ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2013/6/11/imamura-church/

今村教会

最近知り合った日系ブラジル人のエドソン・アオキが、最近福岡市大刀洗1丁目を訪れました。久留米(内陸20km)や福岡天神駅から電車で簡単に行ける大刀洗は、田んぼが広がる静かな田舎です。第二次世界大戦中の様子は想像もつきません。当時、大刀洗は帝国陸軍航空隊の基地があったため、激しい爆撃を受けました。若いパイロットや対空砲兵部隊の訓練センターでした。若い頃の神風特攻隊員の歌に「大刀洗」という奇妙な名前があったのをかろうじて覚えていますが、それがどこにあるかは知りませんでした。

1900年代初頭、陸軍は、1) 朝鮮と中国に近いこと、2) ある程度内陸にあり、敵の軍艦の沿岸砲撃から難攻不落であること、3) 飛行活動を妨げる高い障害物が周囲にないこと、4) 人が居住する場所が少ないこと、という条件を満たす飛行場の適切な場所を探していたと読んだ。こうして、大刀洗は半世紀以上にわたって軍都として繁栄した。

また、終戦直後に中国や朝鮮から帰還した人々が大量に配属され、空軍基地を田んぼに戻す作業が行われたとも読んだ。彼らは汗をかき、水ぶくれができながら懸命に働いたという。アスファルトで固められた滑走路は、主要道路として町に残っていた。

福岡県大刀洗町にある今村カトリック教会

しかし、エドソンさんの訪問は戦争の悔い改めとは全く関係がなかった。彼は私に色鮮やかなパンフレットを見せながら、太刀洗の「今村教会」を訪れたと話してくれた。「今村さん、今村教会をご存知ですか」というのが、彼の私への最初の質問だった。この場合の「今村」は苗字ではなく、太刀洗の村の名前である。

「いいえ、ありません!何か特別な理由があって訪問したのですか?」と私は彼に尋ねました。

「私の先祖は大刀洗出身です。」

「冗談じゃないよ!」

1900年代初頭から、多くの福岡人がハワイ、アメリカ本土、カナダ、メキシコ、ペルー、ブラジル、アルゼンチンなどに海外移住したことを思い出しました2。そして、筑後川のさらに内陸にある支流、矢部川流域の出身者もかなりいました。サンディエゴの友人ジョイスの父フレッド・ナベタは矢部川沿いの黒木出身です。ハワイのダニエル・イノウエ上院議員の父も矢部川沿いの八女出身です。ハワイの元知事ジョージ・アリヨシの父は豊前生まれです。パラナ州商工会議所会頭アントニオ・ウエノの両親は福岡出身です。現在サンパウロの裁判官を務めるマルシア・ウエマツは九州大学で法学を学んだ日系二世の三世です。そう、ブラジルには200万人の日系二世が住んでいるのです。

エドソンが見せてくれたパンフレットによると、1500年代後半にはキリシタン大友宗麟の影響で今村にはかなりの数のキリシタンがいたという。しかし、1638年、徳川が島原半島のキリシタン反乱を鎮圧して苦い経験を​​し、その後鎖国をすると、キリシタンは追放され処罰された。これが九州の隠れキリシタンの始まりだった。密告者には賞金が与えられた。久留米藩によって十字架にかけられた平田又右衛門ジョアンの像は今村教会の一角に祀られている。1853年に禁令が撤回されると、今村から約200人がキリシタンとして名乗り出た。

宣教師たちがやって来て、本多牧師の指揮下で建設計画が立てられました。1913、ヨーロッパ、特にドイツからの寄付と、明治初期に海外に移住した今村家の人々の寄付によって、建築家の鉄川与助によって赤レンガの教会が完成しました。宗教の自由と家族間で共有できる土地の面積が限られていたことが移住の理由でした。

今日、突然の啓示を受けて、大刀洗村に関する本を調べるために北九州市立図書館を訪れました。大刀洗と北九州は同じ県内にあります。

朝日放送(1997年発行)の報道によると、ブラジルで活動していた今村出身者が2人いるというので、とても興奮しました。1人は今村にいる間に本田牧師を助けた青木牧師、もう1人は殉教者平田の子孫と思われる政治家の平田氏です。エドソンが今村教会を訪れたがった理由が、今になってわかりました。

再びご紹介するのは、オランダのエンスヘーデにあるトゥエンテ大学の研究者、エドソンアオキさんです。彼は4月に北九州工業大学を訪問しています。彼はトゥエンテ・トーストマスターズのメンバーで(写真参照)、北九州滞在中に表敬訪問と情報交換のために北九州トーストマスターズを訪問したいと考えていました。北九州トーストマスターズは、この3か国からの訪問者との交流をとても楽しみました。

ノート:

1) 大刀洗の地名は、南北朝時代(1336~1392年)に全国に戦乱が広がった際、筑後川の激戦地であったことに由来します。熊本の菊池氏は南朝方につき、室町幕府の北朝方九州守護の一色氏・少弐氏と戦いました。大刀洗川公園には、この戦いで勇猛果敢な武将・菊池武光の像が立っており、戦いに勝利した後、武光が刀身を洗った場所として知られています。

2) ブラジル行きの最初の船は1908年に出航しました。

3) 今年は創立100周年

4) トゥエンテ運河で有名なエンスヘーデは、ドイツとオランダの国境に近いオランダ北部の都市で、デュッセルドルフの北約 100 km にあります。

* この記事は、著者のRiosloggersブログで 2013 年 5 月 5 日に最初に公開されました。

© 2013 Rio Imamura

ブラジル人 建物 教会 エドソン・アオキ 福岡県 カトリック今村教会 日本 移住 (migration) 大刀洗
執筆者について

ニューヨーク市、および南加に30年滞米、1994年、帰国し、現在北九州市に住む。 ジョアン・オッペンハイム著『 Dear Miss Breed: True Stories of the Japanese American Incarceration During World War II and a Librarian Who Made a Difference (邦題:親愛なるブリードさま -強制収容された日系二世とアメリカ人図書館司書の物語-)』の邦訳を東京・柏書房より出版。

(2012年9月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。