Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2023/3/7/seiichi-higashide/

東出晴一 — 3つの故郷を持つ男

二世兵士の歴史を学ぼうとする中で、私は必然的に第二次世界大戦中のアメリカ本土の日系人の収容についてさらに詳しく知るようになりました。ご存知のように、すべての日系人は西海岸諸州から強制的に避難させられ、収容所に入れられました。彼らの物語を調べていくうちに、ペルー出身の2,000人以上の日系ラテンアメリカ人(JLA)が自国政府によって集められ、米国に移送され、収容所に入れられたことを知りました。

1944年、東出誠一が刑務所へ向かう途中で撮影した写真。家族にとって最後の思い出になるかもしれないと考えた。

この物語の注目すべき部分は、第二次世界大戦中に家族とともにペルーから追われ、米国本土で2年間収容され、最終的にハワイで生活を始めた東出誠一という人物を通して見ることができます。ゲイリー・タチヤマが書いた東出家の物語に関する以前の記事は、1981年3月20日発行のハワイ・ヘラルド紙に掲載されました。

東出氏は1981年に日本語で回想録を出版した。娘のエルサ・クドウ氏と義理の息子のエイゴ・クドウ氏がそれを英訳し、ワシントン大学出版局から出版した。以下は、この本の第2版『涙よさらば:米国強制収容所に抑留された日系ペルー人収容者の回想録』から引用したものである。

* * * * *

日本での幼少期

東出清一は1909年、日本最北端の島、北海道の人里離れた農村に生まれました。農作業は過酷で、冬は厳しいものでした。彼は東京にたどり着き、昼間は単純労働で苦労し、夜は建築を学びました。後に清一は、成長期は「静かな不満」の中で過ごしたと書いています。自分の可能性は限られていると感じ、移住を決意しました。

ペルーでの新たな始まり

1924年にアジア人排斥法により米国がアジア人に対して国境を閉ざしていたため、誠一はペルーに目を向けた。専門学校の同級生や教授の資金援助を得て、誠一は新天地へと航海した。21歳だった。

文化、環境、そして言葉の壁という課題に適応する最初の期間を経て、彼はペルー出身の二世、アンジェリカ・ヨシナガと結婚しました。彼女の助けを借りて、彼は芽生えつつある小売業を始めました。彼は成功しただけでなく、ペルーの日系社会のリーダーとして頭角を現し、最終的には自らの不利益となりました。その後、エルサ、カルロス、イルマ、アーサー、マーサの 5 人の子供が次々と生まれました。

戦争の暗雲

1941 年 12 月の終戦直後、フランクリン D. ルーズベルト大統領は 1942 年 2 月 19 日木曜日に大統領令 9066 号に署名しました。この命令により、米国陸軍西部防衛司令部は、米国西海岸から日系コミュニティを追放する権限を得ました。強制収容プログラムは、民間指導者の監督の下、内陸の 10 か所の収容所を運営していた戦時移住局によって管理されました。収容所は軍地域に指定され、憲兵によって警備されていました。

ペルーは戦場ではなかったが、大統領令9066号を突き動かした衝動から逃れることはできなかった。米国は「特定入国禁止国民の公示リスト」を発行し、日系コミュニティのリーダーとして清一の名前がそのリストに載った。1944年1月、彼はペルーの警官4人に逮捕された。10日後、彼はペルーの警察とアメリカ兵によって船に乗せられた。彼は他の追放者とともにパナマに拘留され、数か月間無給で働かされた。

家族が再会できることを知ると、彼はアンジェリカに連絡して一緒に来るように頼んだ。彼女は事業を閉鎖し、5 人の子供たちを旅に送り出した。WRA に加えて、司法省と移民帰化局によって運営されているキャンプもあった。そのような施設の 1 つが、南テキサスのクリスタル シティ家族収容キャンプで、家族連れの外国人抑留者を収容するために設立された。東出家は 1944 年 7 月にクリスタル シティで再会した。子供たちは学校やレクリエーション活動に参加させられた。こうして東出家のアメリカ化が始まった。

