Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2014/7/29/judge-fujioka/

フレッド・J・フジオカ裁判官: 過去を尊重し、未来に力を与える - パート 1

コメント

1951年1月7日、モト速水は生まれたばかりの孫を腕に抱き、「フレッドは藤岡家の弁護士になるだろう」と予言しました。*

実際、ロサンゼルス郡上級裁判所のフレッド・J・フジオカ判事は、祖母の期待に応えて、「フジオカ家の弁護士」になっただけでなく、地域の活動家、政治活動家、そして最後に、フジオカ家の判事になったのです。

日系アメリカ人の長い伝統

藤岡裁判官の居室。さまざまな家族写真が展示されている。

フジオカ判事は、カリフォルニア州シルマーにあるシルマー少年裁判所の法廷内に誇らしげに展示されている日系アメリカ人の家系の出身です。壁のほぼすべてのスペースが、家族の記念品の膨大なコレクションで埋め尽くされています。

藤岡判事の机の左側には、1900年代初頭にアメリカに移住した藤岡家の第一世代としてカンザスシティに移住した祖父の写真が掛けられている。

「彼は日露戦争の徴兵を逃れるためにここにいたのでしょう。その後日本に帰国できなかったのです」と藤岡さんは語った。

最終的にロサンゼルスにたどり着いた彼の祖父は、自動車産業で莫大な富を得た。

「彼は本当に裕福でした」と藤岡氏は説明する。「カリフォルニア工科大学に通い、石炭エンジンを発明し、財産を築きました。日本で自動車を販売する会社を立ち上げ、横浜のドックに製造工場を丸ごと置いて再組み立てしていました。1923年に関東大震災が起きたとき、工場はまだドックに残っていて、すべて港に流され、彼はすべてを失いました。これが彼が失った最初の財産です。その後、彼はここに戻り、南カリフォルニアで最大のオールズモビルの敷地を持ちました。日本の農家にトラック、自動車、トラクターを販売し、それが彼が2番目の財産を築いた時でした。」

祖父の自動車事業の写真

しかし、太平洋戦争の勃発と反日感情の高まりにより、藤岡家は再びすべてを失った。

「真珠湾攻撃後2時間以内にFBIが彼を逮捕しました。FBIが彼を監視していたからです。彼は地域のリーダーで、広島県人会の代表でした。FBIは彼を逮捕し、全財産を没収しました。そのため、戦争が始まったとき、彼はすべてを失ったのです」と藤岡さんは語った。

一方、フジオカ判事の父、ウィリアム・フジオカは陸軍に入隊し、ほぼ全員が日系アメリカ人二世兵士で構成された、米国史上最も多くの勲章を受けた部隊である第442連隊の最初の隊員の一人として勤務した。

「父は最初から彼らと共にいて、失われた大隊の救出を含むすべての戦闘に参加しました」と藤岡さんは説明した。「写真の一番右にいるのが私の父で、他の二人は父のいとこです。父のそばに立っている男性は、ヨーロッパでの戦闘の最終日にこの写真を撮った一週間後に戦死しました。」

第二次世界大戦中、2人のいとこの横に立つウィリアム・フジオカ

祖父の財産は戦後回収されなかったが、藤岡判事は「私が受け継いだもので、素敵な家やお金よりも大切なものは遺産でした。私はスポーツ選手や映画スターをヒーローとして育ったわけではありません。私は第442連隊に従軍した男性たちに囲まれて育ちました。彼らを尊敬しています。ですから私にとって最大の贈り物は、ヒーローがどんな風貌か知っていたことです。彼らは私たちと同じ姿でした。これは大きなことです」と断言した。

若い頃から自身の遺産を築き上げる

藤岡判事は、先代の藤岡家から犠牲と差別の物語を受け継いで、常に弁護士になりたいと思っていた。

「それは権限を与えられる近道だった」と彼は考えた。「私が弁護士なら、人々は私を踏みにじることはできない。そして私は正しかった…法律を争うだけでなく、私は弁護士なので、法律を作る人々を知っているし、法律を解釈する人々を知っている。そのため、私がそれを自分のためだけでなく、公共の利益のために使う限り、コミュニティは権限を与えられるのだ。」

実際、藤岡さんは小学4年生の頃から、すでに法科大学院進学を志望していた。

「計画は決まっていました。ウェストポイントに行き、現役で勤務し、復員軍人援護法でロースクールに進み、その後弁護士になるつもりでした」と藤岡さんは振り返る。

しかし、ウェストポイントへの入学許可を受けた後、高校最終学年のときにレスリングの試合で膝に致命的な打撃を受け、入学資格を失ってしまった。

挫折にもかかわらず、彼は南カリフォルニア大学(USC)に進学し、都市研究の学位を首席で取得して卒業した。

しかし、藤岡さんは完璧なGPAを達成しただけでなく、学部生時代にはイーストロサンゼルスのカサ・マラビラ財団でコミュニティオーガナイザーおよびアウトリーチワーカーとして働いていました。

「私はギャングと直接交渉しなければなりませんでした」と藤岡は説明した。「『ストリートの信用』を得るために、私は彼らを学校に通わせ、母親の手当をもらい、子供を保育園に入れました。そして、私はそれらすべてをして、後で彼らに銃を下ろすように、そして私に借りがあるから人を撃たないように頼めるようにしたのです。それはトレードオフでした。」

