ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2017/4/20/nikkei-uncovered-5/

抵抗

今月号の「日経アンカバード」へようこそ。詩のコラムです。大統領令9066号調印75周年とマンザナール巡礼50周年を記念して、ロサンゼルスの三世作家で活動家のミヤ・イワタキ氏と、四世JA/沖縄系アメリカ人二世の教育者で作家のライアン・マサアキ・ヨコタ氏(シカゴ在住)の作品を通じて、抵抗の美徳と背後にある物語に目を向けます。ハートマウンテンでの闘争に燃えた歌から、当時も今も、そして何度も何度も私たちが行進した理由まで、どうぞお楽しみください。

—トレイシー・カトウ・キリヤマ

* * * * *

ミヤ・イワタキは、詩人、作家、イースト・ウィンド・ラジオ・シリーズの司会者兼プロデューサー、ロサンゼルス郡の多様性と文化的能力プログラムのデザイナー、日系アメリカ人の賠償を求めるNCRRの闘士、ケニアのナイロビで開催された国連女性の10年大会に国連NGOから支援された30人の女性の一人、8つのアジア系アメリカ人コミュニティにおける生殖医療に対する文化的障壁に関する初の研究の共著者として、人生を通じて正義と公平性を理解し、認識し、献身してきました。それは、健康や日常生活における文化的信念、慣習、伝統を尊重することの重要性、そして言語が私たちの文化に深く結びつき、それを反映していることへの認識に命を吹き込みました。

一世

(CWRIC のヒーローたちにインスピレーションを受けて進行中のシリーズ)

彼はキャンプから戻ってきた
変わった男。

かつて誇り高き農民だった
熟したトマトの香りを残して去った
彼が体重を量り、測ると
これらの豊かな赤い宝物は
梱包され積み重ねられた木箱
市場の楽しみのために

この通常注目すべき土地の男
ジューシーなイチゴの土を運んだのは誰ですか
ひび割れた爪の下
マンザナーまでずっと
流されるまで
妻の涙によって。

強い女性の貴重な涙
愛と収穫を分かち合った
しかし、彼女は涙を流すことはなかった
彼の農場を旋回していた戦時中のハゲタカ
そして彼の土地を盗んだ
そして彼のアメリカの理想

そして毎晩、彼は
贅沢な香りに満ちた思い出
ジューシーな肉厚トマト
そして肥沃な農地
彼は惜しみなく
グリットとガマン

この土地の男
この一世

* この詩の著作権は岩滝美弥(2017)が所有しています。


そして我々は行進する

1

彼らはマルコムXを撃った
しかし彼の教えは生き続ける
そして私たちは行進した

彼らはマーティン・ルーサー・キングを撃った
しかし彼の言葉は響き続ける
そして私たちは行進した

彼らはフレッド・ハンプトンを撃った
彼の「人民に奉仕する」プログラムは生き続ける
そして私たちは行進した

彼らはジョージ・ジャクソンを撃った
そして私たちは行進した
しかし、闘争心は彼の生まれながらの権利として生き続けた
弟のジョナサン
そして彼らは彼を殺した
そして私たちは再び行進した

彼らはこれらのリーダーを撃った
しかし、抵抗の伝統を消すことはできなかった
そして人々に力を与える

彼らは我々のリーダーたちを連れて行った
しかし彼らを黙らせることはできなかった
彼らの大義は生き続ける
そして我々は彼らの精神に従って行進する

2

そして殺すべきリーダーがいなくなった
今度はファーガソンで黒人男性が射殺される
アトランタで黒人男性が射殺される
そしてロサンゼルスでは
そしてマディソン
そしてダラス
そして…
私たちはまだ行進している

* この詩の著作権は岩滝美弥(2015)が所有しています。

* * * * *

ライアン・マサアキ・ヨコタは、古い根を掘り起こすことが好きな、4 世/2 世の日系/沖縄系アメリカ人の庭師です。現在は、イリノイ州シカゴの日系アメリカ人奉仕委員会のレガシー センター マネージャーとして勤務し、デポール大学で講師も務めています。シカゴ大学で東アジア・日本史の博士号を取得しており、以前は UCLA でアジア系アメリカ人研究の修士号を取得していました。シカゴの日系アメリカ人コミュニティの語られざる物語を紹介する Nikkei Chicago ウェブサイトの共同設立者でもあります。

