Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2023/9/8/madama-butterfly/

『蝶々夫人』の新たな解釈がプッチーニのオペラを現代風にアップデート

オペラを見たことがなくとも、1904年に初演されたジャコモ・プッチーニの有名な作品『蝶々夫人』というタイトルはほとんどの人が知っているでしょう。今日では、おそらく『蝶々夫人』をベースにした派手だが人気のあるブロードウェイミュージカル『ミス・サイゴン』を知っている人の方が多く、アジアに駐留していたアメリカ兵が現地の女性と恋に落ち、彼女が妊娠していることに気づかずに米国に帰国するというストーリーラインは『蝶々夫人』と同じで、物語の舞台は1970年代のベトナム戦争末期に設定されています。

『バタフライ』は、間違いなくオペラの定番作品である。 『ミス・サイゴン』が今日ではミュージカルの常連であるのと同様だ。だが、ボストン・リリック・オペラ(BLO)が2020年秋に『バタフライ』を上演すると発表したとき、世界は別の計画を立てていた。新型コロナウイルスが到来し、あらゆる場所で、一斉にすべてが停止した。BLOは2021年に上演する予定だったが、その年の春までに、反アジア人ヘイトクライムがニュースの見出しとなり、アトランタで8人が殺害された。犠牲者のうち6人はアジア人女性だった。

BLOは前例のない措置を講じた。同社は、イエローフェイスのためにファイナル・ボウを共同設立したダンサーで活動家のフィル・チャンに連絡を取った。イエローフェイスは、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」など古典バレエ作品におけるアジア人差別的ステレオタイプを非難する団体で、同作品にはしばしば無神経な配役と演出のナンバー「Tea(中国の踊り)」がある。彼は同名の本も執筆している。BLOはチャンに、 BUTTERFLYにおけるステレオタイプに焦点を当てた一連のオンラインディスカッションの司会を依頼した。私は2021年にBLOとBUTTERFLYについてチャンにインタビューした。

オペラを中止するつもりはなかったと、蝶々夫人や、同様に問題のあるトゥーランドットなどプッチーニの他の作品を含むオペラを愛するチャンは言う。BLOのバタフライ・プロセスを監督した後、新しい現代版バタフライのさなぎが生まれた。そして、BLOはチャンに制作の指揮を依頼した。


この YouTube ビデオでは、ニーナ・ヨシダ・ネルセンとフィル・チャンが『バタフライ』の新作について語ります

彼は新しい台本を書き、オペラの舞台監督も務めている。物語の舞台は、アメリカの植民地主義に対するコメントとして1890年代の日本ではなく、戦争と人種差別に対するコメントとして1940年代のサンフランシスコに設定されている。主人公の蝶々さんとBFピンカートンは、真珠湾攻撃の前夜、そして第二次世界大戦中に12万人以上の日系人が強制収容された夜に恋に落ちる。彼女はチャイナタウンのナイトクラブで働く日系アメリカ人歌手で、強制収容所に送られ、彼は彼女が妊娠していることに気づかないまま太平洋戦争に送られる。

チャン氏は、自分が中国系アメリカ人であり、家族が戦時中の強制収容を経験していないことを真っ先に認めた。「私は日本人ではないし、家族も強制収容されていません。だから、この話を語るのに自分がふさわしい人間なのかと考えているんです」と彼は尋ねた。

そこで彼は、BLOの芸術顧問兼劇作家であるニナ・ヨシダ・ネルセンに頼った。彼女は混血の日本人で、祖母は第二次世界大戦中にアリゾナ州ポストンに収容されていた。2021年にアジアオペラ連盟を設立したヨシダ・ネルセンは、これまでのキャリアで何十回も『バタフライ』に出演しており、そのニュアンスを隅々まで知っている。しかし、彼女は今回の舞台には出演していない。彼女はチャンのストーリー展開を手伝った。チャンの再創造のために、彼女は自身の家族の歴史を参考にした。

「彼女はこの作品の心臓です」とチャンは言う。「彼女の家族は投獄されていたので、この作品はとても個人的なものです。彼女と一緒に仕事をするだけで、この作品の人間の歴史がとても個人的な形で浮かび上がってきました。」


