ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2023/4/24/sakura-wahiawa/

ワヒアワの桜

ワヒアワ本願寺の桜の木。(撮影:ダン・ナカソネ)

2013 年、東京の新宿で過ごした肌寒い春の日のことを鮮明に思い出します。が咲き誇る公園を散策するのは、五感を満足させる体験でした。桜は日本の春の象徴で、ちょうど満開の時期でした。景色と音が、文化的な出会いに没入できる背景を提供しました。家族や友人が、素晴らしい環境の中で桜の木の下に座り、お祭り気分を味わいました。焼き鳥を焼き、日本酒弁当を楽しむ人々がうらやましかったです。彼らは、千年以上も遡る由緒ある伝統である「花見」を祝っていたのです。

3,800 マイル以上離れたオアフ島中央部の高地にあるワヒアワという小さな町では、桜の木が咲き誇っています。木の種類は日本本土のものと異なり、季節ごとの開花もそれほど壮観ではないかもしれません。しかし、美しい桜への熱狂が人々をワヒアワに引き寄せます。ロマンチックな心を持つ人にとっては、この体験は日本の春の夢のように感じられるかもしれません。


ワヒアワの最初の桜の木

チョロと妻のオト・ナカソネさん。(写真提供:ジェリー・ナカソネ・ナカムラ)

沖縄では、桜はカンヒザクラと呼ばれています。最初のカンヒザクラの木は、1950 年代初頭に、仲宗根長郎 (著者とは無関係) によって沖縄からワヒアワ郊外のワイピオ エーカーズに持ち込まれました。長郎は、日本で桜が咲くのを待ち望んでいたものの、春に日本に旅行することができない友人の寺尾太助に苗木を贈りました。  

太助とチョロが桜の木を植え、その世話をすると、口コミであっという間に広まり、車や大型観光バスがチョロの長いドライブウェイに並ぶようになりました。ハワイの桜は目新しく、その目新しさは人々の心をとらえました。人々は鯉のいる池のある庭園に植えられた8本の桜の木と盆栽コレクションを見にやって来ました。  

娘のジェリー・ナカソネ・ナカムラさんは、1960年代に高校生だったとき、父親は  彼女はワヒアワにあるキラニ・ベーカリーまで車で行き、ペストリーを買ってきました。また、自宅に来た人のためにコーヒーを淹れてあげました。  

チョロさんは木に関する情報を共有し、人々は苗木が手に入るかどうか尋ねました。チョロさんは苗木を増殖させ、ワヒアワ沖縄旧友会、慈光園本願寺、そしてワヒアワの友人たちに寄贈しました。

ジェリーさんは、古い冷蔵庫の霜取りを頻繁に行い、満開を促すために木の根元に氷を撒いていたという。桜が満開になるには、寒い天候が続く必要がある。  

幸運なことに、私の庭には樹齢半世紀近いチョロの木の子孫がいます。ハワイ大学の友人教授テッシー・アモーレ博士が、私の木の花の写真を琉球大学名誉教授の上里健治博士に送ってくれました。博士はメールで、沖縄には形も色も異なるカンヒザクラの品種がたくさんあると書いていました。私の木の花は形が普通のタイプではなく、特別な花だと指摘してくれました。  

「父はウチナーンチュ(沖縄人)の血統をとても誇りに思っていました」とジェリーさんは言う。「桜は父の血統を私たちのコミュニティと共有する方法でした」。桜の木を持っている私たちやワヒアワに桜を見に来る人は皆、チョロさんの素晴らしい贈り物に感謝の気持ちでいっぱいです。


ワヒアワの桜の木のジョニー・アップルシード

ジャックと辻原和恵。 (写真:ダン・ナカソネ)

ジェリーは、今日ワヒアワで見られる木々の大半は、太助、その娘、義理の息子の和江、そしてヒロタカ・「ジャック」・ツジハラ夫妻のおかげであるとしています。彼女は太助をワヒアワの桜の木々のジョニー・アップルシードと呼んでいましたが、まさにその通りです。彼は苗木を増殖させ、庭に木を植えたいと望むワヒアワの住民にそれを配りました。太助はワヒアワを桜の街にするという夢を持っていました。  

「父は私に夢を継いでほしいと頼みました」とカズエさんは言う。二人で何百本もの苗木を配布したり売ったりした。カズエさんは70代後半、ジャックさんは80代前半で、二人は今も苗木を育て続けている。  

カズエさんは今年の開花状況は最悪だと言い、ジャックさんは去年は開花状況が良かったと答えました。ジャックさんは、以前は安定していて、とても予想通りだったと言います。彼らの家は桜の木々に囲まれており、ワヒアワで桜を見たい人たちの目的地です。私たちが桜の木々のそばに立っていると、2台の車が止まり、人々は「早いですか、遅いですか?」と尋ねました。  

ガーディアン紙によると、日本の一部地域では紅葉の時期が早まっており、専門家は地球温暖化が原因かもしれないと指摘している。  

辻原夫妻は、繁殖の秘訣を次のように教えてくれた。挿し木や空中層では繁殖できない。花が散った後に地面に落ちた種子から植物を発芽させる必要がある。濃い赤色の種子を集めて植えると、100 個のうち 10 個以下しか発芽しない。種子が発芽するまでに 10 か月かかることもあるため、禅のような忍耐力が必要だ。夫妻は 1 年に 20 ~ 30 個の苗木を発芽させているが、すべてが生き残るわけではない。誰かの庭で生き残り、繁茂する苗木はどれも祝福に値する。

彼らは夢のために献身し、必ずしも報われるとは限らない多くの時間を費やしました。彼らは粘り強く努力し、その寛大さで太助の夢の実現を助けました。


さくらサファリ

ワヒアワ日系市民協会はハワイ日本人会と提携して、当時のワヒアワ日系市民協会会長の若竹正雄氏が率いる「花見」ツアーを毎年開催しました。会員はワヒアワを巡って桜を鑑賞し、最後に太助さんのガレージでお酒と弁当を楽しみました。  

人気が高まり、2004年にアン・コバヤシとルネ・マンショはワイキキトロリーで毎年恒例の「サクラサファリ」ツアーを企画しました。最大のツアーは2018年で、参加者は480名で、年間平均は120~360名です。

桜の中のメジロ。 (写真:ダン・ナカソネ)

私はワヒアワで生まれ育ち、桜の木の所有者です。なぜ私が桜ツアーに参加するのでしょうか? ツアーに申し込んだ途端、その気取った態度は期待に変わりました。  

ツアー参加者は1月28日土曜日にワヒアワ・リュウセンジ・ソト・ミッションに集まり、レイレフア高校リーダーシップクラブの学生ボランティアが作ったワッフルドッグを堪能した。彼らはKCワッフルドッグのオーナー、デイトン・アサト氏という気さくな人の監督下にあった。  

午前9時と午前11時のツアーは、1ツアーあたり合計60人乗りのトロリー2台で、参加者1人あたり25ドルで利用できます。私は午前9時のツアーの1つに参加しました。これは、パンデミックが発生した2020年以来初めてのことです。私の初めての90分間のツアーには、オアフ島中から49人が参加しました。午前11時のツアーは完売でした。  

WNCA 会長でワヒアワ出身のマイク・ミヤヒラ氏は、私のカートに地元の見識を盛り込んだ有益な解説をしてくれました。彼によると、WNCA の「推定」によると、ワヒアワ全体でおよそ 500 本の木が植えられているとのことです。ハワイ公共ラジオの記事によると、木の 90 ~ 95% は沖縄原産だそうです。  

トロリーは私たちをワヒアワ地区に連れて行き、住民の庭に咲く桜を眺めながら、マイクが桜に関する情報だけでなく、歴史的建造物や昔ながらのお気に入りの店についても教えてくれました。「今年の桜は例年ほどよくありません」とマイクは言いました。「私たちは母なる自然の気まぐれに左右されるのです。」いずれにせよ、私はこのツアーを楽しみましたし、私のようなワヒアワの人々を含む他の人にもお勧めしたいと思います。  

ダン・ナカソネさんの庭にある桜の木。(ダン・ナカソネさん撮影)

ツアーの後、私はルネが先導する別のトロリーに乗っていたミリラニのマリー・アバカヨとワヒアワのキャロル・ダックワースと座りました。マリーにとっては4回目のツアー、キャロルにとっては初めてのツアーでした。マリーは「ルネ・マンショはとても知識が豊富で明るい性格のガイドなので、このツアーが大好きです」と言いました。私たちはキャロルの近所を車で通りましたが、彼女は近所の桜の木については知らなかったが、今後は気をつけるつもりだと言いました。

私はまた、現在ノースショアのモクルイーアに住んでいるウィリアム・マッケンジー医師とも話をしました。マッケンジー医師はテキサスで開業していましたが、1979年にワヒアワ総合病院に採用されました。娘のジェニ・マッケンジーによると、彼は9,000人以上の赤ちゃんの出産を手伝ったそうです。彼女と、ミリラニ高校の新入生であるマッケンジー医師の孫娘エルザベラ・レグイザモンもツアーに同行しました。  

マッケンジー博士は園芸愛好家で、ワヒアワの桜について読み、もっと知りたいと思ったそうです。ジェニはワヒアワのトリニティ ルーテル スクールに通い、現在はミリラニに住んでいます。ワヒアワで育った頃、楽しんでいた場所や物事の楽しい思い出を再び味わうのが大好きでした。エルザベラは 1 年前にロサンゼルスからミリラニに引っ越しました。ツアーについて彼女はこう語っています。「長かったですが、良い意味で長かったです。心が落ち着きましたし、今日まで桜を見たことがありませんでした。」  

「私たちは家族で出かけるのが大好きなんです」とジェニは言いました。「だから一緒にツアーに参加することにしました。」そして、マッケンジー博士が「よかったです。道中の人たちはみんな笑顔で手を振ってくれました。本当にワヒアワらしいです。」と言ったとき、私たち全員が同意しました。

*この記事は、 2023年3月17日にハワイ・ヘラルド紙に掲載されたものです。

© 2023 Dan Nakasone / The Hawai'i Herald

花見 ハワイ オアフ島 アメリカ合衆国 ワヒアワ
執筆者について

ダン・ナカソネはワヒアワ出身の三世ウチナーンチュです。マーケティングと広告の専門家で、ハワイを拠点にエド・ケニーシェフが司会を務めるPBSの受賞歴のある食と文化シリーズ「 Family Ingredients 」のプロデューサー兼リサーチャーでした。

2022年11月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。