ディスカバー・ニッケイ

https://www.discovernikkei.org/ja/journal/2024/4/16/la-rising/

ロバート・バルガスとリトル東京で「LA ライジング」

ロバート・バルガスの「LA ライジング」壁画がロサンゼルスのダウンタウンのスカイラインを美しく彩ります。

2024年3月27日、ロバート・バーガスの最新の壁画「LAライジング」がロサンゼルスのリトルトーキョー地区の中心部で200人以上の観衆の前で公開されました。都ホテルの東側にあるこの壁画は、高さ150フィート、長さ60フィートに及び、ロサンゼルス・ドジャースのショウヘイ・オオタニが打者と投手としてリアルに描かれています。

この壁画は、アーティストのロバート・バーガスにとって特別な意味を持つものでした。バーガスが生まれ育った故郷ボイルハイツに近いからです。バーガスは、「[幼少期の家の] 玄関ポーチからは、ロサンゼルスのダウンタウンのスカイラインが見えました。そこで彼は大きな夢を描き、[やがて] 大きな絵を描きました。また、裏ポーチからはドジャースタジアムが見えました」と回想しています。

ロバート・ヴァルガスの「LA ライジング」壁画の作業の進捗状況。

「LA ライジング」壁画の作業は 2024 年 3 月 8 日に始まり、投影を一切使用せずに完全にフリーハンドで行われました。壁画の完成には合計 13 日間 (時には夜通し) かかり、高さまで到達するために吊り下げ式足場システムに乗る必要がありました。2024 年 3 月 27 日、予定されていた一般公開イベントの 1 時間前、壁画に最後の仕上げを加えているヴァルガスの姿が見られました。

予定されていた公開除幕式は女優のタムリン・トミタが司会を務め、さまざまな地域のリーダーやロサンゼルス市政府の代表者が出席し、ヴァルガス氏に作品に対する表彰盾が贈られました。さらに、イベント参加者は生の太鼓演奏を楽しんだり、クラシックなローライダーカーのラインアップを見ることもできました。日本とヒスパニックの文化の融合は、最終的にはヴァルガス氏の壁画のビジョンと目標である「文化と人々を結びつけ、団結を生み出す」ことに一致しました。

(右) タムリン・トミタ・トミタ (ベスト・キッド2ジョイ・ラック・クラブ) が除幕式に出席。(左) イベントではさまざまなクラシックなローライダーカーを見ることができます。

歴史的観点から見ると、リトルトーキョーとボイルハイツ地区は長い間文化的に絡み合ってきました。「1869年から1910年にかけて、ロサンゼルスは日本人移民の目的地として有名になり、1910年までに米国で最大の一世人口を抱えるようになりました。」 1

日本人移民の多くは、ドイツ人商人が多かったため、リトル ベルリンと呼ばれたロサンゼルスのダウンタウンに定住しました。1905 年までに、リトル ベルリンは、日本人の商店や住居が増えたため、小東京またはリトル トーキョーとして知られるようになりました。最終的に、日本人人口が増加し続けると、日本人移民は家族を養うことができるボイル ハイツなどのより田舎の地域に定住しました。

インタビューで、バルガス氏は故郷のボイルハイツにおける日本文化の影響と、時を経て「日本とラテン文化が絡み合ってきた」ことを認めた。また、彼はリトルトーキョーを頻繁に訪れており、週に3~4回はリトルトーキョーの商店街を訪れていると述べている。彼は自分の壁画が「リトルトーキョーの商業に貢献する」ことを期待している。

「LA ライジング」の壁画を描く前に、バルガスはリトル トーキョーの老舗店の一つであるスエヒロ カフェに協力し、ロサンゼルス ダウンタウンの新しい場所に壁画を描きました。スエヒロ カフェの壁画「姉妹」には、カフェの創業者である鈴木順子さんと妹の森田百合子さんの肖像画が描かれており、1972 年の開店以来カフェがお客様に提供してきた数多くのおいしい料理の 1 つを彼女たちが提供しています。

スエヒロカフェにあるロバート・バルガスの「仕舞」壁画。写真提供:スエヒロカフェ。

ロバート・ヴァルガスが京都天龍寺の住職、國富憲明氏の肖像画を描いているところ(2016年9月9日)。写真提供: @therobertvargas Instagram

「LA ライジング」の壁画には、ロサンゼルス・ドジャース所属の大谷翔平選手が打者と投手として描かれ、日本風の富士山を背景に描かれている。背景に富士山が描かれていることは、ヴァルガス氏にとって特別な意味がある。というのも、ヴァルガス氏は京都の天龍寺へ向かう途中、日本の新幹線に乗っていた時にこの山を見たからだ。天龍寺では、同寺の住職である国富憲明氏の肖像画を描くよう依頼された。

さらに、「LA ライジング」の壁画には、AR 企業とのコラボレーションで作成された拡張現実の要素があり、視聴者は QR コードをスキャンして壁画が動くのを見ることができます。具体的には、視聴者が QR コードをスキャンして携帯電話を壁画に向けると、実物よりも大きな大谷翔平がバットを振り、ドジャースタジアムに向かってストライクを投げる様子を見ることができます。その一方で、元ドジャースのアナウンサー、ビン・スカリーが「ドジャース野球の時間です」とアナウンスします。

壁画自体はリトル東京地区の美しい一面であり、まさに「文化と人々の架け橋」となっている。「団結」をもたらすことに加え、ヴァルガス氏は壁画によってリトル東京コミュニティが「繁栄」し、「芸術を愛する人々が日本文化も愛し、地元の企業を支援してくれる」ことを心から願っている。

注記:

1. スタッフ。「 ロサンゼルス市全体の歴史的声明の文脈:ロサンゼルスの日系アメリカ人、1869-1910年」ロサンゼルス歴史資源調査。2018年8月。2024年4月1日にアクセス。

 

© 2024 Kristopher Kato

アーティスト 野球 野球場 ボイルハイツ カリフォルニア州 コミュニティ ヒスパニック LAライジング (壁画) リトル東京 ロサンゼルス ロサンゼルス・ドジャース 都ホテルロサンゼルス 壁画家 画家 ロバート・バルガス 大谷翔平 アメリカ合衆国
執筆者について

クリストファー・カトウは埼玉県で生まれ、南カリフォルニアで育ちました。2020年からリトル東京に住んでいます。カリフォルニア州立大学フラートン校を卒業し、経営学の学士号と修士号を取得しています。

2023年9月更新

様々なストーリーを読んでみませんか? 膨大なストーリーコレクションへアクセスし、ニッケイについてもっと学ぼう! ジャーナルの検索
ニッケイのストーリーを募集しています! 世界に広がるニッケイ人のストーリーを集めたこのジャーナルへ、コラムやエッセイ、フィクション、詩など投稿してください。 詳細はこちら
サイトのリニューアル ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。 詳細はこちら

ディスカバー・ニッケイからのお知らせ

ニッケイ物語 #13
ニッケイ人の名前2:グレース、グラサ、グラシエラ、恵?
名前にはどのような意味があるのでしょうか?
ディスカバーニッケイのコミュニティへ名前についてのストーリーを共有してください。投稿の受付を開始しました!
ニマの声
第16話
6月25日(US)
6月26日(日本)
ゲストニマスピーカー:
スタン・カーク
ゲストホスト:
村川 庸子
[言語: 英語]
プロジェクト最新情報
サイトのリニューアル
ディスカバー・ニッケイウェブサイトがリニューアルされます。近日公開予定の新しい機能などリニューアルに関する最新情報をご覧ください。