ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2023/8/30/nick-lee/

ミュージシャンであり、2 度グラミー賞にノミネートされたニック・リーと音楽業界におけるアイデンティティについて

導入

LA出身のニック・リーは、音楽業界で活躍する中で、レコードプロデューサー、ソングライター、作曲家、トロンボーン奏者として、また2021年には、リル・ナズ・X(ft. ジャック・ハーロウ)のポップヒット曲「INDUSTRY BABY」とアルバム「MONTERO 」での活躍により、2度グラミー賞にノミネートされるなど、かなりの経歴を積んできた。「いまだに現実とは思えない」とリーは語る。「自分を誇らしく思う。名誉ある勲章だ」

リーは短期間ジュリアード音楽院に通った後、音楽制作の道に進むため退学し、現在最も人気のあるスターたちと仕事をし、世界中のミュージシャンにトロンボーンやその他の音楽の才能を伝えてきました。自身の音楽会社、スモワレボーイで多忙を極め、今日のヒット曲をプロデュースする一方で、リーはディスカバー・ニッケイのメールインタビューに快く応じ、トロンボーン奏者として、そして特にアジア系アメリカ人ミュージシャンとして、音楽業界での経験を語ってくれました。

家族の背景

リーの物語はロサンゼルスで始まる。彼は中国人の母親と中国人と日本人のハーフの父親に育てられた。「どちらの側かによって、私は3~5世代目だと思います」とリーは言う。「母方の両親は広州から移住し、母方の父親は実は移民の書類上の息子でした。父方の家族は長い間米国に住んでいて、私の高祖父母が最初に渡米したと思います。」

リー自身は、音楽、エンターテインメント、有名人の日常的な姿で知られる活気あるコミュニティ、ウェストハリウッドで育った。「私の子供時代は平均的なアメリカ人とは明らかに違っていたと思いますが、私にとってはそれがすべてだったので普通でした」とリーは述べた。

「私は、ときどき有名人を見ながら育ちました。例えば、私が通っていた小学校には、有名人の親がたくさんいて、ウィル・フェレルやジャック・ブラックのような人が学校を歩いているのを見たのを覚えています。ハリウッドに近いというのは、時々とてもクールでした。小学校のときに、私が宿泊キャンプに行くと、他の子供たち(カリフォルニア出身ではない)はいつも、私がハリウッドで育ったことに驚いていました。」

トロンボーンとインスピレーション

写真: KO Lee、ニック・リー提供

しかし、リーにとって、学校は単なる有名人観光以上の意味を持っていました。そこは、彼のトロンボーンへの愛に火をつけ、やがて音楽業界でのキャリアにつながった場所だったのです。

リーによると、彼は7年生の初心者バンドクラスでトロンボーンを演奏することを選んだそうです。「その時まで、私はクラシックピアノを6年間ほど習っていました。トロンボーンに惹かれたのは、スライドと、人間の声のようなフレーズを本当に表現できるという事実だったと思います。7年生の頃から真剣に取り組み始め、レッスンを受けてたくさん練習しました。

8 年生のとき、ジャズ バンドに参加して、そのときに本格的にジャズにのめり込みました。ジャズの即興演奏は私にとって本当に魅力的でした。クラシック音楽よりも心に響いたのです。8 年生のとき、いつも友達のテオとジェイソンと一緒に学校に早く行って、一緒に演奏していたのを覚えています。私たちは、お互いに即興演奏の方法を教え合っていたようなものです。」

リーは、このすべてを始めた人物についても言及しています。「中学校のバンドの指揮者、スター・ウェインについて触れなければなりません。彼女は私にとって最大のインスピレーションであり、私のキャリアはすべて彼女のおかげです。彼女は私がトロンボーンと音楽に熱中するきっかけを与えてくれた人で、信じられないほど支えになってくれて、いつももっともっと学びたいと思わせてくれました。」


ジュリアード音楽院

「もっともっと学びたい」というリーの願いは、世界でも最も権威のある舞台芸術学校のひとつ、ジュリアード音楽院からの入学許可書という形で現れました。しかし、ジュリアード音楽院で2年間過ごした後、リーは自分がいるべき場所にいないと感じずにはいられませんでした。その後、リーはジュリアード音楽院を去り、新たな道を志しました。

「その決断に至るまでには長い準備期間がありましたが、すべてが明確になると決断は簡単にできました。すべてが「簡単」だったわけではありません。両親は当時、私にあまり満足していませんでした(笑)。大学の学位を取得することは間違いなく価値があり重要ですが(特にアジア人の家族の場合)、私にとっては、完全に必要ではないと感じていました。そして幸運なことに、最終的にすべてうまくいきました。」

