Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2024/2/6/joy-shimabukuro/

見知らぬ人と話すべき理由 - セレブリティのジョイ・シマブクロが「チャンスをつかむ」と語る

人気テレビ番組「Joy of Crafting」の司会者、ジョイ・シマブクロさん。

ハワイの地元の人は彼​​女の名字を知らないかもしれませんが、ほとんどの人は彼女の顔と、クラフトの代名詞となったファーストネームを知っています。公の場で彼女を見かけると、みんな彼女に近づいて「え、あなたは Joy...Of Crafting ですよね?」と言います。ファーストネームは Joy。ラストネームは Of Crafting。笑。

ジョイ・シマブクロのテレビ番組「Joy of Crafting」は、2002年からハワイで継続的に放送されており、今回で483回目の放送となります。子供の頃はひどく内気だったジョイは、大人になってこんなに有名になり、こんなにおしゃべりになるとは想像もしていませんでした。

* * * * *

君のような地元の有名人と話すなんて、緊張しちゃうよ。もっと安心させるために、クラフトに関するジョークをひとつ言ってくれないか。

工芸のジョーク?私は工芸についてジョークを言いません。工芸は真剣な仕事ですよ、リー!

さあ、ここから始めましょうか。どこの学校に通って、何年に卒業したんですか?

僕がマッキンリー大学に通っていたのはご存知ですよね!! もちろん最高の年、81年に卒業しました。

あなたの名字は島袋なので、純粋な沖縄人ですか、それとも奇妙な民族の血も入ってるんですか?

私も少しだけ普通の日本人です。

では、あなたは自分をどう認識していますか?日系人?地元民?ウチナーンチュ?地元沖縄人?何ですか?

私は地元の人だと思います。でも、あまり良い地元の沖縄人というわけではありません。

実は、ハワイ大学を卒業して郵便局に行ったとき、郵便局の人が私の名前を見て「あ、あなたがウチナーンチュですか? 」と言ったときまで、私はウチナーンチュ(沖縄人)が何を意味するのか知りませんでした。私は無表情でその人を見ました。「今、何を言ったのか分かりません」と言いました(笑)。でも、私の友達の中には、沖縄の文化にとても興味を持っている人がたくさんいます。そして、私はアンダーギー(沖縄のドーナツ)をたくさん食べて、沖縄の文化を応援しています!

(笑) あなたはショーでとても落ち着いているように見えますし、あなたの技巧的な動きは、とても優雅でエレガントです。私がこれを指摘するのは、あなたがスーザン・ペイジとジョン・ロバート・パワーズのどちらに通っていたのか知​​りたいからです。あなたがモデル学校に通っていたのは知っていますよ、あ?

いやあああ。(笑って、認める)でも、私と友達は、楽しみのためにシアーズ チャーム スクールに 1 年間通ったことがあります。エチケットとかそういうのを学ぶはずだったのですが、ご覧のとおり、あまり効果はありませんでした。私はまだ 1 つ持っています!

あなたは番組で人々と話をするのが本当に上手ですね。あなたはいつも会話が上手なのですか?

小さい頃のジョイ・シマブクロはとても恥ずかしがり屋でした。

いいえ。小さい頃は、兄弟が私より年上だったので、ほとんどの時間一人で遊ばなければなりませんでした。それで、爪楊枝とビーズでたくさんの人形を作ったり、雑誌を切り抜いてコラージュを作ったりしていました。

子どもの頃、私は本当に静かでした。とても静かでした。私がとても静かだったから、姉は私を彼女と彼女の高校の友達と一緒に出かけたのです。彼らにとっては私がそこにいないかのようだったので、私は何の迷惑もかけませんでした。

ええ、それで面白いのは、今私の兄がこう言っているんです。「一体何が起こったのか分からないよ。もうお前の口を閉ざすことはできないからね」

それで、どうして恥ずかしくなくなったのですか?

私はカパフルで育ったので、ワイキキ小学校に通っていました。でも、その後引っ越してしまったので、別の学校に行くべきでした。でも、5年生と6年生しか残っていなかったため、学校は私を残させてくれました。その後、カイムキ中学校に行くつもりでしたが、地区の例外が認められませんでした。

それで、7年生になって学校が始まったとき、私の数少ない友達は「ジョイはどこ?」って感じでした。でも、それは良かったと思います。むしろ、他の学校に行ったほうが私にとっては良かったんです。なぜなら、私はワシントン中学校に通うことになり、友達を作るためには、人と話すことを学ばなければならなかったからです。

(笑) 中学卒業後、あなたはマッキンリー高校に通っていたんですね。面白いことに、あなたに会うたびに、あなたはいつもどういうわけかマッキンリーのことを自慢しているようです。例えば、ピジン カンファレンスであなたに会ったとき、あなたは私のところに来て「私のお気に入りのピジン作家は誰か知っていますか?」と言いました。私は、あなたが私のことをあなたのお気に入りだと言ってくれることを期待していましたが、そうではありませんでした。あなたのお気に入りはダレル ラムだと言いました。なぜなら、彼はマッキンリーに通っていたからです。どうしてあなたはそんなにマッキンリーに熱心なのですか?

