ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/author/niiya-brian/

ブライアン・ニイヤ

(Brian Niiya)


ブライアン・ニイヤは日系アメリカ人の歴史を専門とするパブリック・ヒストリー家です。現在はDenshoのコンテンツ・ディレクターとオンライン版Densho Encyclopediaの編集者を務めており、UCLAアジア系アメリカ人研究センター、全米日系人博物館、ハワイ日本文化センターでコレクションの管理、展覧会の企画、公開プログラムの開発、ビデオ、書籍、ウェブサイトの制作など、さまざまな役職を歴任しました。彼の著作は、幅広い学術出版物、一般向け出版物、ウェブベースの出版物に掲載されており、第二次世界大戦中の日系アメリカ人の強制退去と収容に関するプレゼンテーションやインタビューを頻繁に依頼されています。ロサンゼルスでハワイ出身の二世の両親のもとに生まれ育った「甘やかされて育った三世」である彼は、2017年にロサンゼルスに戻り、現在も同地を拠点としています。

2020年5月更新


この執筆者によるストーリー

Thumbnail for フォートリンカーンにおけるネイティブアメリカンと日系アメリカ人の共通の歴史の記念
en
ja
es
pt
フォートリンカーンにおけるネイティブアメリカンと日系アメリカ人の共通の歴史の記念

2024年1月12日 • ブライアン・ニイヤ

9 月、私はノースダコタ州ビスマークにあるユナイテッド トライブズ テクニカル カレッジ (UTTC) のキャンパスにあるスノー カントリー刑務所日系アメリカ人強制収容所記念碑の起工式に出席する機会に恵まれました。記念碑が完成すれば、第二次世界大戦中のユニークな収容所跡地と、ネイティブ アメリカンと日系アメリカ人のコミュニティ間の興味深い協力関係に、当然の注目が集まることでしょう。 ビスマルク収容所は、かつて軍の駐屯地だったフォートリンカーンの跡地に建設された。移民帰化局…

Thumbnail for 凍った髪、労働停止、そしてハートマウンテンのあまり知られていない物語 - パート 2
en
ja
es
pt
凍った髪、労働停止、そしてハートマウンテンのあまり知られていない物語 - パート 2

2023年9月12日 • ブライアン・ニイヤ

パート 1 を読む >> 6. フェンスに対する憤りと抵抗他のほとんどの収容所と同様、ハート マウンテンも収容者が到着した当時はまだ建設中だった。収容者が到着した 1942 年 8 月当時、収容所には柵がなかった。しかし、脱走未遂事件や類似の事件はなかったにもかかわらず、収容者を大いに落胆させたことに、軍の請負業者が収容所の周囲に有刺鉄線の柵を建設し始めたのは 10 月のことだった。気候、キャンプの未完成状態、そして最初の数か月の混乱ですでに混乱していた彼らに、…

Thumbnail for 凍った髪、労働停止、そしてハートマウンテンのあまり知られていない物語 - パート 1
en
ja
es
pt
凍った髪、労働停止、そしてハートマウンテンのあまり知られていない物語 - パート 1

2023年9月11日 • ブライアン・ニイヤ

おそらく、 ワイオミング州ハートマウンテン強制収容所といえば、幼なじみで国会議員になったノーマン・ミネタとアラン・シンプソンの話、 ハートマウンテン・フェアプレー委員会の徴兵拒否、 ハートマウンテン・インタープリテーション・センター、あるいはその収容所に関する6本ほどのドキュメンタリー映画などでご存じでしょう。しかし、第二次世界大戦中に日系アメリカ人が収容された他のすべての収容所と同様に、そこでの生活について何かを明らかにしてくれるユニークであまり知られていない話が数多くあ…

Thumbnail for 歴史家に聞く:アラスカ先住民はどのようにして日系アメリカ人強制収容所に入れられたのか?
en
ja
es
pt
歴史家に聞く:アラスカ先住民はどのようにして日系アメリカ人強制収容所に入れられたのか?

2023年2月13日 • ブライアン・ニイヤ

ブライアン・ニイヤは、Densho's Catalyst の 2023 年最初の「歴史家に聞く」エントリで、第二次世界大戦中の日系アメリカ人の強制収容に巻き込まれたアラスカ先住民グループの隠された歴史を掘り下げます。 * * * * *ジャニス・サダヒロさんは、「あなたの YouTube 動画『キャンプでアラスカ先住民の少年と仲良くなる』を観ました。アラスカ先住民もキャンプに送られたとは聞いたことがありません。なぜですか? このことについて他に何か情報はありますか?…

Thumbnail for 日本での二世の経験に新たな光を当てる2冊の本
en
ja
es
pt
日本での二世の経験に新たな光を当てる2冊の本

2022年12月19日 • ブライアン・ニイヤ

私は、さまざまな意味で、自分はやや典型的な三世ではないと常に思ってきました。その主な点は、私の両親のうちの片方、つまり私の母は、戦前、戦中、戦後に日本でかなりの時間を過ごしたため、より「日本的」だったことです。その結果、私は日本に何人かの親戚と連絡を取り合っています。その中には、ハワイで生まれ育った二世の母の一番上の兄もいます。彼は第二次世界大戦中に日本軍に強制的に徴兵され、その結果米国市民権を失い、日本で一生を過ごしました。彼の「三世」の子供たち、つまり私のいとこたちは日…

