ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2020/11/6/care-is-free/

ケアは無料:日系人姉妹2人とケアパッケージ35個の舞台裏

2020年10月、タミコさんとテルコ・ニムラさんは、タコマ芸術月間(タコマの芸術とアーティストを祝う月間)のために、コミュニティ参加型のパブリックアートプロジェクトを制作するよう依頼されました。2人は日系アメリカ人の伝統を生かして、タミコさんの故郷であるタコマ中に配布するケアパッケージを一式作りました。各ケアパッケージには、パッケージの目的と内容を説明した手紙が同封されていました。以下はその手紙です。

* * * * *

2020年9月25日

親愛なる隣人へ

9 月下旬にしては珍しく晴れた午後。今シーズン最後の晴れの日になるかもしれません。数週間前の山火事の煙の後、窓の外に澄み切った青空が見えることに感謝しています。

数週間前、タコマ市芸術文化活性化局から、アーティストのテルコ・ニムラさんは、彼女と妹のタミコさんにタコマ芸術月間のために何か作りたいかと尋ねられました。「今年のタコマ芸術月間のテーマは『驚きと思いやりを育む』、つまり私たちのコミュニティへのケア パッケージです。」テルコさんは、パブリック アート プロジェクトとして配布するために、自分の作品のケア パッケージを作っています。タミコさんとタコマ芸術月間について話したとき、2 人は「メンタル ヘルスケア パッケージはどうだろう?」と考えました。タミコさんは、「それを Food Is Free テーブルに配る形で作ったらどうだろう?」と付け加えました。

市は私たちに少額の予算を提供し、私たちは仕事に取り掛かりました。私たちは、人間的な思いやりを街中や、すでにコミュニティに役立っている空間に具体的な形で表現したいと考えていました。私たちは長年、アーティストとして別々に活動してきましたが、このプロジェクトは姉妹として初めての芸術的なコラボレーションです。

その結果があなたの手に握られているのです。

少し後にこのプロジェクトを振り返って、テルコさんはこう書いています。

今、私は私たちが互いに関わり、共通の人間性を認識する能力が本当に心配だと思っています。携帯電話に夢中になっているせいで、私たちはすでに、お互いにリアルタイムで、リアルな空間で存在することがほとんどできない瀬戸際にありました。そして今、マスクのせいで、私たちの表情の 50% が隠れています。タコマ芸術月間のテーマ「驚きと思いやりを育む」は、緊急の行動喚起のように感じます。私たちは今、とても孤立しています。私はただ、人々が同じ人間として根本的に愛されていることを知ってもらい、ペースを落としてセルフケアを実践することを思い出させてあげたかったのです。私にとって、それが私たちのプロジェクトの目的です。

この手紙を書いているのはタミコです。生涯読書家であり作家でもある彼女が、言葉は世界とつながる主な方法の 1 つです。ビジュアル アーティストであるテルコは、アーティストと観客、贈り主と受け取り主を問わず、手作りの品物には人と人を結びつける力があると信じています。手作りの品物には、当然ながら作り手の手触りが伝わります。手触りが非常に複雑になっているこの困難な時期に、この小包が私たちの手からあなたの手へ送られたものだということを、ぜひ知っていただきたいと思います。(私たちはどちらも無症状の家庭に住んでおり、健康が心配な場合は、全員の健康を守るための予防措置を講じています。) また、私たちはどちらも、日系アメリカ人の伝統に関わる芸術や歴史のプロジェクトにも取り組んでいます。ルーツ。そこに私たちは安らぎと糧と滋養を見出します。

このパッケージのアイテムは、可能な限り地元産で環境に優しいものを探しました。テルコさんは、自宅のスタジオで手作りのだるまを作りました。タミコさんの娘さんは、ノースタコマのスプリングタイドプレススタジオに行き、活版印刷のポストカード作りを手伝ってくれました。ジェシカ・スプリングさんは活版印刷アーティストで、時間、場所、設備、材料、エネルギーを惜しみなく提供して、ポストカードのデザインと制作を手伝ってくれました。ウェンディ・ハマイさんは、新聞で私たちのプロジェクトについて読み、マスクを作るとタミコさんにメールをくれました。(ウェンディさんはイチョウ柄のマスクを作りました。)有害雑草管理コーディネーターのダナ・コゴンさんは、私たちのために野草と花粉媒介昆虫の種をパッケージしてくれました。タミコさんの隣人は、庭で採れたラベンダーを寄付してくれました。匿名を希望する寄付者は、ニゲラの種をくれました。タミコさんの夫は、蜜蝋キャンドルとガラスのキャンドルホルダーを古い楽譜で包むのを手伝ってくれました。私たちは、できるだけ多くのものを作り、丁寧に包装するように努めました。これは、私たちのコミュニティから私たちのコミュニティへの贈り物です。