音楽業界での経験

ジュリアードを去った後、リーはジュリアードを去った目的であるキャリアを築くことに取り掛かりました。親しい友人、同僚、指導者、マネージャー、家族の支援を受けながら、リーはプロデューサーとして着実にディスコグラフィーを築き上げ、ミーガン・ジー・スタリオン、JJ・リン、マスタード、ヴィンス・ステープルズ、ディロン・フランシス、ストレイ・キッズ、CLなど、有名アーティストの作品を手掛けました。そしてもちろん、「INDUSTRY BABY」と「MONTERO」の共同プロデューサーとしての役割を考えると、プロジェクトへの献身がグラミー賞にノミネートされたのは当然のことでした。

写真: ゲッティイメージズ、ニック・リー提供

リーは自身のキャリアに加えて、アジア系アメリカ人としての、特に音楽業界におけるアジア系アメリカ人としての経験を率直に語ってきた。

「日系」という言葉は、リーにとって特に身近なものではないが、コミュニティーにもっと関わりたいと表明している。「父がJANMに関わっているので、博物館などの最新情報を把握するようにしています。ロサンゼルスの日本領事館でのイベントにも一度行ったことがありますが、本当に素晴らしかったです。ぜひもっと関わりたいです。」

リーは、業界でアジア系アメリカ人であることの誇りも生かし、アジア系アメリカ人であることを強みとみなしていると述べた。「アジア系アメリカ人のプロデューサーはほとんどいないので、他のプロデューサーとは一線を画していると思います。また、K-POPなどのアジアの音楽市場への自然な流れも提供してくれました。実際、以前はそれを不利だと思っていました。いつも見過ごされていると感じ、非アジア系アメリカ人の仲間の2倍の努力をしなくてはならないと感じていたからです(これは本当です)。今では自分のアイデンティティを最大限受け入れていますが、ここにたどり着くまでには間違いなく長い道のりがありました。」

しかし、リーにとって、それが今では誇りの源泉となっている一方で、アジア系アメリカ人が非アジア系アメリカ人の空間で暮らすことは、いまだに圧倒的で、落胆させられることさえある。「それは間違いなく、見過ごされていると感じ、非アジア系アメリカ人のプロデューサーの2倍の努力をしなければならないことを意味します。マイクロアグレッションやあからさまな人種差別に遭遇したことは何度もあります。しかし、それは当然のことです」と彼は語った。しかし、リーは最後に不機嫌な態度をとったわけではない。むしろ、彼は、自分や他の人たちが業界の将来に及ぼす影響について賢明に指摘している。

「私の成功が、アジア系アメリカ人のプロデューサーやソングライターの若い世代に道を切り開くのに役立つと知り、とても励まされています」とリーは書いている。「エンターテインメント業界のアジア人の間には強い連帯感もあります。お互いに助け合い、お互いの背中を守りたいという共通の考え方のようなものでしょう。」

閉鎖

現在、リーは音楽業界で進化を続けています。それでも、彼はこれまで成し遂げてきたことに対する誇りを強調することに固執しています。

「『INDUSTRY BABY』で自分が成し遂げたこと、そしてそれが全国のマーチングバンドによって演奏されているという事実を本当に誇りに思っています」とリーは語った。「それを目撃するのは本当に素晴らしいことです。かつて、若いトロンボーン奏者から『トロンボーンを再びクールなものにしてくれてありがとう』というような(ダイレクトメッセージ)をもらったことがあり、それは私にとって大きな意味がありました。」

写真: ゲッティイメージズ、ニック・リー提供

中学のバンド奏者からレコードプロデューサー、作詞家、作曲家、トロンボーン奏者、そしてグラミー賞ノミネート者まで、ニック・リーの音は彼自身、彼の支持者、そして喜んで耳を傾けるすべての人々のために、日々少しずつ大きくなり続けています。

© 2023 Kyra Karatsu

作曲家 グラミー賞 音楽 音楽家 ニック・リー プロデューサー ソングライター トロンボーン奏者
このシリーズについて

このシリーズでは、世界各地で暮らしている30歳未満の若い世代の日系人から話を聞きました。ニッケイ・コミュニティの将来をより発展させるために活動する若者たち、また斬新でクリエイティブな活動を通じてニッケイの歴史や文化、アイデンティティを共有し、探求している若者たちです。

ロゴデザイン: アリソン・スキルブレッド

詳細はこちら
執筆者について

カリフォルニア州サンタクラリタで生まれ育つ。現在カリフォルニア州バレンシアのカレッジ・オブ・キャニオンズでジャーナリズムを専攻する1年生で、準学士号を取得後、4年制大学への編入を希望している。キーラは日系とドイツ系の四世で、アジア系アメリカ人の体験について読んだり書いたりすることを楽しんでいる。

(2021年1月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。