Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2016/9/29/chick-sexers-2/

シカゴの日系アメリカ人の女の性別判定者 - パート 2

コメント

1949年シカゴガイドブックより
(シカゴ日系アメリカ人奉仕委員会所蔵のメアリー・アンド・ジェームス・ヌマタ・コレクション)

パート 1 を読む >>

シカゴでの学校教育

第二次世界大戦の終わりには、約 12 万人の日系アメリカ人が戦時中に日系アメリカ人強制収容所に収容された後、多くの日系アメリカ人がシカゴなどの場所に再定住し、生活を立て直そうとしました。そして、収容所や現役兵役から戻った若い男女の中には、生活を立て直したいという熱意から、「ひよこの性別判別」という儲かる仕事に就いた人もいました。これは日系アメリカ人の雑誌やガイドブックに全面広告で掲載され、復員兵援護法の資金で賄うことができた職業でした。

学生のほとんどが二世で、授業料と期末試験用のひよこの費用として約 300 ドルを支払っていたため、多くの日系アメリカ人は、ひよこの性別判別で自分だけでなく家族を支える生計を立てていました。

ロイ・アクネは、マーク・スガノから聞いた全米ひよこ雌雄鑑別協会に1953年に通った。スガノによると、優れたひよこ雌雄鑑別師になるには、徒弟制度を含めて独り立ちするまでに約3年かかるという。ロイは日中はサン・クリーナーズというドライクリーニング店で働き、夜はひよこ雌雄鑑別教室に通った。

全米ひよこ雌雄鑑別協会と学校の広告、1951年版図解ガイドブック
(シカゴ日系アメリカ人奉仕委員会所蔵)

「当時、ひよこの性別を判別する人はいい収入を得ていました。私が働いていた頃は、誰もが少なくとも時給1ドルから1.5ドルを稼いでいました。ひよこの性別を判別する専門家なら時給10ドルから11ドル稼いでいました」とロイ氏は指摘する。

当初、ロイは時給 6 ~ 7 ドルを稼いでいました。雌雄鑑別協会は、この仕事を始めると 15% の手数料を取りますが、後に新しい労働者の契約費用を賄うために 10% に引き下げました。熟練したベテランは、1 シーズンの勤務で 3,000 ドルもの収入を得ることもありました。これは 1950 年代の水準ではかなりの額でした。

「当時は最高賃金の一つでした。大工でも時給 2 ドル 50 セントくらいでした」とロイは続けた。「しかし、上手にやれば、98% 以上の正確さが保証されていました。通常は少なくとも 97% の正確さが必要ですが、それ以下になると罰金を支払わなければなりません。ミスが多すぎると、どんなミスでも孵化場に返済しなければなりません。」

スピードと正確さを適切なレベルまで引き上げるには、夜間クラスに3~4か月通う必要がある場合が多く、このスキルを習得した外国人はほとんどいませんでした。

ロイはこう語った。「白人には忍耐力がなかったのかもしれない。日本人にはもっと忍耐力があったのかもしれない。かなりの忍耐力が必要だった。時には後ろに1万羽のひよこがいて、1時間に1,100~1,200羽を処理しなければならなかった。かなり速く行かなければならなかった。」

「私が今までやった中で最速は1時間あたり1,400~1,500羽でした。鶏の種類によっては殺しやすいものもあれば、難しいものもありました。コーニッシュ種の鶏は殺すのがとても簡単でした。生殖器官を調べる前に、お腹を圧迫して糞を取り出さなければなりませんでした。一部の種類は衰弱して気絶していました。」

ひよこの性別を判別する日系アメリカ人女性はわずかしかいなかったが、パティ・スガノの母親と叔母のアヤコはひよこの性別を判別する仕事をしていた。彼女の母親は、シカゴのひよこの性別判別学校が閉鎖された頃の1960年代半ばまでこの職業に就いていた。

パティさんは、母親が関わっていた選別作業を思い出し、「母がひよこを片側に投げたり、反対側の段ボール箱に投げたりしていたのを覚えています。その箱はメス用で、オスは大きな鉄のドラム缶に入れられて窒息死することもありました」と語った。

「また、母がヒナを家に持ち帰って、レスター・フィッシャー(リンカーン・パーク動物園の獣医)のところまで車で連れて行かなければならなかったのを覚えています。ヘビが生きたヒナを食べてしまうからです。そういうことだったんです。」

旅の人生

全米ひよこ雌雄鑑別協会の広告、1950 年シカゴ日系アメリカ人年鑑。下の写真: 写真中央の女性はアン・スガノ、右から 2 番目に立っているのがジョージ・スガノです。
(シカゴ日系アメリカ人奉仕委員会所蔵)

