Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2015/8/11/infamy/

汚名

コメント

ニューヨークに住む息子が、ヘンリー・ホルト社から最近出版されたリチャード・リーブスの『 Infamy』という340ページの本を航空便で送ってくれた。副題には「第二次世界大戦中の日系アメリカ人強制収容の衝撃的な物語」とある。これは、ジョアン・オッペンハイムの『Dear Miss Breed』が広く引用されている最初の本である。この本にクララ・ブリードの写真を見つけてうれしかった。彼女はサンディエゴ公立図書館の児童司書で、何百人もの日系アメリカ人の若者と出会い、強制収容されていた年には手紙や本、贈り物を送っていた。私は、ルイーズ・オガワ、キャサリン・タサキ、マーガレット・イシノ、フサとユキオ・ツマガリ、テッド・ヒラサキ、ヒサコ・ワタナベなど、多くの「ブリードの子供たち」の名前と手紙を見た。今や、これらの名前はすべて、アメリカの歴史の悲しい時期に厳しい状況にもかかわらず耐え、優雅に生きた不当に収容された抑留者として記憶されるだろう。

私自身、クララ・ブリードがサンディエゴ日本友好庭園計画委員会 (SDJFPB) のボランティア秘書を務めていたときに、彼女の経歴を全く知らずに彼女と親しくなりました。日本に帰国後、彼女の死亡記事を見てとてもショックを受け、彼女が誰だったかを知りました。

SDJFPB で私と一緒に座っていたのは、ジョーとエリザベス・ヤマダの 2 人です。2 人は「ブリード家の子供たち」のメンバーで、私は彼らに連絡を取り、アリゾナ州ポストンのクララ・ブリードに送られ、彼女が保管していた子供たちの手紙について尋ねました。エリザベス・ヤマダによると、手紙はロサンゼルスの全米日系人博物館 (JANM) に預けられていたそうです。私は日本から全米日系人博物館を訪れ、手書きの手紙を何通かコピーしました。その後、エリザベス・ヤマダはサンディエゴのテッド・ヒラサキとベン・セガワを紹介してくれました。JANM では、ボランティアのガイドを務めていたベイブ・カラサワに会いました。すぐにサンディエゴの友人から、ジョアン・オッペンハイムが「ブリード家の子供たち」にインタビューして本を書こうとしていると聞き、彼女の本が出るまで待つよう勧められました。

オッペンハイムの本は待つだけの価値があるもので、私が日本語に翻訳するきっかけとなりました。翻訳の動機の 1 つは、日本の子供たちに歴史的出来事を知ってもらうことでした。オッペンハイムは、サンディエゴ以外の都市の内科医の声も取り入れられるように、法廷証言を加えました。彼女は、1) ルーズベルト夫人の日記、2) 全国の法廷証言を引用して、10 か所以上の強制収容所を網羅しようと努力しました。私が目指したとおり、今日、日本の市立図書館や中学・高校の図書館のほとんどに、私のDear Miss Breedの翻訳が置いてあることを嬉しく思います。

プロの歴史家であるリチャード・リーブスは、10 か所の強制収容所から数多くの物語を記録し、この本はカリフォルニア、アイダホ、ユタ、ワイオミング、アリゾナ、コロラド、アーカンソーの 7 つの州にあるすべての収容所を網羅した、これまでで非常に包括的な編集物となっています。

『Infamy』からの次の 2 つのストーリーは、私にとって特に印象深いものでした。

1942 年カリフォルニア大学バークレー校の卒業生代表、ハーヴェイ・イタノは、卒業式の日にサクラメント アセンブリ センターにいました。「ハーヴェイは今日、私たちと一緒にいることができません」と大学学長のロバート・ゴードン・スプロールは言いました。彼は続けて、「彼の祖国は彼を、有刺鉄線の向こうにある別の場所に呼び寄せたのです」と言いました (81 ページ)。私はラホヤ在住のイタノ博士と知り合いになり、よく一緒にゴルフをしました。彼は素晴らしいゴルファーでした。

夏の半ばまでに、イサム・ノグチはキャンプでの生活に適応するのに苦労していることに気づいた。彼はポストンに芸術と手工芸のセンターを開設したが、誰も来なかった。彼は他の居住者とのコミュニケーションに苦労した。「私は仲間がいなくて非常に落胆しています」と彼はワシントンのジョン・コリアーに書いた。「ここにいる二世は私と同じ年齢ではなく、背景も興味もまったく異なります。」ノグチの名前は『ディア・ミス・ブリード』に出てくる。ノグチは軍から退去を許可され、ポストンを去った。イサム・ノグチはポストンに 184 日間滞在した。彼は異母妹のアイルズに「私が向かっていることを友人に知らせてください。まるでリップ・ヴァン・ウィンクルのような気分です」と書いた (129 ページ)。

ノート:

著者が書いているように、ハワイの日系アメリカ人は、数百人がFBIに厳重に監視されていたことを除いて、ほとんどが強制収容所送りを免れていた。19世紀に伝染病の乗客を運んだとされる船を検疫するために使われた5エーカーの珊瑚礁の島、サンド島は収容所の場所として使われたが、その後、収容者は他のドイツ人、イタリア人、韓国人の収容者と合流するため、160エーカーのホノルイルイ収容所に送られた。ホノルイルイ収容所は、今年初めオバマ大統領によって国立公園に指定された。各島に同様の施設があったようだ。ハワイ島では、そこに住む友人のロン・タナカによると、キラウエアにも1つあったそうだ。

※この記事は2015年7月28日にRio Imamura, Riosloggersに掲載されたものです。

© 2015 Rio Imamura

クララ・E・ブリード 親愛なるブリードさま (書籍) Infamy (書籍) 全米日系人博物館 全米日系人博物館(団体) 司書 San Diego public library
執筆者について

ニューヨーク市、および南加に30年滞米、1994年、帰国し、現在北九州市に住む。 ジョアン・オッペンハイム著『 Dear Miss Breed: True Stories of the Japanese American Incarceration During World War II and a Librarian Who Made a Difference (邦題:親愛なるブリードさま -強制収容された日系二世とアメリカ人図書館司書の物語-)』の邦訳を東京・柏書房より出版。

(2012年9月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。