白石菜織

(Naori Shiraishi)

1999年東京都出身。東京学芸大学附属高等学校2年時にUnited World College派遣生として英国Atlantic Collegeに留学し、同校卒業。現在、京都大学法学部1年在学中。

(2019年10月 更新)

identity en ja es pt

ニッケイ物語 8—ニッケイ・ヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

私のルーツ ~大藤松五郎の足跡~

1869年春、戊辰戦争で敗れた会津藩士の一団が、当時ゴールドラッシュに沸いたカリフォルニアに渡り「若松コロニー」という入植地を築きました。彼らに同行し、のちに現地でワイン醸造を学び、その後帰国して日本にワインを広めたと言われる大藤松五郎(おおとうまつごろう)が、私にとってのヒーローです。松五郎は、私の高祖母の父、つまりひいひいひいおじいさんで、私はその6代目の子孫にあたります。子どもの頃から英語を学んでいた私は、いつか海外に行って自分の知らない世界を見てみたい、色々な人と関わってみたいという願望を持っていました。その夢を叶えるため、高校生のときにイギリスに留学しましたが、私の先祖が、150年前に同じように日本を出て海を渡ったとは思いもしませんでした。なにか運命的なつながりを感じます。 私が松五郎という存在を知り、調べてみようと思ったきっかけは、6年前に祖母が発した一言でした。「さくさん(私の高祖母)の父は明治初期にアメリカへ渡り、さくさんはそこで生まれたとか…」。当時中学生だった私は、開国して間もない日本から海外に渡ったさくおばあちゃんの父親という人はどういう人物だったのか、非常に興味を持ちました。そこで、中学3年の夏休みの自由研究で、自分のルーツである高祖母の父、大藤松五郎について調査することにしたのです。 しかし、調査すると言っても、何の手がかりもありま…

続きを読む