Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2016/8/3/hapa-kid-3/

そのハーフの子供—パート3

コメント

後編 2 >>

自分の国を別の国で旅する

以前の記事で、私はこの国に居場所がないと感じており、母が日本で生まれたにもかかわらず、日本に居場所がないと感じている、と書きました。いくつかのことが、この気まずい立場を思い出させます。私は、国内の住人であると同時に、海外の旅行者でもあり、自分の知識を使って新しい世界を切り開いています。

家族でポートランドのダウンタウンに寿司を食べに行くとき、夕食後に母と日本のドラマを見るとき、箸を使ってフライドポテトを食べるとき、こうした状況は、私がグローバル化した世界と考える世界の中で、自分自身を再配置することを余儀なくさせます。言い換えれば、こうした状況は、私がまさにハーフの子供であることを実感させてくれます。

ポートランド日本庭園の下の入口。写真は EncMstr、Wikipedia.com より。

週末にポートランド日本庭園を訪れたときも、同じ気持ちでした。何年も前から行こうと思っていたのですが、なぜか行けませんでした。太陽は空高く、そよ風が涼しかったので、母に一緒に行きたいかと尋ねました。友人のショーンも一緒に来て、正午ごろに着きました。庭園自体は小さく、3人で全部歩くのに30分弱かかりました。でも、規模が小さい分、植物学、建築、自然生物の思慮深い展示でそれを補っています。

それを皆さんに説明してみましょう。滑らかな飛び石が点在する複雑な小道が、山を下る川のように庭園を縫うように走っています。これらの小道を歩いていくと、急流が流れ込む池や、赤、金、白の鯉が泳ぐ小川にかかる木製の橋、白い砂利を伝って波紋が広がり、鮮やかな緑の苔に覆われた岩を包み込む禅庭園が見えます。

ポートランド日本庭園の禅石庭のひとつ。写真はHeather、Wikipedia.comより。

パンフレットには、かつて松永信夫元大使がポートランド日本庭園を訪れ、「日本以外では世界で最も美しく、最も本格的な日本庭園」と述べたと書かれています。庭園に関する経験は少ないですが、私も彼の意見に賛成です。

この庭園は、1963 年に東野琢磨教授によって設計されました。5.5 エーカーの広さを誇る庭園には、それぞれ異なるスタイルを持つ 5 つの小さな庭園が連なっています。訪問者は、本格的な茶室のそばを歩いたり、曲がりくねった小川に沿って歩いたり、マウント フッドの素晴らしい景色を楽しんだりと、庭園で楽しめることがたくさんあります。

そして、この庭園は間もなく拡張される。2020年の東京オリンピックの国立競技場や世界中の重要な文化施設の設計を委託された著名な建築家、隈研吾氏の協力を得て、庭園キュレーターの内山貞文氏が、文化横断キャンペーンのための新しい庭園スペースと教育施設の設計と建設を主導する。このプロジェクトは、庭園がより多くの訪問者を受け入れ、世界中で日本庭園の芸術と文化を保護する国際パートナーとしての責任を果たすために設計されたものである。拡張には、教室、ギャラリー、カフェを備えた「ビレッジハウス」を含む3つの新しいLEED認証の建物と、公共の水庭と盆栽テラスを備えた7つの庭園スペースが含まれます。このプロジェクトには3,350万ドルの費用がかかり、すべて寄付と助成金で賄われます。拡張された庭園は2017年春にオープンします。

このプロジェクトは、日本とアメリカの関係に前向きな変化をもたらすものです。一部の人にとっては単なる観光名所のように感じられるかもしれませんが、この庭園は両国を結ぶ欠かせないつながりなのです。

私のような人間にとっては、懐かしさが呼び起こされ、日本文化を特徴づける純粋さと優雅さを思い出させてくれます。一方、話だけを聞いたことがある人にとっては、好奇心と賞賛の念がかき立てられ、日本文化を味わうことができます。アメリカ人の友人ショーンでさえ、日本の庭園が本当にこのようになっているのか興味があると言いました。彼は「日本はすごくクールだね」とか「アメリカの庭園はどうしてこんなにきれいじゃないの?」などとくだらないことを言い続けました。私は曖昧な答えをして、冗談交じりに笑いました。いつか日本を訪れるべきだと彼に言いました。きっと楽しんでくれると思います。

* この記事はもともと、 2016 年 7 月 21 日にThe North American Postに掲載されました。

© 2016 Nicholas Turner / The North American Post

農業 ガーデニング 庭園 ハパ アイデンティティ 日本庭園 オレゴン州 ポートランド日本庭園 ポートランド(オレゴン州) 多人種からなる人々 アメリカ合衆国
執筆者について

ニコラス・ターナーはシアトル大学でジャーナリズムを学んでおり、ノース・アメリカン・ポスト紙や大学新聞のスペクテイター紙に記事を書いています。彼の父親はオレゴン州生まれ、母親は東京生まれです。彼の作品は、グローバル化した世界で混血の若者として経験したことから生まれた国際問題に焦点を当てています。彼は、自分の経験を共有する人々を見つけたいと考えています。

2016年7月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。