Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/series/la-sanseis-misadventures/

LA三世の南米での災難


2008年12月18日 - 2014年6月26日

ジョン・カタギ氏は、全米日系人博物館の元職員です。南米への約 20 年間の旅の思い出を語ります。彼の経験は、ロサンゼルスを拠点とする異文化交流機関 JEMS のディレクター スタッフとしての研究と観察から生まれたものです。


このシリーズのストーリー

Thumbnail for ブラジルの刺身とキラーフルーツ!!
en
ja
es
pt
ブラジルの刺身とキラーフルーツ!!

2014年6月26日 • ジョン・カタギ

異文化適応の大部分は、食べ物のような基本的なことに関係しています。そして、文化によっては、食べ物に大きな適応が必要になる場合があります。確かに、ブラジルには他の文化のように本当に奇妙な食べ物はありません。受精した鶏の胚が詰まった千年前の卵も、インディ・ジョーンズ風の猿の脳もありませんし、あらゆる種類の昆虫を意図的に食べようという努力もありません。しかし、私のチームや私が「目の前に置かれたものはすべて食べる」というルールに疑問を呈した瞬間が何度かありました。私たちのトレーナー…

Thumbnail for ワールドカップ:20年経っても忘れられない夜
en
ja
es
pt
ワールドカップ:20年経っても忘れられない夜

2014年6月10日 • ジョン・カタギ

1994 年 7 月 16 日。私たちはブラジルのサンパウロにいました。カート、グレース、クリス、ルース、アルバート、ダリン、そして私です。約 7,900 マイル離れたパサデナのローズ ボウルでは、世界を揺るがすイベントが開催されていました。そのイベントとは、ワールド カップ サッカーの決勝戦でした。息子のブランドンがウェストコヴィナサッカーリーグでサッカーをするのを見て、私はサッカーに対する理解と感謝の気持ちを抱くようになったと言わざるを得ません。ボスケ・ダ・サウデの小さ…

Thumbnail for 何を買いたいんですか?
en
ja
es
pt
何を買いたいんですか?

2014年5月29日 • ジョン・カタギ

言語習得は難しいです。南米で働き始める前、1990 年代初めにブラジルを訪れ、転職が本当に自分のやりたいことなのかどうかを調べる機会が何度かありました。最初の旅行で、訪問を終える頃には、お土産を買いたいと思っていました。前面に「Brasil」と緑と青の国旗がデザインされた T シャツを買いたかったのです。サンパウロ市の地元の教会の2人の少女が私を買い物に連れて行ってくれました。彼女たちの英語はほとんど話せず、私のポルトガル語は全く話せませんでした。私はあのTシャツを買いたか…

Thumbnail for COPANIへの旅
en
ja
es
pt
COPANIへの旅

2013年11月5日 • ジョン・カタギ

私が COPANI にたどり着いたのは 33 年前です。サンディエゴの若い牧師だった私は、サンディエゴの造園家大会の晩餐会で祈祷をするよう招かれました。大会にはサンディエゴ地域の日本人庭師だけでなく、米国とメキシコの国境の南にあるティファナの日本人庭師も参加していました。私はメインテーブルに着席し、晩餐会の祈りを捧げた後、プログラムの残りを聞くために席に留まりました。当時、私が特に驚いたのは、日系メキシコ園芸家協会のスピーチでした。もちろん、スピーチはすべてスペイン語でした…

Thumbnail for 41キロ - パート2
en
ja
es
pt
41キロ - パート2

2013年5月14日 • ジョン・カタギ

パート 1 を読む >>パラグアイの風景に夜が訪れます。太陽が沈むにつれ、何千もの昆虫の羽音が大きくなります。B-52 ほどの大きさの虫が飛び立ち、暗くなる田舎の光源の周りを飛び回ります。 2008 年 10 月、私はピラポにいました。ピラポは、パラグアイ政府が農業開発のために確保した土地に日本人移民が移住した 9 つの農業コロニーのうちの 1 つです。国中に点在するこれらのコロニーは、周囲のコミュニティから地理的に隔離されているにもかかわらず、日本人の伝統との…

Thumbnail for 41キロ - パート1
en
ja
es
pt
41キロ - パート1

2013年4月18日 • ジョン・カタギ

父の世界地図帳のブックマークされたページの余白に書かれた表記は明確だが不可解だった。「41 km、パラグアイ、イグアスのコロニア」。これと名前が、日本から南米へ旅した親戚の居場所について父が知っていた唯一の情報でした。誠さんが日本からパラグアイへの片道の旅の途中でロサンゼルスに立ち寄ったときに、父はこの情報を得ました。父は船でこの親戚の短い寄港中に出迎え、温かく迎えました。二人は情報を交換し、ディズニーランドで一緒に写真を撮りました。写真の裏の日付は、1968年5月でした。…

ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら
このシリーズの執筆者

ジョン・カタギ氏は、全米日系人博物館の元職員です。南米への約 20 年間の旅の思い出を語ります。彼の経験は、ロサンゼルスを拠点とする異文化交流機関 JEMS のディレクター スタッフとしての研究と観察から生まれたものです。

2012年2月更新

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。