Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/series/family/

ニッケイ物語 4—ニッケイ・ファミリー: 記憶、伝統、家族観


2015年6月18日 - 2015年10月19日

ニッケイ・ファミリーの役割や伝統は独特です。それらは移住した国の社会、政治、文化に関わるさまざまな経験をもとに幾代にもわたり進化してきました。

ディスカバー・ニッケイは「ニッケイ・ファミリー」をテーマに世界中からストーリーを募集しました。投稿作品を通し、みなさんがどのように家族から影響を受け、どのような家族観を持っているか、理解を深めることができました。

このシリーズのお気に入り作品は、ニマ会メンバーの投票と編集委員の選考により決定しました。

お気に入り作品はこちらです。

  編集委員によるお気に入り作品:

  • スペイン語:
    父の冒険
    マルタ・マレンコ(著)

  ニマ会によるお気に入り作品

当プロジェクトについて、詳しくはこちらをご覧ください >>

その他のニッケイ物語シリーズ >> 


遺産 (legacies) ニッケイ物語(シリーズ)

このシリーズのストーリー

Thumbnail for 私の肩の重荷
en
ja
es
pt
私の肩の重荷

2015年10月19日 • マーシャ・タケダ=モリソン

これが起こったとき、自分が何歳だったかは正確には覚えていない。たぶん9歳か10歳。だが、ホテルの部屋がどんな様子で、どんな匂いがしたかははっきり覚えている。ベッドカバーは汚くて、かゆかった。すべてにカビ臭が漂っていた。それは、ハウスキーパーがきちんと掃除をせず、掃除機をカーペットの上で数回動かすだけで、それで終わりにしていたからだと思った。私はグラスで飲むのを拒んだ。なぜなら、しわしわの白い紙で包まれたグラスの縁に、はっきりと唇の跡が付いていたと断言できるからだ。その紙には…

Thumbnail for 母と再会した経緯
en
ja
es
pt
母と再会した経緯

2015年10月15日 • チャンダ・イシサカ

日系家族というこの日記のテーマについて考えたとき、私は自分の家族がいかに私を形作ってきたか、しかし、私自身が日本人コミュニティーに関わっているときに、家族をほとんど含めていないことに気付きました。さらに、メキシコ人の母を日本人コミュニティーにどれだけ含めてきたでしょうか。昨年、私はジレンマに陥りました。母がシアトルに私を訪ねてくる予定だったのですが、私は実際はアイダホへ出発しなければなりませんでした。私の組織であるミニドカ巡礼計画委員会は、毎年恒例の巡礼旅行を企画しており、…

Thumbnail for Vの1歳の誕生日
en
ja
es
pt
Vの1歳の誕生日

2015年10月14日 • レヒナ・アラカキ , マキシミリアノ・マタヨシ

私が初めて日本を訪れたのは、娘の V を救うためでした。彼女は生後数カ月で腫瘍を抱えて生まれましたが、ブエノスアイレスでは誰も彼女の手術をしたがりませんでした。そこで夫のアキが、沖縄で外科医をしている弟に電話をしました。それはすべて2週間で起こりました。私の義理の兄は、ある長谷川先生を知っていました。私たちはできるだけ早く旅行しなければなりませんでした。 40時間の旅の後、アキ、息子のM、娘のV、そして私は東京に到着しました。もう土曜日になってしまいましたが、計算外でした。…

Thumbnail for ソルトスプリング島で田坂伊三郎氏の100年前の炭窯が発見される
en
ja
es
pt
ソルトスプリング島で田坂伊三郎氏の100年前の炭窯が発見される

2015年10月13日 • チャック・タサカ

「古いものが今や新しくなる」という古い諺があります。何千年もの間、和歌山県の職人たちは、侍の刀に打ち込む最高級の鋼を生産するために木炭を作っていました。これらの熟練した和歌山の職人は将軍に羨望の的でした。彼らは、鉄を溶かして武器を製造し、粘土の陶器を大量生産するための高品質で高品質の木炭の作り方を知っていました。電気とガスが導入されると、木炭作りは過去のものになりました。しかし、今日では、この種の木炭作りは再び流行しており、煙がほとんどなく高熱を発するため、鰻や鶏肉(焼き鳥…

