メアリー・スナダ

(Mary Sunada)

メアリー・スナダ氏は夫のジョンと結婚して40年になります。2人には、ジェームズとデイビッドという2人の息子がいます。彼女は元小学校教員で、ロサンゼルス統一学区の小学校に36年勤めました。現在は、オレンジ郡仏教会、全米日系人博物館、ゴー・フォー・ブローク全米教育センターの会員です。好きなことは、釣りやダンス、そして昔からの友人たちや新しい仲間と旅行をすることです。

(2020年9月 更新)

identity en

Nikkei Chronicles #10—Nikkei Generations: Connecting Families & Communities

Our Old Family Albums

Since my mother’s diagnosis of Alzheimer dementia and her passing, I have been looking through some old family albums with pictures glued onto the pages or fitted inside photo corners. I was amazed to see so many baby photos of myself with Mom, Grandmother, and my cousins, but only a few of Dad. No one ev…

続きを読む

sports en ja es pt

Nikkei Chronicles #9—More Than a Game: Nikkei Sports

フィッシング・フォー

私が最後にハイシエラ(訳注:カリフォルニア州中東部の山脈)へ釣りの旅に出かけたのは、2019年7月7日のことでした。慌ただしい都会の日常を離れた、年に一度の家族旅行でした。釣りを家族の伝統行事にしたのは夫のジョンでした。ジョンは、子供のころからフレズノで釣りをしていて、父親と一緒に釣りをする喜びを忘れたことはありませんでした。息子のジェームズとデービッドが釣り竿を持てるようになると、ジョンはハイシエラで二人に釣りを教え、今ではそれが私たち一家の日系の伝統となりました。ジェームズとデービッドは、自動的に「フィッシング・フォー」のメンバーになり、私は名誉会員になりました。

ジョンとジェームズとデービッドは、ロサンゼルスから…

続きを読む

community en

Kizuna 2020: Nikkei Kindness and Solidarity During the COVID-19 Pandemic

Kizuna 2020: My Birthday Wish

As I celebrated my 72nd birthday on January 1, 2020 with my family, we greeted each other with Shinnen Akemashite Omedeto Gozaimasu (Happy New Year) and toasted with sparkling apple cider. My family started the day with ozoni (soup with rice cake). Our dining table was full of osechi ryori (Japanese New Year&rs…

続きを読む

identity en

Nikkei Chronicles #8—Nikkei Heroes: Trailblazers, Role Models, and Inspirations

A Moment in Time

As I gazed upon my mom’s old wooden hand mirror, I found that time has not been kind to my face. There were noticeable lines across my forehead, wrinkles around the corners of my mouth and dark spots of old age.

Whenever I held my dad’s old broken wrist watch against the windowpane, I noticed that …

続きを読む

identity en

Nikkei Chronicles #7—Nikkei Roots: Digging into Our Cultural Heritage

A Promise

Almost 60 years ago, a promise was made by a girl who was ten years old. I was that little girl and remembered that day very clearly. My best friend, Leslie, came over to play and told me a secret. She said that the man I called “Pop” was not my biological father. I felt hurt and anger towards my mo…

続きを読む