戦争の終結

1950 年、シカゴの最初の家族の家。

その後、彼らはクリスタル シティを離れることを許されたが、その条件は、ニュージャージー州シーブルック ファームズという、多くの日系人に安定的だが低賃金の仕事を提供していた加工工場に移住することだった。日系人労働者の記録は紛失または破棄されていた。米国入国の証明書類がなかったため、彼らは実質的に無国籍者、つまり文字通り国籍を持たない人々だった。この人々のうち、日本に送還されたのはほんのわずかで、ペルーは彼らの帰国を拒否した。

アメリカ政府は、滞在者を「条件付き放免の不法滞在者」と指定した。それは、国外追放の恐怖が頭上に漂う、一種の仮釈放のようなものだった。この危うい立場から、誠一はなんとか家族をシカゴに移住させたが、そこで住宅や雇用慣行において人種差別に遭遇した。

1953年、娘ディアナを抱く清一さんとアンジェリカさん。(写真提供:東出家)

再び英語力を必要としない単純労働に従事し、彼とアンジェリカは何年もかけてお金をかき集め、数棟のアパートを購入して家族の安定した生活を確保した。さらにリチャード、ディアナ、マークの3人の子供がアメリカ国籍で生まれ、合計8人になった。1958年、セイイチとアンジェリカはアメリカ国籍を取得した。

ハワイへの移住

1971年、当時62歳だった清一は、シカゴの寒さから逃れるために引退を考えた。彼とアンジェリカは日本を含め、適した場所を検討したが、決断には至らなかった。1973年、アンジェリカは重度の神経痛を発症した。神経痛は帯状疱疹のように鋭く衝撃的な痛みを引き起こし、神経の炎症または損傷が原因である。医師の助言に従い、彼らはハワイで休暇を取り、健康上の理由で先に移住していた息子のアーサーを訪ねた。

アンジェリカは暖かい気候によく適応し、すぐにビーチを散歩できるようになりました。長期滞在の後、彼らはハワイを老後の住まいにすることに決めました。東出家の 8 人の兄弟姉妹は、一人ずつハワイに来ることを決めました。

これまでのすべての旅と同様、この最新の移住にも困難がなかったわけではありません。ハワイの物価の高さはハードルでしたが、セイイチとアンジェリカは順応しました。「コトンク」、つまり本土の人として見られることは、新しい形の偏見でした。「部外者」である子供たちは仕事を見つけるのに苦労しましたが、やがて有意義な雇用機会を見つけ、生き延びるだけでなく繁栄しました。セイイチは怒りや不満を感じることを拒み、この形の差別は島のコミュニティの人々の自然な親密さによるものだと考えました。

(注:以前の記事で、ハワイの二世兵士が日本人のみで構成された第442連隊戦闘団に所属し、アメリカ本土の二世との文化や言語の違いに遭遇して「コトンク」という語句を作ったことについて説明しました。)

日系ラテンアメリカ人の正義の追求

引退後、誠一氏は戦時中に強制収容された日系ラテンアメリカ人の補償運動のリーダーとなった。議会やロナルド・レーガン大統領を含む政府高官らに手紙を書いた。72歳のとき、シカゴでの公聴会で米国戦時民間人強制収容委員会に証言した。義理の息子の英悟氏が英訳し、彼の家族もペルー人で強制収容されていたため証言した。娘のエルサ氏も証言した。誠一氏が力強く誠実に話したため、会場全体が静まり返ったことをエルサ氏は思い出す。それまで誰も日系ラテンアメリカ人の苦境について聞いたことがなかったからだ。

明らかな誤りにもかかわらず、1988年の公民権法によって伝えられた謝罪と象徴的な2万ドルの支払いには、日系アメリカ人労働者は含まれていなかった。しかし、ヒガシデ夫妻の証言もあり、補償委員会の報告書「個人の正義は否定された」には彼らの経験が記録されている。その後、1992年に法律が改正され、米国に残り、入国日に遡って永住権を与えられた日系アメリカ人労働者と、戦時中に収容所で生まれた子供たちが補償対象に含まれるようになった。189人の日系アメリカ人労働者が日系アメリカ人と同じ補償を受けた。しかし、この改正により、大多数の日系アメリカ人労働者が補償プロセスから除外された。

