Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/series/jaba-3/

JABAレガシープロジェクト:日系コミュニティにおける先駆的な裁判官2世代


2014年7月29日 - 2014年8月6日

3 年目を迎える JABA のレガシー プロジェクトは、コミュニティにおける著名な日系アメリカ人法学者の歴史を保存することを目指しています。プロフィールでは、法曹界における職業的キャリア、日系アメリカ人としてのアイデンティティと経験に関する法学者の考察に特に重点が置かれています。特に、この第 3 シリーズの 2 つのプロフィールでは、2 世代の日系アメリカ人裁判官、つまり二世の田島裁判官と三世の藤岡裁判官に焦点を当て、裁判官になるまでの彼らの異なる視点と経験を紹介します。

これは、日系コミュニティー・インターンシップ(NCI)プログラムのインターンが毎年夏に行う主要プロジェクトのひとつで、 日系アメリカ人弁護士会全米日系人博物館が共催しています。


過去の NCI インターンが公開したその他の JABA Legacy Project の記事をご覧ください。

- シリーズ:日系コミュニティの先駆的な法学者、ローレンス・ラン著(2012年)
- シリーズ:日系コミュニティの法的伝説、ショーン・ハマモト著(2013年)
- 「ホリー・J・フジエ判事― 日系アメリカ人の歴史とコミュニティに感銘を受けた感動的な女性」ケイラ・タナカ著(2019年)
- マシュー・サイトウ著「ミア・ヤマモト―日系コミュニティを定義したリーダー」 (2020)
- 「パトリシア・キナガ弁護士、活動家、そして声を持たない人々に声を与えた母親」ローラ・カトウ著(2021年)
- ラナ・コバヤシ著「サブリナ・マッケナ判事― 州最終審裁判所に勤務する初のLGBTQアジア系アメリカ人」 (2022年)


このシリーズのストーリー

Thumbnail for A. ウォレス タシマ判事: 私たちと似た判事
en
ja
es
pt
A. ウォレス タシマ判事: 私たちと似た判事

2014年8月6日 • 加藤 さくら

第二次世界大戦中の強制収容所の荒涼とした兵舎に住んでいた若きA・ウォレス・タシマ判事は、「[アメリカ社会の]暗い雰囲気、日本人であることには何か不吉なことがある」と感じていた。日系人はすべて「非アメリカ人」や「反逆者」とみなされていたため、田島氏は、自身のような日系アメリカ人が裁判官になることは考えられない時代に育った。しかし、米国控訴裁判所に昇格した初の日系アメリカ人判事となったタシマ氏は、その考えが間違っていることを証明し、かつては彼自身と日系アメリカ人コミュニティ全体…

Thumbnail for フレッド・J・フジオカ裁判官: 過去を尊重し、未来に力を与える - パート 2
en
ja
es
pt
フレッド・J・フジオカ裁判官: 過去を尊重し、未来に力を与える - パート 2

2014年7月30日 • 加藤 さくら

パート 1 を読む >>竹の天井を破る彼は、公選弁護人事務所と個人事務所の両方で弁護士として活動した17年間で、自分が数少ない日系アメリカ人の刑事弁護士の一人であったことを思い出します。 「飲酒運転の裁判から死刑判決の裁判まで、あらゆる裁判に携わりました。私は恐れませんでした。何でもやってみました。ですから私にとって、刑事弁護士になれることは、物静かなアジア人という固定観念を打ち破るという意味で、本当に重要なことでした」と藤岡氏は語った。しかし、1970年代後半…

Thumbnail for フレッド・J・フジオカ裁判官: 過去を尊重し、未来に力を与える - パート 1
en
ja
es
pt
フレッド・J・フジオカ裁判官: 過去を尊重し、未来に力を与える - パート 1

2014年7月29日 • 加藤 さくら

1951年1月7日、モト速水は生まれたばかりの孫を腕に抱き、「フレッドは藤岡家の弁護士になるだろう」と予言しました。*実際、ロサンゼルス郡上級裁判所のフレッド・J・フジオカ判事は、祖母の期待に応えて、「フジオカ家の弁護士」になっただけでなく、地域の活動家、政治活動家、そして最後に、フジオカ家の判事になったのです。日系アメリカ人の長い伝統フジオカ判事は、カリフォルニア州シルマーにあるシルマー少年裁判所の法廷内に誇らしげに展示されている日系アメリカ人の家系の出身です。壁のほぼす…

ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら
このシリーズの執筆者

サクラ・カトウさんは、全米日系人博物館および日系弁護士協会の2014年ニッケイ・コミュニティ・インターンです。インターンとして、彼女は主に、日系アメリカ人の法律専門家の遺産を記録する活動を行っています。また、彼女は誇り高きトロージャン(南カリフォルニア大学のスポーツチームの呼称。しばしば同大学生の呼称として使われる)であり、南カリフォルニア大学で歴史を学ぶ傍ら、法科大学院進学のための準備をしています。

(2014年7月 更新)

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。