ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2024/2/13/broken-promise/

破られた約束 ― 第二次世界大戦中のハワイの強制収容所物語

トゥーレ湖。写真は松浦家提供。

2018年、私はワシントンDCにある米国ホロコースト記念博物館の厳粛なホールを歩きました。訪問前に、ホロコーストの残虐行為に関する物語を読み、生存者のインタビュー、ドキュメンタリー、映画を鑑賞しました。それでも、恐ろしい物語や心に残る画像のある展示を歩き、老若男女の犠牲者の私物を見るのは、私を深く動揺させました。ユダヤ人に対する非人道的な扱いと大量虐殺の歴史は、人類の最も暗い側面を浮き彫りにします。

博物館の学芸員は、大統領令 9066 号に基づき第二次世界大戦中に強制的に収容所に送られた日本人の展示も行いました。展示には、次のような Q&A を記したバックライト付きの看板も付いています。

日本人外国人(日本国民ではない人々)を太平洋沿岸から追放することは正しいことだとお考えですか?

1942 年 3 月に全米世論調査センターが実施した世論調査では、93% が「はい」と答えました。

この大きな割合はメディアの力の証です。ウィリアム・ランドルフ・ハーストの新聞は国内で最も影響力のある新聞の一つで、1900年代初頭から日本人移民に反対の立場を取っていました。この新聞は「黄禍論」という概念を広め、アジア人が職を求めて白人と競争しているというイメージを伝えました。真珠湾攻撃はアジア人に対する偏見に拍車をかけました。

反日感情とヒステリーの風潮は、強制収容所の受け入れを促した。ハースト紙がますます掲載する反日記事、社説、政治漫画、投書は、日本人に対する激しい憎悪を助長した。しかし、西海岸の日系アメリカ人全員を追放し、収容するという計画は、究極的には政治的行為だった。1

ホロコーストと同様、私は日本人の強制収容に関する物語を読んだり、ビデオインタビューやドキュメンタリーを見たりしてきました。しかし、この物語は文字通り、身近に感じられました。物語は、ハワイ島からカリフォルニア州のトゥーリー湖強制収容所までのマーティン・マツウラの家族の旅を追ったものです。マーティンは私のレイレフア高校の同級生で、私の故郷であるワヒアワの元住民です。


家族の離別

「母は日本軍が真珠湾を爆撃した翌日に父のスーツケースに荷物を詰めました。母は日本軍が父を捕まえに来ることを知っていて、実際そうなりました」とフィービー・ランベスは語った。ヒロ医療センターの最高執行責任者を退いた元看護師のランベスは、ギョクエイ牧師とマツウラ・マスエの娘で、マーティンの妹である。幼い頃、連邦捜査官が父を逮捕しに来た時、彼女と母は父と引き離された。

松浦益恵師、松浦フォベ師、松浦玉栄師、虚空蔵ロイ師、虚空蔵全海師、虚空蔵吉野師。写真提供:松浦家。

ウッドバレー・カウ・ホームステッドの太田益恵さんは、1939年まで2年間、タカラ・パパイコウ学園で日本語を教えていました。1939年の夏、彼女は友人の虚空蔵禅海師に「お見合い」をして松浦師と結婚しました。1939年8月3日、二人は虚空蔵師が牧師を務めるヒロの太正寺曹洞宗で結婚しました。その後、松浦師は牧師としてカウアイ島の曹洞宗禅宗寺院善宗寺に派遣されました。

真珠湾攻撃後、彼らはヒロに移り、虚空蔵師が逮捕された後、吉野虚空蔵夫人とともに大正寺曹洞宗の世話を手伝った。1月に松浦師は逮捕され、キラウエア陸軍キャンプ拘置所に拘留された。1942年3月17日、彼は本土に送られる前にオアフ島のサンドアイランド拘置所に移送された。

松浦夫人とフィービーは、虚空蔵夫人と幼い息子のロイとともに大正寺に残った。政府は松浦夫人に、夫のもとへ本土へ行く意思があるかと尋ね、彼女は承諾した。しかし、1942年10月、松浦夫人は虫垂破裂の大手術を受けることになった。

「母はヒロで手術を受けたので、政府当局が私たちを避難させるまでにしばらく時間がかかりました。でも政府は母の回復を待ち、私たちを避難させることを心待ちにしていました。そして政府は私たちを本土に送って父と会わせるつもりだと言いましたが、それはすぐには行われませんでした」とフィービーさんは語った。2

