ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2023/11/23/sembrar-en-japon-cosechar-en-peru/

日本で種をまき、ペルーで収穫

1995年、愛知県にて両親と妹と撮影。写真:ホルヘ・バルガス・ツルダ・アーカイブ

ホルヘ・バルガス・鶴田選手の日本での初体験は素晴らしかったです。彼はティーンエイジャー(まだ学生)で、同じく女子高生だった妹と一緒にデカセギの両親に会いに田舎へ旅行していた。

彼はそれが休暇になるだろうと思ったが、それは2か月の仕事だった。彼らには環境に慣れる時間すらなかった。彼らは週末に到着し、月曜日にはすでに仕事をしていました。それは「本当にクレイジーなことだった」と彼は思い出す。

最初の衝撃は日本の厳しい冬でした。 2つ目は、特に職歴のない少年にとって、(言語、文化、食べ物、すべてにおいて)まったく縁のない国の工場で、体を絞めてパンを稼ぐことでした。

彼らの両親は彼らを論理に従って働かせました。両親が仕事に行っている間、ティーンエイジャーのカップルは何をするでしょうか?彼らは理解できない言語でテレビを見ていましたか(1990年代初頭、インターネットはありませんでした)?何も見どころのない小さな町を散歩しませんか?一日中アパートに閉じ込められて何もしないのですか?

学校の休暇の後、兄弟たちはペルーに戻り、勉強を再開しました。

ホルヘにとって、その最初の経験はその後に起こることの前菜だった。彼は日本で12年間、労働者、日本語学生、大学生、パフォーマー、合気道家、重機の積み込み手、映画館の司会者として働いた。大都市と山奥に住み、外国人との交流に慣れていない日本人に虐待され、気さくな日本語教師に温かく迎えられた彼は、独身でモノリンガルになり、結婚してバイリンガルになった…。


工場から学校まで

ホルヘさんの姉はペルーの高校を卒業すると、両親に会うために日本へ旅行した。 1 年後、彼は学校を卒業し、彼の足跡をたどりました。彼は17歳でした。

彼は自動車部品工場で働いていました。それは長くは続かず、約9か月でした。それは彼のものではありませんでした。 「一日中工場にいて同じことをしていた...他にもペルー人はいたが、彼らは年上で、私と同年代の人はほとんどいなかった。彼らは皆、その生活のペースに慣れていて、ある種の諦めを感じていた。早く行って、仕事をするということだ」 「残業してお金を貯めて、できる限り貯めるかペルーに送金できたら。誰もがそのような考えを持っていました。私はその考えが気に入らなかったのです。それはとても単純で、とても悲しいことだと思ったからです」と彼は言う。

彼にとってそれは退屈の海だった。醜い仕打ちも忘れずに。日本人が彼に何かのやり方を教えたが、うまくできなかったとき、「彼らは怒って、あなたに物を投げたり、あなたの手から物を奪い取ったりしました。」

うんざりして彼は仕事を辞めたが、別の仕事には行かなかった。彼は日本語学校で学ぶために大阪に引っ越しました。彼は工場ではそれを学ばなかったので、ゼロに到達しました。

それは(良い意味で)残酷な変化でした。

まず、治療が良くなりました。先生たちは理解があり、大阪の人々は概してよりオープンでした。

学校はミニ国連だった。学生の大半は中国、台湾、韓国から来ていました。モンゴル、マレーシア、シンガポール、ベトナム、インド、スペイン、アルゼンチンなどからの学生もいました。

彼らのほぼ全員が日本の大学に進学するために日本語を勉強しました。彼らは野心を持った若い外国人で、エネルギーに満ち、工場のカビ臭い雰囲気とは程遠い活気に満ちた環境にありました。

学校はまた、自立を意味します。つまり、一人で自分の力で生きること、つまり大人への質的な飛躍です。

学術面では、日本語そのものの学習に加え、数学、歴史、科学などの授業も日本語で受講しました。

ホルヘは学校が好きでしたが、計画はありませんでした。それまでの間、彼にとっては日本語を勉強し、工場に行かないだけで十分だった。

大学、もう一つの世界

計画の概要は学校を卒業する直前に決まり始めました。そこでは日本語を教えただけでなく、将来の備えもしてくれました。どのようなキャリアを歩む予定ですか?あなたの傾向や能力に最も適しているのはどれですか?これに基づいて、どの大学があなたの興味に合うでしょうか?

