The Hidden Japanの活動は、日本とアメリカの文化を祝い、異文化理解を促進する両国でのイベント作りにまで拡大しています。仕事を通してそうした使命に掻き立てられた理由は何でしょうか? 私は日系アメリカ人コミュニティで育った日系人ですが、ロサンゼルスで目にする日本文化は日本を見る窓としてはほんの小さな一部でしかないということに気づきました。日本に住んで6年になりますが、観光の仕事で見たり経験したりすることにいまだ驚か…

Thumbnail for 東日本大震災追悼:「The Hidden Japan」デレック・ヤマシタ氏インタビュー — その1
en
ja
es
pt
東日本大震災追悼:「The Hidden Japan」デレック・ヤマシタ氏インタビュー — その1

2023年3月10日 • 全米日系人博物館

2011年を境に3月11日は、壊滅的な東日本大震災の発生によって人生が一変した何十万もの日本の人々にとって、追悼の日となった。地震とその後に起きた津波は、大勢の命を奪った。その後数週間、人と地域に影響を及ぼす数多くの問題が発生し、それらの問題は、それから何か月、何年も先まで続いた。福島の原子力発電所での電源喪失から津波による塩害、広範に及ぶ建物、住宅、自動車への冠水被害など、地域の人々は日常生活を取り戻す以前に、克服困難と思われる障壁を乗り越えなければならなかった。あれ…

Thumbnail for 忘れない:東日本大震災から10年
en
ja
es
pt
忘れない:東日本大震災から10年

2021年3月11日 • ノーム・マサジ・イブキ

先月13日、福島ではマグニチュード7.1の地震がありました。私は凍り付きました。冷や汗と、覚えのある胸騒ぎが再び押し寄せてきました。 フラッシュバック:2011年3月11日 学校に出勤しようと起床すると、突然CBCラジオから取り乱した様子で電話があったことを覚えています。日本で起きた地震と津波に関するコメントを求められたのです。朝早い時間に邪魔が入ったことに苛立ち、「いったい何が起きているんだ?」と思いました。学校では日本の、具体的には東北地方のニュースを確認する時間を…

Thumbnail for 日本の津波災害10周年 - 動物救助のビジュアルストーリー
en
ja
es
pt
日本の津波災害10周年 - 動物救助のビジュアルストーリー

2021年3月5日 • レクシー・ボーズマン・カタルド

2011 年 3 月 11 日に日本を襲った恐ろしい地震と津波災害から 10 年が近づいています。日本を襲ったマグニチュード 9.0 の地震は、海岸線 200 マイル (518 km) をなぎ倒し、一部の地域では内陸 6 マイルまで津波が押し寄せました。その後、津波は福島の福島第一原子力発電所で三重の炉心溶融を引き起こしました。18,000 人以上の命を奪った母なる自然の猛威は決して忘れてはなりません。また、残された動物たちも忘れてはなりません。動物に対する私の情熱は、アメ…

Thumbnail for 2011年東日本大震災の被災者に送ったメキシコのくす玉と応援メッセージ
en
ja
es
pt
2011年東日本大震災の被災者に送ったメキシコのくす玉と応援メッセージ

2017年3月10日 • セルヒオ・エルナンデス・ガリンド

2011年3月11日の早朝、画家の鈴木美登里さんはなかなか眠りにつくことができなかった。その日は朝から、日墨協会で自身とアーティスト仲間が企画した「マゲイの花(竜舌蘭の花)」という絵画展の開会式が予定されていた。眠ってしまった頃に電話がなり、友達から日本で大きな地震が発生したという知らせが入った。朦朧としたまま、次のように返事した:「心配しなくてもいいよ!日本ではいつも発生している地震の一つよ!」、と言って電話を切ったのである。 それから数時間後まだ朝のかなり早い時間…

Thumbnail for 南三陸町で東日本大震災の被災地を視察
en
ja
es
pt
南三陸町で東日本大震災の被災地を視察

2016年9月20日 • ナンシー・マツモト

南三陸町での最後の日、私たちワールド・イン・東北の小グループは、2011年3月11日の地震と津波で壊滅的な被害を受けた町の中心部の沿岸地域を巡るツアーに申し込みました。それまで私たちは、献身的で刺激的な社会起業家のグループの組織を成長させる方法についてブレインストーミングに没頭していました。彼らはとても前向きで生き生きしていたので、彼らのベンチャーのいくつかを生み出した自然災害の規模を直感的に理解するのは困難でした。私は、約 22,000 人が死亡または行方不明となった災害…

ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら
このシリーズの執筆者

ポップカルチャーや政治についてアジア系・日系アメリカ人の視点でブログ(www.nikkeiview.com)を書いている。また、パートナーと共に www.visualizAsian.com を立ち上げ、著名なアジア系・太平洋諸島系アメリカ人へのライブインタビューを行っている。著書には『Being Japanese American』(2004年ストーンブリッジプレス)があり、JACL理事としてパシフィック・シチズン紙の編集委員長を7年間務めた。

(2009年11月 更新)


ペルー日系人協会(Asociación Peruano Japonesa, APJ)は、ペルー在住の日本人や日系人が集う非営利団体であり、彼ら及びその日系諸団体を代弁する協会である。

(2009年5月 更新)


フランク・バックリーは、KTLA のエミー賞受賞の名物番組である KTLA Morning News の共同アンカーです。バックリーは、ロサンゼルスを拠点とする全国特派員を務めていた CNN から 2005 年 6 月に KTLA/CW に加わりました。

バックリー氏は KTLA に着任して数週間以内に、大統領選挙を取材するためにイランに赴きました。KTLA モーニング ニュースのアンカーとしての職務に加え、バックリー氏は KTLA.COM でバックリー ブログも執筆しています。

2011年3月更新


レクシー・ボーズマン・カタルドは現在、カリフォルニア州サウザンドオークスに写真家として住んでいます。レクシーはアジアで 25 年以上過ごし、そのうち 18 年間は日本で過ごしました。動物と自然に対する彼女の情熱は、動物の救助活動にボランティアとして参加し、動物が永遠の家を見つける手助けをするために写真を撮っています。彼女は 2 人の美しい女の子と 3 匹の世話好きな猫の誇り高い母親です。

2021年3月更新


大分県出身。国際基督教大学を卒業後、東京の情報誌出版社に勤務。1992年単身渡米。日本語のコミュニティー誌の編集長を 11年。2003年フリーランスとなり、人物取材を中心に、日米の雑誌に執筆。共著書に「日本に生まれて」(阪急コミュニケーションズ刊)がある。ウェブサイト: https://angeleno.net 

(2020年7月 更新)


クリスティン・ハナオカはシカゴ郊外出身の4世日系アメリカ人です。イリノイ州立大学を卒業し、初等教育の学位を取得しました。現在は、日本東北海岸の福島県の真南に位置する茨城県高萩市で、外国語指導助手として日本教育交流プログラムに参加し、日本で英語を教えています。クリスティンは2009年7月から日本に滞在し、茨城県北部のいくつかの高校で教えています。

2011年4月更新


ロサンゼルス生まれ、アマチ刑務所に収監され、ボストンとユタで教育を受けたリリーは、現在、夫のジョンとともにソルトレイクシティに住んでいます。彼女は 13 年間教師を務め、30 年以上ステンドグラスのビジネスを営んでいましたが、現在は半引退状態です。彼女は水彩画家であり、独創的な自伝「ガサガサガール、キャンプへ行く: 第二次世界大戦のフェンスの向こうにいる二世の若者」を執筆しており、2014 年春にユタ大学出版局から出版される予定です。

2012年8月更新


セルヒオ・エルナンデス・ガリンド氏は、コレヒオ・デ・メヒコで日本研究を専攻し、卒業した。メキシコやラテンアメリカ諸国への日本人移住について多くの記事や書籍を刊行している。

最近の刊行物としてLos que vinieron de Nagano. Una migración japonesa a México [長野県からやってきた、メキシコへの日本人移住]  (2015)がある。この本には、戦前・戦後メキシコに移住した長野県出身者のことが記述されている。また、La guerra contra los japoneses en México. Kiso Tsuru y Masao Imuro, migrantes vigilados(メキシコの日本人に対する戦争。都留きそと飯室まさおは、監視対象の移住者) という作品では、1941年の真珠湾攻撃による日本とアメリカとの戦争中、日系社会がどのような状況にあったかを描いている。

自身の研究について、イタリア、チリ、ペルー及びアルゼンチンの大学で講演し、日本では神奈川県の外国人専門家のメンバーとして、または日本財団の奨学生として横浜国立大学に留学した。現在、メキシコの国立文化人類学・歴史学研究所の歴史研究部の教育兼研究者である。

(2016年4月更新)


