Yuriko Yamaki

東京都出身。1993年よりニューヨーク在住。『エスクァイア日本版』の特派員を務めたほか、語学、アート、メディア、人種問題などについて誌紙に執筆。アメリカに移ってから、西海岸とニューヨークに住んでいた大伯母について知らされたのを契機に、その足跡を調査中。主な著書:『ニューヨーク発・生録英語』、共編著:『笑われる日本人』

(2012年10月 更新) 

food ja

Crónicas Nikkei #1 — ¡ITADAKIMASU! Sabores de La Cultura Nikkei

“おふくろの味”オートミールと親父のおじや

日本のおふくろの味といえば芋の煮っころがしとかお煮染めが想像されるかもしれないが、家ではまるで違っていた。朝食の懐かしい味といえばオートミールだ。 私が育った頃はまだ外国製品のことを舶来品と呼び、輸入食品はデパートや特定のお店に行かないと入手できなかった。しかし、舶来品好きの母は私と弟をアメリカ製の離乳食で育てた。そんなわけで、朝食もチーズトーストにミルク、スクランブルエッグとハムまたはベーコン、そしてオートミールだった。固めに作ったオートミールにミルクとバターと砂糖をかけてゆっくりかき混ぜると芳醇な香りが食欲を誘う。ケロッグのコーンフレークもあったが、オートミールのおいしさにはかなわなかった。 学校給食がなかったので毎日お弁当を持って行ったが、そのおかずはランチョンミートやコンビーフ、ソーセージ、ハム入りの卵焼きなど。でも、ごはんのまん中には梅干しがあり、大好きだったのでいつも最後に食べた。たまにお弁当がサンドウィッチだと、ごはんを食べている同級生がうらやましかった。 晩ご飯は白米という基本パターンは守っていたが、おかずはやはりコロッケやカツ、オムレツという大正時代から人気の西洋料理が多かった。しかもおみおつけ(味噌汁)ではなくコーンスープなどと一緒に食べることもしばしばあった。食後に必ず、ごはん茶碗か別の茶碗で番茶を一杯飲むのは日本的習慣だった。 たまに祖母の家に行くと、...

lea más

food ja

Crónicas Nikkei #1 — ¡ITADAKIMASU! Sabores de La Cultura Nikkei

かんだばージューシィを探して

――「かんだばージューシィ」とは沖縄語でいものつる、つまり「かずら葉」のなまりである。私はこれを入れた雑炊が好きで、特にシイバスのアラを焼いて実 をほぐしたものをだしにして作ったジューシィ(ゾウスイ)は、たまらないほどおいしい。私がこの味を知ったのは、つい二、三年前のこと。 幸地さんのきよさんが、「水代が高くって、只水を捨てるのは馬鹿馬鹿しい」と前庭のダィコンドラを全部掘りおこし、その後にサツマイモを植えつけた。しば らくしたら芽を出し、間もなく庭一面に青々とした葉をつけたるつが伸び出した。きよさんは、伸びたつるの先をハサミでチョキン、チョキン切ってそれを雑炊 の中に入れたのを「食べてみなさい、おいしいから・・・」とすすめて下さった。かん詰めのマグロをだしにしたもので、私はそんなにおいしいとは思わなかったが行く度に、きよさんが夫の幸地さんと二人で食べているところにぶつかり、すすめられてご馳走になったのが、かんだばージューシィとの出合い。 上の文章は、1983年の沖縄で発行されていた「政経情報」に掲載されたもの。 執筆者は当時ロサンゼルスに住んでいた一世の仲村千代である。一度も会ったことがないこの大伯母は、宮城県出身でアメリカに来てから沖縄の人と結婚し、2001年に亡くなるまで、記事に出てくる沖縄出身の友人たちやその子孫と親しくしていた。 かんだばーは沖縄出身者の間で人気のある...

lea más