ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2024/2/18/hirai-family-5/

第5章 適応への闘い

第4章を読む>>

9 歳までカナダに住んでいて英語を母国語とするシグとは対照的に、ミキはほとんど英語を話せなかった。彼は日本で英語を習ったことがなかった。ローマ字は習ったが、それ以上はほとんど習わなかった。しかし、彼は生まれつき数学が得意で、日本でそろばんも習っていたので、数学の授業は楽だった。彼は日本の学校での成績も非常によく、クラスでは約 150 人の生徒の中でトップ 3 に入る成績だった。

カナダではそうはいきません。彼は日本で5年生を終えていましたが、英語が話せなかったため、テイバーでは1年生に編入されました。「他の子はみんな5、6歳年下だったので、私はクラスで一番大きな男の子でした​​。当時、私は12歳近くでした。」

言葉の壁のため、彼は学校に行くのが怖かった。特に、家族と連絡を取る手段がなかったため、スクールバスに乗り遅れたらどうなるのかと不安だったことを思い出す。助けを求める必要があっても、英語が話せなかった。

しかし、母親は彼を学校に行かせ、彼は青いお弁当箱を抱えたままスクールバスを待っていたことを覚えています。彼は1年生レベルの勉強に不満と退屈を感じていたので、ただ座っていることが多かったです。幸い、クラスメートたちは親切で、英語を教えようとしてくれたので、彼は彼らとうまくやっていました。また、良い先生が特別な手助けをしてくれたことも覚えています。

農場には地下に大きなセメント製の貯水池があり、これが彼らの飲料水源となっていました。大型トラックがやって来てそこに水を捨て、それが生活用の水となっていました。毎日学校から農場に帰った後、ミキの仕事は貯水池から大きな瓶に水を汲み、家族や畑で働いている人たちに運ぶことでした。また、時々小さな野菜畑の仕事を手伝うこともありました。1

家族には車がなかったので、町に出かけたり、野球などの団体スポーツに参加したり、他の子供たちと交流したりすることは不可能でした。彼が話せるのは母親、兄、叔父だけでした。彼は「1年半ほど孤立していた」と言います。

テンサイの作業は母の藤江にとって非常に過酷なものでした。ミキさんは、テンサイは大根よりも大きいことが多かったと回想しています。手で拾い上げて葉の部分を切り落とさなければなりませんでした。それから集めて、タバーのテンサイ工場に運びました。工場は巨大で、テンサイは工場の横に「山のように」高く積み上げられていました。

バンクーバーに戻る

1957年、タバーで1年半過ごした後、フジエ、シグ、ミキはバンクーバーに戻り、日本から兵四郎が加わりました。シグは足に重傷を負った後、製材所での仕事を辞め、バンクーバーの家具工場に就職しました。その仕事は工場が全焼するまで続きました。彼は日本庭園の手入れもしていました。フジエはすぐに家事手伝いの仕事と鶏肉加工工場の仕事を見つけました。そして、やがて再び理容師の仕事も始めました。

友人のカダ家は、再び彼らを自宅に住まわせてくれました。地下室には小さなキッチン、リビングルーム、寝室が 1 つありました。シグとミキは屋根裏で寝ました。彼らはそこで数年間暮らし、カダ家の末っ子 2 人と一緒に育ちました。ミキはカダ家の 1 人と一緒にヘイスティングス小学校に通っていました。ミキは 2 年生から通い始めましたが、すぐに 4 年生に進級し、追いついていました。

しかし、英語をうまく理解できなかったため、日本で得た優秀な成績とは対照的に、かろうじて合格した程度でした。彼は母親に通知表を見せるのが怖かったので、母親の名前を書いて先生に返しただけだったと覚えています。英語は彼にとって最も苦手な科目で、それが他の科目を学ぶ能力にも障害となっていました。彼は和英辞書を使うのに十分な漢字を学んでおらず、両親も英語があまり話せなかったため、彼をあまり助けることができませんでした。

幸運にも、11 年生のとき、放課後に彼と一緒に勉強し、英語力の向上を助けてくれる非常に優秀な先生がいました。その結果、彼の成績は平均 B に向上しました。彼は理科と数学が好きでしたが、英語は依然として非常に難しかったです。彼は 13 年生まで頑張りましたが、英語が大学の必須科目の中で最も難しいと聞いて、大学に進学しないことに決めました。

バンクーバーに戻ってからしばらくして、フジエは中国人が経営する理髪店で働き始めました。1、2年後、彼女はメインストリート(現在は警察署がある)に自分の店(フジ・バーバーズ)を開くことにしました。彼女は息子のシグに、実用的な職業に就くために理容師免許を取るよう勧め、息子はモラー理容学校に通い、彼女と一緒に働き始めました。

