Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/author/matsuoka-jim/

Profile image of Jim H. Matsuoka

ジム・H・マツオカ

(Jim H. Matsuoka)


ジム・H・マツオカ(1935年 - 2022年)は、NCRR(日系人市民権・補償運動)の創設メンバーの一人で、賠償運動と、草の根の力と他者との連帯を信条とする組織の設立に貢献しました。1942年、彼は姉妹や両親とともにリトルトーキョーから強制的に連れ出され、彼が言うところのマンザナー「捕虜収容所」に送られました。リトルトーキョーへの愛と不正に対する怒りが、ジムの人生の原動力となりました。

ジムは社会正義に熱心に取り組んでいました。彼の正直で率直な姿勢、誠実さ、そしてたゆまぬ活動は、ただ印象的であるだけでなく、ほとんど比類のないものでした。常に人々の利益を何よりも優先するよう努め、脚光を浴びようとはしませんでした。彼は人類に対して、根拠のある深い愛を持っていました。

1988 年に補償が勝ち取られた後も、ジムは不正義との戦いが終わっていないことを知りながら、NCRR に留まりました。彼は 9/11 後のイスラム教徒コミュニティ、そして「慰安婦」と今日のアフリカ系アメリカ人による賠償要求を揺るぎなく支持しました。彼は、収容所について人々に啓蒙し続けることを信条とし、最高の語り手として求められていました。

2022年11月更新


この執筆者によるストーリー

Thumbnail for 追悼…ジム・マツオカ
en
ja
es
pt
ニッケイを見いだす:詩のコラム
追悼…ジム・マツオカ

2022年11月17日 • ジム・H・マツオカ , トレイシー・カトウ=キリヤマ

10月末に逝去した、私たちの愛するジム・マツオカの詩的なスピーチを、私は悲しみながらも感謝の気持ちを込めて紹介します。ジムは数え切れないほど多くの人々にとって大切な存在であり、私は人生の多くの場面で彼の存在から多大な恩恵を受けた一人にすぎません。彼は、1999 年 2 月に開始されて以来、文字通りずっと Tuesday Night Cafe の熱心な支持者であり、出席者であり、フィーチャー アーティストでした。彼は、私が若い詩人、俳優、パフォーマンス アーティストだった初期…

この執筆者が寄稿したシリーズ
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。