Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2023/2/13/alaska-natives-inside-concentration-camps/

歴史家に聞く:アラスカ先住民はどのようにして日系アメリカ人強制収容所に入れられたのか?

ミニドカ強制収容所の兵舎間の未舗装の道を歩く母子。国立公文書記録管理局提供

ブライアン・ニイヤは、Densho's Catalyst の 2023 年最初の「歴史家に聞く」エントリで、第二次世界大戦中の日系アメリカ人の強制収容に巻き込まれたアラスカ先住民グループの隠された歴史を掘り下げます

* * * * *

ジャニス・サダヒロさんは、「あなたの YouTube 動画『キャンプでアラスカ先住民の少年と仲良くなる』を観ました。アラスカ先住民もキャンプに送られたとは聞いたことがありません。なぜですか? このことについて他に何か情報はありますか?」と書いています。

第二次世界大戦中、収容所に収容されたアラスカ先住民は 2 つのグループに分かれていました。1 つ目は、アリューシャン列島出身の約 900 人のグループです。アラスカ南西部に約 900 マイルにわたって広がるこの島々の先住民は、日本軍が 1 つの島を爆撃し、他の 2 つの島を侵略した後に避難させられました。住居や医療が不十分な荒廃した収容所に収容され、避難者の約 10% が死亡し、彼らの村はアメリカ軍人によって略奪されました。

日系アメリカ人の大量強制移住を調査した同じ機関である戦時民間人移住・抑留委員会(CWRIC) は、アリューシャン列島原住民の強制移住は「彼らの安全を確保するために取られた合理的な予防措置であった」が、その実行には「管理と計画の大きな失敗」があったと結論付けた。CWRIC の勧告に基づいて、 1988 年の公民自由法は、生存者 1 人あたり 12,000 ドルの支払いと、米軍によって破壊された教会やその他の建造物の再建と戦時中の瓦礫の撤去に役立てる 640 万ドルの信託基金を承認した。1

この集団は、投獄された日系アメリカ人と交流がなかったため、この質問は、アラスカの日系アメリカ人大量追放の一環として一斉に集められたアラスカ先住民という別のグループについて言及している。アラスカの日系アメリカ人全員(約 240 人)は、西海岸の日系アメリカ人と同様に、強制的に追放され、投獄された。真珠湾攻撃後、一世の男性(女性も数人)の最初の一斉逮捕が行われ、続いて 1942 年 4 月、アラスカ防衛司令部長官サイモン B. バックナー ジュニアの命令により、大統領令 9066 号の権限で大量追放が行われた。他の場所で一斉に集められた一世と同様に、アラスカの一世は本土の収容所に移送され、そのほとんどはニューメキシコ州ローズバーグの陸軍が運営する収容所に収容されたようである。2

4 月の大量逮捕は、2 つの異なる集団に影響を与えた。アラスカ南部の集団には、多くの中小企業経営者とその家族が含まれ、人口統計的には西海岸の町や都市に住む日系アメリカ人とそれほど変わらない。しかし、北部の集団には、アラスカ先住民の女性と結婚し、混血の子供を持つ一世男性の家族が含まれていた。多くは伝統的なアラスカの村に住み、他の日系アメリカ人とはほとんど接触がなかった。一世の夫や父親の多くが別々に逮捕され、収容されていたという事実によって、彼らの窮状はさらに複雑になっていた。3

サダヒロさんの質問で言及されたビデオは後者の集団を指しています。その口述歴史クリップで描写されている友人は、アラスカ先住民の血を引くスピリドン・ハンターです。彼は妹のメアリー・ヒラツカとその家族と一緒に来ました。メアリーは二世のマーク・ヒラツカと結婚し、二人には幼い子供が二人いました。彼らはアラスカ州エクックに住んでいました。) 4