ミキが大学に進学しないと決めた後、彼女も彼に理容師になるよう説得した。彼も理容学校に通い、フジエとシグの理髪店に加わった。その後、市は新しい警察署を建てるために建物を取り壊したので、彼らは店をパウエル通りの向かいのダンレビー通りの場所に移転した。2新しい店は繁盛し、ミキは彼とシグがさまざまな顧客との会話から多くのことを学んだことを思い出す。シグはバンクーバー警察の間で特に人気があり、彼らは彼のクルーカットを求めて列をなした。

シグの結婚式

1962 年 8 月 25 日、重悳は親友の妹である江藤明美と結婚しました。彼女の献身的なサポートは、重悳の将来のビジネス成功の大きな要因となりました。重悳と明美は後に、まねきという大成功を収めた日本食レストランをオープンし、その後、日本食料品店をオープンしました。この店はバンクーバーに 4 店舗、ビクトリアに 1 店舗を持つ有名なフジヤ食料品チェーンに成長しました。

不二家ストア

日本から帰国し、バンクーバーの家族と再会した後、兵四郎は家計と藤江の理髪店の経営を支えるためにさまざまな仕事をし、家で「主な料理人」と掃除係になった。重さんは父親に食料品の買い出しによく行かされたことを覚えている。

重と明美が結婚した後、兵四郎と藤江は彼らと一緒に住むようになった。明美は「父は家の周りのガーデニングをすべてやってくれました。柵の周りの牡丹やつるバラは美しかったです」と回想する。父はまた、競馬を観戦したり、毎週ボウリングに行ったりするのが好きで、日本のキカボウリングチームのメンバーでもあった。3

ミキはその後、自分の理髪店を開業し、1969年9月6日に、大阪で生まれ育ち、1968年9月に若い独身女性としてカナダに単身移住した川添美也子さんと結婚しました。

ミキの結婚式

ミヤコさんとミキさんが初めて出会ったのは、クリスマスイブのパーティーでした。当時バンクーバーにいたミキさんの友人の中には、以前から移民してきた理容師や美容師が何人かいました。ミキさんは当時理容師として活躍しており、カナダに来たばかりの理容師たちに免許の取り方を教えていたため、かなり多くの理容師と知り合いでした。その理容師の何人かがミヤコさんをクリスマスパーティーに招待し、そこでミヤコさんと出会いました。

クリスマスパーティー

2、3日後、彼女が友人たちと日本食を買いに行った時に偶然再会し、二人の恋が始まりました。やがて彼は様々なスタートアップ企業に移り、魚の卸売、国際マーケティング、コンサルティングの分野でキャリアを積みました。そして、サニーマーケティングという会社を設立しました。


次の章では、ミキさんの引退後の生活とバンクーバーの日系カナダ人コミュニティでの活動について述べます。


ノート:

1. 同上

2. その店が入っていた建物は今も残っています。

3. 平井兵四郎は1981年11月5日に74歳で亡くなりました。平井藤江は2005年3月10日に94歳で亡くなりました。

© 2024 Stanley Kirk

カナダ ブリティッシュコロンビア バンクーバー (Vancouver (B.C.)) 世代 二世 国外追放者 学校 家族 家族史 帰加 日系カナダ人 理髪 系譜
このシリーズについて

このシリーズは、平井兵四郎と藤井藤枝一家の歴史を語ります。特に、ブリティッシュ コロンビア州バンクーバーの日系カナダ人コミュニティで非常に活発に活動してきた 2 人の息子、シグ (シゲル) とミキに焦点を当てています。シグとミキが子供だった頃、平井一家は第二次世界大戦の終わりに日本に追放された約 4,000 人の日系カナダ人の中にいました。

最初の章では、平井家の背景と、戦後日本に移住することを決意するまでの強制収容期間前と期間中のカナダでの生活について簡単にまとめています。その後の章では、戦後間もない時期の日本での生活、1950 年代後半のカナダへの帰国と再適応、そして最後にミキの引退後の生活と日系カナダ人コミュニティの将来に対するビジョンについて詳しく説明していきます。

詳細はこちら
執筆者について

スタンリー・カークは、カナダのアルベルタ郊外で育つ。カルガリー大学を卒業。現在は、妻の雅子と息子の應幸ドナルドとともに、兵庫県芦屋市に在住。神戸の甲南大学国際言語文化センターで英語を教えている。戦後日本へ送還された日系カナダ人について研究、執筆活動を行っている。

(2018年4月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら