ハビエル・ガルシア・ウォング=キット

(Javier García Wong-Kit)

ハビエル・ガルシア・ウォング=キットは、ジャーナリスト兼大学教授で、雑誌『Otros Tiempos』のディレクターを務めている。著書として『Tentaciones narrativas』(Redactum, 2014年)と『De mis cuarenta』(ebook, 2021年)があり、ペルー日系人協会の機関誌『KAIKAN』にも寄稿している。

(2022年4月 更新)

identity es

Tres nikkei en oficios digitales

En los últimos años han surgido diversos trabajos que atienden a las necesidades de un mercado lleno de sitios web, redes sociales y productos en línea que van a requerir de una serie de profesionales (comunicadores, diseñadores y generadores de contenidos) a los que se les podría agrupar en una categoría flexible: los nuevos oficios digitales (aunque en realidad involucren mucho más). Estas tres nikkei peruanas muestran parte de esa gran diversidad de funciones y cualidades requeridas para hacerse un lugar en este mercado laboral. * * * * * …

続きを読む

community en ja es pt

次の世代へ:30歳未満のニッケイヒーロー

ニコール・ヒガ・コバシガワ:筋金入りのボランティア魂

もし「ボランティア活動」という職業があるならば、ニコール・ヒガ・コバシガワ氏は間違いなくこの職業を選んでいたに違いない。彼女はリマのラ・ウニオン学校に在学していた頃から、算数から体育(サーカスのワークショップでは、竹馬と軽業も学んだ)まですべての科目で成績が「優」だった。かと言って特に興味のある科目はなかったと言う。小学校6年生の頃、リーダシッププログラムに参加し、そこでチームワークやソフトスキル(主にコミュニケーション力)を学んだ。 高校生になっても毎週土曜日このプログラムに参加し、卒業後も2年間継続した。その熱心さが評価されて、夏休みにアエル・クラブ(日系団体AELU)の7歳児童向けのプログラムを手伝うことになった。「ボランティア活動が大好きで、そのおかげで人の成長について興味をもつようになったのす」と話すニコールは、リマ大学では心理学を専攻した。心理学は、子どもに行動上の問題点があるときにのみ必要なものではないということに気づいたが、別の環境に自分を置くことで、いい影響を与えることができるんだということにも気づいたと振り返る。 「心理学をどのように適用したらいいのかを学びましたが、やはり知らないことで衝撃的なこともたくさんありました。当時私はプエブロリブレ地区に住んでいたので、小中高のラ・ウニオン学校は家のすぐ向かい側でしたが、大学は3時間前に起きて通学しなくてはいけま…

続きを読む

food en ja es pt

ハイメ・アヒト:ニッケイ料理の「親善大使」

美食学というものが世界を歩いて磨くものであるなら、このペルー人シェフ、ハイメ・アヒト氏は二つの大陸にニッケイ料理を広げた親善大使といえるだろう。ハイメの経歴は多様だ。家庭で料理のセンスを身につけたというハイメは、グラフィックデザインとマーケティングを学び、歯科衛生士の資格を取得し、工房まで持ち、そして以前、日本に出稼ぎへ行った経験もある。現在、サウジアラビアとカタールの間にあるペルシャ湾内のバーレーン王国に住み、本格的ペルー料理店でシェフとして活躍している。 この店の名前は「クレイ・レストラン」。キッチンスタッフ31人のうち10人がペルー人であると、彼は誇らしげに話してくれた。アルゼンチン、メキシコ、中国、そして今はバーレーン王国という国でシェフをしてきたハイメは、どの国でもレストランの開業準備やメニューの開発、料理人の研修に関わってきた。とはいえ、いつも料理関係の仕事に携わっていたわけではない。出稼ぎ労働者として訪れた日本では、一時的ではあるがいくつかの工場でも働いた。 「初めて日本に行ったのは1991年で、2回目は2001年。計約1年半日本に滞在しました。日本では、他のペルー人と集まるとペルーの郷土料理である魚介類等のピリ辛マリネ「セビチェ(cebiche)」をつくり、私もよく作るのを手伝いました」と話す。当時はまだ、彼の長い美食家としてのキャリアは芽を出していなかった。…

続きを読む

es

Nikkeis inspirados por los videojuegos

La tecnología ha sido motivo de grandes avances en la humanidad y, en los últimos años, las herramientas digitales se han convertido en un motor de cambio en muchos ámbitos. Esa capacidad inspiradora ha contagiado a muchas personas desde varias décadas atrás, entre ellos a algunos nikkei que han desarrollado sus carreras a partir de estos avances entre los que hoy se cuentan teléfonos inteligentes, tiendas virtuales y videojuegos, entre otros productos útiles y revolucionarios. En el Perú, las primeras noticias de los inventos te…

続きを読む

food es

El lado dulce de la cocina nikkei peruana

Se puede decir que la popularidad de la cocina nikkei peruana ya es indiscutible. Desde los makis y sus fusiones con ingrediente criollos, a otras preparaciones que han ido ganando terreno con los restaurantes y eventos de la comunidad peruano japonesa (en los primeros se han hecho conocidas las sopas ramen y en los segundos se han introducido los obento), los platillos de la cocina nikkei cada vez están en boca de más peruanos y turistas. En los últimos años, motivada por la reinvención, que impulsó a muchos nikkei hacia el emprendimiento, y las res…

続きを読む