Thumbnail for 三人の子どもたちへ ―命と縁のはなし―
en
ja
es
pt
三人の子どもたちへ ―命と縁のはなし―

2015年10月12日 • 尾原 敏郎

三人の子どもたちへ こんにちは。元気ですか? 今日は君たちに、自分たちがどこから来たのかを知ってほしいと思い、この手紙を書いています。難しい言い方をすれば、君たちの命の源、そして「縁」というものに触れてほしいという思いをこめて、この手紙を送ります。 今の君たちはそれぞれ4歳、2歳、そして7ヶ月だから、まだ何の事か分からないかもしれないけど、この手紙を読んでもらう日がくる事を願って、君たちの命の源そして縁にまつわる話をしたいと思います。とはいえ、お父さんができるのは、君…

Thumbnail for 歩き去る:不屈の精神とガマン
en
ja
es
pt
歩き去る:不屈の精神とガマン

2015年10月9日 • ジェリ・オカモト・タナカ

「歩き去る」:私が子供の頃、父はほとんど全ての問題をこの方法で解決していました。  私が弟とケンカすると「外に出て歩いて忘れなさい」、頭痛がする、お腹が痛いと言えば「歩いて紛らわせなさい」、新しい学校に通うのが不安、宿題がわからないと言っても、答えは「忘れなさい」でした。当時の私には理解できませんでしたが、この信念が父の人生を突き動かし、ある時は父を救い、後に私の人生の教訓になりました。 日系アメリカ人の父は、身長173センチのずんぐりとした体型で肩幅が広く、ウェーブの…

ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら
このシリーズの執筆者

フランク・エイブは、受賞歴のあるPBSドキュメンタリー「良心と憲法」のプロデューサー兼ディレクターです。彼は、補償を求めるキャンペーンを公にドラマ化したシアトルとポートランドでの2つの「追悼の日」メディアイベントの制作に協力しました。彼はサンフランシスコのアジア系アメリカ人演劇ワークショップとシアトルのアジア系アメリカ人ジャーナリスト協会の創設メンバーであり、NBC/ユニバーサル映画「さらばマンザナール」でJACLのようなキャンプリーダーとして取り上げられました。彼はシアトルのCBSラジオ系列局KIROニュースラジオの受賞歴のある記者であり、現在はシアトルのキング郡行政局の広報部長を務めています。

2015年4月更新


サラ・クミコ・コイケ・アビウシはフロリダ州ウィンターヘイブンで育ちました。ジョンズ・ホプキンス大学で機械工学の理学士号を取得しました。現在は夫と2人の子供とともにバージニア州アーリントンに住んでいます。サラはアクセンチュアのマネージングディレクターであり、米国最大のアジア系専門職開発非営利団体であるAscendの積極的なメンバーです。

2015年10月更新


レジーナ・アラカキ、1942年アルゼンチン、エントレ・リオス州コンセプシオン・デル・ウルグアイ生まれ。沖縄移民の娘。薬学と生化学の卒業生。 4人の子供の母親。彼は現在ブエノスアイレスに住んでいます。

最終更新日: 2015 年 10 月


マイア・ヒトさんは、幼いころから日本文化に魅了されてきた高校生です。彼女はヨーロッパにルーツを持つ日系ペルー人です。彼女は2014年に「両親への手紙」というコンテストに参加し、2位を獲得しました。彼女は、このコンテストが自分の本質に目を開かせ、自分の故郷に存在する多様な文化に浸るきっかけになったと考えています。「私は自分のルーツをもっと大切に思うようになり、現在は日本語を学び、スペイン語もさらに伸ばして、自分のルーツについてさらに学び続けています。」

