ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2024/4/7/the-1944-election-1/

1944 年の選挙: 扇動家の黄昏 - パート 1

以前、私はディスカバー・ニッケイに、日系アメリカ人の強制収容が1942年の選挙にどのような影響を与えたか、そして日系アメリカ人がどのようにして選挙に参加できたかについての記事を書いた。収容所送りというトラウマ的な出来事や、人種差別主義者の政治家が日系アメリカ人の投票を阻止しようとしたにもかかわらず、多くの日系アメリカ人が不在者投票で選挙に参加した。一部の日系二世にとって、この選挙は政府による市民権剥奪に対する彼らの市民権の最後の防衛を意味した。他の者にとっては、選挙日に鉄条網が張られた場所は、彼らの市民的自由がほとんど無にまで縮小されたことを思い起こさせる厳粛なものだった。

80年前、1864年以来初の戦時大統領選挙として歴史に名を残した1944年の選挙は、日系アメリカ人に独自のジレンマをもたらした。第一に、二世の有権者は、歴史的な4期目を目指すフランクリン・ルーズベルト大統領を支持するかどうかという問題に直面した。

ルーズベルトは日系アメリカ人を強制収容する大統領令に署名したことで有名であったが、日系アメリカ人に関して公の場でほとんど発言せず(そのほとんどは肯定的なものであった)、戦時移住局の再定住政策を支持し、442連隊戦闘団の創設を支持したため、多くの日系アメリカ人がルーズベルトを支持した。

対照的に、国レベルでも州レベルでも、共和党員と数名の民主党員は、戦時移住局をニューディール政策型の官僚組織として攻撃し、日系アメリカ人を「甘やかし」、親日派への対応に「甘すぎる」と非難した。1942年よりもさらに、政治家たち(主に反ルーズベルト派の候補者たち)は、日系アメリカ人の帰還のイメージを恐怖をあおる戦術として持ち出した。共和党候補者の何人かは、日系アメリカ人の西海岸への帰還を永久に禁止するか、国外追放にさえ賛成すると宣言した。

1944年の大統領選挙では、日系アメリカ人の再定住問題は大統領候補者の間でほとんど注目されなかった。共和党の旗手であるニューヨーク州のトーマス・デューイは日系アメリカ人について直接コメントしなかった。しかし、彼はオハイオ州のジョン・ブリッカー知事を副知事に選んだ。ブリッカーは1944年4月の演説で、西海岸の住民は日系アメリカ人が自分たちのコミュニティに住むことを許可するかどうかを決定する権利を持つべきだと宣言した。内務長官ハロルド・アイクスは、ブリッカーの憎悪に満ちた発言を激しく非難し、彼が「大統領への野心をさらに進めるため」にそうしたのであり、その過程で「故意に憲法を踏みにじった」と主張した。

一方、ルーズベルト大統領は選挙運動中、日系アメリカ人について一切発言しなかった。個人的には、選挙中に日系アメリカ人が政治の道具になるのではないかと懸念していた。

グレッグ・ロビンソンが『大統領の命令』で述べているように、ルーズベルト大統領は最初、顧問団にカリフォルニア州知事アール・ウォーレンの西海岸移住に対する支持を取り付けさせようとし、その後、西海岸から日系アメリカ人を排除するのをやめさせる試みを11月の選挙まで延期した。1944年12月17日にヘンリー・スティムソン陸軍長官が排除の終了を発表することに最終的に同意したのは、最高裁判所が、忠実であると認められた市民の大量排除は違法であるとする一方的判決を下すところだと知っていたためである。

しかし、下院議員候補者たちは、政治的な得点を稼ぐために有権者の間で日系アメリカ人の再定住について遠慮なく取り上げた。カリフォルニア州上院議員選挙では、共和党候補のフレデリック・ハウザー(当時同州副知事)が、日系アメリカ人が同州に戻れば流血と暴力が起こるだろうと断言した。

9月1日の選挙運動開始時に、ハウザー氏はサンタローザの有権者グループに対し、日系アメリカ人のカリフォルニアへの帰還には賛成できないと語り、カリフォルニアの他の地域の政治家はカリフォルニアの日本問題を「よく知る」必要があると宣言した。ハウザー氏は、対立候補である現職の民主党上院議員シェリダン・ダウニー氏がカリフォルニア人の「ニーズ」に応えていないと非難した。10月13日、リバーサイドでの演説でハウザー氏は、再選されればルーズベルトと民主党は日系アメリカ人を西海岸に「解放」すると断言した。さらに非難に値するのは、ルーズベルト、アイクス、その他の民主党員は7月に日系アメリカ人のカリフォルニアへの帰還を許可したかったが、「11月7日に選挙があることを思い出した」ために躊躇したとハウザー氏が非難したことだ

20世紀初頭以来カリフォルニアの反日運動の指導者の一人である共和党上院議員ハイラム・ジョンソンは、同僚間の中立の伝統を破り、同僚の上院議員ダウニーよりもハウザーを支持した。(ジョンソンはすでに健康を害しており、1945年8月に亡くなった)。しかしダウニーはハウザーに勝利し、1950年までその職に留まった。

ノリス・ポールソン市長、1957 年頃。ロサンゼルス・ヘラルド・エグザミナー写真コレクション提供。  

下院選挙では、西海岸の政治家数名も日系アメリカ人の再定住を盾に相手を攻撃した。その筆頭は、カリフォルニア州13 選挙区 (パサデナ-イーグル ロック) の代表である共和党のノリス ポールソンである。カリフォルニア州議会議員時代に、ポールソンはサム ヨーティおよびジャック テニーとともに、日本人漁師がカリフォルニア州で働かないようにする法案を共同提出した。報道によると、この法案の目的は「ターミナル島の日本人植民地を解散させること」だった。

1942 年 11 月に連邦議会議員に選出されると、ポールソンは西海岸の他の議員たちとともに、収容中の日系アメリカ人に対する政府の対応が「寛大」すぎるとして戦時移住局を非難した。彼はアメリカ在郷軍人会ハリウッド支部に月刊コラムを寄稿し、その中で日系アメリカ人を収容所から解放した政府の対応を頻繁に批判した。1943 年 11 月 17 日、ポールソンは、WRA のディレクターであるディロン・マイヤーがトゥーリー湖の扱いに関する下院での証言で嘘をついたと非難した (この記事は 11 月 4 日のトゥーリー湖暴動の数週間後に発表された)。

1944年の選挙の選挙資料で、ポールソンは誇らしげに自分自身を「日本人排斥法案の共著者」と表現した。ポールソンは自身の膨大な反日記録を引用し、共産主義者であると非難した対立候補のネッド・ヒーリーを選挙で選ばないよう有権者に訴えた。

ポールソンの現職と赤狩りにもかかわらず、ヒーリーが選挙に勝利した。ポールソンは 2 年後にヒーリーから下院議員の地位を取り戻し、後にロサンゼルス市長を務めた。ポールソンの物語の追記はディロン・マイヤーによるものである。マイヤーが 1950 年にインディアン局でキャリアを始めたとき、下院でポールソンに偶然出会った。マイヤーによると、ポールソンは彼に「ディロン、私は長い間、戦争中、あなたが正しく、私が間違っていたことをあなたに伝えたいと思っていた」と語った。

ポールソンと同様に、「ハリウッドの下院議員」の異名を持つ現職民主党下院議員ジョン・コステロも、反日人種差別煽動に携わった。1944年5月の予備選挙で、コステロは、西海岸の立入禁止区域内に居住する日系アメリカ人を重罪とすることで大統領令9066号に効力を持たせた公法503号の起草における自身の役割を誇らしげに誇示した。「敵」と題された選挙ポスターで、コステロは、「カリフォルニアの軍事地域にジャップを立ち入らせない」法律を可決させたことと、収容所の調査における自身の役割を誇らしげに列挙した。有権者の支持を得ようと努力したにもかかわらず、コステロは民主党予備選挙でワーナー・ブラザーズのラジオ解説者ハル・スタイルズに敗れた。

第 13 議会地区ルーズベルト大統領クラブのリーフレット、ノリス ポールソン文書 (コレクション 787)、UCLA 図書館特別コレクション。

皮肉なことに、選挙の途中で、ジャーナリストはスタイルズがニューヨーク州のクー・クラックス・クランの元メンバーだったことを暴露した。スタイルズは1930年にKKKとの関係を否定し、公に同団体を批判したと主張したが、KKKとの関係は彼の評判を傷つけた。同時に、スタイルズは共和党が共産主義者が運営していると主張していた産業別組織会議(CIO)の支持を得た。

一方コステロは、民主党が共産主義者に支配されていると主張して公然と民主党を否定し、スタイルズ氏を支持することを拒否し、デューイ氏とブリッカー氏に味方した。スタイルズ氏の対立候補である共和党のゴードン・マクドノー氏が選挙で楽勝した。

確かに、カリフォルニアの反日派政治家全員が選挙に敗れたわけではない。カール・ヒンショー、クレア・エングル、ジャック・Z・アンダーソン、アルフレッド・ジェームズ・エリオットはいずれも下院議員の地位を保った。権力の座に留まった数少ない日系アメリカ人に友好的な政治家の中には、新たに選出されたヘレン・ガハガン・ダグラス、上院議員現職のシェリダン・ダウニー、ジェリー・ボーリスなどがいる。

長年の公民権活動家であるダグラス氏は、左翼活動のためタンフォラン集会センターへの訪問を禁じられたこともあった。議員時代には、日本人移民の帰化を支援する法案を支持した。

ダウニーは、おそらく日系アメリカ人について否定的な発言をしなかった唯一の現職候補者だった。そして、ヴォーリスは1942年に西海岸代表団の反日政策をためらいながら支持したが、後に袂を分かつと日系アメリカ人を支持した。2年後、共和党の新人リチャード・ニクソンがヴォーリスに対して効果的に赤狩りを行なったため、彼は議席を失った。1944年に展開された共和党のCIOの中傷戦略は、ニクソンの挑戦成功の青写真となった。

パート2を読む>>

 

© 2024 Jonathan van Harmelen

1940年代 民主主義 選挙 政治学 第二次世界大戦下の収容所
執筆者について

カリフォルニア大学サンタクルーズ校博士課程在籍中。専門は日系アメリカ人の強制収容史。ポモナ・カレッジで歴史学とフランス語を学び文学士(BA)を取得後、ジョージタウン大学で文学修士(MA)を取得し、2015年から2018年まで国立アメリカ歴史博物館にインターンおよび研究者として所属した。連絡先:jvanharm@ucsc.edu

(2020年2月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。