Masayuki Fukasawa

Born on November 22, 1965, in Numazu City, Shizuoka Prefecture, Japan. In 1992, he went to Brazil for the first time and worked as an intern at Paulista Shimbun (Japanese newspaper in Brazil). In 1995, he went back to Japan and worked with Brazilians at a factory in Oizumi-machi, Gunma Prefecture. He wrote a book, Parallel World (Ushio Publishing) about his experiences there and received Ushio Nonfiction Award in 1999. He returned to Brazil in 1999. Beginning in 2001, he worked at Nikkey Shimbun and became the editor-in-chief in 2004. He has been an editor-in-chief of Diário Brasil Nippou since 2022. 

Updated January 2022

politics ja pt

在外ウチナーンチュの活躍により琉球王朝時代の外交手腕の復活を! 辺野古米軍基地移設問題のオルタナティブ — その2

その1を読む>> ブラジルやハワイから数千人が駆け付ける大イベント 下地さんがホワイトハウスの前で、辺野古基地問題で揺れる沖縄知事選に出馬したことから連想されるのは、次のような日系人を巻き込んだ新戦略だ。 今年10月末から那覇で第7回世界のウチナーンチュ大会が開催される。ここで築かれてきたネットワークを活かして、米国内からアメリカ人であるウチナーンチュの声を通して辺野古問題を訴えるという戦略だ。 これは1990年から5年に一度、世界の沖縄県系人が那覇に集まってくる大イベントだ。沖縄にゆかりのある人々を結びつけた国際交流ネットワークを作り上げることを目的に、通常ならブラジルからだけで1千人以上、ハワイや北米からもそれ以上が参加する。 2011年、第5回大会の時に取材した。当時のハワイ州知事のニール・アバクロンビーさんは沖縄県系人と一緒にジャンボ機をチャーターして那覇入りしていた。 ハワイ州知事の講演を聞くと、「僕が小さい頃、カナシロという単語はレストランと同じ意味だと思っていたよ」と沖縄県系(ウチナーンチュ)への近親感をあらわに、そう英語で演説して会場を爆笑の渦に巻き込んだ。同じ太平洋の「島人」、ハワイ生活者としての同胞意識が言葉の端々から伺えた。 同大会では、あらゆる場面でハワイ勢の存在感が強かった。県系人最多のブラジルからは1千人だが、ハワイからだけで同数が馳…

Read more

politics ja pt

在外ウチナーンチュの活躍により琉球王朝時代の外交手腕の復活を! 辺野古米軍基地移設問題のオルタナティブ — その1

ホワイトハウス前での出馬宣言は酔狂か? 下地ミキオさん(沖縄県出身、60歳、前衆議院議員・元郵政民営化兼防災担当大臣)が7月13日、沖縄県知事選に出馬するに当たって、米国ワシントンまでいって次のように出馬宣言をした。 「ホワイトハウス前で出馬を表明した理由は、戦後沖縄の運命がホワイトハウスのジャッジによって左右されてきたからであります。 77年前、沖縄がアメリカの施政権下におかれ、それから27年後、沖縄が日本復帰したこと、これらはすべてホワイトハウスのジャッジでした。 沖縄の日本復帰から50年、今もって在日米軍基地の7割が沖縄に集中している現実も、日米地位協定の抜本改定をアメリカ政府が認めないことも、すべて、ホワイトハウスが決めてきた歴史があるのです。 私が今回、沖縄県知事選挙に立候補するにあたって、“基地問題を本気で解決するために立候補する”という強い意志を示すために、マスコミの前で出馬会見をするのではなく、沖縄の運命を決めてきたホワイトハウスの前で出馬表明をすることにしたのです」――この動画を見て新しい可能性を感じた。 「沖縄の歴史を決めてきたのは東京ではなくワシントンだ。日本政府といくら交渉してもらちがあかない」という苛立ち、ニヒリズムは多くの沖縄県民にも共有されるに違いない。 下地さんは、ブラジル日系社会では日系4世ビザ制度の創立…

Read more

migration en ja es

Acrobats who performed in South America in the early Meiji period: Who was the first Japanese to reside in Brazil? - Part 2

Read Part 1 >> Performing in Sao Paulo in May 1873? They performed in Uruguay in January and February of the year 1873 (Meiji 6), and at the then Colón Theatre in Buenos Aires in Argentina in the following March as well. Unfortunately, I haven’t been able to find anything on the Brazilian National (Digital) Library site no matter how many times I search by the word ‘Satsuma.’ However, when I searched by ‘japonesa,’ I came across the paper Correio Paulistano dated May 10, 1873. When I opened it, I found an ad which mentioned Japanese acrobat…

Read more

migration en ja es

Acrobats who performed in South America in the early Meiji period: Who was the first Japanese to reside in Brazil? - Part 1

The first Japanese to step on foot in Brazil were the four castaways on Wakamiya-maru who arrived at Santa Catalina Island in 1803 by Russian warship. But they simply passed by. The first Japanese to land on Brazil at the end of the Tokugawa shogunate were Takeaki Enomoto and other members who were sent abroad on Kaiyo-maru as shogunate students. On October 25, 1866, they left the port in the Netherlands, passed through Rio de Janeiro and returned home at the Yokohama port in March of the following year 1867. The first Japanese who “had their bones buried” (a Japanese expression…

Read more

media ja

ブラジルのニッケイ新聞12月廃刊・40年間邦字紙支えたラウル社長 - その2

その1を読む >> ポルトガル語新聞の市場を切り開いてきた二世社長 ブラジル国内という市場に注目した場合、新聞が生き残るにはポルトガル語紙面をどう活性化させるかがカギだ。 パウリスタ新聞(当時、小川パウロ社長)が作った初のポルトガル語雑誌『Revista Arigatô』が1987年に廃刊した。当時としては画期的な取り組みだったが採算がとれなかった。 一方、日毎(「日伯毎日新聞」)はポルトガル語別冊『PáginaUm』を1979年4月から土曜版に挟み込む形ではじめていた。日毎ポルトガル語編集部の木村ウイリアム編集長を中心に、1979年4月に土曜版に挟み込まれた形で0号を出した。 邦字紙でポルトガル語面といえば1~2頁ていどのおまけのイメージの時代であり、ポルトガル語だけの別冊というのは初の試みだった。 日本語紙面とは全くトーンが異なり、二世がもつ肌身の時代感覚、たとえば軍事政権からの脱却などのもっと一般社会の時代の空気を色濃く反映していた。 創刊直後からポルトガル語紙面をつくったパウリスタ新聞、ポルトガル語別冊に力を入れてきた日毎に対して、サンパウロ新聞は1960年代頃までポルトガル語面すら作らない方針を貫き、最後まで日本語だけを重視していた。 サンパウロ新聞の水本エドワルド氏は社長在任当時の1985年、次のような発言をしている。「我々は…

Read more