ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2023/6/21/mis-veteran-from-maui/

マウイ島出身のMIS退役軍人:グルスタン・ナポレオン 榎本敏介

第二次世界大戦が勃発し、1941年12月に日本が真珠湾を攻撃すると、日本が地上侵攻を試みた場合には地元住民の一部が日本に忠誠を誓うだろうという懸念から、日系社会は米国政府から疑惑の目を向けられるようになった。

若い日系二世アメリカ人は徴兵上「敵性外国人」カテゴリー 4C に分類され、軍に入隊することは禁じられていた。しかし、その多くはハワイ州兵の第 298 連隊と第 299 連隊にすでに徴兵されており、これらの部隊の約半数を占めていた。これらの徴兵対象者のほとんどはほぼ全員日本人の部隊に編成され、1942 年 6 月に第 100 歩兵大隊 (独立) となった。

第 100 連隊の訓練期間中の優れた成績と、ヴァーシティ ビクトリー ボランティア (元ハワイ大学予備役将校訓練士官候補生) のボランティア活動により、日系アメリカ人の兵役制限は撤廃されました。第 442 連隊戦闘団への志願兵募集は 1943 年 2 月に行われました。ハワイからは 1 万人近くの若者が志願し、そのうち約 2,600 人がミシシッピ州シェルビーのキャンプに訓練のために送られた最初のグループに含まれていました。

第二次世界大戦勃発以前、米軍は日本語能力が不十分であることに気付いていた。1941年11月、サンフランシスコのプレシディオ陸軍基地に秘密裏に軍事情報部語学学校(MISLS)を設立し、その後、西海岸の安全上の懸念からミネソタ州キャンプ・サベージに移転した。

ハワイの日本人青年

グルスタン・トシ・エノモト。

グルスタン・ナポレオン・トシスケ・「トシ」・エノモトは、​​1906 年 4 月 23 日にモロカイ島カウナカカイで生まれ、マウイ島で育ち、1923 年にセント・アンソニー・ボーイズ・スクールを卒業しました。父親は日本人、母親はハワイ人です。1933 年にアニー・レイトン・マクニコルと結婚し、カフルイに定住しました。彼女の父親はスコットランド人、母親はイギリス系ハワイ人です。第二次世界大戦が始まったとき、彼らには 6 人の子供がいました。

二世退役軍人レガシー暫定会長で長男のラリー・エノモト氏は、第二次世界大戦の始まりを次のように回想する。

「1941 年 12 月 7 日の朝、私は父と一緒にワイルクの保険会社の顧客を訪問していました。ラジオで日本軍が真珠湾とオアフ島の他の軍事施設を攻撃したことを知り、私たちはすぐに車で家に帰りました。その夜、父は私たち全員を居間で一緒に寝かせました。攻撃から数時間後、政府はハワイ準州に戒厳令を宣言しました。すべての民間人は軍知事の統制下に入り、家や車の明かりを消すよう命じられました。父が家の窓と車のヘッドライトの一部を覆っていたのを覚えています。1942 年から 1943 年にかけて、父は昼間は保険の販売を続け、夜は海岸警備の任務に就きました。」

軍事情報局

日本語能力のある二世兵士を募集すると、妻と6人の子供がいた榎本は、兵役義務はなかったものの志願した。1944年1月4日に米陸軍軍事情報部(MIS)に入隊し、ミネソタ州キャンプ・サベージ、その後はフォート・スネリングでMISLSに通った。

ラリーさんは 「ワイルク小学校で行われた彼の入隊式に出席したのを覚えています。その後、彼とMISの仲間の新兵たちがトラックに乗り、カフルイ港から本土行きの船に乗るのを見ました」と回想しています。

MIS の技術 4 榎本 (1944 年)。(写真提供: 榎本家)

マウイ島で育ったMISの退役軍人、シンイエ・ギマ博士は、「1944年にMISに志願したとき、トシ・エノモトも同じ部隊に入隊していたと知り、驚き感銘を受けました。私たち独身男性のほとんどと違い、トシには家族がいて、子供も何人かいました」と回想しています。