心の歌 マウンテンレジスタンス

暗闇が天井を覆っていたが、
憎しみが無感情を強いたにもかかわらず、
単一のライトが点灯し、
2番目の境界線。

冷たさと悪意に直面して
自分たちの窮状を利用しようとした人たち
(兵士の列は緑色のスーツを着ていた
彼らの骨に刻まれた赤い斑点を捉えた。

そして法廷内で直面した
暑さと横たわった場所から逃れて
70人の若者が全員立ち上がって戦いました。
正義の天秤は揺れ、壊れた。

刑務所の門に収監される
国家によって裏切り者とみなされたすべての人々、
そして彼らの陣営内にいる人々でさえも
彼らはこれらの男たちに背を向けた。

今、彼らの物語は語られる。
彼らの闘いについてとても勇敢に戦った
そして誰もが名誉ある印を見ることができる
時代の先を行く人たち。

* この詩はライアン・ヨコタ(1997)の著作権で保護されています。

© 2015, 2017 Miya Iwataki; 1997 Ryan Masaaki Yokota

カリフォルニア州 強制収容所 ディスカバー・ニッケイ 世代 移民 移住 (immigration) 一世 日本 文学 マンザナー強制収容所 マンザナー巡礼(イベント) 移住 (migration) ミヤ・イワタキ ニッケイを見いだす(シリーズ) 巡礼 詩人 抵抗 ライアン・マサアキ・ヨコタ アメリカ合衆国 第二次世界大戦下の収容所
このシリーズについて

「ニッケイを見いだす:詩のコラム」は、文化や歴史、個人的な体験をめぐるストーリーを、多様な文章表現を通して共有するニッケイ・コミュニティのためのスペースです。過去から今に至る歴史、儀式・祭事・伝統としての食、伝統の儀礼と前提、土地・場所・コミュニティ、愛など、歴史やルーツ、アイデンティティに関わるさまざまなテーマによる幅広い形式の詩をご紹介します。

この月刊コラムの編集者として、作家、パフォーマー、詩人のトレイシー・カトウ=キリヤマさんをお招きしました。毎月第三木曜日には、詩作を始めたばかりのシニアや若者から、出版歴を持つ全米各地の詩人まで、1~2名の作品を発表します。無数の相違や共通の経験の間で織りなされる、人々の声の交差が見いだされることを願っています。

詳細はこちら
執筆者について

ミヤ・イワタキは、アジア系アメリカ人女性活動家、正義と賠償を求める日系アメリカ人の戦士、KPFK-FM イースト・ウィンド・ラジオの司会者、ロサンゼルス郡保健局の多様性と文化的能力プログラムの立案者としての人生経験を持ち、文化、コミュニティ、正義と公平への献身に対する生涯にわたる尊敬の念を鼓舞してきました。彼女の詩、著作、コラムは、言葉と言語が私たちの文化と時代に及ぼす深い影響に対する理解によって形作られています。彼女は、黒人賠償金を勝ち取るために闘う日系進歩主義者、NCRR、および全国日系賠償連合のメンバーです。リトル東京歴史協会の副会長として、ジェントリフィケーションに直面しているリトル東京の歴史、遺産、文化的魂を保存するために活動しています。(プロフィール写真: 野村愛)

2023年7月更新


ライアン・マサアキ・ヨコタは、日本人と沖縄人の血を引く四世/新二世日系人です。現在は、イリノイ州シカゴの日系アメリカ人奉仕委員会で開発・遺産センター所長として勤務し、デポール大学で非常勤講師も務めています。シカゴ大学で東アジア・日本史の博士号、カリフォルニア大学ロサンゼルス校でアジア系アメリカ人研究の修士号を取得しました。彼の曽祖父は第二次世界大戦中にアーカンソー州ローワーの日系アメリカ人強制収容所に収容されました。また、祖父母と父は広島の原爆投下を生き延びました。

彼の学術出版物には、最近出版された沖縄の自治運動に関する章、沖縄の先住民族に関する記事、 ロサンゼルスのペルー系沖縄人に関する章、 キューバの日本人と沖縄人に関する記事、アジア系アメリカ人運動活動家パット・スミへのインタビューなどがある。彼は、シカゴの日系アメリカ人コミュニティの語られざる物語を紹介する日系シカゴのウェブサイトの創設者でもある。

2018年2月更新


トレイシー・カトウ・キリヤマは、パフォーマー、俳優、ライター、著者、教育者、アート+コミュニティのオーガナイザーであり、感謝の気持ち、大胆さ、そして徹底的な狂気を体感しながら、時間と空間を分割しています。彼女は、Pull Project (PULL: Tales of Obsession)、Generations Of War、The (タイトルは常に変化している) Nikkei Network for Gender and Sexual Positivity、Kizuna、Budokan of LA など、数多くのプロジェクトに熱心に取り組んでおり、Tuesday Night Project のディレクター兼共同創設者であり、その旗艦店「Tuesday Night Cafe」の共同キュレーターでもあります。彼女は、生き残るための文章と詩の 2 冊目の本を執筆中で、来年 Writ Large Press から出版される予定です。

2013年8月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。