ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2018/12/28/concept-nikkei/

日経コンセプトの規定

記事「 「日系人」って誰のこと?小島茂教授の「」は、私にとって必要かつ啓発的なものに思えました。なぜなら、それは「日経」の概念を発展させ、その構成要素を、それが何であったのか、そして現在に影響を与えている可能性があるのか​​というプリズムを通して観察しているからです。実のところ、私たちは時間厳守での説明を緊急に必要としているからです。日経の概念をその基本的な範囲内で普遍化することを可能にする措置。したがって、私の目的は、小島教授がすでに指摘したことを、考え抜かれて実行されれば大多数に受け入れられるならば重要だと私が考えるいくつかの意見で補足することです(日経読者は賛否両論を述べて判断してください)残りについては、私が仕事や人間関係ですでに使用しているものだけを述べています)。

歴史を作ることから始めると、この概念は 19 世紀末に日本で生まれ、出稼ぎで数千人の日本人が地球の反対側の土地 (標高 3,000 メートルから立方メートルの間) に移住したことを思い出してください。 18,000 キロメートル離れたところ: アジアとアメリカ)。距離の要因に加え、長い探索で遭遇した多くの環境的、社会的制限が、最終的には、数年間の犠牲を払って家族の懐に戻りたいという根深い意図にもかかわらず、これらの旅行者にとってやむを得ない理由となった。奇妙なことに、彼らは自分たちの欲望を実現することができません。しかし、時が経つにつれて、同じ日本人も「第二の祖国」という概念を採用するようになりました。彼らは(ほとんどが地元の女性と)結婚し、海外で家族を持ちました。こうして、複雑な修辞法もなく、「日本経済新聞」が世界に形を現したのです。

私たちは、何千年にもわたって培われてきた日本のナショナリズムが、その概念化を厳密に管理してきたことを知っています。したがって、祖国を後に残し、その後帰還を妨げられることを正当化するようなデカセギやその他の不可抗力の事由が発生した場合には、その概念化に厳密に注意を払う必要があります。それに関連する名前を正しく適用する必要があります。このように、移住後、異国の地で家族を形成し、一世という条件で長を務める日本国民が、その延長線上で「日系人」の特質を子供たちに受け継いでいることは明らかである。したがって、彼らの子孫は一世、二世、三世、または四世を構成しますが、常に二世、三世、四世という分類の外にあり、日本人ではないため、この分類を使用するのは適切ではありません。彼らの国籍は、彼らが生まれた国によって決定されます...この時点まで、私たちは完全に有効な断定的な定義に直面しているように思えます。

しかし、ホスト文化への移住という行為には、当たり前のことがそれほど絶対的ではないという変数が含まれる可能性があり、決定的な逸話として、チリの移民の例がある(20世紀初頭は常に非公式であり、その後の他の移民もあった)彼らはチリ領土で家族を形成し、20年間途切れることなく滞在した後、家族内で正当な立場を取り戻すために祖国に戻ることを決意しました。しかし、彼らは自分たちの記憶や生活環境に合わない見知らぬ日本を発見し、さらに自分たちを「部外者」とほぼ同様に扱う仲間たちに遭遇するという不愉快な驚きに悩まされる。結論として、彼らはチリに戻り、ここで平和と順応のもと、日本ではない自分たちの骨をチリの大地の懐に届けることになる…。

実際、特定の性質の多くの状況が、祖国を離れた冒険者たち (その子供たちも) に影響を及ぼし、今後も影響を及ぼし続けるでしょう。したがって、私は、a) 日本との距離と地理的要因、b) 元の土地の外で必然的に費やされる時間、c) 変換されたその地域文化の重みを考慮せずに先験的に推薦を課す試みは無効であると考えます。 d)日本が何世代にもわたって経験してきた避けられない強制的な文化的、社会的変革に直面して、あらゆる「帰国者」に重くのしかかる可能性のある重大な影響。

同時に、日系人レベルでは、1) 少なくとも片方の親が日本人であること、2) 日本国外で生まれること、の 2 つの明確な条件しかありません。これらの要件以外でコンセプトの構成要素に追加する他のすべての意図は、「礼儀」または「親密さ」(日本の血を知らない日系人の妻、日本文化の崇拝者や協力者、その他の親族など)の基準によってのみ指定されるべきです。この点に関しては、ニューヨークで開催された COPANI 2011 によって提案されました。

したがって、私の見解では、これらの条件づけの基礎の中で、日系人の概念はさらに遅滞なく受け入れられるべきである: a) 脱文化化により元のアイデンティティの一部を失ったすべての日本人移民を特定する。その結果、彼は特定の「日本の日系人」となり、b) 海外から来た彼のすべての直系子孫は、彼の遺伝的および文化的遺産の保因者であるため、中国日系人、北米日系人、オーストラリア日系人などとなる。

最後に、各日系人は、地図上のどこに位置していても、自分自身をそのように認識し、ほとんど神秘的で古代から受け継がれてきた日本人の遺伝学に基づいて、その充実を完全に追求し、社会の発展に関連したプラスに変換しなければならないと言いましょう。 「生きていること」「日経」、そして現実の人生の目標を達成することにおいて。私個人としては、「チリ日系人」第一世代という名前に完全に共感し、誇りに思っています1

注記:

1. 私は一世の父親の息子であり、日系人の世代分類の中では最初の世代です。日系人の子供は二世、孫は三世というようになります。

© 2018 Ariel Takeda

チリ チリ人 ハワイ アイデンティティ 日系アメリカ人 日系 専門用語 アメリカ合衆国
執筆者について

大学講師、教授法の専門家。二世のタケダ氏は、チリ南部で生まれ育ちました。6年間、Socidade Beneficente Japonesa(SJB)のディレクターとして、またSJBの機関誌、”Informativo Nikkei"のライターとして従事しました。主な著書としては、全米日系博物館、アケミ・キクムラ=ヤノ編、『アメリカ大陸日系人百科事典』の第6章「チリの日本人移民と日系チリ人」、Japoneses Chilenos – Primera Mitad del Siglo XX(2006)がある。未刊行のものとしては、Nikkei Chilenos – Segunda Mitad del Siglo XX、小説 El Nikkei – A la Sombra del Samurai がある。

(2012年11月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。