1942 年のクリスマスイブに、松浦夫人と生後 21 か月のフィービー、そしてコクゾウ夫人と 4 歳の息子ロイがホノルルに派遣されました。私は、ソト伝道団の元牧師であるロイ・コクゾウ牧師に会いました。彼は、「ヒロからホノルルまでの旅では、赤十字が私たちの面倒を見てくれました。私たちはホノルルのアアラ公園の向かいにあるナカムラ ホテルに宿泊しました。ナカムラ ホテルのオーナーはハワイのソト伝道団の熱心な信者で、ソト伝道団の信者を援助してくれました」と言いました。

ホノルルから彼らはカリフォルニア州エンジェル島に送られ、その後アーカンソー州のジェローム収容所に送られた。ジェローム収容所はハワイから800人以上の囚人を受け入れたという特徴があり、電商百科事典によると、戦時移住局(WRA)収容所に送られた最大の派遣団だった。

ジェロームで1年以上収容されていた間、松浦牧師と虚空蔵禅海牧師はニューメキシコ州サンタフェの男性専用収容所にいた。政府が約束したように、松浦夫人は夫と再会できなかった。

ニューメキシコ州サンタフェキャンプのソフトボールチーム。写真提供:松浦家。

サンタフェは、政府が仏教や神道の聖職者、日本語学校の職員、その他日本人コミュニティのリーダーたちを、証拠もなくFBIによって「既知の危険なグループA容疑者」に分類して拘留した場所です。3

こうした状況下での夫との別離は、精神的につらいものだったと言うのは、控えめな表現にすぎない。「母は父に、1、2日程度の誤差はあれど、毎日手紙を書いていました」とフィービーさんは言う。松浦夫人は英語で手紙を書き、英語が堪能ではない松浦牧師は日本語で返事を書いた。手紙には「拘束された敵国人郵便物 検査済」というスタンプが押されていた。

松浦夫人と牧師は、再会できるよう家族収容所に入れるよう政府に請願した。松浦夫人が受け取った回答は以下の通り。

憲兵元帥は、1943 年 7 月 2 日付けのあなたの手紙に返信するよう私に指示しました。

あなたとご主人は、家族で収容所の 1 つに収容されることを希望されているようです。家族収容所については、家族収容所は司法省が運営しています。夫や父親が収容されているハワイ出身の家族のために、家族収容所のスペースがいつ利用可能になるかは、司法省ではわかりません。しかし、司法省は、ハワイのケースで家族収容が必要であることを司法省に伝え、家族収容をできるだけ早く実施すべきケースのリストを司法省に送付しました。このリストには、ご主人の名前も含まれています。

IBサマーズ、大佐、CMP、
捕虜課長

この手紙は、政府が松浦夫人とその娘を虚偽の理由で投獄したことを裏付けています。

悪名高い忠誠度アンケート

考えの浅はかな「忠誠質問票」は、米国政府が日系市民と日系移民を収容所に収容するために実施したものだった。これは、陸軍省が二世を二世だけの戦闘部隊に採用し、WRA が他の日系人を収容所外に移転させる許可を出すのを支援するためのものだった。この「忠誠質問票」は、戦時中の違憲的扱いに対する一世と二世の憤りを生んだ。4

松浦夫人はこう言いました。「アメリカ国民である私と娘を収容所に送ったのに、なぜ私が署名し、アメリカを支持しなければならないのですか。本土で夫と再会させるという約束を守らなかったのです。」 5

署名しなかったため、彼女は「不忠」とみなされ、不忠とみなされたため、彼女と娘のフィービーはトゥーリー湖の強制収容所に送られました。

トゥーレ湖は「不忠」な収容者の数が多かったため、厳重警備の「隔離センター」に指定された。有刺鉄線が増設され、二重の「人間を通さない」フェンスが建設された。敷地を囲む6つの監視塔は28に増え、装甲車と戦車を備えた1,000人の憲兵が警備のために投入された。6

松浦牧師夫妻の身分証明書。写真は松浦家提供。

このような抑圧的な状況下で、松浦一家は最終的に再会することになった。

仕方がない

フィービーさんは「父の態度は『仕方がない』というものでした」と語る。禅僧は今を生きること、目の前の課題に集中することを実践した。そして、他者への奉仕は彼らの生き方の基本である。「父は教育を強く信じ、トゥーリーレイクに日本語学校を始めました」とフィービーさんは語る。

松浦牧師は終戦まで1,200人の生徒を抱えるこの学校の校長を務めた。虚空蔵牧師は、親たちが収容所での摩擦から子供たちを守り、平常心を保つよう努めたと語った。伝統的な英語教育に加えて日本語学校を設立したのは、子供たちが学習に集中できる方法だった。

WRA はまた、キャンプ生活の厳しい現実と緊張から気をそらすための日常感覚を植え付けたいと考えていました。7野球、音楽、歌舞伎などの舞台芸術などのスポーツが奨励され、資金援助も受けました。

