Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/series/inspire-forward/

次の世代へ:30歳未満のニッケイヒーロー


2022年1月24日 - 2023年8月30日

このシリーズでは、世界各地で暮らしている30歳未満の若い世代の日系人から話を聞きました。ニッケイ・コミュニティの将来をより発展させるために活動する若者たち、また斬新でクリエイティブな活動を通じてニッケイの歴史や文化、アイデンティティを共有し、探求している若者たちです。

ロゴデザイン: アリソン・スキルブレッド


このシリーズのストーリー

Thumbnail for エミリー・テラオカ: ミニドカ国定史跡での公共サービスを通じて会話を刺激する
en
ja
es
pt
エミリー・テラオカ: ミニドカ国定史跡での公共サービスを通じて会話を刺激する

2022年5月26日 • キミコ・メドロック

エミリー・テラオカは、彼女のルーツである日本とメキシコの文化の両方に囲まれて育ちましたが、それらは、カントリーミュージック、ピックアップトラック、週末のスポーツ、カリフォルニア州フレズノの実家での大規模なハロウィーンパーティーなど、典型的なアメリカのものと混ざり合っていました。大学に入って初めて、彼女は四世日系人としてのアイデンティティを探求し始めました。現在、彼女はミニドカ国定史跡の主任公園管理官として、第二次世界大戦の強制収容所の遺産について人々との関係を築き、会話を促…

Thumbnail for ニコール・ヒガ・コバシガワ:筋金入りのボランティア魂
en
ja
es
pt
ニコール・ヒガ・コバシガワ:筋金入りのボランティア魂

2022年4月27日 • ハビエル・ガルシア・ウォング=キット

もし「ボランティア活動」という職業があるならば、ニコール・ヒガ・コバシガワ氏は間違いなくこの職業を選んでいたに違いない。彼女はリマのラ・ウニオン学校に在学していた頃から、算数から体育(サーカスのワークショップでは、竹馬と軽業も学んだ)まですべての科目で成績が「優」だった。かと言って特に興味のある科目はなかったと言う。小学校6年生の頃、リーダシッププログラムに参加し、そこでチームワークやソフトスキル(主にコミュニケーション力)を学んだ。 高校生になっても毎週土曜日このプログ…

Thumbnail for 「深い集団的感情」:黒人日系活動家の英雄、エミリー・アクパン
en
ja
es
pt
「深い集団的感情」:黒人日系活動家の英雄、エミリー・アクパン

2022年3月29日 • タミコ・ニムラ

エミリー・アクパンは、ニューヨークのブルックリンに住む黒人日系活動家です。彼女は、ツル・フォー・ソリダリティやニューヨーク追悼記念日など、多くの社会正義運動に積極的に参加してきました。2022年3月、彼女はディスカバー・ニッケイの「インスパイア・フォワード:30歳未満の日系ヒーロー」シリーズの質問に答える時間を割いてくれました。彼女のストーリーは感動的で、活動家を目指す人々に洞察と助けを与えてくれます。 * * * * *二村多美子(以下TN):日系ヒーローに選ばれておめで…

Thumbnail for グラジエラ・タマナハ ~ブラジル日系コミュニティの若手リーダー~ ーその2
en
ja
es
pt
グラジエラ・タマナハ ~ブラジル日系コミュニティの若手リーダー~ ーその2

2022年2月24日 • タチアナ・マエブチ

その1を読む >> 文協の日本文化祭り 「2019年には『文化祭り」のコミュニケーションチームの一員として、『名探偵ピカチュウ』という映画の宣伝をしました。今までこれほど大きなインパクトのあるチームに参加したことがなかったので、私にとって大きな挑戦でした」と、グラジエラは語る。 長年同じやり方で引き継がれてきた「文化祭り」は、2018年に日本のポップカルチャーを取り入れることになった。グラジエラはこのような変化を取り入れることに不安を覚えたという。 「時が流れ、…

Thumbnail for グラジエラ・タマナハ ~ブラジル日系コミュニティの若手リーダー~ ー その1
en
ja
es
pt
グラジエラ・タマナハ ~ブラジル日系コミュニティの若手リーダー~ ー その1

2022年2月23日 • タチアナ・マエブチ

父方は沖縄県西原、母方は北海道へルーツをたどることができる日系三世のグラジエラ・タマナハは26歳。文化活動に積極的だった祖父母の血を受け継ぎ、コミュニティ活動に従事している。7年前、年に一度行われる日系コミュニティのメインイベントに初めて参加して以来、コミュニティ活動に精をだしている。 家族のルーツ 「私は日本とウチナーンチュの2つの文化に触れて育ちました。そのため何でも二つ学んできました。例えば、『茶碗』と『マカイ』といったように、同じものでも二つの違う言い方を覚…

Thumbnail for コール・カワナ ―全米日系人博物館と人工知能(AI)の力―
en
ja
es
pt
コール・カワナ ―全米日系人博物館と人工知能(AI)の力―

2022年1月24日 • キーラ・カラツ

「これは『人の記憶のスナップショット』です」。 23歳のコール・カワナは、全米日系人博物館の最新特別展「ローソン・イイチロウ・サカイのインタラクティブなストーリーファイル」展をそう呼んでみせる。 南カリフォルニア大学を卒業して間もない日系アメリカ人五世のカワナが、この工学に基づいた企画を構想したのは、2019年であった。第二次世界大戦を生き抜いた日系アメリカ人のオーラル・ヒストリーを保存し、共有する手助けをするAIアバターを開発する非営利団体「ジャパニーズ・アメリカ…

ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら
このシリーズの執筆者

ハビエル・ガルシア・ウォング=キットは、ジャーナリスト兼大学教授で、雑誌『Otros Tiempos』のディレクターを務めている。著書として『Tentaciones narrativas』(Redactum, 2014年)と『De mis cuarenta』(ebook, 2021年)があり、ペルー日系人協会の機関誌『KAIKAN』にも寄稿している。

(2022年4月 更新)


リカルド・G・ホカマは、1968年にブエノスアイレスで生まれた日系人です。アルゼンチンカトリック大学でジャーナリズムを専攻し、ラジオとテレビの制作を専門としています。若い頃からアルゼンチンの日本人コミュニティで指導的立場に就いてきました。現在は、アルゼンチン日系センターとアルゼンチン元日本留学生センターの副会長を務めています。また、アルゼンチン日系センターの広報部長とアルゼンチン日系新聞の編集者でもあります。ホカマは、ブエノスアイレスのパレルモラジオでラジオ番組「ジャパントゥデイ」を制作し、監督しています。

2023年2月更新


カリフォルニア州サンタクラリタで生まれ育つ。現在カリフォルニア州バレンシアのカレッジ・オブ・キャニオンズでジャーナリズムを専攻する1年生で、準学士号を取得後、4年制大学への編入を希望している。キーラは日系とドイツ系の四世で、アジア系アメリカ人の体験について読んだり書いたりすることを楽しんでいる。

(2021年1月 更新)


カレン・カワグチはニューヨークを拠点とするライターです。彼女は東京で日本人の母とシアトル出身の二世の父の間に生まれました。父はアメリカ陸軍の軍事情報部に勤務し、家族はミニドカ刑務所に収監されていました。カレンと彼女の家族は 1950 年代後半にアメリカに移住し、主にシカゴ周辺で暮らしました。1967 年に沖縄に移り、彼女はクバサキ高校に通いました。その後ウェズリアン大学 (コネチカット州) に進学し、後にワシントン DC、ダラス、シアトルに住みました。彼女は最近、ハイネマン、ピアソン、その他の大手出版社で教育出版の編集者として勤務しましたが、退職しました。彼女は Literacy Partners (成人向け ESL) などの組織でボランティアをしており、ジャパン ソサエティ、美術館、植物園に行くのが好きです。彼女は人生において日本、アメリカ、日系アメリカ人の 3 つの文化から深く学ぶことができて幸運だと感じています。

2022年6月更新


キャロル・コマツカは、ロサンゼルスのナンバー 1 NPR 局である南カリフォルニア公共ラジオの開発担当マネージング ディレクターで、大口寄付チームと連携し、募金戦略に取り組んでいます。彼女は、ホーム セービングス アンド ローンで社員誌の編集からキャリアをスタートし、その後マーケティング部門に移り、同社の民族マーケティング プログラムを立ち上げました。

その間、彼女は10年間日系アメリカ人博物館でボランティア活動を行い、1992年の歴史的建物と1999年のパビリオンの開館委員会の委員長を務めました。彼女はその年に日系アメリカ人博物館のスタッフに加わり、対外関係担当副会長を務めました。

キャロルはボイルハイツで生まれ育ち、南カリフォルニア大学でジャーナリズムの学位を取得しました。現在成人した彼女の娘の名前が子供の中庭に刻まれています。

2022年11月更新


サンパウロ市出身、日系ブラジル人(母親は日系二世・父親は日系三世)。サンパウロ・カトリック大学卒のジャーナリスト。旅行ブロガー。雑誌編集・ウエブサイト・広報業務担当。ブラジル日本文化福祉協会・コミュニケーション委員として日本文化の普及に係わる。

(2015年7月 更新)


キミコ・メドロックさんはUXリサーチャーで、現在ワシントン州シアトルに住んでいます。太鼓奏者でもあり、フリーランスで第二次大戦中の日系アメリカ人の体験に焦点を置いた執筆活動を行っている。近代日本史の修士号を取得、戦前日本の解放運動を専門に行った。

(2021年1月 更新)


エスター・ニューマンは、カリフォルニア育ち。大学卒業後、オハイオ州クリーブランドメトロパークス動物園でマーケティングとメディア製作のキャリアを経て、復学し20世紀アメリカ史の研究を始める。大学院在学中に自身の家族史に関心を持つようになり、日系人の強制収容や移住、同化を含む日系ディアスポラに影響を及ぼしたテーマを研究するに至った。すでに退職しているが、こうした題材で執筆し、関連団体を支援することに関心を持ち続けている。

(2021年11月 更新)


タミコ・ニムラさんは、太平洋岸北西部出身、現在は北カリフォルニア在住の日系アメリカ人三世でありフィリピン系アメリカ人の作家です。タミコさんの記事は、シアトル・スター紙、Seattlest.com、インターナショナル・イグザミナー紙、そして自身のブログ、「Kikugirl: My Own Private MFA」で読むことができます。現在、第二次大戦中にツーリレイクに収容された父の書いた手稿への自らの想いなどをまとめた本を手がけている。

(2012年7月 更新) 

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。