二元性は、ジェイが常にアートで探求しているテーマです。バイリンガルの日系アメリカ人である彼には、思考、言葉、翻訳に二元性があります。また、彼は日本文化そのもの、そしてそれが彼のアメリカでの生活とどのように異なるかから、多くの芸術的インスピレーションを得ています。彼のアートは、抽象的な水彩画と超詳細なロボット技術を組み合わせたもので、人間と自然、古いものと新しいもののバランスを常に問いかけています。

ジェイはカリフォルニア州ベイエリアで生まれ育ちました。ナパ郡で数年間アートを学んだ後、南カリフォルニアに移り、2006年にパサデナのアートセンターカレッジオブデザインを卒業しました。その後、ロサンゼルスでプロのアーティスト兼デザイナーとして数年間働き、2010年の春に東京に移住しました。

http://www.jaykun.com/

2011年3月更新


オンタリオ州オークビル在住の著者、ノーム・マサジ・イブキ氏は、1990年代初頭より日系カナダ人コミュニティについて、広範囲に及ぶ執筆を続けています。1995年から2004年にかけて、トロントの月刊新聞、「Nikkei Voice」へのコラムを担当し、日本(仙台)での体験談をシリーズで掲載しました。イブキ氏は現在、小学校で教鞭をとる傍ら、さまざまな刊行物への執筆を継続しています。

(2009年12月 更新)


株式会社移民情報機構代表取締役。同社が発行する多文化情報誌イミグランツ編集長。1974年に毎日新聞入社。大阪本社社会部記者。政治部記者、論説委員など歴任。2007年3月、論説副委員長で退職。和歌山放送顧問、国際移住機関(IOM)メディアコンサルタントなども務める。

(2009年10月 更新)


1985年に設立された全米日系人博物館(JANM)は、日系人の経験を共有することで、アメリカの民族的・文化的多様性への理解と認識を促進しています。ロサンゼルスのダウンタウンにある歴史的なリトル・トーキョー地区に位置するJANMは、日系アメリカ人の声を伝え、すべての人が自らの遺産や文化を探求できるフォーラムを提供しています。1992年に一般に向けて開館して以来、JANMは70以上の展覧会を開催し、17の展覧会を米国、日本、南米の主要な文化博物館で巡回展示しています。JANMについて詳しい情報は、janm.orgをご覧いただくか、@jamuseumをフォローしてください。

(2023年3月 更新) 


ソウジ・カシワギ氏は、日系アメリカ人の体験を題材に、戯曲、記事、コラム、エッセイを多数執筆しています。カシワギ氏の著作の多くが第二次世界大戦中の日系アメリカ人コミュニティの強制収容を扱っています。カシワギさんはグレートフル・クレーン・アンサンブルの劇作家、創設メンバー、製作総指揮者です。

(2015年5月 更新)


María Laura Martelli Giachino はジャーナリズムの学位を取得しています (アルゼンチン、ブエノスアイレスのサルバドル大学 - 2015 年)。論文「東北の大惨事。津波に直面した日本のイメージのメディア再構築の分析」で卒業。彼は、災害の被害を受けた都市の一つ、岩手県陸前高田市の住民にインタビューするために日本を訪れた。彼は日本語と英語の勉強を続けています。彼女は、2016 年 3 月からデジタル メディア「オルタナティブ日経」の総編集者を務めています。彼女は子供の頃から日本の文化と歴史に情熱を持っており、それが彼女を日本語に挑戦するきっかけとなりました。彼は描画、イラスト、デジタル編集の知識をマンガ風の描画に取り入れています。

最終更新日: 2019 年 5 月


アルゼンチン日系二世。1990年、国費留学生として来日。横浜国大で法律の修士号取得。97年に渉外法務翻訳を専門にする会社を設立。横浜や東京地裁・家裁の元法廷通訳員、NHKの放送通訳でもある。JICA日系研修員のオリエンテーション講師(日本人の移民史、日本の教育制度を担当)。静岡県立大学でスペイン語講師、獨協大学法学部で「ラ米経済社会と法」の講師。外国人相談員の多文化共生講座等の講師。「所得税」と「在留資格と帰化」に対する本をスペイン語で出版。日本語では「アルゼンチンを知るための54章」(明石書店)、「30日で話せるスペイン語会話」(ナツメ社)等を出版。2017年10月JICA理事長による「国際協力感謝賞」を受賞。2018年は、外務省中南米局のラ米日系社会実相調査の分析報告書作成を担当した。http://www.ideamatsu.com 


(2020年4月 更新)