残っていたアラスカの日系人らは、強制移住が迫っていることをほとんど知らされず、まず4月20日からフォート・リチャードソン、フォート・レイモンド、ラッド飛行場、フォート・レイ、ジュノー飛行場、アネット島着陸場などの地元の施設に収容された。そこから、彼らは2つのグループに分かれてピュアラップ集合センターに連行され、1942年春に87人が到着した。彼らはピュアラップのほぼ全住民とともに、1942年8月から9月にかけてアイダホ州ミニドカの戦時移住局の強制収容所に移された。アラスカ日系人のほとんどは陸軍または入植者局が運営する強制収容所に残ったようだが、後にピュアラップまたはミニドカに仮釈放され、家族がいる人は少なくとも再会できた者もいた。5

[ピュアラップ集合センターの兵舎。アラスカの日本人と、日本系または親族を持つアラスカ先住民がミニドカに移送される前に拘留された場所。シアトル・ポスト・インテリジェンサー・コレクション(番号86.5、ピュアラップ日本人コロニー)、歴史産業博物館提供

ミニドカの報告室からの一連の報告書は、アラスカの人口の実態を描き出している。日付は不明だが、おそらく 1942 年末か 1943 年初頭の報告書によると、アラスカ出身者は 135 人で、そのうち約 45 人が混血であるとされている。混血のほとんどは一世の父とアラスカ先住民の母を持つ人々だが、ロシア系の人々もいた。また、日本人の血統を持たない家族もいた。多くが日系アメリカ人と接触したことがなかったため、「彼らは中心部で孤立した集団を形成していた」。

その後の報告書には、いくつかの個別の事例が記されている。母親が亡くなり、父親がローズバーグにいて、アラスカの別の家族に世話されていた、日本人、アラスカ先住民、ロシア人の血を引く 9 歳の少年、父親がローズバーグにいて母親がまだアラスカにいる状態で、一人でそこにいた 17 歳と 15 歳の混血の 10 代の若者 2 人、妊娠中の 17 歳のアラスカ先住民の妻を故郷に残していったが、赤ん坊の死後、妻を一緒に来させようとしていた混血の 18 歳の少年、4 人の子供がいる混血の 23 歳の女性で、夫がローズバーグにいる、その他同様に悲痛な事例である。6

日系アメリカ人避難・再定住研究員チャールズ・キクチは、母親が一世男性と再婚したため日本人姓を名乗っていたため、どういうわけかピュアラップにたどり着いた、トリンギット族の血を引く28歳のアラスカ人男性にインタビューした。しかし、出生証明書がなかったため、彼は一斉に集められ、アルーエト人の妻とともにピュアラップに送られた。彼は、ピュアラップでは「日本人全員が私たちをじろじろ見ていた」こと、また、彼らが慣れ親しんだものとはまったく違う食べ物が大嫌いだったことを思い出した。わずか数日後にモンタナ州のサトウダイコン作業員に加わって脱出できたが、彼と妻は赤ん坊を抱え、もう1人出産予定の状態でシカゴに行き着き、アラスカに戻ることができなかった。7

ミニドカのアラスカ先住民がどうなるかはわからない。後の報告書では、アラスカのビジネスや土地所有者が突然の追放とアラスカ政府職員の敵意によって直面した困難が詳しく述べられているが、アラスカ先住民グループの運命についてはほとんど書かれていない。ミニドカ・イリゲーター紙は、フランク・ヤスダが1945年4月に最初にアラスカに戻ったと報告している。1945年5月の報告書では、アラスカの収容者の大半は、ヤスダとおそらくもう1人を除いて、アラスカ以外の目的地にすでに収容所を離れており、「したがって、ここでは大きな問題にはならない」と述べている。追放が解除された後も、アラスカに戻りたい者は、1945年秋まで、アラスカの司令官とワシントンDCの憲兵司令官から許可を得る必要があった。また、戻りたい者は1945年まで移動手段が限られていた。公式のWRA統計書によると、ミニドカからアラスカに向かったのはわずか49人で、そこから来た人数のほんの一部に過ぎない。8

アラスカ先住民族が、故郷から何千マイルも離れた強制収容所に収容されただけでなく、全く知らない人々と一緒に投獄され、家族と引き離され、将​​来の見通しもほとんど立たないという、独特の苦難に直面したことは、想像するに難くない。彼らは、無分別で人種差別的な大量追放・投獄政策の巻き添え被害という、もう一つの悲劇的な物語を象徴している。

