Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2021/10/12/agricultura-brasiliense/

ブラジリア農業における日本人

イチゴの生産。クレジット: Tony Winston/Agência Brasília。出典: アジンシア・ブラジリア

自分の家を持ち、子供たちを安全に育て、教育し、食べさせることができるという夢を実現することは、おそらく人類の最も偉大なスキルの 1 つです。今日、主に新型コロナウイルスのパンデミックによって人々の生活に多くのイノベーションと突然の変化が生じており、より安全な環境での生活、移動の自由、表現の必要性、表現の必要性など、多くの価値観が変化している可能性があります。一緒にいても、健康の安全は維持できます。

まあ、私が書きたいのは時事問題ではありません。私は、カンダンゴと将来のブラジリア住民に餌を与えるという当初の提案により、ブラジルのセラード、主に連邦管区で農業を拡大する必要性を認識したブラジル政府に感謝の意を表したいと思います。

最初の日本人移民はジュセリーノ・クビチェック元大統領の招きでやって来た。彼は、乾燥した砂質の土壌で食料を生産する技術を習得しているのは日本人だけだと信じていたからである。ゴイアニア出身の鐘ヶ江家は、新しい生産技術を生み出す難しさに最初に直面しました。彼らは試した。彼らは間違いを犯しました。しかし、彼らは諦めませんでした。この期間中、他のいくつかの家族が連邦首都での新しい生活を試すためにやって来て、一緒に実験し、間違いを犯し、野菜の生産をマスターするまで改善しました。

私が住んでいる地域はアレクサンドル・デ・グスマン地方ヌクレオと呼ばれ、ブラズランジア行政区の田舎に位置しています。ここでは、70 年代に家族農業の拡大が始まり、サンパウロ内陸部、ミナスジェライス州、主にパラナ州から数名の日系移民が夢の土地を購入して新たな旅を始めました。

私の両親はパラナ州のアッサイ​​市で出会い、結婚し、祖父母と一緒にブラズランジアに来ました。私の母方の祖父母はすでにここに定住していました。

私の父は 80 年代に大手のグアバ生産者であり、高い評価と賞を受賞していました。彼は今でもこの瞬間を大きな誇りに思っています。ジャガイモ、ニンニク、ニンジン、ビート、イチゴ、レタス、キャッサバも栽培しています。

ARCAG テントのクレジット: DelianeTakaki

この地域には大規模な日系植民地があるため、アレクサンドル・デ・グスマン農村文化協会、ARCAG が設立され、当時、文化と伝統を維持するための会員の集会の場でした。日本語学校もあります。

学校では、文化祭運動会、祝日のお祝い、散歩、さらには行事三観日までありました。私はすべてのアクティビティが大好きで、友達と一緒にいてとても楽しい時間でした。

時間が経つにつれ、ARCAG は会員の生産量を評価する必要があることに気づき、当時、イチゴの生産量は地域の生産性のトップにありました。恐る恐る、第一回ブラジリアいちご祭りが開催されました。そして年月が経ち、訪問者や果物に興味を持つ人々が増えるにつれてパーティーは成長し、果物の生産性が最高となる8月にイベントを開催するために地方自治体からの支援を受けるようになりました。 . .

ジョアン・フクシさんは 1975 年から連邦管区のブラズランディアでイチゴを植えています — クレジット: Letícia Carvalho/G1。出典: Globo.com G1

パンデミックのため、2020年と2021年には伝統を守り、地方の生産者がパンデミックに対して手を抜いていなかったことを皆に思い出させるために、このパーティーは象徴的に開催された。残念なことに、彼らは常に達成することを考えているため(従業員と家族全員が自主的に取り組んでいます)、活動の思い出を写真や書面に記録することを覚えている人はほとんどいません。しかし、これは楽しいお祝いであり、従業員全員がこのイベントに参加できることを誇りに思っていることを皆さんに保証します。

ARCAG テント概要クレジット: Rosa Takematsu

私の街はグアバの生産でも有名です。そして、いちごまつりと同様に、自治体のご協力のもと、3月にグアバまつりも開催しました。すでに5つのエディションがあります!このコミュニティの一員であることに大きな誇りを感じています。

移民の子供たちの多くは、農場で肉体労働を引き継ぐことをもはや考えていません。公務員やビジネスマンが多いです。しかし、私たちが祖先の文化とルーツを生かし続けることができるように、彼らはできる限りその力を協会に与えてくれます。 ARCAGでは他にも様々な活動を行っていますが、それについてはまた別のページで紹介します。

2022年、第26回いちごまつりが、新型コロナウイルス感染症を恐れることなく、たくさんのハグと笑顔で、大切な人たちと寄り添って開催できることを願っています。

ARCAG テントでの天ぷらの準備 クレジット: Rosa Takematsu

© 2021 Clarice Satiko Aoto

農業 ブラジル イチゴ
このシリーズについて

「ニッケイ物語」シリーズ第10弾「ニッケイの世代:家族とコミュニティのつながり」では、世界中のニッケイ社会における世代間の関係に目を向け、特にニッケイの若い世代が自らのルーツや年配の世代とどのように結びついているのか(あるいは結びついていないのか)という点に焦点を当てます。

ディスカバー・ニッケイでは、2021年5月から9月末までストーリーを募集し、11月8日をもってお気に入り作品の投票を締め切りました。全31作品(日本語:2、英語:21、スペイン語:3、ポルトガル語:7)が、オーストラリア、カナダ、日本、ニュージーランド、ブラジル、米国、ペルーより寄せられました。多言語での投稿作品もありました。

このシリーズでは、編集委員とニマ会の方々に、それぞれお気に入り作品の選考と投票をお願いしました。下記がお気に入りに選ばれた作品です。(*お気に入りに選ばれた作品は、現在翻訳中です。)

編集委員によるお気に入り作品

ニマ会によるお気に入り作品:  

当プロジェクトについて、詳しくはこちらをご覧ください >>

* このシリーズは、下記の団体の協力をもって行われています。 

        ASEBEX

   

 

その他のニッケイ物語シリーズ >>

詳細はこちら
執筆者について

クラリス・サティコ・アオトは日本移民の娘で、ブラジリアの緑豊かな地帯に住んでおり、アグリビジネスのファンであり、常に政治に情熱を持っています。アレクサンドル デ グスマン農村文化協会、イチゴ フェスティバルとグアバ フェスティバルを主催する ARCAG のメンバー。彼女は12年間国会議員として働き、2017年に日本政府から次世代日系人プログラムの代表団の一員として招待されました。この招待を受けて彼女の世界観は変わり、夢と小さなことを実現したいという思いがますます高まっています。願望が叶う。彼の次のステップは、データサイエンティストとして働き、新しい知識を生み出し、ブラジル人口に存在する不平等を減らすことです。

2021年10月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。