ナンシー・マツモトは、アグロエコロジー(生態学的農業)、飲食、アート、日本文化や日系米国文化を専門とするフリーランスライター・編集者。『ウォール・ストリート・ジャーナル』、『タイム』、『ピープル』、『グローブ・アンド・メール』、NPR(米国公共ラジオ放送)のブログ『ザ・ソルト』、『TheAtlantic.com』、Denshoによるオンライン『Encyclopedia of the Japanese American Incarceration』などに寄稿している。2022年5月に著書『Exploring the World of Japanese Craft Sake: Rice, Water, Earth』が刊行された。祖母の短歌集の英訳版、『By the Shore of Lake Michigan』がUCLAのアジア系アメリカ研究出版から刊行予定。ツイッターインスタグラム: @nancymatsumoto

(2022年8月 更新)


沖縄系アメリカ人のスーザン・ミヤギ・マコーマックはニューヨークを拠点とするライターで、ニューヨーク市の日本に関するあらゆる情報源として、2011 年 5 月にウェブサイト「JapanCulture•NYC」を開設しました。また、彼女はShrinecastle.comで沖縄の伝統と日本文化への興味についてブログを書いています。

2012年3月更新


ジャーナリスト・カメラマン。日系三世。祖先は沖縄、長崎、奈良出身。奈良県県費研修留学生(2007年)。ブラジルでの日本東洋文化にちなんだ様々なイベントを精力的に取材。(写真:エンリケ・ミナトガワ)

(2020年7月 更新)

 


ロサンゼルスを拠点に活動するライター、編集者。カリフォルニアで日本人の母とアメリカ人の父のもとに生まれる。京都、バーモント州の小さな町、テキサス州の郊外など、11の異なる都市や町に住んだ経験がある。ミア・ナカジ・モニエへの問い合わせ、本人執筆による記事の閲覧はこちらから:mianakajimonnier.com

(2015年7月 更新) 


グウェン・ムラナカ上級編集者は、2001年から羅府新報に勤務しています。それ以前は、東京のジャパンタイムズで勤務し、現在も週刊漫画「ヌードルズ」を執筆しています。ムラナカはカリフォルニア大学ロサンゼルス校で英文学の学士号を取得し、早稲田大学でも1年間学びました。ムラナカは、パシフィック・シチズン紙の副編集者として地域新聞業界でキャリアをスタートしました。

2021年3月更新


ハルミ・ナコ・フエンテスは、リマ大学でジャーナリズムを専攻したソーシャルコミュニケーターです。彼女は、教師、報道アナリスト、ライター、さまざまな出版物の編集者として、公立および私立の機関で働いてきました。彼はイメージとマーケティングの専門コースを受講し、文化管理の学位を取得しています。現在、ペルー日本人協会(APJ)の広報部長、 『Kaikan』誌の編集者、APJ編集基金の編集委員を務めている。

最終更新日: 2019 年 4 月


北海道生まれ。1976年、大同生命保険に入社。1992年、在日外国人を対象に日本語学習支援ボランティア活動を開始。この活動を通し日系カナダ人と出会う。2011年、同社を退職。現在、宮城県庁に勤務のかたわら各種ボランティア活動を継続。仙台市在住。

(2013年2月 更新) 


ビクター・ニシオ・ヤスオカはペルーに移住した日本人の 3 世の子孫です。小学校の途中で家族とともにパナマに移住し、そこで学校を卒業しました。約 10 年後、ペルーに戻り、国がすっかり変わってしまったことに気づきました。公立大学で建築を学びましたが、自分の最大の関心はコミュニケーションの分野にあることに気づきました。現在、リマに住むビクターは、広報担当者、ビジュアル アーティスト、コラムニストとして活躍しています。

彼の作品をご覧になりたい方は、彼の新しいウェブサイトwww.victor.peをご覧ください。そこでは彼の芸術的、グラフィック的、文学的な作品のすべてが見つかります。

2009年8月更新


カリフォルニア州サンフランシスコで生まれ育った一世の両親のもと、家庭では日本の価値観を教えられながらアメリカの学校で教育を受け、幼少期から日本と北米の文化と言語に同化することができました。半導体およびエレクトロニクス業界に25年以上携わり、現在は自身のコンサルティング会社を経営し、日本と北米の技術と文化のギャップを埋めるお手伝いをしています。

マイケルは 2010 年の晩夏に JAMsj 展示エリアの建設を手伝い、JAMsj に関わるようになりました。現在は週末にガイドとして活動することが多く、時々あちこちでハンマー打ちをしています。マイケルは 2011 年 5 月に JAMsj の理事会にも参加しました。JAMsj に惹かれたのは、日系アメリカ人の経験について学びながら、地元のコミュニティに貢献できる機会があったからです。「JAMsj を訪れる抑留者から、私が読んだことのあること以上に多くのことを学びました」とマイケルは言います。

