Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/interviews/clips/1019/

成功しなければならなかった(英語)

(英語)私達はアジア系である事が不利なことを十二分承知していました。私達の間には、心理的に、体力的に、精神的に劣っていると感じていた者は誰もいませんでした。ただシステムが私達を断固として受け入れないのだと感じていました。更に私達は、戦闘兵士について何かオーラのようなものがあると感じていました。それは、部族の生活が戦士の成功・失敗に左右される時代に遡るのだと思います。

ですから、日本人—彼らはハワイの言葉を話し、ハワイの出身ですからハワイの日系アメリカ人と言っていましたが—の成功や失敗が・・・とにかく良い働きをしなくてはならないと。成功しなくてはならないと。失敗は許されませんでした。彼らの願い、大望は他のアメリカ人部隊と同じ位良い部隊になることでした。もちろん私達は皆、他のアメリカ人部隊よりも優秀になりたいと願っていました。しかしきちんと認識しなくてはいけないのは、戦闘に出ると、失敗したくなくても失敗するという事実です。誰も臆病になるために戦場に行くとは思いませんが、ある者は臆病なんです。それはどうすることもできません。

ですから、話し合いの中で最高(の部隊)になるとは誰も言いませんでした。それではただの、何と言いますか、口先だけのことになってしまいますから。でも皆白人部隊と同じ位優秀にならなければいけないことは分っていました。全員が規則に従い、ベストを尽くさなくてはなりませんでした。そのことだけは分っていました。それには血を流さなくてならない、それが払わなくてはいけない犠牲でした。そして私達全員、その心の準備をしなくてはなりませんでした。


第100歩兵大隊 第442連隊戦闘団 軍隊 (armed forces) 差別 対人関係 軍隊 人種差別 退役軍人 (retired military personnel) アメリカ陸軍 退役軍人 第二次世界大戦

日付: 1995年8月28日

場所: 米国、カリフォルニア州

提供: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

語り手のプロフィール

ヨンオク・キム大佐(米国陸軍退役軍人)は、第442連隊戦闘団第100歩兵大隊の一員として第二次大戦を戦い、叙勲された退役軍人であり、コミュニティリーダーとして多くの人々に尊敬されています。キム大佐は、1919年カリフォルニア州ロサンゼルスの朝鮮系移民の家庭に生まれました。

戦争の勃発と共に、彼は日系二世のみで構成された第100歩兵大隊の一員となりましたが、軍は、キム大佐と日系人の間に摩擦が生じることを懸念し、別部隊への異動を提案しました。しかし、彼は日系も朝鮮系も同じアメリカ人である、と主張し、その提案を拒否しました。生まれながらのリーダーとしての才覚と戦場での鋭い直感力、キム大佐の戦場での偉業は伝説的でさえあります。

キム大佐は、朝鮮戦争で再び戦地へ戻り、マイノリティとしては初めて大隊長に任命されました。1972年に退役した大佐は、殊勲十字章、銀星章、2度の青銅星章、3度のパープルハート章、フランス政府からの戦功章を含む19の勲章を授与されました。

後年、キム大佐は、ゴーフォーブローク教育基金、全米日系人博物館、韓人健康情報センター、韓国系アメリカ人連合など、数多くの団体の立ち上げを支援し、アジア系コミュニティに貢献してきました。キム大佐は、2005年12月29日癌のため、86歳で亡くなりました。(2008年8月8日)

Marion Tsutakawa Kanemoto
en
ja
es
pt
マリオン・ツタカワ・カネモト

先生から聞いた反アメリカプロパガンダ(英語)

日系アメリカ人二世。第二次大戦中に自主的に日本へ移住。(1927年生)

en
ja
es
pt
Fred Sasaki
en
ja
es
pt
フレッド・ササキ

フレデリック・ヨシヒデ・ササキの家族構成(英語)

カナダの一世ビジネスマン(1918年生)

en
ja
es
pt
Fred Sasaki
en
ja
es
pt
フレッド・ササキ

第二次大戦中の排日感情(英語)

カナダの一世ビジネスマン(1918年生)

en
ja
es
pt
Ryoichi Kodama
en
ja
es
pt
児玉 良一

戦時中に取り上げられた運転手としての仕事

笠戸丸移民

en
ja
es
pt
Aiko Yoshinaga Herzig
en
ja
es
pt
アイコ・ヨシナガ・ハージック

政治権力の欠如が収容所の一因(英語)

研究者、活動家(1924-2018年)

en
ja
es
pt
Aiko Yoshinaga Herzig
en
ja
es
pt
アイコ・ヨシナガ・ハージック

囚人のように思えた収容所生活(英語)

研究者、活動家(1924-2018年)

en
ja
es
pt
Vince Ota
en
ja
es
pt
ビンス・オオタ

東海岸とロサンゼルスの違い(英語)

在日日系アメリカ人デザイナー

en
ja
es
pt
Francis Y. Sogi
en
ja
es
pt
フランク・ソギ

戦後日本行きを志願(英語)

弁護士、MIS退役軍人、フランシス&サラ・ソギ財団創設者 (1923-2011年)

en
ja
es
pt
Francis Y. Sogi
en
ja
es
pt
フランク・ソギ

当時の収容所に対する認識(英語)

弁護士、MIS退役軍人、フランシス&サラ・ソギ財団創設者 (1923-2011年)

en
ja
es
pt
Paul Terasaki
en
ja
es
pt
ポール・テラサキ

戦後シカゴでの体験(英語)

組織移植・臓器移植の分野においての医療研究の第一人者。(1929年生)

en
ja
es
pt
Francis Y. Sogi
en
ja
es
pt
フランク・ソギ

アメリカ占領下の日本(英語)

弁護士、MIS退役軍人、フランシス&サラ・ソギ財団創設者 (1923-2011年)

en
ja
es
pt
Toshio Inahara
en
ja
es
pt
トシオ・イナハラ

4C-敵性外国人-に分類(英語)

血管外科医(1921年生)

en
ja
es
pt
Bert A. Kobayashi
en
ja
es
pt
バート・A・コバヤシ

本土におけるハワイの情報不足(英語)

Kobayashi Group LLCの.創設者 (1944年生)

en
ja
es
pt
William Hohri
en
ja
es
pt
ウィリアム・ホウリ

収容所へ戻ろうとした時(英語)

政治活動家(1927-2010)

en
ja
es
pt
Gene Akutsu
en
ja
es
pt
ジーン・アクツ

地元新聞紙による日系人への誤った解釈に対しての十代の頃の記憶(英語)

徴兵忌避者(1925年生)

en
ja
es
pt

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。