日系アメリカ人として日本に留学する

南カリフォルニア大学2年生のとき、藤岡さんは太平洋を渡り、日本の早稲田大学で1年間留学しました。

到着すると、「私が日本人ではないことは明らかだったが、それで大丈夫だった」と藤岡さんは語った。

実際、彼が日本で過ごした1年間は、日本と彼自身の日系アメリカ文化の「類似点よりもむしろ相違点をより鮮明にした」のです。

合気道4段黒帯の資格

「ここの日本文化、特に私が育った頃は、日本の日本文化とは全く違っていました」と藤岡さんは説明する。「基本的に、日本人移民は明治時代にやって来て、その後米国は1922年に移民を遮断したので、私たちの文化、つまり私が育った文化は時代遅れでした。南北戦争の終わりに一団の人々が南部を去り、その後50年間移民を遮断したのと同じようなものです。彼らは、もう誰にも理解できない奇妙な考え方をしていたのです。」

彼が日本滞在中に取り入れた日本文化の一つは合気道で、これは彼が今でも続けている武道の一種です。

「私はそこで合気道を始め、世界本部で練習することができました。最終的には黒帯4段を取得することができました」と藤岡さんは明かした。

国民を代表する

藤岡判事は計画通り、1977年にボアルト法科大学院を卒業し、最終的にはロサンゼルス郡公選弁護人事務所の副公選弁護人として勤務しました。

「もう一度やり直せるなら、私は検察官になっていたでしょう」と藤岡氏は告白した。「もし過去に戻って若い頃の自分にアドバイスできるとしたら、『いや、検察官ならもっと正義に貢献できるはずだ』と答えていたでしょう」

「しかし、何も悪いことをしていないのにすべてを失った家族に大きな不当な扱いを受けたので、私はそうすることができませんでした。私は自分が政府を代表する姿が想像できませんでした。むしろ、一般市民の代表になりたいと思いました。それが私が国選弁護人になった理由です」と藤岡氏は説明した。

彼が公選弁護人という職業を選んだ大きな理由は、藤岡氏のような新進気鋭の弁護士にキャリアの指導を提供できる日系アメリカ人弁護士が限られていたという事実によるものでもある。

「私にはアドバイスをくれる人が誰もいませんでした」とフジオカさんは語った。「当時はボブ・タカスギという弁護士しか知りませんでした。そして私がロースクールを卒業したとき、私が知っている裁判官は彼だけでした。私たちのコミュニティには日系アメリカ人の弁護士がそれほど多くなかったのです。」

パート2 >>

*冒頭の逸話を共有してくださった藤岡裁判官の母、リンダ・フジオカさんに感謝します。

 

© 2014 Sakura Kato

第442連隊戦闘団 合気道 カリフォルニア州 戦闘(combat) フレッド・J・フジオカ 世代 裁判官 法律 弁護士 (lawyers) 武術 三世 シルマー アメリカ合衆国 アメリカ陸軍
このシリーズについて

3 年目を迎える JABA のレガシー プロジェクトは、コミュニティにおける著名な日系アメリカ人法学者の歴史を保存することを目指しています。プロフィールでは、法曹界における職業的キャリア、日系アメリカ人としてのアイデンティティと経験に関する法学者の考察に特に重点が置かれています。特に、この第 3 シリーズの 2 つのプロフィールでは、2 世代の日系アメリカ人裁判官、つまり二世の田島裁判官と三世の藤岡裁判官に焦点を当て、裁判官になるまでの彼らの異なる視点と経験を紹介します。

これは、日系コミュニティー・インターンシップ(NCI)プログラムのインターンが毎年夏に行う主要プロジェクトのひとつで、 日系アメリカ人弁護士会全米日系人博物館が共催しています。


過去の NCI インターンが公開したその他の JABA Legacy Project の記事をご覧ください。

- シリーズ:日系コミュニティの先駆的な法学者、ローレンス・ラン著(2012年)
- シリーズ:日系コミュニティの法的伝説、ショーン・ハマモト著(2013年)
- 「ホリー・J・フジエ判事― 日系アメリカ人の歴史とコミュニティに感銘を受けた感動的な女性」ケイラ・タナカ著(2019年)
- マシュー・サイトウ著「ミア・ヤマモト―日系コミュニティを定義したリーダー」 (2020)
- 「パトリシア・キナガ弁護士、活動家、そして声を持たない人々に声を与えた母親」ローラ・カトウ著(2021年)
- ラナ・コバヤシ著「サブリナ・マッケナ判事― 州最終審裁判所に勤務する初のLGBTQアジア系アメリカ人」 (2022年)

詳細はこちら
執筆者について

サクラ・カトウさんは、全米日系人博物館および日系弁護士協会の2014年ニッケイ・コミュニティ・インターンです。インターンとして、彼女は主に、日系アメリカ人の法律専門家の遺産を記録する活動を行っています。また、彼女は誇り高きトロージャン(南カリフォルニア大学のスポーツチームの呼称。しばしば同大学生の呼称として使われる)であり、南カリフォルニア大学で歴史を学ぶ傍ら、法科大学院進学のための準備をしています。

(2014年7月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。