2015年10月更新


チャンダ・イシサカさんは、カリフォルニア州ロサンゼルス郡のモントレーパークで生まれ育ちました。彼女は日系アメリカ人四世であり、メキシコ系アメリカ人でもあります。イシサカさんは、6年間シアトルに住み、日系コミュニティに喜んで参加し、ミニドカ巡礼企画委員会の一員として年に一度、第二次世界大戦時の強制収容所であるアイダホ州ミニドカ収容所への巡礼を実施してきました。イシサカさんは、現在カリフォルニア州オレンジ郡在住です。

(2014年11月 更新)


1995年11月栃木県生まれ。2002-2003年にかけて、カリフォルニア州サクラメント在住、Matsuyama Elementary Schoolに通う。 現在は国際基督教大学2年在学中。

(2015年9月 更新)


ローラ・キナは、デポール大学ヴィンセント・デ・ポール芸術・メディア・デザイン教授であり、『 War Baby/Love Child: Mixed Race Asian American Art』 (ワシントン大学出版、2013年)の共同編集者、隔年開催のCritical Mixed Studies会議の共同設立者、およびアメリカ大陸におけるアジア系ディアスポラ視覚文化のレビュー編集者です。彼女の展覧会「Sugar/Islands: Finding Okinawa in Hawaiʻi – the Art of Laura Kina and Emily Hanako Momohara」は、ベア・リバー・プレスから出版された展覧会カタログとともに、全米日系人博物館で最近開催されました。

キナは、シカゴ文化センター、インド・ハビタット・センター、インド国際センター、ネフル・アート・センター、沖縄県立美術館、ローズ美術館、スペルタス美術館、ウィング・ルーク・アジア太平洋系アメリカ人体験博物館など、国内外のギャラリーや美術館で展示を行ってきました。現在は、アンソロジー「Queering Contemporary Asian American Art」の編集と、リー・A・トノウチ著の児童書「Okinawan Princess: Da Legend of Hajichi Tattoos 」のイラストを担当しています。

2015年9月更新


退職した LAUSD 教育者。コミュニティ ボランティア。Iku はさまざまなプレゼンテーションやプログラムを行っています。(写真提供: Densho)

2015年1月更新


マイケル・タケオ・コイケはフロリダ州ウィンターヘイブンで育ちました。プリンストン大学で経済学の学士号を取得しました。ニューヨーク州スカーズデールに妻と2人の子供と暮らしています。マイケルはプライベートエクイティ投資家です。また、プリンストン サマー ジャーナリズム プログラムの創設者兼ディレクターでもあります。このプログラムは、低所得の高校生をプリンストンに招き、ジャーナリズムと大学入学に関する10日間のコースを受講させる、全額負担のセミナーです。

2015年10月更新


彼はペルーのハウハで生まれた日系四世です。 9歳から日本で育ち、日本の学校に通い、ペルーで通信教育を終えた。彼女はニュージーランドのインターナショナル・ユニバーシティ・オブ・ザ・パシフィック大学で国際関係学の学士号を取得し、現在はメキシコで日本企業に勤め、新たな文化の融合を成長させ適応させています。

最終更新日: 2015 年 8 月


マルタ・マレンコ氏は、1945年に7人兄姉の末っ子として父タツゾウと母エステルのもとに生まれた。父を9歳の時にんなくした。母は、イタリアのジェノバ出身の子孫。アルゼンチンの北部で育ち、後に職を求めてブエノスアイレスに転住し、それぞれがブエノスアイレスで家族を築いた。夫はアルゼンチン人の獣医で、すばらしい二人の息子はメキシコに住んでいる。現在リタイヤして年金生活者の人生をエンジョイしている。

(2015年9月 更新)


又吉マクシミリアーノは、1979 年にアルゼンチンのブエノスアイレスで日系人の家庭に生まれました。作家兼写真家。小説『ガイジン』 (Alfaguara 2003)の著者。彼は現在ブエノスアイレスに住んでいます。

最終更新日: 2015 年 10 月


キミコ・メドロックさんはUXリサーチャーで、現在ワシントン州シアトルに住んでいます。太鼓奏者でもあり、フリーランスで第二次大戦中の日系アメリカ人の体験に焦点を置いた執筆活動を行っている。近代日本史の修士号を取得、戦前日本の解放運動を専門に行った。

