Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2020/05/04/

第七章 サンフランシスコの夜

日本生まれの若松入植者の中で、マコトとクニは最も英語が堪能だった。そのため、入植者の創設者ジョン・ヘンリー・シュネルが、日本の使節団と会い、将来の農業博覧会について調査するためにサンフランシスコへ行くと発表したとき、彼はこの二人に同行するよう依頼した。

マコトは大喜びだった。顔の真ん中には、愛する日本の城を守るために戦いに敗れた名残である目立つ傷があったが、ルームメイトの一人、キンタローはもっと精神的な傷を負っていた。キンタローは人工湖で何度も自殺を図っており、マコトは彼を常に監視することに疲れ果てていた。数日間、仲間の入植者を一人にしておくことに罪悪感を覚えたが、数ヶ月前、日本からカリフォルニアへの航海に出る前は、彼らは他人同士だった。彼は、自分がいない間、キンタローの面倒を見るよう、中年女性のシンシさんに頼んだ。

「最善を尽くします」と彼女は枯れかけた桑の木の手入れをしながら彼に言った。進士さんは蚕業の維持に努めた最後の人だった。入植者の多くはどこへ行ったのか分からないまま去っていった。

3人は馬車に乗ってサクラメントに行き、そこから列車でサンフランシスコに向かった。これはマコトにとって、一般労働者としてではなく、正式な代表者としての初めての旅だった。彼はジャケットとボタンダウンのシャツを着ていた。クニも同じ服を着て、いつもより丁寧に口ひげを整えていた。

サンフランシスコに到着して誠は息を呑んだ。彼は以前もこの街を訪れたことがある。中国号から降りて、市内の農業博覧会にも参加したことがある。しかし、この街を本当に味わう機会はなかった。豪華な衣装と帽子を身につけた白人の男女、荘厳な建物、馬に引かれた路面電車を目にすると、圧倒された。

二人はリック ハウスに泊まっていた。モンゴメリー ストリートとサッター ストリートの角にある 3 階建ての立派な建物だ。シュネルは 1 人 1 部屋に泊まる余裕がなかったので、ベッドで寝て、クニは床に、年下のマコトはバスタブに寝ることにした。マコトは気にしていなかった。その部屋はキンタローと一緒の小屋よりずっと立派で、キンタローの真夜中のわめき声に悩まされることもなかったので、よく休めた。

翌日の夜、シュネルは、東海岸で勉強するためにアメリカに来ていた日本の役人とその息子と夕食をとることになっていた。正式な夕食の前に、5人全員がグランドロビーで飲み物を飲みながら集まった。マコトとクニはどちらも緊張していた。クニはテーブルクロスの端で汚れた爪を隠そうとした。マコトは会話のほとんどの間黙っていたが、すべての話を注意深く聞いていた。

特使は、1868 年にハワイに移民労働者として送られた約 150 人の日本人について話していました。彼らは元年者であり、徳川幕府が江戸で明治天皇に降伏した後、最初にハワイに移住した人々です。これらの男性は若松の入植者よりも前に太平洋を渡っており、マコトとクニは彼らの偉業を聞いて魅了されました。どうやら移住は順調ではなく、日本人は砂糖農園で虐待されていることがわかりました。彼らのうち 40 人が日本への帰国を希望していました。日本から特使が来たのは、その詳細について交渉するためでした。

その後、ホテルの従業員がシュネルさんに、ダイニングルームのテーブルが空いたと知らせた。

「君たち二人は、もう楽しんでもいいだろう」シュネルは二人の手のひらにコインを押し付けながら言った。

クニの顔がすぐに明るくなり、マコトはギャンブラーの同行者がポーカーテーブルに向かうだろうと分かった。二人はリック ハウスの前で別れた。マコトはサンフランシスコの丘陵地帯を散策することに興味があった。

ホテルの角を曲がったところに、ポスト ストリート 130 番地にある 3 階建ての立派な建物、メカニックス インスティテュートがありました。マコトがそこを探したのは、秋の農業フェアがそこで開催される予定であることを知っていたからです。シュネルから聞いた話では、メカニックス インスティテュートは、ゴールド ラッシュ後に探鉱者が他の職業に再訓練を受けられるようにするために建設されたそうです。

機械工学校の下の階に明かりがちらついていた。どうやら大きな集会が開かれているようだ。マコトがメインホールに入ると、入り口にはたくさんの男たちが立っていた。少なくとも500人は収容できそうなホールは、立ち見しか出なかった。

