Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2024/1/10/crecer-con-la-comunidad-nikkei/

日系社会とともに成長する

私がラ・ウニオンの学生だった頃、ペルー新報が撮った写真。

医療技術者ペドロ・ルイスと日系社会との関わりは、彼が11歳の1980年に始まり、父親が彼をラ・ウニオン学校に入学させた。

しかし、その種は数十年前、彼の父親がグアダルーペ学校で学んでおり、二世の友人を作ったときに植えられたものだ。

その後、サンマルコス大学医学部で学んでいる間に、彼は日本人出身の学生と友達になりました。

時が経ち、若者たちは医師として卒業し、日系人の友人たちからラ・ウニオンで毎年開催される健康キャンペーンに参加するよう誘われた。

彼の父親は学校のインフラが気に入っていました。さらに、幼少期から培われた日系人との友好的なつながりが、日本文化への関心を高めました。彼は本で自分で日本語を少し勉強したこともありました。

そこで彼女は二人の息子をラ・ウニオンに置くことに決めた。彼らの中で最年長のペドロは、特に何かを心配していました。日本語がわからなかったら、どうやって授業を理解できるのでしょうか?


エンリョとガッタパーチャのご飯の間

ペドロは、授業がスペイン語で行われていることを知って安心しました。現在は日本語コースがあったため、入学前にペルー日本文化センター(CCPJ)で基礎を学び、将来のクラスメートと同等になれるように努めました。

新しい言語に対処するのは簡単ではありませんでした。当初、彼は、たとえば樋口のような姓の発音に苦労し、「h」(スペイン語のダム)を無視して発音し、それが一般的な躊躇の原因であったと述べた。彼は「h」が「j」と同じように発音されることを学ばなければなりませんでした。

しかし、年の半ばまでに、彼はすでに日本語に取り組み始めていました。期間の終わりには、彼も他の選手たちと同じように順調に進んでいた。

とはいえ、彼が一番驚いたのは言葉ではなく、授業中に先生が質問したとき、答えがわかっていれば手を挙げて答えるということでした。他の人たちは普通はそんなことしなかった。

日系人特有の謙虚さから、何を答えるべきか分かっていても手を挙げることを控えた人もいた。

「私だけが知っていたわけではなく、円了という存在がいたのです。そこに私の注意を引いたのは、人々が少しだけ自分のことだけを隠しているということだった」と彼は言う。

食事に慣れるのも大変でした。彼は、クラスメイトが冗談で「ガッタパーチャご飯」と呼んでおり、運動会などのイベントで提供されていた巻き寿司について言及しました。

ペドロは割り当てられた部屋によく馴染んだ。日本人の先祖がいないことで差別などを受けたことは一度もなかった。

ラ・ウニオン学校のクラスメートとの再会。


正しく成長するための杖

日系社会では、一世が子孫に残した価値観や原則について人々が日々話し合っています。昔はこんなことなかったのに。それらはただ実践されただけであり、それは夏の太陽の光のように自然なことだったため、それについて話す必要はありませんでした。

自分のものではないものを誰も持ち出しませんでした。バックパックか何かを忘れて、数時間後に戻ってきたら、まったく同じ場所にありました。正直なことを自慢する人は誰もいませんでした、なぜならそれは日常的なことだったからです。ペドロは当時のことをこう思い出します。

「彼らは私たちに『こうでなければいけない、ああでなければいけない』とは決して言いませんでした。誰も私たちに「見つけたものを返せ」「盗むな」とは言いませんでした。 10セントを見つけて摂政に渡すこともできます。それは普通でした。」

「私たちは午後3時に勉強を終えて、みんな荷物を駐車場に置きました。学校の境の壁に小さな壁があります。誰もが自分の物をそこに置き去りにしました。それから私はバンド、スカウト、(学校雑誌)プント・アパートなどに行きました。私は遅くまで残っていた。戻ってきたら、私のスーツケースがそこにポツンと置いてあり、ここでも誰も持ち帰ることができなかったのです」と彼は付け加えた。

