ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2021/1/29/zoom-and-zoni/

Zoom & Zoni: 日系コミュニティが新年を祝った様子

2020年お正月お雑煮。提出者:Vicky Murakami-Tsuda。

簡単に言えば、今年のお正月はちょっと違っていました。

おそらく私たちのキッチンには、以前のような喧騒や活気、騒々しさが欠けていたのでしょう。あるいは、お雑煮には、すべてをまとめる特別な材料がひとつだけ欠けていたのかもしれません。

いずれにせよ、この新年を迎えることは確かに珍しい経験でした。

お正月、つまり日本の新年は、食べ物、伝統、そして本質的には家族を祝う日です。日本と世界中の日系コミュニティの両方で見られるお正月は、多くの家族にとって最も待ち望まれる休日の 1 つと考えられています。

お正月の特徴は、世代から世代へとバトンが受け継がれることです。子どもたちは、お米をとぐことから餅つきの仕分け台への昇進を楽しみにしているかもしれませんが、大人の中には、初めて小さな飾り付きの封筒にお年玉を入れる人もいるかもしれません。

お正月の伝統は数十年にわたって家庭内でしっかりと受け継がれてきました。その伝統を尊重する方法は年月とともに変化してきたかもしれませんが、ニマ会のお正月の伝統オンライン写真展に寄せられた作品は、日系コミュニティが今でも私たちの古い慣習と新しい慣習の両方を尊重することに非常に誇りを持っていることを証明するのに役立ちました。

ベーコン・ア・ラ・ゴボ。投稿者:テレサ・マツシマ

ディスカバー・ニッケイのプロジェクトの一環として、お正月の喜びとお祭りの様子を伝える短い説明とともに50枚以上の写真が寄せられました。このプロジェクトは、全米日系人博物館のお正月バーチャルファミリーフェスティバルと連動して発表されました。年越しそばからベーコン、年賀状まで、さまざまな国のニマ会のメンバーが、自分たちのお正月の様子を少しだけシェアしてくれました。

カリフォルニア出身のジョン・ニシオさんは、オンライン展示会に寄稿した多くの参加者の一人です。ニシオさんは合計4枚の写真を提出しました。それぞれの写真には個人的な家族の物語が込められており、おせちのピリッとした風味と繊細な旨味が凝縮されています。最初の写真では、ニシオさんは家族と餅つきとの深いつながりについて書いています。彼はこの伝統を「途切れることのないつながり」と呼んでいます。

「[西尾善次郎と源六]は白人農家の小作人として働き、1912年に最初の家族での餅つきを始めました」と彼は述べた。「今年、私たちは餅つき108年目を祝いました。これは、1912年に善次郎と源六がウィッティアの家族と始めて以来、途切れることなく続いている伝統です。」

二度のパンデミックと第二次世界大戦の強制収容所があったにもかかわらず、餅つきは彼の家族の中で何世代にもわたって根強く残り、時の試練に耐えてきた。

「父は99歳になってもまだ独り暮らしで、餅つきの仕方を覚えています」と西尾さんは言う。年齢さえも日系人にとって大好きな活動をやめさせることはできないようだ。

うすきね餅のほかに、巻きずしも西尾家の大好物です。

おばあちゃんの13種類の材料を使った巻き寿司。投稿者:ジョン・ニシオ

西尾氏は、祖母が13種類の材料を使った巻き寿司で有名だったと言い、祖母の料理にインスピレーションを受けたとさえ述べている。「祖母の巻き寿司を作るときはいつも、祖母がすぐ後ろに立っているように感じます」と彼は明かした。「祖母から料理の仕方を教わったおかげで、私はプロのシェフになれました。」

西尾さんだけでなく、他の参加者たちも、今年のお正月が自分にとってどんな意味を持つのかを写真でシェアすることに熱心でした。

一部の人にとっては、初めてのお正月でした。黒豆を初めて用意したり、いなり寿司を初めて作ったり、餅生地にあんこを詰めたり。

初めてのおせち料理 重箱。ケネス・A・ハマダ氏による投稿

ケネス・A・ハマダもそんな「初心者」の一人でした。

「新型コロナウイルス感染症の流行による外出制限で社交的な集まりが禁止されたため、70歳にして初めておせち料理作りに挑戦せざるを得ませんでした」と浜田さんは告白。「70歳の独身男性として、伝統的な祝日を守るためにこれを作らなければなりませんでした」

他の参加者にとっては、フットボールの試合、折り紙、お茶を飲むことなど、世代から世代へと受け継がれてきた伝統について考える機会となりました。

アリエル・オカモトさんは、写真の投稿とともに、家族の賑やかなお正月の伝統行事のいくつかを紹介した。

「パンデミックが起きていないときは、毎年元旦には大家族が集まり、豪華な持ち寄りパーティーや、ホワイトエレファントギフトの交換、そして一日中の付き合いをします」と彼女は書いている。「私にとって、感謝祭よりも好きな食べ物の祝日です!」

そして、一部の日系人にとって、新年は新たな思い出をもたらした。アスカ・シンは、その代表的な例である。

オゾニ。Aska Singh さんより投稿

「私たちは混血家族です」とシンさんは説明する。「私は日系アメリカ人2世で、夫はインド系アメリカ人2世です。今年、私たちは夫婦として初めて一緒に日本の新年を迎えました。」

しかし、多くの人がキッチンで(ある程度)平常通りの感覚を感じているにもかかわらず、夕食のテーブルに空席があるのは以前と違っていた。

COVID-19 は、当面の間、私たちが知っているような生活を停止させました。私たちは、愛する企業が閉鎖され、学生がオンラインの世界に強制的に適応するのを見てきました。労働者が次々と解雇され、病院の集中治療室が溢れかえるのを見てきました。そして、最も顕著なのは、私たちの沈黙、悲しみ、不確実性の重圧の下で、世界が静止していくのを見てきました。

しかし、安全のために集まりが中止されている時代に生きているにもかかわらず、日系コミュニティは、お正月の純粋な至福が決して抑えられることはないことを証明しました。困難な状況でも、ニマ会は55枚の写真で伝統の美しさと強さを捉えることができました。

確かに、今年のお正月は例年とは少し違った様子でした。それは否定できません。しかし、Zoom 通話やビデオチャットの力を借りて、私たちは両手を広げて温かい気持ちで丑年を迎えることができました。

そして来年、店が再開し、子どもたちが学校に戻るのを目にできると期待されるとき、私たちはいつものように、また同じことを繰り返すでしょう。

© 2021 Kyra Karatsu

文化 ディスカバー・ニッケイ 家族 ファミリーフェスティバル フェスティバル 食品 餅つき 新年 お正月 伝統
執筆者について

カリフォルニア州サンタクラリタで生まれ育つ。現在カリフォルニア州バレンシアのカレッジ・オブ・キャニオンズでジャーナリズムを専攻する1年生で、準学士号を取得後、4年制大学への編入を希望している。キーラは日系とドイツ系の四世で、アジア系アメリカ人の体験について読んだり書いたりすることを楽しんでいる。

(2021年1月 更新)

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。