訓練を受けた後、日系アメリカ人の雌雄鑑別士は、長時間の過酷な移動や、家を離れて過ごす長い時間に耐えなければなりませんでした。

「始めた十数人のうち、セックスを続けた人はたったの3人でした」とジミー・ドイは指摘する。「残りのほとんどは1年でやめてしまいました。」

ジミー・ドイの義理の兄弟で、仲間のヒナの性別鑑定士であるジョニー・アサモトは次のように述べている。「当時、この産業は多くの小さな孵化場で構成されており、すべてにメンテナンスが必要でした。そのため、移動は大変で、2 年ごとに新しい車を買いました。シーズンは 1 月から 6 月までだったので、次のヒナの群れが孵化する次の孵化場に行くには、雪の中を運転するのは必ず大変なことでした。」

「孵化予定時刻は電話で知らされます。孵化は一日中いつでも可能で、いつも白い制服を着た普通の服を着ています」とパティ・スガノさんは指摘する。

「母は夜中にインディアナ州を運転していて、誰かの家やホテルに泊まっていました。母は本当に働き者だったので、養殖場の人たちは母をとても気に入っていました。」

でも、彼女は私に、孵化場に急いで行かなければならないので、時速 80 マイルで車を走らせていると言ったのを覚えています。警察官はみんな彼女を知っていて、彼らは「孵化場に雛の性別判定をしに行くところだから、車を止めないで」と言ったそうです。それは今とは違う時代だったのです。」

ひよこの性別を判別する技能に対する需要があったにもかかわらず、第二次世界大戦後の日系アメリカ人に対する差別は根強く残り、多くのひよこの性別を判別する人々が微妙なものから露骨なものまで、人種差別に耐えなければなりませんでした。

パティ・スガノさんは次のように話しています。「母が料金所を通過していたとき、料金所にいた人が母に国籍を尋ねたそうです。母が『日本人です』と答えると、料金所の通過を拒否され、別の方法を探すように言われたそうです。」

「それで彼女は、次に料金所を通ったとき、誰かが彼女に国籍を尋ねたので、彼女は『中国人です』と答え、彼らは『ああ、わかりました』と言って彼女を通したと言いました。彼女は私に『ああ、別のルートを探す時間がなかったんです』と言いました。だから彼女は差別を経験したかもしれないと思いますが、今は、彼女が彼らを必要とした以上に、彼らが彼女を必要としていたのではないかと思います。ひよこの性別判定士がいなければ、問題は起こっていたでしょう。」

「彼らは、仕事を奪いに来たわけではありません。孵化場が必要としていることをしていたのですから、それが役に立ったかどうかはわかりません。」

ひよこの雌雄鑑別産業の民族的性質にもかかわらず、遠く離れた州での長時間労働は、困難で骨の折れる労働慣行に等しい。学者の東英一郎は、これが労働争議や組合組織化につながることがあると指摘し、「『多くの個別の要請の結果』として、シカゴのグループは、1958年9月に北米肉切り肉職人組合(AMCBW)から『切望されていた認可』を初めて取得した。エディー・フキアゲの指揮の下、組合は中西部諸州を越えて、仲間の二世の雌雄鑑別師に、カリフォルニア、ロッキー山脈地域、ニューヨーク、ジョージアで地方支部を組織するよう求めた。」と書いている。

組合結成の取り組みに対する支援は、特に組合のオーナーからは常に得られるわけではなく、組合に加入した人も多くいたものの、結局は無駄に終わった。アムチックの経営者ジョン・ニッタは「シカゴの肉切り職人組合はアムチックの組合結成を試みましたが失敗しました」と述べている。夫がジョージア州で組合を運営していたエイコ・コトによると、「政府と国税庁にとっての問題は、性別判定者が独立請負業者なのか従業員なのかということでした」。

季節的な仕事が他の職業につながる

全米ひよこ雌雄鑑別協会の広告と建物の写真、1949年シカゴ日系アメリカ人年鑑
(シカゴ日系アメリカ人奉仕委員会所蔵)

業界に残った人たちは、ヒヨコの雌雄判別シーズンにネブラスカやアイオワなどの遠方まで出向く代わりに、シカゴの自宅で静かに過ごしたり、他の職業に就いたりした。ヒヨコの雌雄判別士で、シカゴで訓練を受けたマイケル・ドイは、小切手作成機の開発と販売を手掛けるペイマスター・コーポレーションで通常の仕事を続けていた。ジョニー・アサモトは、ヒヨコの雌雄判別シーズン以外に青果業界で働き、2 つの収入源で息子と娘を育てた。