学校のスカウト仲間たちと。

「『接触禁止』という小さな標識はありましたか?」いいえ、これらはあなたが生きてきたことであり、普通のことでした」と彼は強調する。

ユニオンを卒業したとき、彼は自分が普通だと思っていたことが他の学校では普通ではないことに気づきました。

彼はかつて学校を訪れ、休み時間になると生徒たちがバックパックを背負って教室を出て校庭に向かうことに当惑しながら気づいた。 「なぜ?」と彼は尋ねた。 「物が盗まれる可能性があるからです」と彼らは答えました。

連合は彼の道徳形成の基礎でした。それは彼の子供時代から青年期への移行をカバーしました。

「ラ・ウニオンにはとても感謝しています。木が成長し始めると、まっすぐに成長させるために杖を付けることがありますよね?」と彼は尋ねます。 「そこにすべてがあったので、それは私の杖でした」と彼は学校について語ります。

さらに、スカウト運動を通じて彼の中に他者への奉仕の精神が芽生え、カトリック信仰が強化されました。そこで彼は確認され、後に初聖体拝領のために子供たちに教理を教える若いウニオニーノのグループであるユニオン・アン・クリストの一員となった。

ラ・ウニオンで彼はカトリック信仰を再確認した。

彼はユニオン時代のポンピリオ・ラミレス教授(所長でもある)、フェリペ・タピア、マルタ・パエス、フアナ・ゴトーのことを感謝と愛情をもって思い出している。

彼は非常に溶け込みすぎていたため、同僚同士の会話中に誰かが「エル・ペルージン…」と、日系人ではないペルー人のことを不利な言い方で言ったことがありました。ペドロはすぐに「私はペルージンです」と言いました。 「いや、あなたも私たちと同じですよ」と彼らは彼に言いました。彼らは彼をただの日系人だと思っていた。


ペルー新報キモチ

ペドロと日系社会とのつながりは、1990 年代にペルー新報のスペイン語編集チームに加わって広がりました。

彼は大学での勉強に集中していたため、それを探したり計画したりしませんでした。

ジャーナリストのシリア・チャウカは学生時代から彼のことを知り、インタビューもしたこともあり、ラ・ウニオン、ラ・ビクトリア、ホセ・ガルベス、野口英世の日系学校特派員コーディネーターとして彼を呼んだ。

これらの学校の生徒たちは、ペルー新報に自分たちの声を届ける場を見つけました。

この仕事のおかげで、彼は、それぞれホセ・ガルベス監督、野口英世監督、ラ・ヴィクトリア監督のペドロ・マエイレイソ、フアナ・ミヤシロ、マリア・ベナビデスといった、今日に至るまで際立った人間性を備えた人々と出会うことができた。

それは彼にとって非常に価値のある経験でした。 「学校とのつながりはとても良かったです」と彼は思い出します。

さて、ペルー新報は単なるストップだろう。少なくとも私はそう思いました。しかし、彼らは少しずつ彼にもっと多くのことを要求し始めました(CCPJでのこの活動に関するデータを収集してください、この小さなカメラを持って写真を撮ってくださいなど)、それで彼は想像もつかないまま10年間滞在しました。

彼がジャーナリストとして生きた中で最も強烈な経験は、1996年12月にテロ運動によってリマの日本大使公邸が占拠され、1997年4月に軍事的に人質が救出されたときだった。

彼はニュースを取材するためにほぼ毎日その邸宅を訪れた。彼がそこにいなかったら、念のためラジオに注目していました。

彼は、ある日、ラジオを片耳で聴きながら映画館にいたときのことを覚えている。そのとき、おそらくクリスマス頃に人質が解放されるだろうと聞き、邸宅に行った。

ペルー新報は夜の6時か7時に版を閉じることに慣れていたが、人質に関するニュースがあれば数時間後に編集し直さなければならないこともあった。

解放の日が来るまでは。捕獲の日と同じように、すべては爆発から始まりました。彼はテレビでそれを知り、家を飛び出した。タクシーはその場所の近くで彼を置き去りにした。

「すべてが『バン、バン!』という音で、本当に戦争のようでした。そして走っている私。 「やめて、やめて!」と警察が私に怒鳴りました。私は(ジャーナリストの)資格を示しました。そこに着くまでは。 「テロリストが全員を爆破している」という憶測もあった。 「いいえ、それは軍隊です。」まだ不確実性が残っていました。