市内のどこにいても、誰であっても、このケア パッケージが何らかの形であなたに慰めと励ましをもたらすことを願っています。Facebook でFood is Free Project Tacomaグループに参加している場合は、ケア パッケージの写真を自由に撮って、当グループと #careisfree のタグを付けてグループに投稿してください。何かお返しをしたいとお考えの場合は (ただし、必須ではありません)、最寄りの Food Is Free テーブル (地図などはhttps://www.foodisfree253.comでご覧いただけます)、このパッケージを受け取ったテーブル、または Food Is Free プロジェクトに直接寄付してください。または、この寄付の一部を他の人に渡すこともできます。

タコマでは、作家のルネ・シムズが言うように、私たちは一緒に立ち上がります。

二村民子、二村照子

* * * * *

箱の中は何ですか?

私たちはタコマ中の人たちのために、これらのケア パッケージをまとめて、7 つの異なる Food is Free テーブルにそれぞれ 5 つのパッケージを配布しています。各パッケージに何が含まれているかについて、もう少し詳しく説明します。


だるま像

テルコさんは、自宅のスタジオでこれらのだるま像をデザインし、制作しました。このプロセスには約 6 週間かかりました。だるま像は、瞑想にふける仏教の僧侶を表したもので、通常は底に重りが付いているため、倒れることはありません。だるまは、何があっても立ち上がる強さ、つまり回復力を表すようになりました。私たち 2 人とも、家にだるま像を置いています。通常、像の目は空白です。像を受け取った人は、目標を立てたときに片方の目の瞳孔を黒インクで塗りつぶし、目標を達成したときにもう片方の目を塗りつぶします。日本人と日系アメリカ人は、粘り強さと励ましのシンボルとして、お互いにだるま像を贈り合います。これらのだるま像は目を閉じており、休息と内向きの動きを表しています。これは、ポストカードの「瞑想」の詩によく合っています。

キャンドルとガラスのキャンドル

ろうそくに火を灯すことは、文化、宗教、国を超えて、さまざまな意味を持ちます。タミコの夫が旅行したコペンハーゲンでは、夜に街灯がほとんどなく、代わりに誰もが外にろうそくを置きます。光は、希望のように単純なものから、決意のように複雑なものまで意味します。太平洋岸北西部の暗い時期を迎える今、ろうそくに火を灯すことが、あなたにとって反省のひとときとなることを願っています。

種子

私たちは二人とも、庭で植物を育てることで、勢いがつき、大地とつながり、未来に目を向けることができることに気づきました。今年、タミコは裏庭で野菜(トマト、ジャガイモ、ニンニク、インゲン)を育て、前庭では花(カレンデュラ、カモミール、ハチドリミント)を育てました。テルコは日当たりの良い木製デッキのコンテナでレタスとケールを育てました。種子には2種類あります。1) ゴマのように見える黒い種子はニゲラ、つまり「霧の中の愛」と呼ばれます。春にまきます。これらはフェデラルウェイの庭師から寄付されたものです。2) 種子の袋は在来の花粉媒介植物のもので、有害雑草管理コーディネーターでもあるフード・イズ・フリー・タコマのテーブルホスト、ダナ・コゴンから寄付されたものです。ダナは在来の花粉媒介植物の種子と自分の庭の種子も混ぜています。タミコさんは、家の前庭にこの植物を植え、小さな緑の輪からレースのような緑の葉に成長する様子を見守ってきました。皆さんも、自然が私たちを前進させ続けていることを思い出すために、春に種を植えていただければ幸いです。

手作りマスク

私たちにとって、この手作りの布製マスクは、快適さとコミュニティの思いやりを表しています。COVID-19の時代に、マスクの着用は、コミュニティの弱い立場の人々に対する保護と思いやりの行為です。私たちは一緒にマスクを作りました。テルコが生地とデザインを選び、タミコが輪郭を切り取り、テルコがそれを縫い合わせました。マスクには2つのパターンがあります。1)外側の生地の貝殻模様は、青海波と呼ばれる日本の模様で、外海の波を表現していると考えられています。タミコのお気に入りの模様の1つです。テルコがこのマスクを作りました。2)イチョウの葉の模様も私たちにとって特別な意味を持っています。テルコは、日本の広島で原爆の爆風を生き延びたイチョウの木についての素晴らしい話を見つけたばかりです。私たちの祖父母は広島から移住し、親戚の何人かは原爆の生存者です。私たちは家族と、ストレスの多い状況でも生き残ることができる根を持つイチョウの木に希望を見出しています。私たちのためにボランティアで作ってくれたのは、ウェンディ・ハマイさんです。

チョコレート

私たち二人ともチョコレートが大好きで、チョコレートを食べると幸せな気分になるので、ここにチョコレートをいくつか載せました。ダークチョコレートは抗酸化物質を含む「スーパーフード」としても知られています。Theo Chocolate はシアトルを拠点とする会社です。

ラベンダー

ラベンダーはテルコのお気に入りの香りの 1 つです。ストレス、不安、不眠症、時にはうつ病にも効果があります。私たちのラベンダーの束はタコマで栽培され、タミコの隣人の 1 人から寄付されたものです。

ポスター

「タコマはきっと気に入る」という看板をモデルにした「タコマは癒される」もパッケージの一部です。ジェシカ スプリングは、Springtide Press でこれらのポスターをデザインし、印刷しました。タミコは「タコマはきっと癒される」の二重の意味 (「すぐに気分が良くなる」と「街を癒す」) が気に入っています。ジェシカは、タコマ芸術月間にタコマ周辺でこれらのポスターを配布し、人々にポスターを受け取って、代わりにどのように癒されるかを書くよう呼びかけました。彼女は、これらのポスターをパッケージに含めるように依頼しました。


ポストカード、切手、ペン

私たちは最近、他の人との関係を維持するのに苦労しています。そこで、私たちは皆さんが人生の中で他の人とつながることを少しでも容易にしたいと考えました。

瞑想は、私たち二人が困難な時期に穏やかなひとときを見つけるもうひとつの方法です。タミコはまた、手書きで書くという行為だけで、困難な時期を乗り越え、新しい発見をすることができることに気づきました。ポストカードの「瞑想」という詩は、私たちの叔父である日系アメリカ人詩人ヒロシ・カシワギの詩集「オーシャン・ビーチ」に収録されています。彼は昨年 96 歳で亡くなり、私たちはとても寂しいです。

テルコ、タミコ、そして娘たちは、ジェシカ スプリングと協力して、この活版印刷のポストカードをデザインし、印刷しました。ジェシカの美しく広々としたスタジオで、私たちは書体、紙、インクの色を選び、カードに文字や画像を1つ1つタイプセットする方法を学びました。タミコとテルコにとって活版印刷は初めての経験でしたが、その興奮が皆さんがお持ちのポストカードにも少しでも伝われば幸いです。タイプセットの方法、スペースの追加、印刷機へのカードの挿入、モーターを手で回して1枚ずつ乾燥ラックに置く方法を学ぶのは楽しかったです。カードのデザインと印刷の全工程には約12時間かかりました(各パス間の乾燥時間は含みません)。ジェシカは、ポストカードのために時間、場所、設備、材料を惜しみなく提供してくれました。私たちはとても感謝しています。

ケアパッケージを楽しんでいただければ幸いです。

© 2020 Tamiko Nimura

ケアパッケージ 新型コロナウイルス ディスカバー・ニッケイ 絆2020(シリーズ) タコマ タミコ・ニムラ テルコ・ニムラ アメリカ合衆国 ワシントン州
このシリーズについて

人と人との深い心の結びつき、それが「絆」です。

2011年、私たちはニッケイ・コミュニティがどのように東日本大震災に反応し、日本を支援したかというテーマで特別シリーズを設け、世界中のニッケイ・コミュニティに協力を呼びかけました。今回ディスカバーニッケイでは、ニッケイの家族やコミュニティが新型コロナウイルスによる世界的危機からどのような打撃を受け、この状況に対応しているか、みなさんの体験談を募集し、ここに紹介します。 

投稿希望の方は、こちらのガイドラインをご覧ください。英語、日本語、スペイン語、ポルトガル語で投稿を受け付けており、世界中から多様なエピソードをお待ちしています。みなさんのストーリーから連帯が生まれ、この危機的状況への反応や視点の詰まった、世界中のニマ会から未来に向けたタイムカプセルが生まれることを願っています。 

* * * * *

新型コロナウイルスの世界的大流行に伴い、世界中で多くのイベントが中止となりましたが、新たにたくさんのオンラインイベントが立ち上げられています。オンラインで開催されるイベントには、世界中から誰でも参加することができます。みなさんが所属しているニッケイ団体でバーチャルイベントを開催する予定があるという方は、当サイトのイベントセクションに情報の投稿をお願いいたします。投稿いただいたイベントは、ツイッター(@discovernikkei)で共有します。今自宅で孤立している方も多くいらっしゃると思いますが、オンラインイベントを通して新しい形で互いにつながれることを願っています。

詳細はこちら
執筆者について

タミコ・ニムラさんは、太平洋岸北西部出身、現在は北カリフォルニア在住の日系アメリカ人三世でありフィリピン系アメリカ人の作家です。タミコさんの記事は、シアトル・スター紙、Seattlest.com、インターナショナル・イグザミナー紙、そして自身のブログ、「Kikugirl: My Own Private MFA」で読むことができます。現在、第二次大戦中にツーリレイクに収容された父の書いた手稿への自らの想いなどをまとめた本を手がけている。

(2012年7月 更新) 

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。