Material contribuído por fukuda

日本文化に夢中:日本の伝統文化を極める“ガイジン”さんに、その魅力を聞くシリーズ

第5回 「禅宗寺初のアメリカ人僧侶として」 - ラング明心師

Keiko Fukuda

南カリフォルニアの日系社会において、四季折々の祭事会場として、また生け花や茶道など日本文化を学ぶ教室を運営していることで馴染みがあるのが、 リトルトーキョーの禅宗寺である。曹洞宗の北米拠点として開山された禅宗寺の87年の歴史の中で、初のアメリカ人僧侶が、ラング明心(みょうしん)師であ る。

コミュニティ意識が存続を左右する夏祭り

Keiko Fukuda

7月から8月にかけて、お寺や日系コミュニティが主催する夏祭りが、全米各地で開かれる。もちろん、夏祭りの舞台はアメリカだけではない。体験したことはないが、南アメリカでも日系コミュニティの恒例行事に違いない。南米の夏祭りは、北半球とは半年違いという時期の違いはあるだろうが。

日本文化に夢中:日本の伝統文化を極める“ガイジン”さんに、その魅力を聞くシリーズ

第4回 「はかないからこそ着物は美しい」- ジョージ・ハワードさん

Keiko Fukuda

お正月や結婚式に着物を着る機会はあっても、誰かに「着せてもらう」よりほかに手はなく、自分で「着られる」日本人は少数派になってしまった。その一方で、ロサンゼルスの山野流着付けでは、アメリカ人男性の講師が活躍中だ。名前をジョージ・ハワードさんという。

日本文化に夢中:日本の伝統文化を極める“ガイジン”さんに、その魅力を聞くシリーズ

第3回 「津軽三味線で、現代音楽に革新を」 マイク・ペニーさん

Keiko Fukuda

吉田兄弟の活躍で、若者の間にも広がった津軽三味線の新たなブーム。アメリカではまだ知名度があるとは言えない楽器だが、カリフォルニアでは若き津軽三味線奏者が第一線で活躍中だ。

日本文化に夢中:日本の伝統文化を極める“ガイジン”さんに、その魅力を聞くシリーズ

第2回 「陶芸で得られるものは、都会が失った心の平穏」  リー・アン・パオルッチさん

Keiko Fukuda

静かな山里で、作務衣を着た陶芸家が作品に取り組む。それが筆者の「日本の陶芸」のイメージである。しかし、イメージ的にも距離的にも遠く離れたロサンゼルスでも、日本の陶芸に魅かれるアメリカ人が少なくない。

日本文化に夢中:日本の伝統文化を極める“ガイジン”さんに、その魅力を聞くシリーズ

第1回 「和太鼓ほど、力強い楽器はほかにない」 マセオ・ヘルナンデスさん

Keiko Fukuda

日本における太鼓の歴史は長い。縄文時代には既に、情報伝達の手段として日常的に用いられていた。その後、雅楽により芸能に取り入れられ、さらに神 社仏閣における祭事や歌舞伎にも欠かせない存在となった。そんな和太鼓で突出した実力を持つ奏者が、イーストロサンゼルスにいる、しかもラティーノ系男性 だと聞いて興味を持った。

Sansei Japanese Sword Appraiser Mike Yamasaki – Part 1: Turning a Manzanar Dagger Into a Family Heirloom

Keiko Fukuda

I met with Mike one day around 10:00 am at a Japanese café in Little Tokyo. He had an appointment with a client in the morning and more meetings again that afternoon. His job? Appraiser of Japanese swords.

Sansei Japanese Sword Appraiser Mike Yamasaki – Part 2: It’s the Treasures of the Past That Make for a Bright Future

Keiko Fukuda

>> Part 1Having repaired his grandmother’s swords since he was a boy, sansei Mike Yamasaki became an appraiser and connoisseur of Japanese swords. He carefully holds a “treasure” you couldn’t put a price on. Engraved with kanji for the word “Manzanar”, it is the dagger made at the Manzanar internment …

The Story of a New Issei Who Flourished Inside the American Culinary Scene: Ryo Sato, living in South Pasadena, CA – Part 3 Helping bridge his Japanese hometown and America

Keiko Fukuda

>> Part 2Having compiled a brilliant list of achievements as a French chef that would make anyone envious, the next goal for Mr. Sato was to have his own restaurant. “In the old days, most people didn’t open their own place once they became head chef at a good hotel …

The Story of a Shin-Issei Who Flourished Inside the American Culinary Scene: Ryo Sato, living in South Pasadena, CA - Part 2 The first Japanese to be named head chef at a premiere LA restaurant

Keiko Fukuda

>> Part 1Mr. Sato, a chef who went to Switzerland on an overseas program after the Tokyo Olympics, spent time in France and England before heading to America in 1971 to work at The Plaza Hotel in New York. After coming to the realization that “unlike Europe, American cooking was …

Login or Register to join our Nima-kai

Informação

I'm a freelance writer living in Redondo Beach, Southern California. I have interviewed so many Japanese Americans and Shin-Issei Japanese since 1992. I really enjoy to meet people and write for Discover Nikkei.

Interesses sobre os nikkeis

  • histórias comunitárias
  • culinária japonesa/nikkei

Receba novidades

Cadastre-se para novidades por e-mail

Journal feed
Events feed
Comments feed

Apoie o projeto

Descubra Nikkei

O site Descubra Nikkei é um lugar once você pode se conectar com outras pessoas e assim participar nas experiências dos nikkeis. Para continuar a manter e expandir este projeto, nós precisamos da sua ajuda!

Maneiras de ajudar >>

Projeto do Japanese American National Museum


Patrocinador principal: The Nippon Foundation