Hideo Maruki

1935(昭和10)年元旦生まれ。1958年(昭和33)年に大阪府立大学経済学部卒業。同年、東芝放射線(現:キャノン メディカル)へ入社。1967年、同社ブラジル総代理店総支配人に就任。その後、1970年からアメリカにてGE等メディカル企業に勤務。退職後は、カナダに在住、2005年にトロントのマスターズ水泳クラブに入会。2015年にロシアで開催された水泳マスターズ世界選手権大会で銀メダルと銅メダルを獲得。2021年に日本で開催される世界マスターズゲーム関西大会での金メダル獲得を目指している。

(2020年8月 更新)

business ja

Nikkei Chronicles #9—More Than a Game: Nikkei Sports

ブラジル移民珍商売

この話は僕がブラジルからカナダへ移住した際に、2008年のブラジル移民百周年を記念して、リオデジャネイロで殊の外お世話になった真木昌(まき・さかえ)先生の偉業を トロントの『大陸時報』に 書いたもので、再度こちらで紹介したいと思います。

戦後の打ちひしがれていた日本人に夢と希望をもたらしたのは「富士山の飛び魚」と称えられた古橋、橋爪、真木、浜口の日大水泳チームが樹立した八百メートルリレー世界新記録でした。1950年3月にブラジルに遠征した日大水泳部がブラジルの日系人に大歓迎を受けたのは言うまでもありません。

ブラジルが気に入った最年長の真木昌さんは、ブラジル水泳界の要請に応じブラジルに移住されました。サンパウロの名門スポーツクラブ「パウリスターノ」のヘッドコーチに就任し、その後、レシーフェのブリティッシュカントリークラブに破格の好待遇で迎えられました。

このクラブで真木さんは、水泳だけでなく柔道も指導され、その傍ら整骨にまでレパートリーを広げられました。それが図らずも真木さんが指圧師として大成功された生涯の仕事になったのでした。

クラブで真木さんの助手をされ、後に空手師範として大成された河村さんによれば、人格者の真木さんは口数が少なく、時と場合によっては誤解される事もあったそうです。無口で寡黙の日本人は、開けっぴろげで陽気な南米気質の社会では疎外感に陥る傾向があり、真木さんも例外ではなかったとか。そう話す河村さんは、ドイツ系の奥さんのお陰で完全に地元社会に溶け込んでおり、ドイツ人クラブの体育主事の傍ら空手道場のオーナー兼コーチ。 河村道場のクラブメンバーはエリートのシンボルで、レシーフェの街ではカワムラと日本語で背中に書かれたスポーツウエアを着て歩くのがファッションとなりました。

スポーツマンとして人体の健康に医学以外の効用を見出された真木さんは、リオデジャネイロの景勝地ボタフォーゴに指圧治療院を開業され、人伝に患者が増え業績が上がるようになりました。リオデジャネイロ州のラセルダ知事の難病を完治されたことが有力週刊誌にとりあげられてからは、訪れる患者が引きも切らず、重傷患者の往診もされる事になり昼夜多忙を極めてたのです。

大本教信者の真木さんは、患者に先ず神棚を拝ませてました。敬虔なカトリック信者の多いブラジル人の中には異教の拝礼を拒否するものも多かったのですが、先生の信じる教義を信じない者には治療は出来ないと診察を断られるのでした。宮崎農林出身で食品や医薬品に造詣のある真木さんには、食糧事情の悪かった戦後の日本で世界新記録続出を助けた秘伝の献立に自信がありました。サツマイモをはじめソバ、トウモロコシ等の炭水化物が日本人を飢えから救ったと言われてました。戦時中にはフィリピンの山野で雑草を喰って飢えをしのいだ事もあるとか。

味噌汁の出汁雑魚は捨てずに料理に利用する。ブロイラーの鶏や卵には栄養がないから食べないほうがまし、養鶏場で走り回ってる鶏や卵を食べるのでなければ意味はない。うどんよりは蕎麦。ミルクは乳幼児には必要だが成人には必要なく、他の食物でタンパク質もカルシウムも補える。人間の歯は穀物を噛むように、猛獣や猛禽類の歯は肉を食いちぎるようになっており、草食動物や鳥類の歯とは異なっている。鳥類の嘴は木の実をつつくように出来ている。したがって、人間や各種の動物は自己の歯に見合った物を食べておれば健康を維持でき、他人の領域の食べ物を横取りすれば病気になる。だから肉を主食とするブラジル人に、酪農品を食べるなら治療に責任は持たないと真木さんは言う。それを聞いて諦めた患者も少なくなかった。

神棚を拝み、肉食、酪農品を絶った患者には誠心誠意尽くす真木さんは、神憑りの威厳さえあったと言われてました。出口王仁三郎の創設した大本教は国家反逆の宗教とみなされ、日本を追われ中国に王道楽土を夢見て進出しましたが、中国では夢を果たせず、今ではブラジルで細々と息づいてます。

真木さんの偉いところは、病気が治るまで治療費を請求しない哲学でした。治療院であるからには、完治するまでは金を受け取らないという心情を曲げなかったのです。

果たして、患者の多くは金を取らない真木さんに期せずして土地を贈りました。リオデジャネイロ大学農学部近くで大地主となった真木さんは、原爆孤児のフミオに農場管理を任せ、週末には日系人にの慰安会パーティーに無料で会場を提供されていました。