(2021年1月 更新)


ロサンゼルスを拠点に活動するライター、編集者。カリフォルニアで日本人の母とアメリカ人の父のもとに生まれる。京都、バーモント州の小さな町、テキサス州の郊外など、11の異なる都市や町に住んだ経験がある。ミア・ナカジ・モニエへの問い合わせ、本人執筆による記事の閲覧はこちらから:mianakajimonnier.com

(2015年7月 更新) 


レイモンド・ナカムラ氏は、ブリティッシュコロンビア州バンクーバー在住。娘のお使いに振り回されていない時は、ヴォゴン人の詩*を書き、『ニューヨーカー誌』に却下されたことのある漫画を描いている。また、戦前ナカムラ氏の母が育ったパウエル・ストリートのガイドも務めている。子供向けのスポーツ詩集『And the Crowd Goes Wild』に、アイスホッケーのキーパーになることを題材にした詩が掲載されている。www.raymondsbrain.com.

*注:ヴォゴン人はSFシリーズ『銀河ヒッチハイク・ガイド』に登場する架空の宇宙人。シリーズでは、「ヴォゴン人の詩」は宇宙で3番目にひどい詩とされている。

(2012年10月 更新)


バーバラ・ニシモトさんは、シカゴで生まれ、シカゴ西部の郊外で育ちました。彼女の両親は、サンホアキン・バレー(カリフォルニア州)で育ち、アーカンソー州ローワー強制収容所で収容されていました。バーバラさんは、現在テネシー州ナッシュビル在住です。 

(2012年9月 更新) 


メキシコ生まれの日系メキシコ人二世。筑波大学卒業後、ボストン大学大学院進学。国際関係学修士。現在はロサンゼルスでReiyukai Americaにて事務局長として勤務。

(2015年10月更新)


サンパウロ州、サン・ベルナルド・ド・カンポ出身。化学エンジニア、経営管理学・ビジネスマネジメント・環境教育専攻。1994年、千葉県に水処理を学ぶため留学。現在、観光会社の経営者。多数の非営利団体に活躍中、JCI – Junior Chamber International サンパウロ・チャプター元理事長及びJCIブラジル常任副会頭。ASEBEX – Associação Brasileira de Ex-Bolsistas no Japão(日本留学生・研修員ブラジルOB会)審議会会長。IPK – Instituto Paulo Kobayashi副会長。APNB – Associação Pan-Americana Nikkei do Brasil(ブラジル・パンアメリカンニッケイ協会)税務顧問。Associação Chiba Kenjin do Brasil(ブラジル千葉県人会)第二常任理事。ブラジル日本文化福祉協会コミュニケーション・マーケティング委員。

(2014年11月 更新)

 

 

 

 

 

 

 


ブランドン・シンドウは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の学部生です。心理学を専攻し、アジア系アメリカ人研究を副専攻しています。

2007年12月更新


メアリー・スナダ氏は夫のジョンと結婚して43年になり、ジェームズとデイビッドという二人の息子がいる。元小学校教員で、ロサンゼルス統一学区の小学校に36年勤めた。現在は、オレンジ郡仏教会、全米日系人博物館、ゴー・フォー・ブローク全米教育センターの会員。好きなことは、釣りやダンス、そして昔からの友人たちや新しい仲間と旅行をすること。ディスカバー・ニッケイへもしばしば寄稿している。

(2023年10月 更新)


マーシャ・タケダ・モリソンは、ロサンゼルス在住の作家兼アートディレクターで、コーヒーを大量に飲みます。彼女の執筆は、ロサンゼルス・タイムズ、ペアレンツ、ジェンラックス、ニッチ、Mom.com、その他のライフスタイル、教育、子育て関連の出版物に掲載されています。また、ポップカルチャーも取り上げており、パリス・ヒルトン、ジェシカ・アルバ、キム・カーダシアンなどのインタビューも行っています。ハリウッドで多くの時間を過ごしていますが、整形手術を受けたことも、俳優の子供を出産したことも、リアリティ番組に出演したこともありません。今のところは。

