ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2024/2/19/jc-new-year/

私の日系カナダ人の新年

旧正月のお祝いが行われているとき、私はよく旧正月を祝うのかと聞かれます。私は、1月1日に日系カナダ人の新年を祝うことを人々に伝えています。日本人は太陽暦であるグレゴリオ暦に従います。しかし、これは私が異なる文化について学び、祝うことを妨げるものではありません。

日本の新年の伝統の1つに、他のアジアのコミュニティでも守られている干支があります。2024年は、日本の干支(十二支)によると辰年です。12匹の動物が毎年入れ替わります。最初は鼠、続いて丑、虎、兎、辰、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、そして猪で終わります。1つの伝説によると、どの動物が干支を代表するかを決める競争があったそうです。競争の順番が、干支での順番になります。私の家族では、お正月には、その年の動物を卓上の飾りや、爪楊枝入れなどのもっと実用的なものの形で飾るのが通例でした。

多民族のいとこ、叔母、叔父がいる四世、つまり日系カナダ人の四世として、私はさまざまな伝統と最高の料理を楽しむ幸運に恵まれました。例えば、クリスマスイブの真夜中に、カナダ系、イタリア系、日本人のいとこたちとプレゼントを開け、甘いフルーツパンであるパネットーネとクリーム入りのペストリーを堪能しました。私の家族にとって、クリスマス当日は七面鳥、詰め物、クランベリーソース、サイドディッシュがすべてです。元旦は、日本料理がすべてです。

準備と行事は1月1日前に始まります。母の監視の下、家を掃除し、旧年の埃をすべて掃き出さなければなりません。母、祖母、そしてその前の先祖たちは、私たちが新年の最初の3日間に料理をしなくても済むように、大量の食べ物、あらゆる種類の特別な料理を準備しました。

ロレーンの大晦日の麺。これは家族の伝統です。彼女のおばあちゃんが生きていた頃は、麺も含めてすべて手作りでした。

大晦日には、夜12時前に年越しの麺を食べます。長い麺は長寿を表します。通常はそばが使われます。そばはソバから作られ、ソバは丈夫な植物で、強さと回復力を表します。また、麺は切れやすいと言われており、一年の苦労を解き放つ方法でもあります。

祖母は麺を一から作っていました。祖母は力強く、忍耐強く、小柄な女性でした。祖母は木製の麺棒、祖母の身長と同じくらいの長さがあると思われる長い円筒形の木の棒を取り、台所のテーブルで生地を丸めて平らに伸ばしていました。祖母は生地をこねるとき決して疲れることなく、丸めた生地を薄く大きな長方形に伸ばし、テーブルを覆うほどの大きさにしました。次に、生地を何度も何度も折り曲げ、前後に繰り返し、小さくても長い長方形になるまで繰り返しました。祖母は大きく鋭いナイフを取り、生地を薄く正確な細片に切りました。祖母はそっと細片を広げ、ダイニングルームのテーブルにかけた白い紙の上に広げるように私に渡しました。テーブルにスペースがなくなると、私はダイニングルームの椅子の背もたれに紙をかけて、その上に細片を掛けました。

麺作りは終わったが、まだ終わっていなかった。スープを作らなければならず、麺に合う他の材料を準備する必要があった。おばあちゃんは魚を挽いて自分でかまぼこを作っていた。また、庭でネギを採ってきて細かく切り、焼いた海苔を上に散らしていた。

盛り付けもプロセスの重要な部分でした。スープには特別なボウルを使いました。そして、母が作ったものすべてに特別な皿とボウルを使いました。私が小さかった頃、母と母はどの盛り付け皿を使うべきか教えてくれました。今では、盛り付け皿を選ぶときに色、形、素材の組み合わせを考慮するのが私にとってとても自然なことのように思えます。

おせち料理は、新年のあらゆる幸運を歓迎するために重ねられた漆器に盛り付けられた特別な料理です。

ロレーンさんは、元旦に特別な食べ物や家族の好物がすべて出されるようにすることで、家族の伝統を守っています。

子どもの頃、母と祖母が、幸運と健康をもたらすために特別な食べ物を全部食べなさいと言っていたのを覚えています。特別な食べ物には、黒豆、つまり言葉の類似性から健康を象徴する甘い黒い豆が含まれていました。煮しめには、ゴボウ、ニンジン、レンコンサトイモが含まれます。ゴボウはニンジンのように長い根を持ち、安定と強さを表します。レンコンの多くの穴は、妨げられることのない未来の見通しを示しています。サトイモは多くの根を持ち、多くの子孫を象徴しています。

エビは茹でたエビで、背中の湾曲とひげが老人に似ており、長寿を表しています。田作りは、醤油に漬けた干しカタクチイワシの稚魚で、豊作を象徴しています。昆布は、茹でた昆布で、幸せと喜びを意味します。イクラは、輝く赤い宝石のようで、豊穣を象徴しています。きんぴらはごぼうとにんじんを混ぜたものです。かまぼこは、通常、お祝いの色である赤と白で、形は新年の初日の出に似ています。

おせち料理以外にも、カンバーランド(1942年に強制移住させられる前に祖母が住んでいた場所)の焼きそば、サーモン照り焼き、鶏の唐揚げ餃子、寿司、スイーツなどの日本料理もありました。

私の好きなお菓子の一つは、餅です。餅は、柔らかくて滑らかな甘い米を搗いて、中にあんこ(甘い小豆のペースト)を詰めたものです。

私の家族の一番好きな寿司は、揚げ豆腐の袋に味付けしたご飯を詰めた稲荷寿司です。祖母はみんなのためにそれを作ってくれました。それは食べ物の形をした祖母の愛情でした。好き嫌いの多い従兄弟たちでさえ、祖母の「袋寿司」が大好きでした。祖母が亡くなった後、母がそれを作る役割を引き継ぎました。母が亡くなった今、私がそれを作っています。従兄弟たちは私が訂正しようとしても、いまだにそれを袋寿司と呼んでいます。

私たちは、これからの一年の幸運を祈って、大晦日に麺類を食べ、元旦には特別な食べ物を食べました。私は幸運についてあまり考えたことはありませんでしたが、暖かくて安全な家、おいしい食事、そして思いやりのある家族の支えという幸運に恵まれました。祖母と母、強い女性生存者と一緒に過ごし、伝統、文化、愛の教訓を学んだことは、私にとって幸運でした。

私たちの食の伝統には、たくさんの思い出が結びついています。家族、食べ物、文化のつながりは日系カナダ人に限ったことではなく、私はいつもそれに魅了されてきました。食べ物や物語を共有することは、人々を結びつける強力な方法だと私は考えています。

あなたの食の伝統や思い出は何ですか?

© 2024 Lorene Oikawa

伝統 家族 新年 日本食 日系カナダ人 系譜 食品
執筆者について

ロリーン・オイカワは、全米日系人協会(NAJC)の元会長として理事を務めており、現在は、日系カナダ人の長老たちと日系カナダ人の歴史を称えるレガシーイニシアチブを開始したNAJCでの最初の仕事から発展したレガシープロジェクトに取り組んでいます。彼女は日系カナダ人の4世であり、人権活動家です。彼女は、1942年から1949年にかけての強制移住、土地の没収、投獄、追放の生存者の子孫です。彼女の家族は、1800年代と1906年に日本から移住しました。

2024年2月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら