ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2022/8/26/butadofu/

豚豆腐

私は基本的に白人のコミュニティで育ちました。私の友人やコミュニティは日本人ではなかったので、日本文化に触れる機会は両親に限られていました。60年代に育った私は、同化すること、そして人と違うことをしないようにと諭されました。

豚豆腐

私が日本文化とつながっていたのは食べ物のおかげです。子供の頃、母のアイリーンがたくさんの日本料理を作っていたのを覚えています。ほとんどは材料を量らずに記憶を頼りに作っていました。母はトンカツ、生卵と醤油をかけた温かいご飯、酢豚や鶏肉、揚げたナスなど、日本料理やハワイ料理をたくさん作ってくれました。その中の私のお気に入りは豚豆腐でした。ご飯と一緒に食べると最高です! 豚肉、玉ねぎ、豆腐、だし、味噌の組み合わせのおかげかもしれません。そのすべてがたくさんのうま味につながります。

私の母は8人兄弟の長女でした。祖父が鍛冶屋をしていたカウアイ島のサトウキビ農園で育ちました。

私の祖父は山口県からハワイのマウイ島に移住しました。祖父と弟はサトウキビ産業で働くために来ました。日本では、古いスタイルの武術である体技を修行しました。祖父は痩せていて筋肉質で、島々でチャンピオン力士になりました。祖父は相撲大会に参加するためにカウアイ島に行きました。当時、大会の参加者は地元の住民の家に泊まりました。この大会では、祖父は私の曽祖父母の家に滞在し、祖母と出会いました。彼らは最終的に結婚し、祖父はケアリアとコロアのプランテーションで鍛冶屋になりました。祖父はまたチャンピオン力士になり、 「谷の龍」として知られていました。

母は長女だったので、料理を含む家族の責任を引き受けました。母はプランテーションの下宿屋で料理人として働き、レシピなしでほとんど何でも作れるほどの腕利きの料理人になりました。祖母もまた腕利きの料理人でした。キャンプで他の民族から料理を学び、ポルトガル人の隣人からパン焼きを学びました。

1939 年、母は島から南カリフォルニアに引っ越しました。母は、プランテーションの商売を学ぶためにカウアイ島に来た白人男性と関係を持っていました。母はその関係がうまくいかないことは分かっていたので、姉の 1 人がカリフォルニアに渡航することになり、母は姉の代わりに島を去りました。母はその後すぐに父ウィリアムと出会い、1942 年にキャンプに送られる 2 週間前に結婚しました。

その白人は100大隊の士官となり、イタリアで戦死した。私の父も100大隊に所属し、戦争末期に補充兵として連隊に加わった。

両親はヒラ川収容所で 1 年間過ごした後、シカゴへの移住を許可され、父はそこで大学を卒業しました。父の生涯の目標は医師になることでした。第二次世界大戦中、父は志願したすべての医学校から不合格となりました。100 連隊での任務からシカゴに帰郷した後、父はついに医学校に合格しました。医師になることは父の生涯の目標でした。父はロサンゼルスに戻り、リトル トーキョーで開業医になりました。

両親は数年前に亡くなりました。母はレシピを使わなかったので、大好きな料理を再現することができませんでした。ある日、レシピを探すことにしました。母は、外国人の妻に Go For Broke Education Foundation の料理本「More Veterans Favorites」をプレゼントしていました。

83 ページに載っていたレシピを信じられますか?豚豆腐のレシピです!

それ以来、ずっと作り続けています。でも、母の料理ほど美味しいとは思いません。材料が足りないのかもしれませんが、十分近いです。まだ家にいる末っ子の息子も大好きです。作るたびに、母と彼女の日本とハワイの歴史を思い出します。

デイビッド・サトウと両親のウィリアムとアイリーン

© 2022 David Sato

家族 食品 ハワイ 日本食 アメリカ合衆国
このシリーズについて

第11回ニッケイ物語「いただきます3! ニッケイの食と家族、そしてコミュニティ」では、食がどのようにニッケイコミュニティをつなぐ役割をはたしているのか、代々受け継がれてきたニッケイのレシピにはどのようなものがあるのか、好きな和食やニッケイ料理は何なのかといった、いくつかのトピックについて考えてもらいました。

ディスカバー・ニッケイでは、2022年5月から9月にかけ、ニッケイ食に関するストーリーを募集し、10月31日までお気に入り作品に投票していただきました。全15作品(日本語:1、英語:8、スペイン語:6、ポルトガル語:1)が、ブラジル、カナダ、ペルー、米国から寄せられました。うち一つは、多言語による作品でした。

編集委員の方々に、これらの投稿作品を読んでいただき、お気に入り作品を選んでもらいました。また、ニマ会コミュニティの方々にも、お気に入り作品に投票をお願いしました。下記がお気に入りに選ばれた作品です。

編集委員によるお気に入り作品

ニマ会によるお気に入り作品:  

当プロジェクトについて、詳しくはこちらをご覧ください >>


* このシリーズは、下記の団体の協力をもって行われています。 

     

     

 

ニッケイ物語の他のシリーズを見る >> 

*ロゴデザイン:ジェイ・ホリノウチ

詳細はこちら
執筆者について

デビッド・サトウは南カリフォルニアで生まれ育った三世です。父親はリトル東京の開業医でした。母親はハワイで育ち、1942 年に収容所に送られる直前に父親と結婚しました。サトウはバーバンクで心臓専門医になる機会に恵まれ、36 年間勤務しました。現在はプロビデンス ヘルス アンド サービスで多専門医療グループを運営しています。

2022年8月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。