Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/author/oishi-gene/

Profile image of Gene Oishi

ジーン・オオイシ

(Gene Oishi)


ジーン・オオイシは、ボルチモア・サン紙の元ワシントン特派員および外国特派員で、ボルチモア・サン紙のほか、ニューヨーク・タイムズ・マガジンワシントン・ポストニューズウィークウエストマガジンなどで日系アメリカ人の経験について記事を執筆している。デビュー作『フォックス・ドラム・ビバップ』は2014年にカヤ・プレスから出版され、アジア系アメリカ人研究協会図書賞を受賞した。現在は引退し、妻のサビーヌとともにメリーランド州ボルチモアに住んでいる。

2024年3月更新


この執筆者によるストーリー

Thumbnail for 第18章 - パート2
en
ja
es
pt
『ヒロシを探して』より抜粋
第18章 - パート2

2024年3月17日 • ジーン・オオイシ

パート 1 を読む >> ある三世は、日本に行ったとき、おとなしい人や内気な人、騒がしい人や攻撃的な人、礼儀正しい人や失礼な人など、いろいろなタイプの日本人がいて嬉しかったと私に話してくれた。「日本の日本人は、自分を表現する人間的行動のあらゆる範囲を持っています」と彼は言った。「私たちアメリカ人は、スペクトルの狭い範囲にのみ自分たちを限定しています。」 子供の頃、父と彼の一世の友人たちは酒好きで楽しいことが大好きなグループだったことを思い出しました。彼ら…

Thumbnail for 第18章 — パート1
en
ja
es
pt
『ヒロシを探して』より抜粋
第18章 — パート1

2024年3月10日 • ジーン・オオイシ

自分やおそらく同世代のほとんどの日系アメリカ人は知的障害者だと長い間思っていたが、その障害の性質を正確に、あるいは明確に定義することはできなかった。1976年に初めて小説を書き始めたとき、私は執筆中に涙を流していた。自分が書いたものを見返してみれば、そのような反応を引き起こすほど感情的な文章ではなかった。私が胸を打たれた一節は、父親の死後、「私は日本人だ」と自分に言い聞かせた登場人物についてだった。その頃、私は人々、特にグループと話すのが困難になり始めました。予期せぬ瞬間に…

Thumbnail for 序文
en
ja
es
pt
『ヒロシを探して』より抜粋
序文

2024年3月3日 • ジーン・オオイシ

チャールズ・E・タトル社から『ヒロシを探して』が出版されてから30年以上が経ちました。それ以来、私自身も、そして我が国も、多くのことが変わりました。私はもはや自分探しの若者ではなく、この文章を書いている時点では、我が国が魂を探し求めているようです。それでも、私の小説『フォックス・ドラム・ビバップ』を出版したカヤ・プレスが、私の回想録を再出版する価値があると認めてくれたことに、私は深く感謝しています。 この新版には、初版以来起こった変化を説明するエピローグを追加しました。フラ…

この執筆者が寄稿したシリーズ
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。