中には「反クーリー協会」と書かれたパンフレットを持っている人もいました。

「クーリー。クーリーって何ですか?」彼はパイプを吸っている男に尋ねた。

男は口からパイプを抜き、まるで侮辱的なことを言ったかのように誠を睨みつけた。

他の人たちは誠から数歩後退した。彼はその冷たい対応が理解できなかった。

ステージ上で彼は、アジア人男性がイナゴに描かれ、アメリカ政府に職を求め、金やトウモロコシの袋を持って飛び去り、アメリカのシンボルの骸骨を残していく巨大なポスターを見た。このイナゴは、中国人男性移民の貴重な髪型である長い三つ編みをしていた。出席者が彼に冷たく接したのはそのためだろうか。彼らは彼も中国人だと思ったのだろうか。マコトは歓迎されていないと悟り、プログラムが始まる前に建物を出た。

マコトがホテルに戻る途中、背中に何かが当たって地面に転がるのを感じた。下を見ると、それは腐ったレタスの穂だった。それから振り返って、酒場から発せられる明かりの下で自分の服をチェックした。赤茶色の染みがジャケットを汚していた。

「ろくでなしの中国人」十代の不良たちの密集した集団の中から若い男のか細い声が聞こえた。

誠は酒場の外に置いてあった箒を掴み、柄を差し出した。彼は農民であったが、剣道を習っており、戊辰戦争の時には皆で戦うことを学んだ。

「中国人、お前を一掃してやる」と、同じ少年が脅した。

「彼を見てください、彼の列はすでに切り取られています。」

月の光が誠の傷跡に反射し、二人のうちの一人が後ずさりした。

「たぶん、私たちは行ったほうがいいでしょう。」

「怖いの?」誠は尋ねた。

元の話し手は拳を鼻のほうに上げ、伝統的なボクシングの構えを取った。

マコトは思わず笑いそうになった。少年の腹部は完全に無防備だった。マコトはハンドルを少年の腹部に突き刺し、少年が身をかがめたときに背中を殴り、少年を地面に倒した。

他の2人の少年たちは誠​​の周りに群がり、誠はほうきを目の前で振り回した。誰も誠に挑む気はないようで、道に逃げていった。

マコトはカリフォルニアの反中国感情について聞いていたが、それがこれほどまでに激しいとは知らなかった。ここアメリカでは、中国人であろうと日本人であろうと関係ない。白人たちは、みんな同じだと思っているようだった。

マコトがホテルの部屋に戻ると、クニはすでに枕に頭を乗せて床に横たわっていた。彼はすっかり意気消沈した様子だった。マコトは、彼がブラックジャックのテーブルですでにお金を失ってしまったのだろうと考えた。確かに、それほど時間はかからなかった。

クニはマコトのジャケットの汚れに気づいた。「どうしたの?」と彼は言った。

「何もないよ」と誠は言った。「大都会は私には向いてないと思う。」

その夜、彼はゴールド ヒルの太陽の下でキラキラと輝くユーカリの木と茶の木を夢見ました。目が覚めたとき、彼は家に帰るのを楽しみにしていることに驚きました。

第八章 >>


*著者注: この架空の作品は、
1870 年 1 月 12 日水曜日のサンフランシスコ クロニクル紙に掲載された記事「クーリーの病気」に触発されて書かれました。

© 2020 Naomi Hirahara

カリフォルニア州 フィクション 世代 移民 移住 (immigration) 一世 日本 移住 (migration) 平原 直美 アメリカ合衆国 若松コロニー
このシリーズについて

若松茶業・蚕糸農場の女性たちについては、その創設者ジョン・ヘンリー・シュネルの日本人妻、ジョウ・シュネルを含め、あまり知られていない。シルクは、1869年から1871年にかけてのこれらの女性と男性の生活を想像した架空の物語である。

著者注: この架空の創作に使用されたノンフィクションのソースには、ダニエル A. メトラーの『若松茶業と絹織物コロニー農場と日系アメリカの誕生』 、ディスカバー・ニッケイの記事、ゲイリー・ノイの『シエラ・ストーリーズ: 夢見る者、策略家、偏見者、そしてならず者の物語』が含まれます

第1章を読む >>

詳細はこちら
執筆者について

平原直美氏は、エドガー賞を受賞したマス・アライ・ミステリーシリーズ(帰化二世の庭師で原爆被爆者が事件を解決する)、オフィサー・エリー・ラッシュシリーズ、そして現在新しいレイラニ・サンティアゴ・ミステリーの著者です。彼女は、羅府新報の元編集者で、日系アメリカ人の経験に関するノンフィクション本を数冊執筆し、ディスカバー・ニッケイに12回シリーズの連載を何本か執筆しています。

2019年10月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。