教授たちの指導のおかげで、ホルヘは国際関係論という自分の職業を見つけました。チャンスのメニューには3つの大学があり、彼は静岡に入学した。

日本語能力試験である能力試験に合格した後、大学での筆記試験と口頭面接に合格しました。

大学生としての彼の最初の大きな課題は言語でした。はい、彼は 2 年間勉強し、能力試拳の知識を確認しましたが、大阪校での期間を最大限に活用できていないことに気づきました。彼は理論をよく理解していましたが、日本語の練習はしていませんでした。授業中はすべて日本語でしたが、授業が終わるとすぐにスペイン語を話すクラスメートと一緒にスペイン語に戻りました。そして時には、他の生徒とコミュニケーションをとるために英語を使うこともありました。

大学には他にスペイン語を話す人はおらず、必要なのは資本でした。授業が終わると、図書館は授業をよりよく理解するための隠れ家となり、彼は数冊の辞書(日西、西日、漢字)を持って行きつ戻りつしました。

日本人と外国人の学位を取得した学生のクラブの存在は非常に役に立ち、前者は後者の出身国の文化について学ぶ機会があり、後者は日本語を練習する機会が得られました。一緒にコースについて質問してください。

お互いの交流を促進する貴重な文化的、学術的、社会的空間でした。

文化への没入はフード フェスティバルでさらに深まり、全員がお互いの料理 (中華料理、韓国料理、シンガポール料理など) を試食するだけでなく、準備に協力することもありました。彼はココナッツミルクを使ったマレーシアのカレー料理を懐かしく思い出します。

彼の大学時代は、異文化への扉を開いただけではありません。彼はそれを探さずに自分の近くに持ってきました。

ある日、遠い親戚にペルー人が静岡の別の大学に留学していることを知った。彼らは会うようになり、彼の親戚が彼を数人の日本人とのアンデス音楽グループに参加するように誘った。

ホルヘさんは何も知らなかったが、日本人がパンパイプの吹き方を教えてくれた。彼はそれを思い出すと笑います。

1997年、静岡のアンデス音楽グループに所属していた頃 写真:ホルヘ・バルガス 鶴田アーカイブ

この親戚のおかげで彼もサイクリングを始めました。そして、大きな意味で、ある夏、二人は静岡から北海道まで自転車で向かいました(ただし、一部の区間は電車で移動しました)。

「あの旅行はクレイジーだった」と彼は振り返る。この経験は彼に大きな印象を残したので、大学を卒業したとき、自転車で日本の最北端の県に行ったのと同じように、今度は最南端の沖縄に行こうと決心しました。

2000年に静岡大学を卒業。写真:ホルヘ・バルガス・ツルダのアーカイブ

彼は和歌山に来ましたが、その後2年間をそこで過ごすことになるとは想像もしていませんでした。


山の合気道

沖縄旅行中、ホルヘさんは新しい場所に到着するたびに、住民に訪れるのにおすすめの場所を尋ねました。

和歌山では合気道が行われている山の上に道場があると聞いた。彼はこのスポーツを少し経験したことがあったので、参加するように勧められました。彼はそれを気に入り、彼らは彼をトレーニングに招待し、彼はそこに住み続けました。

彼は練習と仕事の合間に規律正しく禁欲的な生活を送っており、その生活は朝の5時頃から始まり、同僚とともにトイレの掃除に起きた。

午前中はトレーニングをして、午後はアルバイトをして、夜はまた合気道の練習をしました。約3カ月後、道場を離れ旅館に移ったが、稽古には通い続けた。そして2年が経ちました。

ホルヘはその日その日を自発的に生きた。出たものは出た。彼は次に何をすればいいのか分からないまま大学を卒業し、人生の方向性を決めていたときに、沖縄への旅行資金を工面するために数か月間アルバイトを作りました。

彼が沖縄に到達できなかったことはすでに知られていますが、彼は和歌山でもっと重要なことを達成しました。大都市の喧騒から離れ、山の静寂に浸りながら武道の修行という厳しさを体験した彼は、自らの人生を深く振り返り、それが両親との和解への第一歩となった。

彼は大学時代に彼らから距離を置いていた。彼らは将来について激しく口論した後、連絡を絶った。道場では両親、年長者、先祖に対する敬意の大切さを彼に教え込まれました。その教えは彼の心に響き、少しずつ両親との関係を取り戻し始めました。

ホルヘの和歌山後の人生は、さまざまな仕事で特徴づけられました。彼はレストランで働き、一般の人々を歓迎し、上映される映画を発表しなければならないシネコンで働き、外国人にサービスを提供する会社で働いていました(映画の販売)。チケットやパソコンの販売、携帯電話の購入・日本の通信事業者との契約の仲介など)

2023年、妻と息子とともに 写真:ホルヘ・バルガス 鶴田アーカイブ

彼は結婚もしており、当時の妻とともに外交アカデミーへの入学を目指してリマに戻る計画を立てていた。ペルーの静岡大学での学業を証明することが不可能だったため、それはできなかった。しかし、1 つのドアが閉まったとしても、別のドアが開いたのは、ペルー日本商工会議所であり、彼は 2007 年からそこで働いています (そして 2014 年からはゼネラルマネージャーとして働いています)。