真木さんは指圧治療院の近くにあるボタフォーゴスポーツクラブでの全伯水泳大会に出場され、40歳にして大会新記録で優勝されました。

もう直ぐDr. Sakae Makiの13回忌を迎えるにあたり、戦後の日本に光明を灯したフジヤマのトビウオの同僚の中には、誰も書かなかった偉人が居た事を、ブラジル移民百周年を機に再度したためた次第です。


*トロント新移住者協会ニュースレター108号(2008年9月)に掲載された記事を編集し、掲載したものです。

 

continue a ler

sports ja

Nikkei Chronicles #9—More Than a Game: Nikkei Sports

ボルガ河畔の想い出

今年85歳の僕は半世紀を超えるブラジル、アメリカ、カナダでの移民生活には数多くの想い出があります。中でも最も心に残る生涯の想い出は、80歳の時にロシア連邦タタールスタン共和国の首都カザニでの水泳マスターズ世界選手権大会の表彰台に立った瞬間の達成感でした。日本での水泳競技会では地方大会予選落ちが殆どで、全国大会には2回出場しただけの3流選手の僕が、オリンピックメダリストに勝って世界選手権大会の表彰台に立てるとは夢の様でした。

小学校では野球選手で、巨人のキャッチャーの藤尾が3番打者、ファーストの僕が4番、阪急でホームラン王になった中田が5番のクリーンナップトリオで阪神間では強豪チームでした。ところが、中学1年の時に学校でファーストミットを盗まれ、野球選手になる夢を泣く泣く諦めました。終戦直後の日本ではグローブは製造されておらず、ファーストミットは父の1ヶ月の収入ぐらいの値段でしたから、再度は買って貰えませんでした。そんな事で、金がかからず裸一貫でやれるスポーツは相撲か水泳しかなく、水泳に転向したのでした。野球を続けておれば、せいぜい甲子園どまりか良くても六大学レベルで、世界の檜舞台メジャーでの活躍は望むべくもなかったでしょう。当時は泥棒を恨みましたが、今では泥棒さん有難うの心境です。

30年間のアメリカ勤務では毎年300日は海外出張で、航空会社マイレージの200万マイルメンバーになる程の多忙で、泳ぐ暇はありませんでした。70歳でリタイヤー、酒飲んでテレビを観てるだけでは文字通りのカウチポテトになってしまうので、地元トロントのマスターズ水泳クラブに申し込み、定員に空きの出るまで1年のスタンバイ後に入会出来ました。

学生時代は平泳ぎでしたが、現在の水泳界では4種目全てをトレーニングすることになっており、70歳の手習いでバタフライを学びました。40年以上のブランクがありましたが、初年度にオンタリオ州選手権大会バタフライで金メダルを獲得しました。石の上にも3年、3年後には個人メドレーも含め全種目でカナディアン・チャンピオンになりました。

5年前の2015年8月、水泳世界選手権大会とマスターズ水泳世界選手権大会が史上初めて同時開催されたタタールスタンの首都カザニに到着したのは午前3時。空港には写真撮影禁止の警告が至るところに貼ってあるにも拘らず、デジカメやスマホを持ちだして忠告を受けたり逮捕されてる人々の列を尻目に、僕達選手団は入国通関免除のゲートから選手村行きのバスに案内されました。コンシュラー・フィー(領事手数料)免除のヒューマニタリアン・ビザ(文化交流ビザ)の為、滞在は競技期間中のみで、最終日の翌日にはロシアを出国しなければいけませんでした。選手村の宿舎に到着したのは夜明け前だったので、チェックインを済ませ宿泊費に含まれていた6時半からの朝食に 、道路を挟んで選手村の向かいにあるテニスアカデミーに行きました。マリア・シャラポワ等の世界的なプレーヤーを輩出してる国策テニス学校は豪華な設備で、流石カザニはロシアのスポーツキャピタルだけあると感心しました。

翌日、選手村から水泳会場に行くバスで世界選手権に出場されてる筑波大学大学院生で背泳の金子選手と座席が隣り合わせでした。最初の三日間は現役オリンピック選手の出場する世界選手権を観戦して過ごし、マスターズ大会では50メートル平泳ぎで銀メダル、100メートル平泳ぎで銅メダルを受賞しました。

寄る年波には勝てず、頭脳はいささか呆けてきましたが、今尚、体力は現役ですので、来年に日本で開催される世界マスターズゲーム(年齢別オリンピック)、関西大会(競泳は神戸5月)と再来年の水泳マスターズ世界選手大会(競泳は博多6月)で優勝し金メダルを獲得して故郷に錦を飾る所存です。 

末筆ながら、今年の初めにブラジルで午前中は海水浴で筋肉をリラックスさせ、午後にはスポーツクラブのプールでのトレーニングに参加し、絶好のコンディションでカナダに帰って来たら、3月末のオタワでのオンタリオ州選手権が中止、トロントでの5月のカナダ選手権も中止、コロンビアのメデインでの6月のパンアメリカン選手権も中止、ブラジルのリオデジャネイロでの9月のパンアメリカン・マスターズゲームも中止となってしまいました。85歳から89歳ブラケットで最年少の今年は、大量の金メダル獲得を目指していましたが全てパーになりました。現在カナダでは未だにコロナウイルスによる非常事態宣言が解除されず、水泳クラブも閉鎖が続きトレーニング出来ず、住んでるアパートのプールも閉鎖され不運な年ではあります。

 

continue a ler

Séries às quais este autor contribui