榎本氏はMISLSを卒業後、フィリピンでMISの日本語通訳として勤務した。日本が降伏した後、榎本氏は満州からの海外在住日本人が送還されていた北海道に転勤した。

第二次世界大戦中、6,000 人以上の二世が連合軍に従軍し、日本に対する秘密軍事諜報活動に従事しました。彼らの活動により、祖先が同じ敵と戦う意志があるかどうかという懸念は払拭されました。1942 年 5 月には、MIS の二世がアリューシャン列島およびソロモン諸島の侵攻に参加しました。

MISLS の卒業生は、日本に対するあらゆる戦闘地域で従軍しました。彼らは各アメリカ軍に配属され、1945 年の日本の敗戦までアジア太平洋戦争中に連合軍に「貸し出され」ました。彼らは敵の文書を翻訳し、日本の捕虜を尋問し、敵の通信を傍受して解読しました。捕獲された文書は貴重な情報源となり、日本に対する連合軍の戦略と作戦を形作りました。

家族は、榎本氏がMISに勤務していた間にどのような仕事をしたか、ほとんど知らない。語学学校の卒業生は派遣の任務を受けた際に守秘義務を誓約し、MISの二世の功績に関する文書のほとんどは戦後も機密扱いとなり、1970年代半ばまで一般公開されなかった。こうした制限があるため、ヨーロッパで勤務した他の二世兵士と比べて、彼らの貢献についてあまり知られていないのである。

民間人としての生活に戻る

1945 年 11 月 18 日にホノルルで除隊した榎本は、マウイ島の家庭生活に戻りました。彼とアニーの間にはさらに 5 人の子供が生まれ、合計 11 人になりました。彼は 1948 年にマウイ郡書記官に選出され、1968 年にマウイ郡憲章によってこの役職が廃止されるまで 20 年間その職を務めました。

郡書記官としての榎本氏の働きについて、ギマ博士は次のように回想しています。「私にとって、トシ・エノモト氏は英雄でした。私がマウイ郡のオフィスビルの近くにいるときはいつでも、彼はすぐに見分けられました。いつも満面の笑みを浮かべ、人気のある公人でした。いつもシャツとネクタイを締め、笑顔は彼の人格の一部でした。」

1968 年、榎本はエルマー・クラヴァーリョに対抗して市長選に立候補したが落選し、政治家としてのキャリアは終わった。彼は生涯を通じてマウイのコミュニティーに奉仕し続け、宗教団体、市民団体、退役軍人団体で指導的地位に就いた。彼は 1993 年 7 月 22 日にマウイ島ワイルクで 87 歳で死去。アニーは 1971 年 9 月 6 日に 57 歳で死去した。

榎本家の遺産

榎本氏の弟エドワードは第 100 歩兵大隊に所属していました。最初の 2 人の息子、ローレンス (ラリー) とトシ ジュニアは空軍に、息子のチャールズは陸軍に、末息子のティモシーは海兵隊に所属していました。榎本家は軍務を通じてアメリカの防衛に多大な貢献をしました。

戦時中は家にいて家族の世話をすることができたのに、国の要請に応じて戦った榎本氏は、戦後も公職に就いたりボランティア活動を行ったりして地域社会に貢献し続けました。榎本氏は大家族だったため、マウイ島の古参の住民のほとんどが、地域社会に広がるさまざまなつながりを通じて榎本家のことをよく知っています。

榎本家。

マウイ島出身の二世兵士について詳しく知りたい方は、665 Kahului Beach Road にあるマウイ二世退役軍人記念センターを訪れてください。

*この記事は、2023年6月2日にハワイ・ヘラルド紙に掲載されたものです。

© 2023 Byrnes Yamashita

軍隊 (armed forces) ガルスタン・ナポレオン・トシスケ・エノモト ハワイ マウイ 退役軍人 (retired military personnel) アメリカ合衆国 退役軍人 第二次世界大戦
執筆者について

バーンズ・ヤマシタ氏は、第二次世界大戦の二世兵士の功績を若い世代に伝えることを目的とした非営利教育団体「二世退役軍人レガシー」の副会長です。

2022年12月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。