日本、養子の故郷

ホルヘ・バルガスは日本に12年間住んでいました。遠くから見るとどう見えるでしょうか? 「それは本当にクレイジーなことでした。ここペルーにいたときは、まさか日本に行くことになるとは思ってもいませんでした。さらに、日本のことについて何も知りたくなかったのです」と彼は答える。

理由? 「母方の祖母が父を(日系人ではないということで)悪い目で見ていたので、私はある種の嫌悪感を抱いていました。祖母が家族に少し近づくようになったのは、妹と私が生まれたときです。」

何年も経ち、家族全員がすでに日本にいたとき、彼女の祖母の認識は変わりました。彼らは彼女を訪問するよう招待しましたが、その時までに「彼女はすでに私の父をよく思っていました。彼女は、彼が想像していたものとは異なるタイプの人であることに気づきました。彼はペルー人に対して非常に悪いイメージを持っており、常にペルー人について非常に否定的なことを言っていました。 「祖母と同じように、彼らも全員日本人だと思っていたので、何も知りたくなかったのです。」

1998年、彼は静岡の小学校にペルーについて話すよう招待された。写真:ホルヘ・バルガス・ツルダのアーカイブ

彼の父方家族と母方家族の対照は、その印象を強めるだけだった。母の家では、誰もがいつも喧嘩をやめていました、なぜなら、一人は中国人と結婚し、もう一人は黒人男性と結婚したからです... 私の心の中では、「日本人はみんなそうだし、ペルー人もみんなそうだ」と思っていました。 「私はその少年のイメージのままでした。」

こうして彼は、大嫌いでありながらも愛するようになってしまった日本に辿り着いたのです。 「日本に来たとき、最初は『ここにはいたくない、この国について何も知りたくない、文化や言語について何も知りたくない』と思っていました。そして最終的には、その文化に適応し、採用することになりました。」

彼は日本にとても感謝している。それは彼が人間として成長するのを助け、今日が彼の生計手段であるという言葉を彼に与え、子供たちに良い将来を提供するために両親が払った犠牲をより深く理解することができました。彼らは常に彼の日本での勉強を(経済的、道徳的に)サポートしてくれ、彼がつまずいて大学を辞めることが頭に浮かんだときでさえ、続けるよう説得してくれました。 「彼らには感謝したいことがたくさんあります」と彼は言います。

ホルヘはまた、他のほとんどの人と同じように、日本でさまざまな立場に就くことで人生を豊かにする機会があったことを強調しています。彼は労働者、会社員、学生、そしてしばらくしてインターンを務めました(これについて彼は次のように述べています。 「(彼のデカセギのステージと比べて)違います。彼らはあなたをまるで神であるかのように扱います。神ではありませんが、はるかに優れています。はるかに敬意を持って、あなたはとても大切にされていると感じます。彼らのあなたへの話し方は違います。」

また、日本は彼を自分の日系人としてのアイデンティティに近づけましたが、道に困難はなかったわけではありません。そして、ペルー人だった人たちは私をペルー人だと見ていましたが、多くの人が姓を購入していたので、私は彼らのようには感じませんでした。それで、心の中では、「私は日系人だから、あなたのグループの一員ではない」と思っていましたが、日系人と一緒にいるときは、「あなたが私を日系人として見ていないので、私はあなたのグループの一員ではない」と感じていました。 。とても珍しいことよ。」

ペルーでは、彼はコミュニティとの関係を築きました。それは簡単ではありませんでした。最初、日系人の環境にいて、自分をホルヘ・バルガスと名乗ったとき、人々は「彼はここで何をしているんだ?」と言わんばかりの目で見られたことを覚えています。しかし、彼が日系人であることを証明した姓である鶴田を加えたとき、他の人々の視線は変わり、歓迎し、共犯者になりました、あなたも私たちの一員です。

したがって、偏見に反抗する方法として、彼は長年、自分自身を明らかにするときに母方の姓を言及することに抵抗していました。それはまさにホルヘ・バルガスだった。今、国内の反乱は鎮められ、すべてに平和を与え、充実した生活を送っているが、彼はホルヘ・バルガス・ツルダだ。

© 2023 Enrique Higa Sakuda

デカセギ 外国人労働者 アイデンティティ 日本 在日日系人 ペルー
執筆者について

日系ペルー人三世で、ジャーナリスト。日本のスペイン語メディアインターナショナル・プレス紙のリマ通信員でもある。

(2009年8月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。