シカゴの学校に通っていた別の雌雄判別士ボブ・ホンタニは次のように述べている。「この季節労働のおかげで他の用事に多くの時間を割くことができたので、1953 年のシーズンが終わった後、別の雌雄判別士ジム・サカモトと私はシカゴにバーを買い、自分たちの名前を合わせてクラブ・ジムボブと名付けました。最初は 2 人組のハワイアン ギター バンドで始めましたが、後にピアノ奏者に変わりました。私は 1955 年にジムからバーを買い取り、1958 年の終わりまでその店を経営しました。私たちが雌雄判別をしている間、2 人の管理人がバーの番をしていました。」

ロイ・アクネは、ひよこの雌雄判別の季節以外も、マクルーグ卸売会社で働き続けました。彼がこの職業を辞める決断をしたのは、年を取って、自分の人生が見えにくくなった時でした。最終的に、彼は貯金を元手にシカゴでドライクリーニング店を購入し、それが彼の主な職業となりました。

時間の経過とともに、米国の養鶏産業が徐々に統合されていき、日系アメリカ人のひなの性別判別労働者を最も必要としていた小規模な養鶏場が衰退しました。この要因と、ひなの性別判別の新技術の開発により、養鶏産業における日系アメリカ人の関与は徐々に減少していきました。

日系アメリカ人コミュニティにおける専門化が進み、今日この注目すべき職業を覚えている人はほとんどいないが、ひよこの雌雄鑑別の伝統は、このユニークで過小評価され、しばしば忘れ去られる日系アメリカ人民族事業の特殊性のおかげで、前進することができた家族の間で今も響き続けている。


出典:

このストーリーの展開にあたり、インタビューに応じてくれたパティ・スガノ氏とロイ・アクネ氏に深く感謝します。また、この 2 名のインタビュー対象者との連絡に協力してくれたアンドレア・スガノ氏にも感謝します。

ジョニー・アサモト、ジミー・ドイ、マイケル・ドイ、ボブ・ホンタニ、エイコ・コトウのインタビューの引用は、ジョイス・ヒロハタと故トミー・ナカヤマ博士が運営していた、現在は閉鎖されているウェブサイト www.poultrysorters.org からの抜粋です。この記事の作成にあたり、ウェブサイトのインタビューの抜粋を使用することを許可してくださったジョイス・ヒロハタに深く感謝いたします。

Adams, AD「二世がひよこの雌雄鑑別を国際的な職業にする」 Far East Photo Review 、1948年。元々は、現在は閉鎖されているwww.poultrysorters.org Webサイトに掲載された内容です。

東 栄一郎「人種、市民権、そして『ひよこの性別判別の科学』:日系アメリカ人の人種的アイデンティティの政治」太平洋歴史評論78 、第2号(2009年):242-275。

ラン、ジョン。「ひよこの性別判別」シグマ・サイ、科学研究協会36 、第2号(1948年):280-287。

ニッタ、ジョン。「 インタビュー。」ターミナルアイランドライフヒストリープロジェクト。ロサンゼルス:全米日系人博物館、2001年。

© 2016 Ryan Masaaki Yokota

シカゴ ひよこの雌雄鑑別 イリノイ州 戦後 アメリカ合衆国 第二次世界大戦
執筆者について

ライアン・マサアキ・ヨコタは、日本人と沖縄人の血を引く四世/新二世日系人です。現在は、イリノイ州シカゴの日系アメリカ人奉仕委員会で開発・遺産センター所長として勤務し、デポール大学で非常勤講師も務めています。シカゴ大学で東アジア・日本史の博士号、カリフォルニア大学ロサンゼルス校でアジア系アメリカ人研究の修士号を取得しました。彼の曽祖父は第二次世界大戦中にアーカンソー州ローワーの日系アメリカ人強制収容所に収容されました。また、祖父母と父は広島の原爆投下を生き延びました。

彼の学術出版物には、最近出版された沖縄の自治運動に関する章、沖縄の先住民族に関する記事、 ロサンゼルスのペルー系沖縄人に関する章、 キューバの日本人と沖縄人に関する記事、アジア系アメリカ人運動活動家パット・スミへのインタビューなどがある。彼は、シカゴの日系アメリカ人コミュニティの語られざる物語を紹介する日系シカゴのウェブサイトの創設者でもある。

2018年2月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。