JAの視点を取り入れる

ニーナ・ヨシダ・ネルセン(写真提供: ninayoshidanelsen.com

ヨシダ・ネルセンさんは、自分が日系アメリカ人のルーツであることを認めている。彼女の祖父は第442連隊戦闘団に所属し、祖母の家族は収容所にいた。しかし、彼女は日系アメリカ人コミュニティの一員ではなかった。

彼女はサンタバーバラ生まれで、「成長するにつれて、できる限りアメリカ人らしくなり、頭を下げて勉強し、良い成績を取るようになりました。私たちはお正月には日本食を食べながら育ちましたし、醤油など、英語で分からない言葉もありました。でも、私がいわゆる日本人だと自認したのは、人々が私を日本人の役に型にはめ始めるまでではありませんでした。人々が私に日本人だと言うようになって初めて、それが何を意味するのか、私にとってそれが何を意味するのかを調べなければならなくなりました。」と語っています。

彼女はその意味を、戦時中の日系アメリカ人とドイツ系アメリカ人の家族の物語を描いたオペラ「アメリカン・ドリーム」の中に見出した。彼女はこの作品で、2015年に初演されて以来、収容所にいた祖母とよく似た役を演じており、その後も何度も演じてきた。そして、コロナ禍がピークを迎えていた時期に、彼女はアジア・オペラ・アライアンスを共同設立した。

「2021年春、アトランタでの銃撃事件の直後、アメリカ中のオペラ団体がソーシャルメディアに『私たちはアジア系アーティストを支援します』という投稿をするのを見始めました。ジョージ・フロイド事件後に黒人アーティストが大勢登場したときと似ています」と彼女は言う。「業界にアジア系アーティストはそれほど多くありませんが、私はこうした投稿のすべてに自分がタグ付けされているのを見始めました」。そして、彼女がこうした投稿を見ていると、あるオペラ団体がアジア系アメリカ人のソプラノ歌手を募集するという一般的な投稿を見つけた。

「ああ、私たちはみんな同じように見える。そういうステレオタイプの比喩だよ。」

その時、彼女は自分のキャリアが民族性の上に築かれていたことに気づいた。「すべて『バタフライ』『アメリカン・ドリーム』『トゥーランドット』でした。 『フィガロの結婚』や『ラ・ボエーム』などはありませんでした。私たちはオペラでアジア人としてしか見られませんでした。」

彼女は考えてみると、この10年間の忙しい仕事の中で、非アジア系の役を歌ったのはたった3つだけだったことに気づいた。「これにはショックを受けました。自分がアジア系の役に押し込められていたことはわかっていましたが、それがどれほどひどいことかは知りませんでした。」

彼女は波紋を呼んでキャリアに傷がつくことを心配していたが、ソーシャルメディアにこの件について投稿した。「もし波紋を呼んだら雇われなくなるのではないかと怖かったし、声を上げることでキャリアが危うくなるのではないかと怖かった。でも、これは私の責任であるだけでなく、現在業界にいる年長のアジア系アメリカ人歌手の一人として、このプラットフォームを使って声を上げることは私にとってチャンスでもあると気づいた。」

「しかし、1週間か2週間以内に、アジア人以外の役のオファーが4つあったと思います。」

その反応を受けて、彼女と友人はアジア・オペラ・アライアンスを結成し、ウェブサイトやソーシャルメディアでアジア系アメリカ人・アジア系アメリカ人のアーティストを擁護している。

彼女はフィル・チャンのことを知っていたが、ボストン・リリック・オペラを通じて知り合ったとき、バタフライ・プロセスのパネルディスカッションに参加するよう依頼され、二人は一度だけ話をしただけだった。現在、彼らはこの刷新されたバタフライのクリエイティブ・パートナーとなっている。


古典を新たな文脈で保存する

フィル・チャン(撮影:イーライ・シュミット)

フィル・チャン氏は、不快なイメージや過去のテーマを含む『バタフライ』やその他の古典作品をキャンセルするつもりはなかったと改めて述べた。

「プッチーニの音楽を変えずに、もう少しニュアンスを添えてこの物語を伝える新しい方法を見つけることです」と彼は言う。「それが私たちの最大の課題だったと思います。音楽は素晴らしいです。だからこそ人々はそれを好みます。だからこそ人々はチケットを買います。そして、それは、つまり、胸が締め付けられるような美しさです。ですから、音楽を維持しながら作品の意図を変えず、アーティストが現代にふさわしい芸術的誠実さを持っていると感じさせるにはどうしたらいいかということです。」

