Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2021/10/4/cleanup-11/

第十一章 輝く海

コメント

私は両手を腰に当て、開いた収納ユニットの前に立っていました。まるでマラソンや水泳のリレー競技を完走したオリンピック選手になったような気分でした。私がしたのは、EZストレージの満杯のコンテナを片付けただけでした。いや、ほぼ片付けたと言ってもいいでしょう。隅にはまだバッグが1つ残っていました。娘のシカモアは、このプロジェクトをずっとやり遂げてきたので、私のそばにいました。今日は土曜日で、2020年5月末日、つまり私たちの締め切りの1日前でした。私たちは、定められた締め切りの1日前にプロジェクトを完了できるでしょうか? 私はすでに仕事全体の報酬を受け取っていたので、これはお金の問題ではなく、プライドの問題でした。

過去 9 日間に私たちが発見し、対処した内容を簡単に書き留めました。

  1. 第二次世界大戦のキャンプの写真アルバムと木製のネームプレート
  2. ヴィンテージカーのグリル
  3. 香水瓶
  4. ミカサ食器セット
  5. キャッチャー用具一式を含むソフトボール用具
  6. スージー・イケダ モータウン 45s
  7. 米菓工場の金型
  8. 古い椿の種

これらの品々はそれぞれ特定され、その背景が文書化されました。そのほとんどは、正しい場所に戻りました。シカモアと私はミカサの皿を定期的に使用していました。歴史ある陶磁器を使うと、電子レンジで温めた冷凍ブリトーやベジバーガーを食べていても、幸せな気持ちになりました。毎日が特別なものになり、祝うべきものになりました。

私たちは一緒に隅にあった白いゴミ袋を引っ張り出し、開いたコンクリートの床の真ん中にある赤いプラスチックの引き紐を引っ張り開けました。中には茶色の食料品店の袋が入っていて、その中には日本語で書かれた古い本や新聞の切り抜きが山積みになっていました。

「ママ、何て言うの?」元パートナーのスチュワートと私はシカモアを地元の日本語土曜学校に通わせていたが、週末の朝寝る前に彼女はカタカナ以上のことは学べなかった。

「そうだな。全部詩のようだ。林田守雄という人が書いたものだ。」

私がそれ以上言う前に、シカモアは iPad を取り出し、画面上のキーボードに指を素早く動かしていました。10 歳という若さでキーボードを素早く操作できる彼女の能力に、私は今でも感心しています。

「ここには彼が日本信用組合の創設者の一人だと書いてある。トラックのお金を借りに行ったのはそこじゃないの?」

はい、私はスチュワートから借りた車でシカモアを運転してロサンゼルスのクレンショー地区まで行きました。彼らは私に最高の金利を提示しました。

「ジャックという場所の誰かが彼の詩を翻訳していると思います。」

私はiPadを自分の方に引き寄せました。「あれはジャックじゃない。JACCCだよ」と私は言いました。リトル東京にある文化センターです。「赤い広場にある巨大な岩のある場所を覚えておいて」

「ああ、そうだ。二世ウィークのためにそこに行ったと思う。」

翻訳者の名前はケンジ・C・リウ。面白いと思いました。ケンジは間違いなく日本人の名前ですが、リウは中国人です。しかし、名前だけで推測することはできないことは分かっていました。スチュワートにはケンジという名前のミュージシャンの友人がいましたが、彼はルイジアナ州出身の黒人で、少なくとも彼が知る限りでは日本人の血を引いていません。

私は彼のウェブサイトwww.kenjiliu.comにアクセスし、連絡を取るためのページをクリックしました。私は自分の名前と電子メールアドレスを入力し、メッセージウィンドウに、リトル東京のコミュニティで森雄林田の詩が評価されているかどうかを知りたいと簡単に説明しました。

私たちは詩の入ったバッグをトラックの荷台に積み込んだ。私はほうきとちりとりを持ってきて、コンテナの床を掃き始めた。私の依頼人がまったくの謎で、もうお金は払われないとしても、仕事をきちんとやり遂げる責任を感じた。シカモアがちりとりを持ち、私はほうきでポップコーンの発泡スチロールの破片と土を集めた。

シカモアがゴミをビニール袋に捨てているとき、私の電話が鳴りました。ケンジは私のメールに返信しました。私がこの 9 日間で出会った他の人たちと同じように、ケンジも私が彼のテーマに興味を持っていることに感激しているようでした。彼はこう書いていました。

あなたのメールを受け取ったとき、私はちょうど林田さんの詩の一つを翻訳していました。その詩は「きらめく海」というものです。

シカモアは私の肩越しにメールの返信を読みました。「彼はこの男に本当に執着しているに違いない。」

長いメッセージをスクロールして読みました。「詩の一つを日本語と英語の両方で書いてありました。」

詩はカタカナで始まります。

ドドドドドウ ドドドドドウ

「読み方は知っています」とシカモアは言った。「ドゥドゥドゥドゥドゥドゥ。ドゥドゥドゥドゥドゥドゥ。これはどんな詩なの?」彼女は顎まで下げたマスクの上で唇をすぼめた。「この男がどれだけ優れた詩人なのか、私にはわかりません。」シカモアは懐疑的だったが、正直に言うと、私もそうだった。

次の節はひらがなで始まります。

ほつほつほつほつほう はつはつはつはつはあ

私は賢治が両方の詩節を日本語でどのように翻訳したかを調べました。

ブーーン、ブーーン、ブーーン、ブーーン
ブーーン、ブーーン、ブーーン、ブーーン

その後:

ほほほほほ
ハハハハハ

「後半部分は誰かが笑っているように聞こえます」とシカモアはコメントしました。私は彼女の観察力に驚きました。

それから私はケンジに返事を書いて、詩を受け取ることに興味があるかどうか尋ねました。彼は私が持っている詩の写真を撮ってもいいかと尋ね、父親の家から帰ったら連絡すると言いました。私が彼の頼み通りにすると、シカモアは「彼が電話するまで私たちは何をすればいいの?」と声に出して考えました。

林田の輝く海についての詩を読んで、私の頭の中にアイデアが浮かんだ。ロサンゼルス郡のビーチがちょうどオープンしたばかりだった。シカモアと私はタオルを広げて日光浴をすることはできない。でも歩くことはできる。今、海岸沿いをハイキングするのは完全に解放感があるように思えた。

私は車であまり人気のないビーチ、少なくとも町外の人があまり来ないビーチへ行きました。ラット ビーチです。ネズミだらけのビーチという意味ではなく、「トーランスのすぐ後ろ」または「レドンドとトーランス」ビーチにあるビーチという意味です。私たちは詩の入ったバッグをトラックの荷台から鍵のかかるキャビンに移しました。古い本や新聞の切り抜きはほとんどの人にとって価値がないかもしれませんが、過去の管理人としての責任があるように感じました。

私たちはサンダルを脱ぎ、ストラップを掴んで砂浜を進みました。実際、ビーチは混雑していて、ルールを破ってパラソルやタオルをビーチに置いている人も数人いました。パンデミックの間、人々は常にルールを破っているようでした。

パロスベルデス半島に向かって南へ歩いていると、つま先が茶色っぽい水に触れた。私はスチュワートと一緒にアイルランドに一度行ったことがあるが、フランスには行ったことがなかった。フランスのリビエラの写真は見たことがあったし、ラットビーチからの眺めは、ここが南カリフォルニアのミニリビエラだと感じさせた。そんなことを考えていたとき、シカモアが岸に打ち寄せる波に熱心に目を向けていることにはほとんど気づかなかった。

「聞こえたよ、お母さん、聞こえたよ。」

"何?"

「ドウドウドウドウ。ドウドウドウドウ。海がどよめいた。林田さんの言う通りだったのかもしれない。」

* * * * *

私たちがトラックに戻るとすぐに、ケンジが私の携帯電話に電話をかけてきました。「トーチはどこで手に入れたの?」

"知ってるでしょ?"

「これは1932年のロサンゼルスオリンピックに合わせて出版された珍しい出版物です。JACCC図書館に所蔵しています。林田さんの孫である小坂弘一さんがJACCCで働いています。私は彼と一緒にこの翻訳プロジェクトに取り組んできました。」

「ああ、もう1つは必要ないかもしれませんね。」

「いいえ、ぜひお願いします」。新型コロナウイルスの影響でケンジさんは在宅勤務をしていたが、資材の受け渡しには応じてくれた。

幸運なことに、彼の家は私たちがビーチから帰る途中にあった。

シカモアと私はマスクを着けて、バッグを彼の家の玄関まで運び、ドアベルを鳴らしてからトラックに戻った。ドアが開く音が聞こえて振り返ると、髪を短く刈り込んだマスク姿のアジア人男性が立っていた。彼は優しい目をしていた。

ケンジは右手を振って私たちに挨拶し、「ありがとう」と声をかけた。

「結構です。」これが私たちの旅の終わりでした。とても不思議な倉庫の10日間の掃除。そもそもどうしてそれらの品々がそこにあったのか、私には全く分かりませんでした。それらはゴミのように見えましたが、世界のどこかでそれらの価値に気づいた人がいたのです。

「待って!」ケンジは叫んだ。「君に何かを転送することになっているんだ。」彼は携帯電話にかがみ込み、いくつかのキーを押した。

私の携帯に彼が転送したメッセージが届いた。

清掃完了おめでとうございます。メモリアルデーには、午後 6 時にパサデナのパシフィック アジア博物館にお越しください。

第十二章 >>

参照:

© 2021 Naomi Hirahara

フィクション 劉謙司 文学 林田盛雄 平原 直美
このシリーズについて

清掃業「そうじRS」の経営者、宝木ひろ子は、倉庫の片付けを依頼する謎の依頼を渋々引き受ける。しかし、パンデミックの真っ最中であり、ひろ子がいつも中古品を受け取っているリサイクルショップは閉店していた。一部の品物には歴史的価値があることが判明し、ひろ子はそれらをさまざまな以前の所有者やその子孫に返そうとするが、悲惨な結果になることもある。

「Ten Days of Cleanup」は、Discover Nikkei で独占公開される 12 章の連載ストーリーです。毎月 4 日に新しい章が公開されます。

第1章を読む

詳細はこちら
執筆者について

平原直美氏は、エドガー賞を受賞したマス・アライ・ミステリーシリーズ(帰化二世の庭師で原爆被爆者が事件を解決する)、オフィサー・エリー・ラッシュシリーズ、そして現在新しいレイラニ・サンティアゴ・ミステリーの著者です。彼女は、羅府新報の元編集者で、日系アメリカ人の経験に関するノンフィクション本を数冊執筆し、ディスカバー・ニッケイに12回シリーズの連載を何本か執筆しています。

2019年10月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。