ハワイの人たちにどこの学校に通ったかと聞くとき、大学の話ではありません。高校の話ですよね?ハワイでは、最初の誕生日パーティーがまず大きなイベントですが、あまり意識していません。そして、その次に大きなイベントは高校の卒業式です。同じ高校に通うと、本当にさまざまな [民族的および社会経済的] グループの人たちがつながります。

さて、なぜ私がこんなにも学校が好きなのかと聞かれるのは面白いですね。特に、この昨年、2023年に、私はクラスメートたちと本当に本当に再会したからです。私はいつも彼らの多くと遊んでいました。しかし、この1年で、高校時代には知らなかったさらに多くの彼らに出会いました。そして今では彼らは私の親友のようなものです。本当です。

今年の 9 月、UH が UNLV と対戦したとき、私とマッキンリーの友人たちはラスベガスで試合を見に行きました。試合には 15 人ほどが行きました。でも、私たちは UH のシャツを着ることはありません。着ていたのはマッキンリー タイガースのシャツです。面白いのは、カリフォルニア大学でバスに乗ったときに私たちを見た人はみんな、私たちのタイガースのシャツに気づいたことです。みんな「おい、マッキンリー!」と言っていました。でも、きっと「おい、マッキンリーは試合にも出ていないぞ!」と思ったに違いありません。

ジョイとクラスメイトたちは学校精神を見せています。上段左から右へ: エドウィン・エイソン、カール・イシカワ、デレクとグラディス・カネシロ、デイトン・アサト。下段 - ジョン・モリカワ、キャロル・チャン、ジョイ・シマブクロ、パティ・アン・ユカワ。

(笑) あなたのテレビ番組「Joy of Crafting」がどのようにして生まれたのか教えてください。

何が起こったかというと、ジュード・ダディという名の女性が、オレロ(公共アクセステレビ局)で非常に活躍していたのです。彼女は「ヘイ・ジュード!」「ホワット・アバウト…」という番組を制作していて、手芸をするゲストを招こうというアイデアでした。彼女は毎月新しいゲストを見つけるのに苦労していたので、私は何度も招待されました。

私たちはそれを数年間続けましたが、9.11が起こったので彼女は番組をやめました。その後、彼女はオレゴンの家族の近くにいたいと思い、私たちに引っ越すと言いました。それで、番組はもう放送されませんでした。

しかし、人々はショーについて電話してきて、尋ね続けました。それで、数か月後、私と上司はクラフトショーをやろうと決めましたが、オレロではやりたくありませんでした。オレロではショーをあまり商業化できないからです。製品名を言うこともできません。しかし、ショーを OC16 に持っていくことに決めたので、それが可能になりました。

これまであなたの番組を見たことがない人のために、番組の形式を説明してください。

私たちがやろうとしているのは、少なくとも 3 種類の異なる工芸品を用意することです。通常は、ベン・フランクリンの店舗やダイソーの店舗の従業員が来ます。そして、ベンダーや工芸品作りが好きな人など、他の工芸家も来ます。

しかし、もうひとつ、私は番組をコミュニティサービスとして提供したいと思っています。ですから、さまざまな非営利団体に出演してもらい、彼らが持っていない場合は、私が彼らのために工芸品を作ります。そして、彼らは募金活動のための今後のイベントについて話したり、必要な場合はボランティアになる方法に関する情報を提供したりすることができます。なぜなら、この番組には誰でも参加できると思うからです。誰でも工芸品を作ることができます。私たちはいつでも工芸品を思いつくことができますし、そうでなければ彼らには得られないプラットフォームを提供します。

ハワイのクラフト界の象徴となるまでの旅で、あなたを助けてくれた人に感謝していますか?

はい、私たちの会社はハウスマート エース ハードウェアですが、親会社はマウイ ヴァリエティーズ リミテッドで、カミタキ家の 4 代目が経営しています。カミタキ家全員がこの番組をとても応援してくれています。ウェイン カミタキ、そして彼の妹のリン ウシジマ、ガイ、そして彼らのいとこであるポール ミゾグチも応援してくれています。輸入担当ディレクターのミルトン フジイと現在の上司のコーリー チャガミもとても協力的です。

あなたは、 uk planny の人たちの名前を挙げています。1 人だけ選んでみてはどうでしょうか?

そうですね、私はガイ・カミタキに本当に感謝しなければなりません。なぜなら、私がこの会社で働き始めたとき、ベン・フランクリン・クラフトの店で働いていたばかりで、郵便局員に応募して、それを自分のキャリアにしようと考えていたからです。しかし、ガイ・カミタキが私に話しかけ、私たちの会社で得られるチャンスについて説明してくれました。32年経った今でも、私はまだここにいます。

ジョイ・シマブクロと彼女を励まし続けたガイ・カミタキ。

それはかなり長いリストでした。

待ってください!エミー賞スピーチで名前を挙げる人があと数人います。また、私たちの番組を信じてくれた [私たちの放送局] OC16 にも感謝したいと思います。当時、OC16 で番組を司会していた人たちを見れば、みんな有名人だったのです。ミス ハワイや有名なラジオ パーソナリティのような人たちです。誰も私のことを知りませんでしたが、彼らは私たちと私にチャンスを与えてくれました。最後に、私たちの視聴者を構成している制作者に感謝しなければなりません。制作者が番組を見ていなかったら、私たちの番組が視聴率で放送局の目に留まることはなかったでしょうから。

あなたの番組のほかに、ミッドウィーク紙に子供向けの工作コラムも載っています。そして、学校を回って科学工作をしていますね。そのプログラムについて説明してください。

ハードウェア サイエンスのコーチである Melanie Ho が、Joy Shimabukuro の支援を受けながら生徒に指導しています。

弊社の CEO である Wayne Kamitaki が、このハードウェア サイエンス プログラムを考案し、開始するよう勧めてくれました。このプログラムでは、学生たちと協力し、金物店、手芸店、食料品店など、どこでも手に入る日用品や材料を使って、子供たちがさまざまな科学の概念を学べる科学プロジェクトを作成します。このように興味深く楽しいものにすることで、より記憶に残るものになります。

アンデン シニアクラブでも工芸品を作っていると聞きました。子供とシニアが一緒にできる工芸品はありますか?

高齢者は折り紙が好きです。子供も折り紙が好きなのは知っています。折り紙は世代を超えた工芸品です。昨年は初めてホノルル フェスティバルに参加し、作って持ち帰りました。家族で折り紙プロジェクトを行い、小さな折り紙のこけしの頭を小さな折り紙の法被に付けました。私はいつも、きれいな折り紙、難しそうに見えても実際には難しくない折り紙を探すようにしています。そして、それを暗記して上手に見えるように練習します。それが私の秘訣です。

あなたは自分の人生の天職を見つけたようですね。まだ自分が何をしたいのか模索している人たちに、何かアドバイスはありますか?

新しいことに挑戦する心構えが必要だと思います。私は今、自分がやろうとは思ってもいなかったことをたくさんやっています。それが、他のことに挑戦する扉を開いてくれました。私の場合、もし黙っていて知らない人と話さなかったら、今のような番組に出ていなかったでしょうし、今のような最高の友人もいなかったでしょう。

私は空港や Zippy's でいつも知らない人と話をしています。同僚は私がおかしいと思っているようですが、それが地元民であることの醍醐味だと思います。知らない人だらけの部屋に入って誰かと話し始めると、お互いに知り合いの人や場所、学校など、何らかのつながりが見つかります。共通点が見つかるはずです。

だから私のアドバイスは、内向的であってもいいが、時には外向的なふりをして、何が起こるか見てみることだ。

© 2024 Lee A. Tonouchi

工芸 ハワイ ハワイ在住者 Joy of Crafting (TV) ジョイ・シマブクロ 沖縄県系 ウチナーンチュ アメリカ合衆国
このシリーズについて

このシリーズでは、著名な作家「ダ・ピジン・ゲリラ」リー・A・トノウチがハワイ・クレオール語(別名ピジン)を使って、ハワイ出身の成功者や将来有望な日本人/沖縄系アメリカ人と対談します。インタビューを受けた人々は、成功への道のりを振り返り、助けてくれた人々への感謝の気持ちを述べながら、情熱、勝利、苦労などを語ります。

詳細はこちら
執筆者について

沖縄の四世であるリー・A・トノウチ氏は、ピジン語(ハワイ・クレオール語ともいう)を正統な言語の一つとして認めてもらうための活動で「ダ・ピジン・ゲリラ」として知られています。トノウチ氏は、重要な言語関連の問題に対する国民の意識を高め、言語的社会正義を推進した功績により、2023年アメリカ応用言語学会優秀公共サービス賞を受賞しました。

彼のピジン語詩集『オリエンタル・ファダと息子の人生における重要な瞬間:ハワイ・オキナワ人ジャーナル』は、アジア系アメリカ人研究協会図書賞を受賞しました。彼のピジン語児童向け絵本『オキナワのプリンセス:ハジチのタトゥーの伝説』は、スキッピング・ストーンズ名誉賞を受賞しました。そして彼の最新の著書は『チブル:ハワイ・オキナワ人文学選集』です。


2023年9月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。