「つまり、この『バタフライ』の公演に来て、目を閉じれば、メトロポリタン歌劇場で見たものと何ら変わらないということです。これは過激なものではなく、目覚めた『バタフライ』でもありません。単に舞台設定を変えただけです」と彼は付け加えた。

「でも、ご存知の通り、オペラには性差別、オリエンタリズム、異国情緒の息苦しさ、性的表現、暴力といった要素が盛り込まれています。完璧ではありません。これが完璧なバージョンだと言っているわけではありません。でも、音楽はそのままに、少なくとも痛みのポイントを見せることで、観客が少し批判的になれるようなバージョンです。結局のところ、観客にはすべての作業に気付かず、ただ美しい物語だけを見てもらいたいのです。」

この作品のために1940年代のタイムラインをリサーチするにあたり、チャン監督は映画監督のアーサー・ドンと協力した。ドンは、ハリウッド・チャイニーズや、サンフランシスコのチャイナタウンでかつて大人気だったナイトクラブを題材にした映画『 Forbidden City, USA』など、中国系アメリカ人コミュニティの歴史を伝えるドキュメンタリーを数本制作している。ドンのドキュメンタリーは、チャンに日系アメリカ人ダンサーのドロシー・トイを紹介した。彼女はパートナーのピーター・ウィングとのデュオでスターになった。トイはサンフランシスコ生まれの二世の高橋茂子で、第二次世界大戦中、家族がユタ州トパーズに収容されていた間、西海岸を離れてウィングと活動した。戦後、彼女はサンフランシスコのチャイナタウンに戻った。

「そして、私が全く知らなかったこの豊かな歴史について、こういったナイトクラブは、アジア系アメリカ人の空間であり、アジア人であることとアメリカ人であることへの対処の仕方において破壊的だったのです」とチャンは言う。

チャン氏は、自身の言及が歴史的に正確であることを確かめるために、日系アメリカ人の歴史家、インディアナ大学アジア系アメリカ人研究部長カレン・イノウエ氏、アシュリン・アイコ・ネルソン准教授とも協力した。また、他のほとんどの『蝶々夫人』の公演と異なり、このオペラのアジア人役は、黄色い顔をした白人歌手ではなく、アジア系アメリカ人の俳優によって演じられている。

「だから、コロナ禍のこの時期、アジア系アメリカ人であることという文脈の中で、そういったことすべてが渦巻いていて、私は、なぜこのオペラなのか?なぜ今なのか?このオペラは今の私や他のアジア系アメリカ人にとって何を意味するのか、と考えていました。それがこの物語の出発点でした。

「芸術には力があると思います。歴史の授業のように感じられるものを、実際に人間の物語にして、何かを感じさせることができるからです。この物語を見た人が、私たちがお互いをどう見ているかを、より微妙なニュアンスと共感を持って考えてくれることを願っています。」

* * * * *

ボストン・リリック・オペラの『蝶々夫人』は、ボストンのボイルストン通り106番地にあるエマーソン・コロニアル劇場で9月14日から24日まで上演されます。

ニューイングランド JACL 支部は、ニーナ・ヨシダ・ネルセンが司会を務める無料のパネルディスカッションとパフォーマンス「 私たちの物語: 日系アメリカ人強制収容の文化的遺産」を主催します。9 月 11 日に対面式とオンラインライブストリーミングで開催されます。 こちらから登録してください >>

 

※この記事は、もともと日経ビューに掲載されたものです。注:この記事の編集版は日系アメリカ人市民連盟(JACL)の全国紙であるパシフィック・シチズンに掲載される予定です。

 

© 2023 Gil Asakawa

Boston Lyric Opera(団体) 日系アメリカ人 蝶々夫人(オペラ) ニナ・ヨシダ・ネルセン オペラ フィル・チャン 第二次世界大戦
執筆者について

ポップカルチャーや政治についてアジア系・日系アメリカ人の視点でブログ(www.nikkeiview.com)を書いている。また、パートナーと共に www.visualizAsian.com を立ち上げ、著名なアジア系・太平洋諸島系アメリカ人へのライブインタビューを行っている。著書には『Being Japanese American』(2004年ストーンブリッジプレス)があり、JACL理事としてパシフィック・シチズン紙の編集委員長を7年間務めた。

(2009年11月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。