2023年5月更新


ジェリ・オカモト・タナカさんは日系アメリカ人三世で、両親はワイオミング州農村部の出身。自身の家族史やコロラド、ネバダ、モンタナ、オレゴン、カリフォルニアで過ごした幼少期、養母としての経験やコミュニティ・ボランティアとしての活動をもとに執筆活動を行っている。また、リトルトーキョーサービスセンターの役員の他、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の中国からの養子や孤児の支援プログラム、China Care Bruins Youth Mentorship Programのアドバイザー兼ペアレント・コーディネーターも務めている。現在ロサンゼルス在住。また、ジェリさんが執筆した記事は、以下雑誌および書籍に掲載されています。雑誌:Adoptive Families magazine, Guidepost's Joys of Christmas, The Sun, Loyola of Los Angeles Law Review, Journal of Families with Children from China, OCA Image, UCLA Chinese Cultural Dance Dragonfly Quarterly, China Care Foundation's Care Package; 書籍:Kicking in the Wall:  A Year of Writing Exercises, Prompts & Quotes to Help You Break Through Your Blocks and Reach Your Writing Goals

(2015年9月 更新) 


チャック・タサカはブリティッシュコロンビア州ミッドウェイで生まれる。人生のほとんどを日系カナダ人の最初の強制収容所があったブリティッシュコロンビア州グリーンウッドで過ごす。祖父母イサブロウとヨリエは愛媛県佐島からオレゴン州ポートランドへ移住、その後スティーブストンを経てガルフ諸島のサルトスプリング島に定住した。父アリゾウはサルトスプリング島で生まれたが、若い頃は佐島で過ごした。母親はブリティッシュコロンビア州ナナイモで生まれ、和歌山県三尾村で育った。チャックはブリティッシュコロンビア大学で学び、バンクーバー島で小学校で教鞭をとった。2002年に引退して以降、チャックはほとんどの時間を日系カナダ人の歴史の研究に費やしている。現在はグリーンウッドの「日系レガシーパーク・プロジェクト」に取り組んでいる。 


(2024年6月 更新)


キャシー・ウエチは日系アメリカ人全米博物館のボランティアであり、ディスカバー・ニッケイの寄稿者でもあります。彼女は二世で、ボイルハイツで生まれ、沖縄出身の両親のもとでバレーで育ちました。彼女は、最新の人気店から人里離れた「家族経営」の店まで、ロサンゼルスの食文化を探るのが好きです。キャシーはカリフォルニア大学アーバイン校の卒業生です。

2014年9月更新


サンパウロ州ベベドウロ出身。サンパウロ総合大学看護学部卒業。2010年引退までロンドリーナ州立大学教授。同大学の高齢者向けのラジオ番組「Tecer Idades」のプロダクションの一人。コミュニティの高齢者化プロジェクトのボランティアとして活動。寝たきり高齢者と介護者のためのロンドリーナにあるサポートハウスの取締役会に参加。日本文化を継承する目的で成立された「グルッポ・ヒカリ・デ・ロンドリーナ」のメンバー。このグループのウェブサイト製作、編集を担当。

(2018年6月 更新)


リン・ヤマサキは、日系アメリカ人全米博物館の教育部門で学校プログラム開発者として働いており、博物館への学校訪問の企画と実施を担当し、同博物館の主要教育プログラムの 1 つである民主主義保存国立センターに関わっています。また、特別展や家族向けプログラムの教育活動の企画も担当しています。ロサンゼルスのロヨラ・メリーマウント大学で美術史とスタジオアートを専攻し、学士号を取得しました。

2015年7月更新


彼はペルーのチクラーヨで生まれました。彼は日系四世です。観光とホスピタリティを専攻し、広告デザインを学ぶ学生。彼はマジスボランティアの一員で、チクラーヨの日系青年に所属しています。彼女は書くことが好きで、日本食が大好きで、読書が大好きです。彼の夢は日本を訪れることです。

最終更新日: 2015 年 10 月

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。