トゥーレ湖の歌舞伎役者たち。写真は松浦家提供。

母親たちの出産は、キャンプコミュニティの明るい未来への希望の光も投げかけました。フォビの兄弟サーストンはキャンプで生まれました。ロイ・コズコ牧師の兄弟ヨシノブもキャンプで生まれました。

自殺に対する沈黙

収容所での自殺: 政府は可能な限り自殺を軽視したり隠蔽したりした。行政当局は沈黙を利用して悪影響を最小限に抑えた。8

羅府新報の記事で、シャロン・ヤマトは次のように書いている。 「自殺事件の記録を見つけるのは難しいが、狭く手入れの行き届いていない兵舎のシングルベッドの上で、首に輪を巻いて首を吊った男性の写真がWRAにある。」

ドレクセル大学のブログによると、1943 年 6 月 4 日、トゥーリー湖に到着してから 1 年も経たないうちに、ミツエ カシ夫人は自殺したとのことです。彼女が自殺した理由については記録がありませんが、彼女にとって強制収容所での生活は耐え難いものであったと考えられます。

グリネル大学の健康と医学に関する記事には、多くの収容者が重度のうつ病に陥り、自殺に追い込まれたと記されている。自殺した村田英雄氏がアメリカ市民権証明書を所持していたのが発見されたケースもあった。

第二次世界大戦中のこれらの抑留者たちは、心の中で自分自身の戦いを戦っていました。

トゥーレ湖。写真は松浦家提供。


帰国

ハワイに戻った後、松浦師はコナの大福寺曹洞宗の牧師として奉仕しました。その後、オアフ島のカワイロア曹洞宗に転任し、その後ワヒアワ龍泉寺派に転任しました。

松浦夫人は夫とともに、ワヒアワ龍泉寺伝道所を現在の姿に築き上げるのに尽力しました。松浦夫人は土曜と日曜にカワイロア、ワイアルア、ワヒアワの各家庭を訪問し、女性たちに龍泉寺婦人会(女性クラブ)への参加を呼びかけ、資金集めに協力しました。集めたお金は、教会で使用するバン 2 台の購入に役立ちました。松浦牧師は、教会員である地域や企業のリーダーたちから資金援助を受けました。松浦夫人の婦人会の資金集めプロジェクトと合わせて、寺院、住居、日本語教室、そして後に松浦ホールと名付けられたホールを建設しました。

松浦夫人は、政府の忠誠度調査で自分の立場を貫いた信念の強い女性でした。その信念の強さは、彼女のたゆまぬ努力と夫の使命への献身に表れています。ワヒアワ龍泉寺伝道所は、松浦牧師と夫人の遺産として受け継がれています。

松浦牧師はヌウアヌにある曹洞宗ハワイ正法寺の司教となり、そこで引退した。

閉会の挨拶

私はフィービーに、家族の投獄を思い起こすと何が思い浮かぶかと尋ねました。フィービーはためらうことなく、「母はとても不幸だったので、私は怒りを感じます。母は本当に苦しんだのです」と答えました。

メディアは第二次世界大戦前、戦中、戦後を通じて、日本人に対する人種差別の炎を煽る一因となった。憂慮すべきことに、今日ではソーシャルメディアで拡散された誤情報のせいで、分極化と人種差別が高まっている。

米国ホロコースト記念博物館の入り口には、太字で「二度と繰り返してはならない。あなたの行動が大切だ」というメッセージが書かれた大きな横断幕が掲げられていた。


ノート:

1. 公共放送サービス(2021年9月23日)。第二次世界大戦中の日本人強制収容につながった公共メディアキャンペーンの経緯

2. 2006 年 9 月のハワイ日本文化センター (JCCH) による口述歴史インタビュー。

3. 伝書事典。

4. 伝書事典。

5. JCCH口述歴史インタビュー。

6. 伝書事典。

7. 伝書事典。

8. southernspaces.org から抜粋。

© 2024 Daniel Nakasone

ハワイ島 ハワイ 第二次世界大戦下の収容所 キラウエア捕虜収容所 キラウェア(ハワイ) アメリカ 投獄 監禁 教職 教師 カリフォルニア 教育 強制収容所 ツールレイク強制収容所 宗教 (religions) 仏教 聖職者 宗教指導者 自殺 仕方がない ロイヤルティアンケート マスエ・マツウラ 松浦 玉栄
執筆者について

ダン・ナカソネはワヒアワ出身の三世ウチナーンチュです。マーケティングと広告の専門家で、ハワイを拠点にエド・ケニーシェフが司会を務めるPBSの受賞歴のある食と文化シリーズ「 Family Ingredients 」のプロデューサー兼リサーチャーでした。

2022年11月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら