Discover Nikkei Logo

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2022/5/20/9083/

ジャウジャ、過去の鏡

私の足は何度導かれても、必ずジャウハ墓地へ向かうだろう。最初に過ぎ去った若者のように、あるいは、毎週土曜日にどこかで聞こえるワイノスのコンサートの中で、親戚や友人が永遠の深い眠りに就いている、墓石を見るあらゆる態度で今日私が生きているこの過去のように。人生。

前回の旅から7年が経ち、82歳の今日、再び夢が叶いました。ペースは遅く、ビジョンも少し定かではありませんでしたが、そばにいて一緒にいてくれる友人が4人いました。アレハンドロ・ナカオと妻のアニタ・ミナミ、パウリナ・ゴヤ、ベルタ・マツモト。全員高齢者です。

ペドロ・オナカ氏の墓石。ハウハ市の市長になったのは誰ですか

最も現実的なのは携帯電話を持ち運んで操作することでしたが、セリンダは親切にも私を3日間墓地を訪れた際に付き添ってくれました。はしごを運んだのは彼女で、私たちは日本植民地で亡くなった人の墓石を探し、写真を撮り、その上に美しいバラの花を置き、99枚の墓石が撮れるまで撮り続けました。異なる年から。

寛大な援助により、コロニー内の死者のそれぞれの墓石に、赤いリボンの装飾が施された美しい水色のカードが見つかりました。このカードには「ペルー日本人会ワンカヨ」と書かれており、さらに次のようなフレーズが書かれていた。

「あなたが人生を共にする人々はあなたをマークしており、彼らはもうあなたと一緒にいませんが、彼らの一部は常にあなたの心の中に残ります。」

女性委員会、2021年。

ワンカヨ市ペルー日系協会女性委員会からのカード。

孤独は私たちの人生の一部であり、私たちが生まれ、生き、死ぬときも孤独を伴います。現在、ハウハ市にはおそらく日本の植民地はもう存在していません。 7年前、友人のサミュエル・松田、ビクトル・イケダ、金城フアンと一緒に旅行したとき、中央広場でバザールを開催し、幼少期に一緒に遊んだホセ・カトーが、彼とフリオ・タイラはもしかしたら彼らだったのかもしれないと私に語った。残っているだけです。その後、フリオとホセが亡くなり、ハウハの日本植民地からはほとんど誰も残っていないことを知りました。

友人たちとハウハを訪れ、大切に保存されている墓地に到着したとき、ワンカヨペルー日系協会の女性委員会の友人たちが、一人一人に祈りと花を持って訪問してくれたことをうれしく思いました。私が先祖を思い出し、愛することを象徴しています。

ワンカイナの友人たち、本当にありがとう。私たちの墓地を訪れたことで、私は生き生きとして、1955年と1956年に両親がフニン・デ・ハウハ・スタジアムで野球の試合をし、「ロス・アンデス」クラブの敷地内で卓球をしていたあの頃を思い出しました。あるいは、1959 年と 1960 年に二世ジャウジャ クラブの敷地内で行われたカーニバル パーティーかもしれません。

ジャウジャ二世クラブ。 1957 年。

あるいは、今日ハウハに消防団があるように、私たちに「小さな手」を与えてくれたのが日系ワンカイノスの人々だったことを考えるだけでなく、クリサント・シライシ、アルナド・ウチヤマ、ビクトル・有富、アルベルト・奥川、ペドロ・有富、ウーゴ、パコ、そしてビクトル・ミヤディ、シルビオ・ムラカミ、アイザック・アラキ、カルロス・ヤマグチ、アルベルト・秋山、フリオ・ワタナベ、アンヘル・ウツノミヤ、ニコラス・宮本、ビセンテ・マツムラ、そして当時私たちと協力してくれた他の多くの二世ワンカイノたち。

彼らは痕跡を残しましたか?はい、彼らは彼らを残しました。日本植民地では多くの人にとって貧困が明らかでしたが、私たちはわずかな生活で幸せでした。私たちの両親は店や会社で 12 時間から 15 時間働きましたが、それでも社会生活や地域生活を送る時間はありました。彼らは私たちに価値観を教えてくれましたが、最も明白な例は彼らの生活態度でした。今日、単純な分野で彼らを崇拝することは、彼らが私たちに与え、残したすべてのものに対して敬意、感謝、祈り、そして思い出を捧げることです。

墓地の入り口はユーカリの木が生い茂る並木道でした。これらの木々は命令の声を持っているふりをしていましたが、心の奥深くでは木々が発する香りでした。茎の頑丈さと長年にわたって蓄積された大きさにより、それらは純粋で健康な植物のオンパレードになりました。現在、入り口に数台が散らばっているだけです。

そして、私たちが入るときにいつも崇拝しているのは、花がその完全な多様性の中に立っており、バラの垣間見ること、菊の感触、思考の後光、マリーゴールドの再生、グラジオラスの平和、ヒナギクの社会、多様性ゼラニウム、カーネーションの光、ほうきの生命力。それはいつも正面玄関の方を向いていました、そして今日のように土曜日に。オーケストラによるミサ曲は多くの龕や墓で行われました。ハウハの伝統は常に尊重されています。

ハウハ市長に就任したフアン・ヒグチ氏の墓石。

ミサと死者への祈りには、伝統的なワイノス​​と家族連れによる典型的なオーケストラが伴奏されます。私にとって、「ワランカヨ・デ・ミス・ペナス」というワイノの音だけを聞いたのは驚きでした。それは、過去に戻り、リカルド・パルマ通りのシャレーに避難することでした。

私の訪問の終わりに、セリンダは墓石 99 を見つけました。彼は階段を登り、写真を撮り、最後の花にキスをして墓石の上に置きました。私の訪問は、私たちが訪れた場所に近いニッチな場所を大家族が訪れている最中に終了しました。彼らはとても親切で、お酒を一杯飲みましょうと誘ってくれて、質問の合間に私たちは歌い始めました。私のデュエットは、私よりも若い女性でしたが、その女性は私と同じように以前からワイノスを知っていました。

「親愛なる衣服、ハウハ、ワンカヨの小さな道、タルメーニョハチドリ、親愛なる友人たち。」

最古の墓石が見つかった。マリアと西浦。 1927 年。

山特有の風習で、65年ぶりに思い出すと、仲間たちとの思い出が浮かんだ。エディルベルト・ピサロ、ラウール・ワッチョ、フェリックス・リベラ、そして私。私たち4人は若い頃のパーティーを探していて、そのうちの1人が墓地の門にいました。おそらく、今日たくさんある家の一つにあるかもしれません。

その夜のパーティーは午前3時に終わり、完全な暗闇の中、誰も出てこなかったことをいつも覚えています。墓地が隣にあるということは、夜が明けるまで家の中で待たなければならないということを意味していたので、何もおかしなものを見たり感じたりすることはないという安心感がありました。

さらに、私たちの家には古いユーカリの木が茂る通りがあり、そこでは風が木のてっぺんを、暗い夜と墓地から隣人に再会する恐怖を懐かしむかのように見せていました。今日ではすべてが変わり、風景、街灯柱、タルマ市を横断してそこに向かう線路により、この地域は混雑し、交通量も増えています。

愛するジャウジャのもとへ戻るのが私の使命です。私が自分の身を守り続けている私の人生がどれくらいの期間を表しているのかは、私の体だけが教えてくれます。そして、仲間がいれば、目的地の山に辿り着くまでの旅は最高に楽しいものになるだろう。私たちはいつもと同じ感謝の気持ちを持って、私たちの人生が私たち全員が望む幸せな結末を迎えることを願ってそこにいます。

© 2022 Luis Iguchi Iguchi

ハウハ ペルー
執筆者について

1940年、リマ生まれ。『ペルー新報』や『プレンサ・ニッケイ』紙でコラムを書き、『ニッコウ』誌、『スペラシオン』誌、『プエンテ』誌、『エル・ニセイ』誌へも執筆。1958年に創設されたクラブ二世ハウハ(リマ東部フニン群の県)の会長でもあり、1959に設立されたハウハ消防団第1部隊の創設者でもある。2023年11月7日に永眠しました。

(2023年11月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
Discover Nikkei brandmark サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日 18時(太平洋標準時)
6月26日 10時(日本標準時)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
和泉 真澄
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。