突然爆発の音が消え、「勝利の叫び声が聞こえます。彼らは私たちに「彼ら(人質)は解放された!」と言い始めました。解放の始発バスが出発するまで。人々が喜んで出てきて、『ペルー万歳!』と叫んでいたので、私たち全員が喜びを感じました。」

人質事件の報道はペルー新報の精神を捉えていた、と彼は言う。それは単にデータを知らせたり広めたりするだけでなく、居住地に親戚や親しい友人がいる人々の読者に情報を届けることも重要でした。

「それは冷たい文章ではなく、体と魂を込めて書かれたものでした。私たちは、私たちがそこにいること、ペルー新報社がそこにいて、彼らに同行していることを彼らが知っていたことをさらに付け加えなければなりませんでした。」と彼はコメントする。

したがって、この経験は「単なるジャーナリズムをはるかに超えて、とても特別なキモチを感じました」。

一般的に彼は、新聞とそのユーザーとの親密さ、ジャーナリストと読者の絆をはるかに超えた日系社会との感情的で深い関係の例として、シリア・チャウカ氏(ペルー新報社に約40年勤務)とマリオを挙げている。テーベス(新聞に半世紀以上掲載)。

ペルー新報社は彼にとって家族のような存在になった。だからこそ彼は予定よりも長く滞在したのだ。彼はすでに学業を修了し、キャリアを追求する準備ができていましたが、まず 1999 年の日本移民 100 周年に向けて、そして 2000 年の新聞創刊 50 周年に向けて継続することを決意しました。感謝の気持ちのひとつ。 「家族があなたを必要としているときに、どうやって家族と別れますか?」と彼は言います。

ここで私たちは、教えられたり説教されたりしたのではなく、ラ・ウニオンで実践されてきた価値観についての彼の言葉に戻ります。誰もあなたに教えてくれませんし、「そうしなければならない」とも教えてくれません。あなたはそれらの経験、その共有を見て、それらを自分自身に引き寄せ、それを始めます。」

ちなみに、新報社はペルー滞在中に、野口英世一派のメンバーとともに福島県で開催された民族音楽祭に同行するため日本を訪れる機会があった。

彼は日本で、笑いながら共有する経験をした。彼が車のことを「自動車」と呼んだとき、彼は歓迎してくれた日本人と一緒だった。みんな爆笑した。今ではそのように呼ばれるのではなく、「車」と呼ばれるようになったと彼らが説明するまで、彼はその理由が分かりませんでした。

私がペルー新報社の記者だったとき、日本の野口英世学校の代表団と同行した。

日系人だけが理解できるこうした種類の経験は、彼に親友を与えてくれたコミュニティ、特に学校との距離を近づけることになる。

ラ・ウニオンを離れてからほぼ 40 年が経ちましたが、クラスメートの姓の完全なアルファベット順リストを今でも覚えています。そして、煙を売っているわけではないことを示すために、彼は次のように唱え始めます。

雨宮、新垣、知念、チュモ、ガルシア、ゴヤ、ギマ、原田、平敷、比嘉、東恩納、樋口、稲福、上里、金城、北山、木谷、前平、宮里、諸見里、ムニョス、中本、西村、ノリエガ、ルイス、瀬良垣、志村、白川、玉城、田中、富岡、津波、山里、屋良、イガリ、イノウエ、イレイ」。

*写真: 個人アーカイブ。

© 2024 Enrique Higa Sakuda

日本語新聞 ジャーナリズム ジャーナリスト 検査技師 ラ・ウニオン小中等学校 (リマ、ペルー) 医療技術者 新聞 ペドロ・ルイス ペルー ペルー新報
執筆者について

日系ペルー人三世で、ジャーナリスト。日本のスペイン語メディアインターナショナル・プレス紙のリマ通信員でもある。

(2009年8月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。