参考文献

1. 戦時中の民間人の移住および収容に関する委員会、 「個人の正義の否定:戦時中の民間人の移住および収容に関する委員会の報告書」 (ワシントン D.C.:政府印刷局、1982年)、317~319ページ;戦時中の民間人の移住および収容に関する委員会、 「個人の正義の否定 パート2:勧告」 (ワシントン D.C.:政府印刷局、1983年6月)、10~12ページ; Native Voices Timeline 、国立医学図書館、2022年12月13日にアクセス。

2. モーガン・R・ブランチャード、「 レベルII文化資源調査フォート・リチャードソン収容所(FRIC)、統合基地エルメンドルフ・リチャードソン(JBER)、アラスカ(編集済み) 」(アラスカ州アンカレッジ:ノーザン・ランド・ユース・リサーチ・アラスカ、LLC、2016年)、20~21、2022年12月13日にアクセス;クラウス・M・ナスケ、「アラスカの日本人居住者の移住」、パシフィック・ノースウェスト・クォータリー74.3(1983年)、127、130。

3. ミニドカ情報部プレスリリース、1942 年 9 月 28 日、日系アメリカ人避難および再定住記録 (JAERR)、バンクロフト図書館、カリフォルニア大学バークレー校、BANC MSS 67/14 c、フォルダー P2.16、「 ミニドカ報告書第 2 号: アラスカの避難民」、JAERR、BANC MSS 67/14 c、フォルダー P3.95:1。

4. カール・V・サンドスからインディアン担当委員への手紙、nd、JAERR BANC MSS 67/14 c、フォルダー P3.95:2;ミニドカ最終説明責任名簿、Densho Digital Repository。

5. ルイス・フィセット『キャンプ・ハーモニー:シアトルの日系アメリカ人とピュアラップ集合センター』 (イリノイ大学出版、2009年)、85~87ページ、「ミニドカ報告書第2号:アラスカからの避難民」

6. 「ミニドカ報告書第2号:アラスカからの避難民」、[カール・V・サンドス]、 ミニドカ報告書第31号、1943年1月25日、JAERR BANC MSS 67/14 c、フォルダー P3.95:2。 カール・V・サンドスからインディアン担当委員への手紙、nd、JAERR BANC MSS 67/14 c、フォルダー P3.95:2。

7. チャールズ・キクチによるポール・オザワのインタビュー、1944年4月10日、JAERR BANC MSS 67/14 c、フォルダー T1.967。

8. Frank S. Barrett、 「法務部の報告書」[Minidoka] 、1945年11月1日、JAERR BANC MSS 67/14 c; Minidoka Irrigator 、1945年4月14日、1; スタッフ会議の議事録[Minidoka]、1945年5月22日、JAERR BANC MSS 67/14 c、フォルダーP1.15; Naske、「アラスカの日本人居住者の移転」、131~132; The Evacuated People: A Quantitative Description (ワシントンD.C.:米国内務省、1946年)、45。

※この記事は2023年1月31日に電商のカタリストに掲載されたものです。

©2023 Brian Niiya / Densho

アラスカ先住民 強制収容所 第二次世界大戦下の収容所
執筆者について

ブライアン・ニイヤは日系アメリカ人の歴史を専門とするパブリック・ヒストリー家です。現在はDenshoのコンテンツ・ディレクターとオンライン版Densho Encyclopediaの編集者を務めており、UCLAアジア系アメリカ人研究センター、全米日系人博物館、ハワイ日本文化センターでコレクションの管理、展覧会の企画、公開プログラムの開発、ビデオ、書籍、ウェブサイトの制作など、さまざまな役職を歴任しました。彼の著作は、幅広い学術出版物、一般向け出版物、ウェブベースの出版物に掲載されており、第二次世界大戦中の日系アメリカ人の強制退去と収容に関するプレゼンテーションやインタビューを頻繁に依頼されています。ロサンゼルスでハワイ出身の二世の両親のもとに生まれ育った「甘やかされて育った三世」である彼は、2017年にロサンゼルスに戻り、現在も同地を拠点としています。

2020年5月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。