Thumbnail for 馬小屋、腐ったハム、そしてタンフォランでの生活に関するその他の物語 - パート 2
en
ja
es
pt
馬小屋、腐ったハム、そしてタンフォランでの生活に関するその他の物語 - パート 2

2022年12月5日 • ブライアン・ニイヤ , ジョナサン・バン・ハーメルン

パート 1 を読む >>二世大学生タンフォランは都市人口が多く、ベイエリアの大学に近いことから、他の「集合センター」よりも大学生の集中度が高かったと考えられます。ほとんどの学生はすぐに教育を続けることができませんでしたが、1942年5月末に結成された全米日系学生移住協議会の支援を受けて、タンフォランを離れて大学に通い、WRAの強制収容所行きを回避できた学生も数人いました。その中には、カリフォルニア大学バークレー校の元学生である雨宮正子さんと太田リリアンさんがいた…

Thumbnail for 馬小屋、腐ったハム、そしてタンフォランでの生活に関するその他の物語 - パート 1
en
ja
es
pt
馬小屋、腐ったハム、そしてタンフォランでの生活に関するその他の物語 - パート 1

2022年12月4日 • ブライアン・ニイヤ , ジョナサン・バン・ハーメルン

タンフォランは、ピーク時の人口が 7,816 人という、いわゆる「 集合センター」の中で 2 番目に大きい収容所で、カリフォルニア州サンブルーノのタンフォラン競馬場跡地に建設されました。この場所は、現在のサンフランシスコ国際空港の場所です。収容者は 1942 年 4 月下旬から 5 月上旬に到着し、ほぼ全員がサンフランシスコ湾岸地域から来たため、短期収容所の中で最も都市部に位置していました。実質的に収容者全員が 1942 年 9 月にユタ州トパーズの強制収容所に移送されまし…

Thumbnail for 日系キャンバスに描かれたアフリカ系アメリカ人のイメージ: 日系アメリカ文学における黒人キャラクター - パート 4
en
ja
es
pt
日系キャンバスに描かれたアフリカ系アメリカ人のイメージ: 日系アメリカ文学における黒人キャラクター - パート 4

2022年2月13日 • グレッグ・ロビンソン , ブライアン・ニイヤ

パート3を読む>> その後の 20 年間、日系アメリカ人作家の作品が出版されるようになったにもかかわらず、日系アメリカ文学でアフリカ系アメリカ人について触れたものはほとんどなかった。唯一の注目すべき例外は、クリードとセツコ・バンクスの生涯を追ったヴェリナ・ハス・ヒューストンの戯曲三部作である。シリーズ最初の戯曲『朝が明けました』 (1981 年)は、1945 年から 1946 年の日本の愛媛県を舞台としている。敗戦した日本とアメリカ占領下の新しい現実に適応しよう…

Thumbnail for 日系キャンバスに描かれたアフリカ系アメリカ人のイメージ: 日系アメリカ文学における黒人キャラクター - パート 3
en
ja
es
pt
日系キャンバスに描かれたアフリカ系アメリカ人のイメージ: 日系アメリカ文学における黒人キャラクター - パート 3

2022年2月6日 • グレッグ・ロビンソン , ブライアン・ニイヤ

パート2を読む>>戦後、1960年代後半から1970年代にかけて、日系アメリカ文学は全体的に比較的不足しており、公民権運動やブラックパワー運動は日系アメリカ人のメディアで大きな注目を集めたものの、この時期に出版された日系アメリカ文学に目立った影響はほとんど及ぼさなかった。例外的なのは、ジョー・アイデ(別名「ジョセフ・パトリック・アイデ」や「ジョセフ・アイデ」)が羅府新報のホリデー版に定期的に寄稿している点です。アイデはロサンゼルス南部に住み、1951年からオール…

Thumbnail for 日系キャンバスに描かれたアフリカ系アメリカ人のイメージ: 日系アメリカ文学における黒人キャラクター - パート 2
en
ja
es
pt
日系キャンバスに描かれたアフリカ系アメリカ人のイメージ: 日系アメリカ文学における黒人キャラクター - パート 2

2022年1月30日 • グレッグ・ロビンソン , ブライアン・ニイヤ

パート 1 を読む >>第二次世界大戦の勃発と大統領令9066号による西海岸の日系アメリカ人の大量収容により、地域の新聞は閉鎖された。文学活動はWRA収容所内では限定的に継続され、収容者は収容所の新聞やトパーズ収容所のTREKなどの評論に物語や詩を発表した。数人の黒人スタッフがいたポストンとアーカンソー収容所付近の一部を除いて、収容された日系アメリカ人は黒人と交流する機会がほとんどなかった。おそらくその結果、戦時中の日系二世の文学作品は彼らの存在と状況を無視した…

この執筆者が寄稿したシリーズ
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。