1996 年、彼らを代表して集団訴訟が起こされ、被害を受けた残りのグループに平等な補償が求められました。1998 年の和解条件によると、司法省は資格のある JLA の抑留者全員に大統領謝罪文と 5,000 ドルの名目上の支払いを提供しました。700 人を超える抑留者が和解に基づいて補償金を請求しましたが、他の者はそれを拒否し、20,000 ドルという金額を求め続けました。


三つの祖国

清一は長い生涯を通じて、自らが「三つの祖国」と呼ぶ国に対する複雑な感情を整理した。第一は日本であり、苦難に耐えながらも日本を愛おしく思い出していた。第二はペルーであり、虐待を受け財産を失った後もペルーを好意的に思い出していた。第三はアメリカであり、戦争中に家族が強制収容されたにもかかわらず、アメリカ国籍を誇りに思っていた。彼は残りの人生を通じて、三つの国すべてに深い愛情を持ち続けた。

1986年、ハワイで再会した東出一家。

彼はハワイで「地上の楽園」を見つけたと書いている。彼はワイキキのコンドミニアムでアンジェリカと生涯を過ごした。彼は1997年に88歳で亡くなり、アンジェリカは2012年に95歳で亡くなった。

誠一は『アディオス・トゥ・ティアーズ』の最後の段落でハワイ文化に対する思いを表現した。

「『アロハ』は基本的に『愛』という意味だと聞きましたが、キリスト教の『愛』の意味とは違います。ここでは、私たちを支えてくれる地球や、人間の感情を受け入れるということに、より直接的に結びついているように思います。そういう意味では、『アロハ』には私が長年追い求めてきたものがすべて含まれているんです」

東出誠一の素晴らしい人生について読んでいると、彼が恨みを抱かなかったことに驚きます。エルサ・クドウは、彼も母親も、故郷を追われて投獄されたことに憤りを表さなかったと回想しています。これは、日本の文化的価値観である我慢」「粘り強さ」が、人生の困難を乗り越える力を与えてくれることを示す素晴らしい例です。これらの価値観は、幼いころから誠一に根付いており、生涯を通じて役立ちました。

『Adios to Tears』第2版英語版の序文で、エルサ・クドウは次のように書いている。

「JLA の補償を求める闘いは、最も厳しい状況下で続いています。私たちは、それが勝利で終わることを願っています。私たちの国は世界に真の偉大さを示し、ほとんど忘れ去られていた [収容者] はようやく終結感を抱くことができるでしょう。アメリカ合衆国のすべての人々は、将来、強制収容所が簡単に再現されることはないと安心できるでしょう…さらに良いことに、このような正義の否定は誰にも二度と起こらないでしょう。」

今日はエイゴとエルサ工藤。

誠一の人生の物語とエルザの言葉は、単に違いに基づいて差別を受けている人種的または民族的少数派のために正義を求める運動を起こすきっかけを与えてくれます。

* * * * *

『Adios to Tears』はオンラインで購入できます。JLA の投獄に関する詳細については、 Densho Encyclopediaをご覧ください。

* この記事は、2023年2月17日にハワイ・ヘラルド紙に掲載されたものです

© 2023 Byrnes Yamashita

Adios to Tears (書籍) クリスタルシティ収容所 クリスタル・シティ(テキサス) 司法省管轄の抑留所 ハワイ 日系ラテンアメリカ人 パナマ ペルー リドレス運動 東出 誓一 テキサス アメリカ合衆国 第二次世界大戦下の収容所
執筆者について

バーンズ・ヤマシタ氏は、第二次世界大戦の二世兵士の功績を若い世代に伝えることを目的とした非営利教育団体「二世退役軍人レガシー」の副会長です。

2022年12月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。