Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2018/2/1/then-they-came-for-me/

JASC はアルファウッド ギャラリーと提携して「そして彼らは私を狙った」を開催。中西部最大の JA 刑務所展

2017 年 6 月 29 日、アルファウッド ギャラリーは日系アメリカ人奉仕委員会 (JASC) と提携して、初のオリジナル展示会「その後彼らは私を襲った: 第二次世界大戦中の日系アメリカ人の強制収容と市民的自由の消滅」の開催を発表しました。この展示会は 2017 年 11 月 19 日まで約 4 か月半にわたって開催されました。

アルファウッド財団の取り組みとして設立されたアルファウッドギャラリーは、歴史の教訓だけでなく、今日のアメリカが直面している現代の課題についても語ることができる日系アメリカ人の強制収容と再定住に関する展示の開発について、2017年3月にJASCにアプローチしました。

急速な開発プロセスを通じて、コミュニティのリーダー、JASC とシカゴ日系アメリカ人歴史協会の代表者、およびアルファウッド ギャラリーのスタッフは、約 3 か月半という積極的なスケジュールを追求し、この規模の展示会としては前例のないスピードでこのユニークな展示会を開発しました。

展示スペースは2フロアとギャラリースペース全体を占めていました。

この展示は、戦時移住局(WRA)が後援する写真家のドロシア・ラングやアンセル・アダムスが撮影した日系アメリカ人の強制収容過程の画像、著名な日系アメリカ人写真家トヨ・ミヤタケの写真、ミネ・オオクボのイラストを基に構成されています。コレクションの物理的なアイテムに関しては、アイテムと文書の大部分は日系アメリカ人強制収容局のアーカイブコレクションから提供されたもので、強制収容の全容とそれが人間に及ぼした影響についての説明に役立っています。

特に注目すべきは、この展示がシカゴにおける戦後の日系アメリカ人の再定住の歴史と、戦後、日系アメリカ人コミュニティの人口が約 400 人から約 20,000 人にまで急増したことによる独特の影響に重点を置いていることです。

シカゴの戦後移住の歴史を扱った展示セクションの始まり。

シカゴの日系アメリカ人コミュニティは、ほぼ完全に強制収容プロセスの直接的な結果として形成されたため、戦後の歴史の中では特異な存在です。

この展示は、強制収容の悲劇だけでなく、移住の長引く影響にも焦点を当てることで、シカゴの日系アメリカ人コミュニティが歴史的な過ちに取り組み、日系アメリカ人のアイデンティティに関する現代的な問題に取り組み、今日の政治的に緊張した環境におけるその他の懸念に疑問を投げかける機会となりました。

現在の問題に対処する必要性は、アルファウッド ギャラリーが開発したプログラミングにおける重要なテーマであり続けました。

たとえば、収容所を直接体験した人や、家族が収容所にいた人など、日系アメリカ人コミュニティのメンバーがギャラリースペースに招待され、週末のセッションで自分たちの体験談を共有しました。

さらに、日系アメリカ人の強制収容の物語をより広い領域に広げる方法として、多様なコミュニティの声がプログラムに集められました。

映画上映、ワークショップ、パネル、芸術パフォーマンスのすべてにおいて、移民、イスラム教徒の入国禁止、その他の公民権および人権問題に関する現代の論争に取り組むことの重要性が強調されました。

プログラムのハイライトには、俳優で活動家のジョージ・タケイ氏による特別訪問と公開講演、日系アメリカ人の強制収容に関する問題について一般の人々を啓蒙することに専念しているデンショー・プロジェクトの創設者トム・イケダ氏による講演が含まれていました。

2017 年 11 月 18 日の最終週末に開催されたヘイトクライム パネルのパネリスト。左から、パネリストのヘレン ジア、コメディアンのアリッシュ シン、司会者のライアン マサアキ ヨコタ、パネリストのパルディープ カレカ。

2017年11月18日に行われたヘイトクライムに関する特別閉会週末パネルでは、1980年代の日本たたきの真っ只中、ミシガン州デトロイトで中国人アメリカ人が殺害された1982年のヴィンセント・チン事件で組織化に重要な役割を果たした、著名なアジア系アメリカ人でLGBTQ活動家のヘレン・ジア氏とのディスカッションが行われました。

追加パネリストのパルディープ・カレカ氏は、2012年にウィスコンシン州オーククリークのシク教寺院で白人至上主義者による残忍な襲撃により父親が殺害された経緯や、コミュニティ内の憎悪と過激主義の問題を克服するためにどのように取り組んできたかについて語った。

閉幕週末のハイライトとしては、司太鼓による特別公演や、キャンプに関する新曲をエミリー・ハラダが書き下ろし、グループが演奏した、ホーエツ太鼓による閉幕夜公演などが挙げられます。

JASC の友人や支援者が、2017 年 8 月 11 日にアルファウッド ギャラリーで開催された「Then They Came For Me」展のツアー トークに参加しました。

展示会が開催された数か月間を通じて、ナンシー・ペロシ下院少数党院内総務、チャック・シューマー上院少数党院内総務の訪問や、近隣の学校やその他のコミュニティ機関からの多数の見学者を含め、約 21,000 人が展示会を訪れた。

「この展示会が、これほど幅広い地域のリーダー、組織者、アーティストの関心を集めたことを大変嬉しく思います」と、JASC CEO のマイケル・タカダは述べています。「この展示会は、日本人とアジア系アメリカ人のコミュニティをつなぐだけでなく、シカゴを超えてこの物語を伝えるという点で、すべての期待をはるかに上回る成果を上げました。」

「アルファウッド ギャラリーの展示は終了しましたが、これは始まりに過ぎません。1 月からニューヨークの国際写真センター美術館に展示が移されることを誇りに思います。シカゴの他の地域やそれ以外の地域への展示の巡回の可能性については、現在も協議中です。アメリカの歴史のこの重要な時期に、この極めて重要な物語が、これまで以上に多くの聴衆に伝わっていくことを嬉しく思います。」

この記事は、2018年1月18日に日経シカゴで公開されたものです

© 2018 Ryan Masaaki Yokota

アルファウッド・ギャラリー シカゴ 展示会 ギャラリー イリノイ州 投獄 監禁 日系アメリカ人 アメリカ中西部 写真 写真術 再定住 Then They Came For Me(展覧会) アメリカ合衆国 第二次世界大戦下の収容所
執筆者について

ライアン・マサアキ・ヨコタは、日本人と沖縄人の血を引く四世/新二世日系人です。現在は、イリノイ州シカゴの日系アメリカ人奉仕委員会で開発・遺産センター所長として勤務し、デポール大学で非常勤講師も務めています。シカゴ大学で東アジア・日本史の博士号、カリフォルニア大学ロサンゼルス校でアジア系アメリカ人研究の修士号を取得しました。彼の曽祖父は第二次世界大戦中にアーカンソー州ローワーの日系アメリカ人強制収容所に収容されました。また、祖父母と父は広島の原爆投下を生き延びました。

彼の学術出版物には、最近出版された沖縄の自治運動に関する章、沖縄の先住民族に関する記事、 ロサンゼルスのペルー系沖縄人に関する章、 キューバの日本人と沖縄人に関する記事、アジア系アメリカ人運動活動家パット・スミへのインタビューなどがある。彼は、シカゴの日系アメリカ人コミュニティの語られざる物語を紹介する日系シカゴのウェブサイトの創設者でもある。

2018年2月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。