2014年1月更新


ローン・スプリーは 1993 年から日本に住んでおり、そのほとんどの年月を宮城県仙台市で過ごしました。結婚して子供がおり、高等教育機関の契約講師として教えています。趣味は執筆、歴史、政治、社会学、写真、サイクリングです。非常にありがたいことに、藤田 / スプリー一家は東北地方太平洋沖地震で家屋に大きな被害を受けることなく、また大切な人を失うことなく生き延びました。

2012年4月更新


宮城県出身。1971年武蔵野美術大学の油彩科を卒業後、1975年にはスペイン・グラナダにてアートを学ぶ。 数多くの個展や展示を行ってきた。メキシコ在住24年。画家として活躍する傍ら、メキシコ宮城青葉会の副会長を勤め、日墨会館のメンバーでもある。

(2011年12月 更新)


ウェイン・タダはサンフランシスコで育ち、大学卒業後にロサンゼルスに移住した三世です。ブルークロス・オブ・カリフォルニアで財務アナリストおよび企業インストラクターとして勤務しました。35年間勤めた後、現在は定年退職し、スポーツ写真や日本語の再学習、日系アメリカ人コミュニティ内の「日本的なもの」への参加を楽しんでいます。彼の目標は、他の二世や三世に声を届け、日系アメリカ人の伝統を未来の世代に引き継いでいくための支援をすることです。

彼の現在の関心はサンフランシスコにあります。サンフランシスコのジャパンタウンは、彼が戦後育った日系アメリカ人コミュニティの痕跡を消し去る商業用不動産開発の脅威にさらされています。彼は日米タイムズにいくつかの記事を寄稿し、現在の地元住民と広くビジネス関係者による保存と修復の取り組みを主張しています。

2011年3月更新


高橋正美氏は現在、ノースイースタンイリノイ大学の心理学准教授です。彼は過去 20 年間、特に後期成人期を専門とする発達心理学を研究してきました。彼の研究は、知恵や精神性の概念を含む高齢者の心理的強さに焦点を当てています。

彼は、第二次世界大戦中に自爆テロリストとして採用された日本の十代の若者たちの物語を伝えるドキュメンタリー映画「最後の神風:第二次世界大戦の特攻隊員の証言」の著者です。

彼は家族と一緒にシカゴに住んでいます。

最後の神風: 第二次世界大戦の特攻隊員の証言 リンク:
http://www.der.org/films/filmmakers/masami-takahashi.html
http://www.der.org/films/last-kamikaze.html

最終更新日 2011年3月


マーシャ・タケダ・モリソンは、ロサンゼルス在住の作家兼アートディレクターで、コーヒーを大量に飲みます。彼女の執筆は、ロサンゼルス・タイムズ、ペアレンツ、ジェンラックス、ニッチ、Mom.com、その他のライフスタイル、教育、子育て関連の出版物に掲載されています。また、ポップカルチャーも取り上げており、パリス・ヒルトン、ジェシカ・アルバ、キム・カーダシアンなどのインタビューも行っています。ハリウッドで多くの時間を過ごしていますが、整形手術を受けたことも、俳優の子供を出産したことも、リアリティ番組に出演したこともありません。今のところは。

2023年5月更新


デボラ・トスはニューヨーク州ロングアイランドを拠点とするフリーランスのライター兼編集者です。彼女の記事は、ニューヨーク・タイムズエミレーツ航空誌、ファミリー・ファン、その他多くの雑誌や新聞に掲載されています。


1999 年以来、Tak Toyoshima は、月刊、週刊、日刊のシンジケート ストリップとして印刷されている漫画Secret Asian Manを制作しています。SAM は、人種、宗教、政治、犬派と猫派、その他私たちが関係するグループ間の力関係に焦点を当てています。SAM の最新情報は、 http://www.secretasianmancomics.blogspot.com/で入手できます。

2011年3月18日更新


中南米コスタリカで生まれ。日本人の父とチリ人の母を持つ。父の仕事の関係で、3年ごとにパラグアイ、ボリビア、エクアドル、エルサルバドル、日本、スリナム共和国、チリ、そしてまた日本へと引っ越しを繰り返してきた。現在は横浜で海外日系人協会のオフィスで日本財団日系留学生の活動支援担当を行っている。また、留学生OB会を設立するため、その第一歩として日系留学生のオフィシャルページを立ち上げた。

(2008年3月4日 更新)

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。